歴史・時代 妖怪小説一覧

カテゴリ 歴史・時代
タグ 妖怪×
28
桃太郎(キザシ)、金太郎(トキ)、浦島太郎(ハル)が活躍する和風ファンタジー歴史群像! 駄文ですがお楽しみくださいませ。
24hポイント 221pt
小説 6,472 位 / 140,708件 歴史・時代 53 位 / 1,575件
文字数 447,915 最終更新日 2022.05.26 登録日 2022.03.24
2
歴史・時代 完結 ショートショート
 肥前国(佐賀・長崎県)平戸藩の第九代藩主、松浦清(静山)が20年に渡って書き記した「甲子夜話」  その中から、河童伝説をご紹介します。  水難除け、疱瘡、麻疹除けのお札もありますが・・・キモいので「アマビエ様」のような人気にはならないでしょう(笑)  なんか干からびていますし・・・・。    河童は、日本の各地に伝承があり、単純に「妖怪」としての存在以外にも、色々な側面で考察が出来そうです。  個人的には「UMA」(未確認生物)だと嬉しいのですが・・・・。
24hポイント 21pt
小説 24,955 位 / 140,708件 歴史・時代 217 位 / 1,575件
文字数 1,703 最終更新日 2020.07.19 登録日 2020.07.19
 昔は昔、日本がまだ江戸時代の頃。それは大層お転婆な姉妹がいたそうな。  お松とお竹の姉妹は元気一杯、今日も木刀片手に剣のお稽古。その腕前は男の子でも太刀打ちできないぐらいに強いのでした。  なぜなら二人の父親はあの剣豪・柳生十兵衛だったのです。  でもそれだけじゃなくて、二人の剣の師匠は、なんと天狗様だったのです! 「おのれ、なぜ憎き石舟斎のひ孫に剣を……」ぶつぶつ。  ひいおじいちゃん、柳生宗厳に懲らしめられて、封印されていた天狗様。  なにやらわけありの天狗様に稽古をつけてもらいながら、今日も励みます剣の道。  でも一方、その頃。花のお江戸では不思議な事件が起きていて?  何とかできるのはお松とお竹だけ? ならば参ろう柳生の姫様。  これはなんとも大波乱の予感!
24hポイント 21pt
小説 24,955 位 / 140,708件 歴史・時代 217 位 / 1,575件
文字数 90,536 最終更新日 2020.06.12 登録日 2020.05.19
4
歴史・時代 完結 ショートショート
《あらすじ》 舞台は江戸の片隅。しがない四十男やもめの前に現れた妖艶な鬼・ダキニは夢うつつの男に囁いた。 「添い寝の代わりに、おまえさんの精を分けておくれでないか」 男が、苦し紛れに案じた一計とは……。 ノベルデイズ2000字歴史コンテスト佳作&7000PV達成作品に加筆したものです。 (規約やシステムをよくわかっていなかったので、ノベルデイズ版の方も間違えて投稿してしまいましたが、コンテンツを削除できなかったのでそのままにしておきます。すみません)
24hポイント 0pt
小説 140,708 位 / 140,708件 歴史・時代 1,575 位 / 1,575件
文字数 3,098 最終更新日 2021.05.31 登録日 2021.05.31
5
歴史・時代 連載中 短編 R15
三男坊だった柳之助は日々親の金で遊び暮らしていたが、とある事件を切っ掛けに15で家を飛び出した。江戸へと流れついてからは生まれ持った霊感で小銭を手に入れては、飲み仲間と遊び暮らす生活をしている。 そうして江戸にやってきて3年、今日も柳之助の元に飲み仲間のつてで助けを求めておやじがやってきた。曰く親族の娘が妖怪に狙われているらしい。しかも助兵衛なやつだ。 商売女もいいが素人娘の痴態が見れるやもと俄然やる気の出た柳之助は、俺に任せなと威勢よくその依頼を受けるのだった。
24hポイント 0pt
小説 140,708 位 / 140,708件 歴史・時代 1,575 位 / 1,575件
文字数 1,495 最終更新日 2019.04.26 登録日 2019.04.26
