歴史・時代 政略結婚小説一覧

カテゴリ 歴史・時代
タグ 政略結婚×
5
★第2回ベリーズカフェ恋愛ファンタジー小説大賞 最終選考作品★ 公方(将軍)様のお膝元、江戸の町を守るのは犬猿の仲の「北町奉行所」と「南町奉行所」。 関係改善のため北町奉行所の「北町小町」志鶴と南町奉行所の「浮世絵与力」松波 多聞の縁組が御奉行様より命じられる。 だが、志鶴は父から「三年、辛抱せよ」と言われ、出戻れば胸に秘めた身分違いの恋しい人と夫婦になれると思い、意に添わぬ祝言を挙げる決意をしたのだった……
24hポイント 85pt
小説 12,981 位 / 140,763件 歴史・時代 104 位 / 1,597件
文字数 114,519 最終更新日 2021.06.29 登録日 2021.05.01
時は乱世。京は応仁の乱ですっかり荒れ果て、日本各地で武将たちが戦を繰り返している永禄3年(1560 年)。 勧修寺晴豊は17歳。公家と武家の両方の血を引く彼は、山深き若狭国(福井県大飯郡)に足を踏み入れていた。 政略結婚の相手――かの安倍晴明の末裔である、土御門家の姫に会うために。
24hポイント 63pt
小説 15,355 位 / 140,763件 歴史・時代 129 位 / 1,597件
文字数 5,865 最終更新日 2022.05.22 登録日 2022.05.01
《あらすじ》 時は鎌倉。源氏と平氏が争いを繰り広げていた頃の物語です。 源頼朝と北上政子の娘である大姫は、幼くして木曾義高と政略結婚させられます。 これは、頼朝と、義高の父親である木曾義仲の間にあった源氏内部の勢力争いを収縮させ、平氏打倒へと意思統一を図るためのものでした。 義高は名目上は「大姫の婿」として鎌倉に迎え入れられますが、その実は、義仲が反旗を翻さないための「人質」でした。 この時、大姫6歳。義高11歳。 幼くして各々想いを抱えながらも、やがて仲睦まじくなる二人でしたが、 最後は親同士の関係に亀裂が入ったことにより、頼朝が義高抹殺命令を出し、非情な決別を強いられます。 大姫は病死するまで、その思い出を忘れる事はありませんでした。
24hポイント 21pt
小説 26,250 位 / 140,763件 歴史・時代 218 位 / 1,597件
文字数 43,085 最終更新日 2016.08.30 登録日 2016.08.18
以前にアップした『夕映え~武田勝頼の妻~』というお話の姉妹作品です。 勝頼公とその継室、佐奈姫の出逢いを描いたお話です。
24hポイント 21pt
小説 26,250 位 / 140,763件 歴史・時代 218 位 / 1,597件
文字数 22,210 最終更新日 2019.02.25 登録日 2019.02.14
天正十年(1582年)。 甲斐の国、天目山。 織田・徳川連合軍による甲州征伐によって新府を追われた武田勝頼は、起死回生をはかってわずかな家臣とともに岩殿城を目指していた。 そのかたわらには、五年前に相模の北条家から嫁いできた継室、十九歳の佐奈姫の姿があった。 武田勝頼公と、18歳年下の正室、北条夫人の最期の数日を描いたお話です。 コバルトの短編小説大賞「もう一歩」の作品です。
24hポイント 0pt
小説 140,763 位 / 140,763件 歴史・時代 1,597 位 / 1,597件
文字数 12,724 最終更新日 2019.02.13 登録日 2019.02.09
5