歴史・時代 短編小説一覧

カテゴリ 歴史・時代
タグ 短編×
255 12345
「近頃、江戸に『隠し神』というのが出るのをご存知ですかな?」  吉原と江戸。  夜の町と昼の町。  賑やかなふたつの町に、新たなる事件の影が――。
24hポイント 498pt
小説 3,017 位 / 144,231件 歴史・時代 15 位 / 1,673件
文字数 34,887 最終更新日 2022.07.01 登録日 2022.05.30
五胡十六国時代、燕国でひとりの将軍が武名を馳せていた。彼の名は、馮安。時の燕帝に重く任ぜられるも、ゆえにこそ国難に大いに翻弄された。その苦悩と、懊悩の果てにかれが見たものは。
24hポイント 242pt
小説 5,733 位 / 144,231件 歴史・時代 38 位 / 1,673件
文字数 11,331 最終更新日 2022.07.02 登録日 2022.06.29
真珠湾攻撃を行う前に機動艦隊が発見されてしまい、結果的に太平洋戦争を回避した日本であったが軍備は軍縮条約によって制限され、日本国に国名を変更し民主政治を取り入れたあとも締め付けが厳しい日々が続いている世界。東南アジアの元列強植民地が独立した大国・マカスネシア連邦と同盟を結んだ日本だが、果たして復権の日は来るのであろうか。ロマンと知略のIF戦記。
24hポイント 127pt
小説 8,922 位 / 144,231件 歴史・時代 69 位 / 1,673件
文字数 10,952 最終更新日 2022.06.26 登録日 2022.06.15
古代中国・後漢王朝の始祖、光武帝の兄・|劉縯《りゅうえん》のお話です。 もともとは彼の方が皇帝に近い立場でしたが、様々な理由からそれはかなわず…それを正史『後漢書』に肉付けする形で描いていきたいと思っています。
24hポイント 42pt
小説 16,809 位 / 144,231件 歴史・時代 129 位 / 1,673件
文字数 33,649 最終更新日 2022.05.10 登録日 2022.05.10
5
歴史・時代 完結 ショートショート R18
 古典×エロ小説という無謀な試み。  「耳嚢」や「甲子夜話」、「兎園小説」等、江戸時代の随筆をご紹介している連載中のエッセイ「雲母虫漫筆」  実は江戸時代に書かれた随筆を読んでいると、面白いとは思いながら一般向けの方ではちょっと書けないような18禁ネタもけっこう存在します。  そんな面白い江戸時代の「エロ奇談」を小説風に翻案してみました。    下級旗本(町人という説も)から驚異の出世を遂げ、勘定奉行、南町奉行にまで昇り詰めた根岸鎮衛(1737~1815)が30年余にわたって書き記した随筆「耳嚢」  世の中の怪談・奇談から噂話等々、色んな話が掲載されている「耳嚢」にも、けっこう下ネタがあったりします。  その中で特に目を引くのが「巨根」モノ・・・根岸鎮衛さんの趣味なのか。  巨根の男性が妻となってくれる人を探して遊女屋を訪れ、自分を受け入れてくれる女性と巡り合い、晴れて夫婦となる・・・というストーリーは、ほぼ同内容のものが数話見られます。  鎮衛さんも30年も書き続けて、前に書いたネタを忘れてしまったのかもしれませんが・・・。  また、本作の原話「大陰の人因の事」などは、けっこう長い話で、「名奉行」の根岸鎮衛さんがノリノリで書いていたと思うと、ちょっと微笑ましい気がします。  起承転結もしっかりしていて読み応えがあり、まさに「奇談」という言葉がふさわしいお話だと思いました。  二部構成、計六千字程度の気軽に読める短編です。  
24hポイント 42pt
小説 16,809 位 / 144,231件 歴史・時代 129 位 / 1,673件
文字数 7,654 最終更新日 2020.07.18 登録日 2020.07.16
長屋住まいの浪人川津半兵衛は普段は気の弱いお人よし。大工、左官にも喧嘩に負けるが、何故か人に慕われる。 ある日隣の幼女おきせが、不意に姿を消した。どうやら人買いにさらわれたらしい。 夜に入って降り出した雨。半兵衛は単身人買い一味が潜む荒れ寺へと乗り込む。 褌裸に菅の笠。腰に差したるは鮫革柄の小太刀一振り。 雨が降ったら誰にも負けぬ。古流剣術蛟流が飛沫を巻き上げる。
24hポイント 42pt
小説 16,809 位 / 144,231件 歴史・時代 129 位 / 1,673件
文字数 8,237 最終更新日 2022.07.01 登録日 2022.06.22