 「いつの日か何もかも受け入れられる者が現れたなら、この足枷は解けるであろう」  生まれてすぐに捨てられた赤子は、光の者に紫蘭と名付けられた。命を救った代償に足枷を嵌められ成人した。それが解けるまで老いることのない呪いのようなもの。胡蝶の館で花魁として運命の男を待ち続ける。  現れたのは英国と日本国の血を継いだ者だった。デレク・アーチャー・タカハル。 しだいに二人は惹かれ合い、求め合う。  何かが違うと知りながら、幸せに自身に課せられた宿命を見失い始める。もう、それは解けたはずだ……と。  禁忌、風俗、妖し、戦争を乗り越え手に入れた家庭に忘れかけていた事件が起こる。  果たしてその足枷は本当に解けたのかーー。 ※ほんのり和風なファンタジー。アルファポリスのみ改稿版となっております。 ※R18に予告はございません
24hポイント 0pt
小説 140,708 位 / 140,708件 歴史・時代 1,575 位 / 1,575件
文字数 82,634 最終更新日 2018.05.09 登録日 2017.07.02
源範頼は炎の中、幻覚を見た。それは昔、弟の義経が語っていた天狗という存在だった。天狗は牛若こと義経の敵討ちの為に鞍馬山から降りてきたという。方向音痴な天狗と兄、頼朝に謀殺される筈だった範頼との珍道中。
24hポイント 0pt
小説 140,708 位 / 140,708件 歴史・時代 1,575 位 / 1,575件
文字数 30,794 最終更新日 2020.06.28 登録日 2020.05.30
8
歴史・時代 連載中 長編 R15
 1129年正月。高平太と呼ばれていた少年は元服し、平清盛と名乗った。この少年は後に、人臣の位を極め、一門の半分を公卿に昇らせ、「平家にあらずんば人にあらず」と言わしめるまで出世する。  清盛は春の除目で破格の待遇を受けた。このことにより、「彼の本当の父親が忠盛ではなく、白河院ではないのか?」という噂の信憑性が増した。街中を歩いているときに絡んできた藤原頼長から、彼についての衝撃的な事実が明かされる。そして、その事件をきっかけに、自分の願いの一部分に気づく。  清盛はたくさんの人たちと出会い、別れ、そして時に楽しく、時に傷つきながら、一人の武士として、そして人間として成長してゆく。  だが清盛は、感情が昂ったとき、自分の記憶が無くなっているという不思議な現象に気づく。その答えを知る忠盛に話を聞いてもらおうとしたが、亡くなってしまう。  父の死後起きた保元の乱では、美福門院の命令、母親と信西の薦めで後白河天皇方について勝利を治める。だが、これは栄光への架け橋となると同時に、親友源義朝とすれ違う原因となってしまった。  1159年12月。藤原信頼に唆された義朝は、清盛の不在を突いて反乱を起こし、後白河院を幽閉。「天皇親政」をスローガンにその息子二条帝を担ぎ上げ、信西を殺害する。  もう一人の友人信西(藤原通憲)を殺されたことを知った清盛は、怒り、その仇を討つために京都へ駆けつける。女装して御所から脱出した二条帝を保護し、官軍となった平家の軍勢は勢いづき、都の郊外で源氏を迎え撃つ。  勝者となった清盛は、近江で捕まった義朝の息子頼朝と対面。  清盛は頼朝をこの場で殺そうとしたが、母親と頼盛といった家族からの反対の声に負け、伊豆の蛭が小島へ流罪とすることに。  1167年清盛は武家で初めて太政大臣の位に就く快挙を成し遂げ、まず最初に病床の家貞に報告する。これを聞いた家貞は満足そうな表情を浮かべ、天国へと旅立た。  そして熱病にかかったとき意識を失ったとき、その奥底に住む清盛の肉体の本来の持ち主、平将門が現れる。  意識の奥底で清盛は、将門と戦うが、圧倒的な力の差で負けてしまい、肉体を乗っ取られてしまう。  出家した清盛(将門)は、生前叶えられなかった、「平氏の王朝」を建てるために、後白河院と対立する。 (カクヨム、なろうにも連載しています)
24hポイント 0pt
小説 140,708 位 / 140,708件 歴史・時代 1,575 位 / 1,575件
