現代文学 二卵性双生児小説一覧

カテゴリ 現代文学
タグ 二卵性双生児×
1
昔は仕事はほとんど、全て、人と接する仕事ばかりであり、学歴、頭の良さだけでは克服できないハンデがあった。その例が吃音。これが原因で自分の実力を発揮する以前にお客さんの印象を悪くしてしまう。こうなると、会社に居づらくなって退職というケースがあった。  この物語は主人公、夢想世之介が、吃音で明晰な頭脳と才能を持ちながら、世に出て自分の実力を発揮できず、どん底に落ち、そこから這い上がって、幸せをつかんでいく物語です。是非ご覧下さい。
24hポイント 0pt
小説 95,635 位 / 95,635件 現代文学 4,968 位 / 4,968件
文字数 71,896 最終更新日 2020.06.06 登録日 2019.11.05
1