7
歴史・時代 完結 ショートショート
【土方歳三、蝦夷地にて戦う】 新選組「鬼の副長」と謳われた土方歳三。新政府軍と徳川残党軍との戦が激しくなる中、彼の姿は蝦夷地――今の北海道にあった。 ※本作品は一部史実を基にしたフィクションです。多分に作者の創作がございます。 ※本作品は以前、カクヨム様にて掲載した即興小説となります。
24hポイント 42pt
小説 16,809 位 / 144,231件 歴史・時代 129 位 / 1,673件
文字数 2,078 最終更新日 2022.05.27 登録日 2022.05.27
これはある2人の同心の物語である、 南町奉行所見習い同心小林文之進と西原順之助はお互いに切磋琢磨していた、吟味与力を父に持つ文之進は周囲から期待をされていたが順之助は失敗ばかりで怒鳴られる毎日だ、 順之助は無能ではないのだが事あるごとに手柄を文之進に横取りされていたのだ、 そんな順之助はある目的があったそれは父親を殺された盗賊を捕らえ父の無念を晴らすのが目的であった、例の如く文之進に横取りされてしまう、 この事件で文之進は吟味方同心に出世し順之助は同心を辞めるかの瀬戸際まで追い詰められる、 非番のある日ある2人の侍が道に困っている所を順之助と岡っ引の伝蔵が護衛した事からその後の順之助の運命を変える事になる、 これはある2人の同心の天国と地獄の物語である、
24hポイント 42pt
小説 16,809 位 / 144,231件 歴史・時代 129 位 / 1,673件
文字数 10,795 最終更新日 2022.06.22 登録日 2022.06.22
江戸時代、宇土と呼ばれる身体の大きな青年が荒川のほとりに座っていた。 宇土は相撲部屋にいたのだが、ある事から相撲部屋を首になり、大工職人に弟子入りする。 しかし、物覚えが悪い兄弟子からは怒鳴られ、愚鈍と馬鹿にされる。そんな宇土の様子を見てる弟弟子からも愚鈍と馬鹿にされていた。 将来を憂いた宇土は、荒川のほとりで座り込んでいたのだった。 すると、老人が話しかけてきたのだった。
24hポイント 42pt
小説 16,809 位 / 144,231件 歴史・時代 129 位 / 1,673件
文字数 18,476 最終更新日 2022.06.05 登録日 2022.05.28
新選組をテーマにした連作短編です。土方と斎藤が中心です。
24hポイント 21pt
小説 23,837 位 / 144,231件 歴史・時代 203 位 / 1,673件
文字数 14,993 最終更新日 2022.04.30 登録日 2022.04.22
戦国時代。 それは、多くの大名が日本各地で名乗りを上げ、一国一城の主となり、天下の覇権を握ろうと競い合った時代。 一介の素浪人が機に乗じ、また大名に見出され、下剋上を果たした例も多かった。 その各地の武将・大名を裏で支えた人々がいる。 鍛冶師である。 これは、戦国の世で名刀を打ち続けた一人の刀鍛冶の物語―――。 2022/5/1~5日 毎日20時更新 全5話 10000文字 小説にルビを付けると文字数が変わってしまうため、難読・特殊な読み方をするもの・固有名詞など以下一覧にしておきます。 煤 すす 兵 つわもの 有明 ありあけ 然し しかし 案山子 かかし 軈て やがて 厠 かわや 行燈 あんどん 朝餉 あさげ(あさごはん) 褌 ふんどし 為人 ひととなり 元服 (げんぷく)じゅうにさい
24hポイント 21pt
小説 23,837 位 / 144,231件 歴史・時代 203 位 / 1,673件
文字数 10,000 最終更新日 2022.05.05 登録日 2022.05.01
 昭和二十年八月九日、永井緑は命を絶たれるも、夫の隆のために霊魂は現世に留まった。  後に浦上の聖者と呼ばれた永井隆博士と妻の緑の絆を、戦争や原爆に断ち切られていいはずがなかった。  (400字詰め原稿用紙換算34枚)  この作品は、「ノベルデイズ」、「エブリスタ」、「小説家になろう」、「星空文庫」にも掲載しています。
24hポイント 21pt
小説 23,837 位 / 144,231件 歴史・時代 203 位 / 1,673件
文字数 11,850 最終更新日 2021.04.06 登録日 2020.04.02
人買いに買われた私は、脱走に失敗し殴られそうになったところを変わった男に助けられる。逃げたければ逃げろという男に、帰る場所のない私はついて行く事にした。その夜、月の光の下で男の正体があばかれると、私の胸に言いようのない感情が沸き起こる。