文字数 37,014 最終更新日 2021.11.01 登録日 2020.11.07
時は戦国。 すべての魔物を斬り殺すことができる妖刀「魑獲紗丸」に憑かれてしまった素浪人──その名は、斬喰郎。 だが、仇敵である百鬼衆の壊滅にその絶大な力が不可欠であった。 過酷な運命に翻弄され苦しみながら、斬喰郎は今日も一人……否、魑獲紗丸と共に百鬼衆を追って、地の果てまで終わりなき旅を続ける。 ※無断転載禁止
24hポイント 0pt
小説 140,708 位 / 140,708件 歴史・時代 1,575 位 / 1,575件
文字数 13,898 最終更新日 2019.09.19 登録日 2019.09.10
俺の名は藤太(とうた)。史上最強の武将にして、史上最強の妖魔ハンターだ。 言っておくが俺は歴史上実在した人物だ。平将門討伐の武功をたて、数々の鬼や妖怪を退治して民衆を救ったスーパーヒーローでありながら、現代(いま)の世の中で知名度がイマイチなことに憤慨した俺は、この冨井とかいう男に憑依して、お前らに俺の偉業を語ることにしたぞ!特に全国の佐藤という苗字の奴は必ず読め!なにしろ俺はお前らの祖だからな。それ以外の奴らも読め。そして俺の名を天下に知らしめろ!
24hポイント 0pt
小説 140,708 位 / 140,708件 歴史・時代 1,575 位 / 1,575件
文字数 17,739 最終更新日 2019.04.17 登録日 2019.04.07
時は戦国時代。 人里離れた山奥に、忘れ去られた里があった。 闇に忍ぶその里の住人を、後に闇忍と呼ばれることになる。 忍と呼ばれるが、忍に有らず。 不思議な術を使い、独自の文明を作り出したその里に波乱がおきようとしていた-……。
24hポイント 0pt
小説 140,708 位 / 140,708件 歴史・時代 1,575 位 / 1,575件
文字数 249,048 最終更新日 2019.11.14 登録日 2019.04.16
 人間と妖怪が共存する大江戸の町。人間の中には稀に異能を持って生まれてくる者がいる。比奈(ひな)は、異能の中でも万物を癒す力を持っていた。そのため幼い頃から狙われ続けていたが、父が連れてきた法力僧の守護を受ける代わりに、父によって金儲けの道具にされていた。だが彼女はその生き方を仕方ないと受け入れており、城の番方(警備のこと)の仕事をしている兄の神流(かんな)は、その事に頭を悩ませていた。  ある日、将軍の息子、黎明(れいめい)が神流の悩みを聞く。二人は身分違いだが、昔、神流が黎明を刺客から守ったことをきっかけに、交流を持つようになった。黎明は神流から比奈のことを聞き、その日の夜、会いに行く。そこから、黎明と比奈の交流が始まった。
24hポイント 0pt
小説 140,708 位 / 140,708件 歴史・時代 1,575 位 / 1,575件
文字数 44,122 最終更新日 2019.05.30 登録日 2018.11.25
人は忙しくて手が回らないとき、思わず『猫の手も借りたい』という。そんな猫の手を提供しているのは、人間の姿をした化け猫お蘭。彼女は同じく化け猫族の猫又たちと、『化け猫亭』を経営。今日も店には、猫又たちの手を借りに、お客がやってくる。
24hポイント 0pt
小説 140,708 位 / 140,708件 歴史・時代 1,575 位 / 1,575件
文字数 29,184 最終更新日 2021.06.22 登録日 2021.05.09
14
歴史・時代 連載中 長編 R15
 時は平安……日ノ本は荒れ魑魅魍魎が跋扈し乱が起こり崩壊しかけた。 煌びやかな京の外は魔境。 血風が舞い、悲哀と怨嗟が渦巻く闘いの連鎖ーー陰謀深く、妖は定命の者を嘲笑う。 後世にて英雄と呼ばれる男達が現れ、熾烈な戦いの日々を送る。 正統派アクション伝奇!ここに開演! ノベルアップ+様の歴史・時代小説大賞において、最終選考落選!残念無念!
