経済・企業 政治小説一覧

カテゴリ 経済・企業
タグ 政治×
8
会社員古味良一は、討論番組や政治のニュースをはしごするのが好きなだけの、30歳独身のしがない男。 試しに立候補した衆議院選挙で当選したのをきっかけに政治家としての道を歩むことになるのだった。 --- 登場人物 --- 古味良一・・・この物語の主人公。無所属の衆議院議員。 阿相元春・・・民自党の衆議院議員。現内閣総理大臣。政界十常侍の一人。 渦川俊郎・・・民自党の衆議院議員。 緒川順子・・・渦川俊郎の政策秘書。 池山太一・・・民自党の衆議院議員。元県会議員。 水本上親・・・地方の風代表。長崎県のとある町の町議。 アリン・・・キャバクラレインのキャバ嬢。 恵・・・古味良一の上の妹。 由香・・・古味良一の下の妹。
24hポイント 639pt
小説 1,402 位 / 57,490件 経済・企業 1 位 / 133件
文字数 125,438 最終更新日 2019.07.28 登録日 2017.06.04
2
経済・企業 連載中 ショートショート
 歴史ifの小説、異世界歴史ifについて小説を描いております。  琉球お爺ぃは、小説などで掲載している、背景事情なんかを中心に記述してたりしています。  朝、寝て起きない、知人を起こしに行って、ゆすっても起きなかったという話をよく聞くようになった。職場で、昼寝をした状態から、自力で起き上がることができない知人もいる。  そんな時代に生きるお爺の一考察 琉球お爺ぃは、世界がみんな日本になったら、平和になるとは思うけど、その前に、日本は滅ぼされるだろうな。そんな風に、世界を見ています。  他に、技術関連のお話なんかも描いてます。
24hポイント 555pt
小説 1,559 位 / 57,490件 経済・企業 3 位 / 133件
文字数 333,378 最終更新日 2019.10.18 登録日 2016.10.13
オナニー税を導入せよ!!オナニーを徹底弾圧せよ!! 高齢者が増え生産力のある若者が少ない現代において、政府が財源を確保するためには若者の非生産的な行為を抑制しさらなる課税が必要であると私は考えます。 若者が行う非生産的な行為、それは自慰行為つまりオナニーです。
24hポイント 142pt
小説 4,169 位 / 57,490件 経済・企業 9 位 / 133件
文字数 1,308 最終更新日 2019.04.09 登録日 2019.04.09
俺たちが開発していたのは宇宙エレベーター。しかしなかなか実現するのは難しい。やはり基礎研究を固めなくては。そう思っていたら、その研究からこぼれ落ちて来た副産物が騒動を巻き起こすことになってしまった。確かに宇宙開発からいろいろな副産物が開発されたことがあるとは聞いたが、これは行き過ぎでは・・・・。
24hポイント 142pt
小説 4,169 位 / 57,490件 経済・企業 9 位 / 133件
文字数 13,577 最終更新日 2019.08.13 登録日 2019.08.02
5
経済・企業 連載中 ショートショート
安全のコストは、リスクとの兼ね合いで決定される。  しかしながら、そこには、非常に説得の難しい、困難な課題が横たわっている。
24hポイント 71pt
小説 6,039 位 / 57,490件 経済・企業 14 位 / 133件
文字数 6,551 最終更新日 2018.07.01 登録日 2018.06.28
6
経済・企業 連載中 ショートショート
日本の政治を影で支える知恵者が存在する。通称「闇の国策士」である。震災後の日本の躍進を影で支えてきた彼は何者なのか?そしてこれから日本はどこへ向かうべきなのか?
24hポイント 0pt
小説 57,490 位 / 57,490件 経済・企業 133 位 / 133件
文字数 5,609 最終更新日 2016.08.31 登録日 2016.02.11
TRPG風来坊の基本編リニューアル版です。TRPG = It's a Rolling Stone, Renewal  様々な歴史ifやキャンペーンを、簡易的に作成しました。  出来る限り全年齢版で構成するつもりですが、描きすぎたりすることもあるかもしれません。ご意見等をお待ちしております。  さてさて、どのような展開になりますか。  最初は、関ケ原の戦における、小早川秀秋へ、転生した設定となります。  乱世終焉における最大の歴史if、小早川秀秋の動向。貴方は、どのような結末を迎えるでしょうか。  
24hポイント 0pt
小説 57,490 位 / 57,490件 経済・企業 133 位 / 133件
文字数 15,493 最終更新日 2018.05.28 登録日 2018.05.27
人類史において、平穏だった実績は残念ながら存在しない。 世界の何処かで必ず戦争が起きている。 その本質は略奪や妨害工作といった基本的な核は2000年以上も前から変わってはいない。 それは生物学的には地球の生態系が弱肉強食のピラミッドで構成されている所以でもある。 本来、自然界の生物学からすれば病、食料不足、共食い、は死によって一定数の個体削減が生まれ、生態系バランスは調整される筈だ。 しかし、人間は高度文明社会により、この自然の理を覆してきた。 世界的な人口増加が見込まれる中で、恐らくは今以上に多種多様の思想が生まれて行くだろう。 それでも恐らくは必然的に互いに協調・共存して行かねばならない。 日本は戦後、奇跡的にも70年余りを直接的な戦争を起こす事無く歩んできた。 同時に水面下では共産主義と資本主義が国内で対立してきた歴史でもある。 この闘争となる核は朝鮮戦争の終結が無い事が起因しているのではないかと筆者は推察している。 今、沖縄は岐路に立っている。それは沖縄独立主張の影には経済的な問題と、政治的な問題が関わっている。 日本の右翼化と叫ばれる一方で、左翼化しているのが現実である。 平和と正義の軸が時代と共に変化する中で、日本はどの様に向かうべきかを筆者の独自視点から考察していく。
24hポイント 0pt
小説 57,490 位 / 57,490件 経済・企業 133 位 / 133件
文字数 28,133 最終更新日 2019.04.05 登録日 2019.04.05
8