24hポイント 21pt
小説 23,837 位 / 144,231件 歴史・時代 203 位 / 1,673件
文字数 4,033 最終更新日 2018.11.22 登録日 2018.11.22
14
歴史・時代 連載中 短編 R15
色黒故に烏助のあだ名を持つわけありの饅頭屋柳助と上野山下の娼婦おときを巡る人々の、菓子作りと邂逅の連作短編集。
24hポイント 21pt
小説 23,837 位 / 144,231件 歴史・時代 203 位 / 1,673件
文字数 55,518 最終更新日 2022.06.24 登録日 2022.05.31
ソ連によるポツダム宣言受託拒否。血の滲む思いで降伏を決断した日本は、なおもソ連と戦争を続ける。    1945年8月11日。大日本帝国はポツダム宣言を受託し、無条件降伏を受け入れることとなる。ここに至り、長きに渡る戦争は日本の敗戦という形で終わる形となった。いや、終わるはずだった。  ソ連は日本国のポツダム宣言受託を拒否するという凶行を選び、満州や朝鮮半島、南樺太、千島列島に対し猛攻を続けている。    なおも戦争は続いている一方で、本土では着々と無条件降伏の準備が始められていた。九州から関東、東北に広がる陸軍部隊は戦争継続を訴える一部を除き武装解除が進められている。しかし海軍についてはなおも対ソ戦のため日本海、東シナ海、黄海にて戦争を継続していた。  すなわち、ソ連陣営を除く連合国はポツダム宣言受託を起因とする日本との停戦に合意し、しかしソ連との戦争に支援などは一切行わないという事だ。    この絶望的な状況下において、彼らは本土の降伏後、戦場で散っていった。   本作品に足を運んでいただき?ありがとうございます。 著者のkotoと申します。 応援や感想、更にはアドバイスなど頂けると幸いです。 特に、私は海軍系はまだ知っているのですが、陸軍はさっぱりです。 多々間違える部分があると思います。 どうぞよろしくお願いいたします。 
24hポイント 21pt
小説 23,837 位 / 144,231件 歴史・時代 203 位 / 1,673件
文字数 36,196 最終更新日 2020.05.22 登録日 2019.08.24
16
歴史・時代 完結 ショートショート R18
 古典×エロ小説という無謀な試み。  「耳嚢」や「甲子夜話(かっしやわ)」「兎園小説」等、江戸時代の随筆をご紹介している連載中のエッセイ「雲母虫漫筆」  実は江戸時代に書かれた書物を読んでいると、面白いとは思いながら一般向けの方ではちょっと書けないような18禁ネタや、エロくはないけれど色々と妄想が膨らむ話などに出会うことがあります。  そんな面白い江戸時代のストーリーをエロ小説風に翻案してみました。  今回は、貞享四(1687)年開板の著者不詳の怪談本「奇異雑談集」(きいぞうだんしゅう)の中に収録されている、  「糺の森の里、胡瓜堂由来の事」    ・・・というお話。  この貞享四年という年は、あの教科書でも有名な五代将軍・徳川綱吉の「生類憐みの令」が発布された年でもあります。  令和の時代を生きている我々も「怪談」や「妖怪」は大好きですが、江戸時代には空前の「怪談ブーム」が起こりました。  この「奇異雑談集」は、それまで伝承的に伝えられていた怪談話を集めて編纂した内容で、仏教的価値観がベースの因果応報を説くお説教的な話から、まさに「怪談」というような怪奇的な話までその内容はバラエティに富んでいます。  その中でも、この「糺の森の里、胡瓜堂由来の事」というお話はストーリー的には、色欲に囚われた女性が大蛇となる、というシンプルなものですが、個人的には「未亡人が僧侶を誘惑する」という部分にそそられるものがあります・・・・あくまで個人的にはですが(原話はちっともエロくないです)  激しく余談になりますが、私のペンネームの「糺ノ杜 胡瓜堂」も、このお話から拝借しています。  三話構成の短編です。
24hポイント 21pt
小説 23,837 位 / 144,231件 歴史・時代 203 位 / 1,673件
文字数 9,407 最終更新日 2020.07.29 登録日 2020.07.24
<雰囲気>だけ(^_^; 1.包み状  惨事の予告… 2.呼び立て  屏風に描かれた虎、衝立に描かれた雀 3.如何なる存念  たわけ殿には灸を据えねば。 4.好機。  邪魔になれば…