24hポイント 0pt
小説 140,708 位 / 140,708件 歴史・時代 1,575 位 / 1,575件
文字数 226,097 最終更新日 2020.08.20 登録日 2019.04.08
昼間はねぼけた猫のように役に立たない同心・朧蒼十朗。 先輩の世話焼き同心・遠藤兵衛と一緒に遊び人殺害の謎を追う。 そこには互いに素直になれない医者の親子の事情が。 その途中で怪我をさせられた先輩同心。 怒りが夜の朧蒼十朗の姿を変える―――金色の目の狼に。 江戸の闇を駆ける人ならざる同心は人情を喰らうのか。 短気だが気のいい先輩同心と、のんびり後輩同心のバディもの。
24hポイント 0pt
小説 140,708 位 / 140,708件 歴史・時代 1,575 位 / 1,575件
文字数 25,199 最終更新日 2020.05.04 登録日 2020.05.04
「通りゃんせ、通りゃんせ。逝くもの行くもの通りゃんせ」 街は、夜になるともう一つの【顔】を見せる ここは昔懐かしの大江戸。 9時以降の夜の外出はご法度とされている。 何故ならこの大江戸は夜になると妖怪の世界になるから- 「さぁ通りゃんせ、通りゃんせ」
24hポイント 0pt
小説 140,708 位 / 140,708件 歴史・時代 1,575 位 / 1,575件
文字数 1,299 最終更新日 2017.05.09 登録日 2017.05.09
平安から鎌倉、そして平成、新時代へと受け継がれる物語。博物館に展示された刀に宿る女は、社会科見学で訪れた男の子を一目見て「彼」だと気付く。思い出されるのは千余年も昔の記憶。大陰陽師・安倍晴明の息子、吉昌との出会い。吉昌の式であり鬼であった友樹と過ごした日々。出会いと別れ、幸福と絶望。愛情と無情。 これは暖かな家族に囲まれて心を知った少女、『桜』を宿した刀だけが覚える記憶と愛の物語――。
24hポイント 0pt
小説 140,708 位 / 140,708件 歴史・時代 1,575 位 / 1,575件
文字数 124,619 最終更新日 2020.06.21 登録日 2020.05.16
織田家の武将、塙小七郎は、同僚の松永久秀から鬼火の話を聞かされる。最初はただの噂話と思っていた小七郎だが、調査に向かった久秀の配下が焼死体で見つかったという話を聞き、只事ならぬ事態を察して真相解明に乗り出すのだった。 ※なろう、カクヨム、アルファポリス、ノベルアップ+の各サイトに同作を掲載しています。
24hポイント 0pt
小説 140,708 位 / 140,708件 歴史・時代 1,575 位 / 1,575件
文字数 10,812 最終更新日 2019.10.11 登録日 2019.10.02
仇討ちに燃える浪人と、百鬼夜行において行かれた妖怪「袖引き」が共に長屋で暮らす時代物、疑似家族小説です。 連載小説ですが、春夏秋冬、その季節ごとにアップし、正月~暮れの一年間を描きました。 完結済み。 なろうでも同じ小説をアップしています。
24hポイント 0pt
小説 140,708 位 / 140,708件 歴史・時代 1,575 位 / 1,575件
文字数 56,644 最終更新日 2019.04.13 登録日 2019.04.13
