現代文学 ロックバンド小説一覧

カテゴリ 現代文学
タグ ロックバンド×
2
 俺が憧れ、リスペクトした天才たちは、皆、27歳で、この世を去った。  彼らと同じように、伝説となって夭逝する筈だった俺は、もうすぐ45歳の誕生日を迎える。
24hポイント 0pt
小説 58,778 位 / 58,778件 現代文学 2,566 位 / 2,566件
文字数 5,332 最終更新日 2019.09.22 登録日 2019.09.20
四季ノ瀬町子ども会の中心人物・安治おじさんが死んだ。彼を父と慕う瑠璃と理人は、遺品整理の際に手紙の山を発見する。それは子ども会の一人一人に宛てられた手紙だった。しかし、幸多宛ての手紙だけが見つからない。不思議に思う瑠璃たちだが、幸多は「どんなに探しても見つからないと思う」と、言う。理人はそんなことがあるはずないと考えて安治を信じようとするが、瑠璃は真実を知りたいと願う。徐々に明かされていく幸多と安治の間で起きたこと。やがて理人は現実を受け止められなくなり、暴走を始める――。※同性愛描写(BL)が含まれます。
24hポイント 0pt
小説 58,778 位 / 58,778件 現代文学 2,566 位 / 2,566件
文字数 160,531 最終更新日 2017.10.30 登録日 2017.06.01
2