24hポイント 21pt
小説 23,837 位 / 144,231件 歴史・時代 203 位 / 1,673件
文字数 5,855 最終更新日 2021.05.31 登録日 2021.05.28
吾妻鏡の記事をもとにした、江間四郎(北条義時)がタイムループするだけの話。ちょっと雰囲気はブロマンス。
24hポイント 21pt
小説 23,837 位 / 144,231件 歴史・時代 203 位 / 1,673件
文字数 12,426 最終更新日 2021.01.04 登録日 2021.01.04
✳表紙は、「束砂」さんに作成していただきました‼ありがとうございます(^^ゞ 「束砂」さん → https://estar.jp/users/131676903 現在、アルファポリスのみの公開です💬 検非違使『匿名係』の二人が、身近で不可解な難事件に挑む異色平安人情絵巻(^.^) 🔴各話読み切りです。 🔴第一話「赤い狩衣」 *️⃣検非違使の高官、久富新真(ヒサトミノアラザネ)に、恐喝疑惑が浮上した。養父が遺した日記に書かれた内容をもとに、公卿らを脅して立身出世を図ってきたという。  一方、都では群盗、紺摩訶(コンマカ)が手下を率いて、強盗放火を働き、都の人々を恐怖のどん底におとしいれていた。  その紺摩訶が、久富新真の日記を狙っているという匿名情報がもたらされた。  匿名係の二人、畔人(クロンド)と荻丸(オギマル)が、久富の屋敷を見張っていると・・・・ 想像と創造に邁進する作者渾身の読み切りシリーズ(*⌒∇⌒*)⭐ 🔴第二話の予告(まだ構想段階です) 「果ての重蔵始末」 久富新真の配慮で、久富の姓を受け継いだ畔人は、亡妻の弟、盗賊の一味の重蔵が、いまも生きていることを知る。畔人は、荻丸と、荻丸の手足となって動く「童子探偵団」と一緒に謎を探っていく。すると、畔人を狙う何者かの一団が、荻丸を連れ去ったのだが?・・・・・ 
24hポイント 21pt
小説 23,837 位 / 144,231件 歴史・時代 203 位 / 1,673件
文字数 18,411 最終更新日 2021.05.30 登録日 2021.05.25
戦国武将の死の直前に焦点を絞り込み本人の述懐形式で綴る
24hポイント 21pt
小説 23,837 位 / 144,231件 歴史・時代 203 位 / 1,673件
文字数 8,586 最終更新日 2021.04.21 登録日 2021.04.21
行方知れずになった父を捜して江戸に出た娘・お鈴が助けられた先は、閑古鳥が鳴く料理屋「みと屋」 それもそのはず、店主の銀次郎は料理が壊滅的に下手な上、顔がいかつく客あしらいも不得手。 なにより、銀次郎の仕事は札付きの「やくざ」だというのだから、お客が来るわけがない。 料理の才のあるお鈴は「ここで働け」と迫られるが、そこへ誘拐事件が舞い込んで――—
24hポイント 21pt
小説 23,837 位 / 144,231件 歴史・時代 203 位 / 1,673件
文字数 231,337 最終更新日 2022.06.08 登録日 2020.05.30
徳川家の兵法指南役に二流派があった。 柳生新陰流と一刀流。 一刀流の小野忠常は、柳生新陰流の柳生十兵衛に御前試合で破れてしまう。 それから忠常は十兵衛を斬ることを生きがいとする。 そのころ島原で切支丹一揆が蜂起していた。 数奇な運命に翻弄される忠常は、再び不世出の天才剣士である柳生十兵衛と相まみえる。 一刀流と柳生新陰流の秘剣が激突する。
24hポイント 21pt
小説 23,837 位 / 144,231件 歴史・時代 203 位 / 1,673件
文字数 10,423 最終更新日 2019.05.01 登録日 2019.04.12
ここは𠮷原遊廓 女の涙と男のお金でできた街 床入りをした男と女しかわからない情事 吉原をこよなく愛する藤十郎が体験した吉原遊廓の話 この話はフィクションです
24hポイント 21pt
小説 23,837 位 / 144,231件 歴史・時代 203 位 / 1,673件
文字数 10,914 最終更新日 2020.06.02 登録日 2020.05.29
24
歴史・時代 完結 ショートショート