あらすじ ときは、天正十年、の六月。 たまたま堺にきていた、出雲の阿国とその一座。それがまきこまれてゆく、冒険の物語。 ことのおこりは、二年に一度、泉州の沖にある島の山寺で、厄祓いにみたてた、風変わりな荒行(ひとは、それをぶちりと呼んでいる)がおこなわれる。 それが、こたび島の荒行では、ほとんどのひとが戻らなかった。やがて、うわさがささやかれた。 この荒行は、なにかある。 呪われておる。もののけがおる。闇から死人が、おいでおいでする。 人々は怖れた。 寺は、これを鎮め、まさに島の厄祓いをするために、ひと集めをはじめた。 かつて、阿国一座にいた鈴々という、唐の娘が、そのひと集めにいってしまったことから、事件に阿国と、その仲間達が巻き込まれてゆく。 はたして、島では、景色を自在に操るもののけ、唐のキョンシーらしきもの、さらに、心をのぞける、さとりや、なんでも出来るという、天邪鬼らが現れ、その戦いとなります。 時代劇ではお馴染みの、霧隠才蔵や、猿飛も登場します。 どういう、展開となるか、お楽しみください。
24hポイント 0pt
小説 140,708 位 / 140,708件 歴史・時代 1,575 位 / 1,575件
文字数 268,143 最終更新日 2020.07.19 登録日 2019.11.27
妖怪、幽霊が当たり前のように身近で囁かれていた時代。 江戸は薬研堀に店を構える商人、嘉助は巷では有名な妖怪馬鹿。 ある日、お供の六弥太を連れて諸国漫遊の旅に出た。もちろん目当ては各地の妖怪。 二人を待ち受ける妖怪は如何に。 ※数年前になろうで笹山菖蒲の名前で連載していたものを加筆修正したものです※
24hポイント 0pt
小説 140,708 位 / 140,708件 歴史・時代 1,575 位 / 1,575件
文字数 20,838 最終更新日 2019.06.27 登録日 2019.06.05
旧三次藩で一ヶ月間続いた怪異。その内容をまとめた「稲生物怪録」には続きの話があった。自ら魔王を名乗る妖の親玉とした不可解な約束の本当の意味とは? 五十年後、魔王とした「約束の日」が近づくにつれ、広島藩に不穏な陰が漂いはじめた。老境を迎えた武太夫は、その怪異に立ち向かうため、かつての自分と同じ一六歳を迎えた平九郎と兄の実誠に解決を命じた。
24hポイント 0pt
小説 140,708 位 / 140,708件 歴史・時代 1,575 位 / 1,575件
文字数 2,504 最終更新日 2020.06.01 登録日 2020.05.30
朱矢の村外れ、地蔵堂の向こうの野原に、妖怪野槌が大量発生した。 村人が何人も食われ、庄屋は村一番の怠け者の吉四六を城下へ送り、妖怪退治のお侍様方に退治に来て貰うように要請するのだが。
24hポイント 0pt
小説 140,708 位 / 140,708件 歴史・時代 1,575 位 / 1,575件
文字数 27,967 最終更新日 2021.05.08 登録日 2021.05.01
 残影の艦隊の番外編です。残影の艦隊の中から伊庭八郎(一部新選組)の登場部分だけを抜いて、若干の修正を加えた短編です。したがって本編を見た方にとってはそれほど真新しいことは書いていないので、ご了承ください。ただし五話目は本編にはありません。また最後の話しは本編より先を行っており、ネタばらしとなりますその点もご了承ください。  なお読者の中には、伊庭八郎の交友関係がやたらめったら広いので驚く方もいると思いますが。史実の中で確認できるのは榎本と新選組くらいで、後は筆者の創作だと思ってください。  ただし、筆者はかって伊庭道場のあった場所の目と鼻の先で働いていたことがあり、あの周辺の地理は熟知していますが、とにかくあの周辺は伊庭道場や千葉道場、久坂が通っていた塾の他にも、幕末維新の志士と呼ばれた人たちに関わる屋敷などが探せば探すほどでてきます。(例えばこの物語の剣客関連でいえば清川八郎、芹沢鴨、永倉新八あたりはこの近辺にゆかりの人です。もちろん榎本もまたこの周辺に屋敷を持っていました。余談ついでいえばさっき大河で死んだ平岡円四郎もこのあたりの生まれであるようです)そこから筆者なりになんらかの交流があったのではということを想像して書いてみました。とりあえず伊庭八郎を通して幕末・維新の志士といわれた人たちの夢と野望そして愛を描いてみようと思った次第であります。
