現代文学 ちょっと不思議小説一覧

カテゴリ 現代文学
タグ ちょっと不思議×
17
ジャンケンをすれば負けることもあるよ。でも、私は負けたくないのよ。男女のジャンケンはある種の駆け引き。どちらが主導権を握るか、彼らは互いを牽制し合う。
24hポイント 49pt
小説 8,111 位 / 55,682件 現代文学 100 位 / 2,292件
文字数 2,172 最終更新日 2019.07.03 登録日 2019.07.03
店にはシーラさんがいた。 シーラカンスのシーラさん。 風俗店で働く私が出会った整形をしすぎて顔がつぎはぎだらけの不思議なシーラさんとの物語。 シーラさんの声に耳を傾けると、私は遠く航海に出たような気持ちになる、、。
24hポイント 0pt
小説 55,682 位 / 55,682件 現代文学 2,292 位 / 2,292件
文字数 7,487 最終更新日 2019.07.01 登録日 2019.07.01
お金持ちたちが住む高層マンション群。ふとしたきっかけで僕はそこの住人になることができた。しかし、その世界は、僕が慣れ親しんだ世界とはちょっと違っていた。僕は彼女を部屋に招いてプロポーズをした。でも、フラれた。僕は一人ぼっちになり、辺りは猫に埋めつくされていた。
24hポイント 0pt
小説 55,682 位 / 55,682件 現代文学 2,292 位 / 2,292件
文字数 12,635 最終更新日 2019.07.03 登録日 2019.07.03
スペースボール、スペースボール、飛ーんだ。子供たちの歌遊びが示唆しているのは、宇宙探査機サトシとサトルの行く末、、。いや、地球の行く末。宇宙空間で起こった小さな爆発。大きな破滅。
24hポイント 0pt
小説 55,682 位 / 55,682件 現代文学 2,292 位 / 2,292件
文字数 4,045 最終更新日 2019.07.03 登録日 2019.07.03
「たまには本当の空で泳いでみれば?」って、私はソラ男に言った。ある晴れた日に仲良しグループたちとバーベキュー。私が「ソラ男よ。彼は風船なの」って紹介すると、みんなは拍手喝采、大歓迎。まさか本当に、彼が風船だって信じている、一人の男を除いては。
24hポイント 0pt
小説 55,682 位 / 55,682件 現代文学 2,292 位 / 2,292件
文字数 5,014 最終更新日 2019.07.03 登録日 2019.07.03
ママは死者が乗る列車をホームで待ち続けていた。ホームは果てしなく長く、その果ては闇の中に消えていた。ホームには一台の電話が設置されている。それは下界の自殺志願者と繋がる電話。電話が鳴った。ママは自殺志願者に、死を選択させることも、生きることを説得することもできるのだった。
24hポイント 0pt
小説 55,682 位 / 55,682件 現代文学 2,292 位 / 2,292件
文字数 8,632 最終更新日 2019.07.03 登録日 2019.07.03

僕は鳥なのだ。僕は羽ばたこうとするが、長い足がそれを妨げる。僕は長い足とともに旅に出る。僕の夢は大空を羽ばたくことだ。
24hポイント 0pt
小説 55,682 位 / 55,682件 現代文学 2,292 位 / 2,292件
文字数 1,426 最終更新日 2019.07.03 登録日 2019.07.03

「鳥に鳴き方を教わったんだ」 そう言って彼は器用に鳥の鳴き声を真似た。 彼は僕の恋人だった。
24hポイント 0pt
小説 55,682 位 / 55,682件 現代文学 2,292 位 / 2,292件
文字数 1,710 最終更新日 2019.07.03 登録日 2019.07.03