24hポイント 0pt
小説 140,708 位 / 140,708件 歴史・時代 1,575 位 / 1,575件
文字数 29,967 最終更新日 2021.05.29 登録日 2021.05.29
25
歴史・時代 完結 ショートショート
 江戸時代、下級武士の出身から驚異の出世を遂げて、勘定奉行・南町奉行まで昇り詰めた秀才、根岸鎮衛(ねぎしやすもり)が30年余にわたって書き記した随筆「耳嚢」  その「巻之五」に掲載されているお話「怪病の沙汰にて果福を得る事」を原話として、翻案したものです。  裕福な豪農の家に生まれ、容姿にも恵まれた一人娘になぜか「轆轤首」だという評判が立ってしまい、村では婿に来ようという者がいなくなってしまう。  不憫に思った叔父の甚兵衛が江戸へ出て、姪の婿を探すお話。  轆轤首というと、首がヒョロヒョロ伸びる江戸時代に流行したジャパニーズタイプと、中国の「飛頭蛮」がオリジナルの首が抜けて飛ぶ中華タイプがありますが、本作に登場するのは、小泉八雲の「ろくろ首」同様、後者のようです。  短編読み切りです。
24hポイント 0pt
小説 140,708 位 / 140,708件 歴史・時代 1,575 位 / 1,575件
文字数 5,278 最終更新日 2020.05.01 登録日 2020.05.01
原案『米沢地方説話集』収録「怪譚雨夜の伽」の「大平山の猫また」より
24hポイント 0pt
小説 140,708 位 / 140,708件 歴史・時代 1,575 位 / 1,575件
文字数 5,225 最終更新日 2021.05.04 登録日 2021.05.04
 若い商人の惣兵衛はかつての奉公人から文を受け取って、一旗上げるために江戸へ向かうことを決断する。しかし、東海道を一人で旅する彼に予期せぬ怪異が襲って、稀にも見ない奇想天外な体験をするのであった。
24hポイント 0pt
小説 140,708 位 / 140,708件 歴史・時代 1,575 位 / 1,575件
文字数 39,103 最終更新日 2021.12.09 登録日 2021.11.19
古来より人間と妖怪という二種が存在する国、「日ノ本」。その幕末、土佐の貧しい郷士の家に生まれた岡田以蔵は鬼の血を色濃く継いだ妖怪混じり。兼ねてより剣にあこがれていた以蔵は、ある朝家の近くの邸宅の庭で素振りをしていた青年を見かける。彼の名は武市半平太。その邸宅の主であり、剣術道場を営む剣士であった。彼の美しい剣に、以蔵は一目で見とれてしまう。そうして彼はその日から毎朝そっと、邸宅を囲む生垣の隙間から、半平太の素振りを見るようになった。 やがて半平太は土佐勤王党を結成し、以蔵をはじめ仲間を伴い倒幕を目指して京に上ることになる。彼らは京で、倒幕派と佐幕派、そして京都の鬼を中心勢力とする妖怪たちの戦いに巻き込まれてゆく。 これは武市半平太の陰で動く岡田以蔵の、闘いと葛藤、選択を描いた物語。 *これはpixivで連載しているものを修正したものです
24hポイント 0pt
小説 140,708 位 / 140,708件 歴史・時代 1,575 位 / 1,575件
文字数 33,530 最終更新日 2019.05.09 登録日 2018.12.04
28