僕はある日、森の中で兄の死体を見つけた。それから兄の死体が腐敗し朽ちていく様を見るのが僕の日課となった。兄の遺体に様々な生き物たちが集っていた。僕と兄は森の中で二人だけの親密な時間を過ごした。
24hポイント 0pt
小説 55,682 位 / 55,682件 現代文学 2,292 位 / 2,292件
文字数 3,987 最終更新日 2019.07.03 登録日 2019.07.03
僕はカレー専門店の店長だ。僕の作るカレーは暗黒のように真っ黒い。僕はそのカレーを17年煮込み続けている。その間に僕は恋人を殺し、大学のサークル仲間を殺し、新しい恋人まで殺してしまった。黒いカレーにはそんな彼らの亡骸と残された思いが溶け込んでいるのだ。そのカレーを求めて、連日、僕の店にはたくさんの客が訪れる。
24hポイント 0pt
小説 55,682 位 / 55,682件 現代文学 2,292 位 / 2,292件
文字数 6,850 最終更新日 2019.07.03 登録日 2019.07.03
いじめられっ子の彼。どこに行っても彼は虐げられる。みじめな生活を送っている。いつしか自殺は彼のステータスとなっていく。リストカットは彼の生きる活力を生み出す行為なのだ。ある日、いつもように通りかかった不良グループにいじめられていた彼だったが、死んだのは彼に暴力を振るっていたグループのリーダー格のトモダチの方だった。
24hポイント 0pt
小説 55,682 位 / 55,682件 現代文学 2,292 位 / 2,292件
文字数 3,345 最終更新日 2019.07.03 登録日 2019.07.03
きりんは僕の通う店にいた。「首が長いからきりん。そう覚えてね」彼女は言った。彼女の願いは叶えられた。けれど、願いが叶い過ぎた彼女は不安を抱えている。彼女は心配のあまり深刻な不眠症だった。僕は間もなく死を迎えようとしている。築き上げた莫大な財産に意味がなくなるのだ。最後に僕らが望んだのは、ささやかなもの。
24hポイント 0pt
小説 55,682 位 / 55,682件 現代文学 2,292 位 / 2,292件
文字数 7,375 最終更新日 2019.07.09 登録日 2019.07.09
子供の頃、6本指の男の子がいて、私はその子に憧れていた。何か自分だけの特別なもの。私だけの大切なもの。私はずっとそれが欲しかった。ある日、健康診断で見つかった小さな肝のう胞。それは私を幸せにしてくれた。
24hポイント 0pt
小説 55,682 位 / 55,682件 現代文学 2,292 位 / 2,292件
文字数 4,346 最終更新日 2019.07.09 登録日 2019.07.09
僕はドーナッツが大好きだ。僕は家族から追いやられ施設に入れられる。でも、家族はつながっている。ドーナッツのように。ドーナッツの上を歩いていれば、いつかは元に戻ることができる。
24hポイント 0pt
小説 55,682 位 / 55,682件 現代文学 2,292 位 / 2,292件
文字数 2,326 最終更新日 2019.07.14 登録日 2019.07.14
ランドセルの中には色々なものが詰まっていた。けれど、どの中身も僕の興味を引かない。ランドセルには毎日、与えられたものが詰め込まれていく。やがて、ランドセルはいらないもので溢れかえってパンパンに腫れ上がる。僕はある日、山の上のクリーニング店を訪ねる。クリーニング店はランドセルを新品のようにきれいに洗い上げてくれた。しかし、その先には思いも寄らない展開が待っていた。
24hポイント 0pt
小説 55,682 位 / 55,682件 現代文学 2,292 位 / 2,292件
文字数 5,678 最終更新日 2019.07.21 登録日 2019.07.21
「昨日、寝ていたら枕元に神様がきてね、私を天使にしてくれるって。そう言ったの」さゆりちゃんは言った。私はさゆりちゃんがうらやましくて、さゆりちゃんのお弟子さんにしてもらうことにした。女の子なら誰もがあこがれる天使の存在。少し天然な主人公の勘違いな魔法をめぐって、奇妙な物語に巻き込まれていく。幼少期、思春期、成熟期と少女の成長を追っての3部構成。
24hポイント 0pt
小説 55,682 位 / 55,682件 現代文学 2,292 位 / 2,292件
文字数 8,751 最終更新日 2019.07.24 登録日 2019.07.22
彼には盗癖があったが、運命的に出会った彼女との平凡な幸せを夢見て、まじめに暮らそうと努力する。ある日、彼女は祖母の形見だというペンダントを彼にみせる。涙型をしたそれは不思議な色に輝き、見るものを魅了する。彼は彼女の宝物を絶対に盗むまいと心に決める。にも関わらず、ペンダントはどこかに消えてしまう。彼女は彼を責めることはなかったが、そこから破滅ははじまっていく、、。
24hポイント 0pt
小説 55,682 位 / 55,682件 現代文学 2,292 位 / 2,292件
文字数 3,993 最終更新日 2019.08.03 登録日 2019.08.03
17