三國志のオリジンと言えば「三国志演義」? あるいは正史の「三國志」? 確かに、その辺りが重要です。けど、他の所にもネタが転がっています。 それが「世説新語」。三國志のちょっと後の時代に書かれた人物エピソード集です。当作はそこに載る1130エピソードの中から、三國志に関わる人物(西晋の統一まで)をピックアップ。それらを原文と、その超訳とでお送りします! ※当作はカクヨムさんの「世説新語 on the Web」を起点に、小説家になろうさん、ノベルアッププラスさん、エブリスタさんにも掲載しています。
24hポイント 21pt
小説 23,837 位 / 144,231件 歴史・時代 203 位 / 1,673件
文字数 97,509 最終更新日 2022.02.04 登録日 2021.08.31
25
歴史・時代 連載中 短編 R15
旧帝国陸海軍の将兵を主人公に妄想的に書いてみようと思い不定期ながら書いていきます。
24hポイント 21pt
小説 23,837 位 / 144,231件 歴史・時代 203 位 / 1,673件
文字数 18,473 最終更新日 2022.05.06 登録日 2022.01.22
古代ギリシアの偉大な哲学者、アリストテレスの生涯について、原稿用紙4枚ほどで、掌編小説を1作書いてみました。語るのに、大変苦労いたしました。どうぞよろしくお願いいたします。
24hポイント 21pt
小説 23,837 位 / 144,231件 歴史・時代 203 位 / 1,673件
文字数 546 最終更新日 2022.05.01 登録日 2022.05.01
夏目漱石と親交の深かった思想家、狩野亨吉。 彼に愛された女性千代が、思い出を回想して語る… 悠久の時を経て、「亨吉さんの予言」の真実が解き明かされる
24hポイント 21pt
小説 23,837 位 / 144,231件 歴史・時代 203 位 / 1,673件
文字数 10,589 最終更新日 2020.05.28 登録日 2020.05.28
平安時代・三条天皇の時代に斎宮に選定された当子内親王の初恋物語。
24hポイント 21pt
小説 23,837 位 / 144,231件 歴史・時代 203 位 / 1,673件
文字数 31,277 最終更新日 2022.03.01 登録日 2022.02.05
29
歴史・時代 完結 ショートショート
旦那と子供が切腹を命じられた。 私はおたおたしない。
24hポイント 21pt
小説 23,837 位 / 144,231件 歴史・時代 203 位 / 1,673件
文字数 283 最終更新日 2021.09.13 登録日 2021.09.13
 7世紀日本、近江大津宮。ある男の病床にて。 ※槻とは、ケヤキの古名です。神聖視され、その樹の下は清浄な場所とみなされました。
24hポイント 21pt
小説 23,837 位 / 144,231件 歴史・時代 203 位 / 1,673件
文字数 4,608 最終更新日 2020.05.30 登録日 2020.05.30
31
歴史・時代 完結 ショートショート
 本能寺の変で、死んだと思われていた織田信長。  殺されたのは 影武者であった。    試しに書いてみたのですが、意外に好評だったので続編を不定期で書こうと思っています。  史実と私の妄想を合わせて書いてるので、真の信長ファンには申し訳ない事になっています。  好きだからこそ書いてみたかったと言う私の気持ちを汲んで頂けるとありがたいです。  内容や文字変換等、おかしな所があれば御指導お願い致します。
24hポイント 21pt
小説 23,837 位 / 144,231件 歴史・時代 203 位 / 1,673件
文字数 27,434 最終更新日 2022.04.17 登録日 2021.12.12
 曲亭馬琴他 編「兎園小説」第十一集「白猿賊をなす事」より(全五話)  江戸時代後期に催された、世の中の珍談・奇談を収集する会「兎園会」  「南総里見八犬伝」等で有名な曲亭馬琴、著述家の山崎美成らが発起人となって開催された「兎園会」で披露された世の珍談・奇談等を編纂したのが「兎園小説」  あの有名な「けんどん争い」(「けんどん」の語源をめぐる論争)で、馬琴と山崎美成が大喧嘩をして、兎園会自体は自然消滅してしまいましたが、馬琴はその後も、個人的に収集した珍談・奇談を「兎園小説 余録」「兎園小説 拾遺」等々で記録し続けます・・・もう殆ど記録マニアと言っていいでしょう。  そんな「兎園小説」ですが、本集の第十一集に掲載されている「白猿賊をなす事」という短い話を元に短編の伝奇小説風にしてみました。  このお話は、文政八(1825)年、十月二十三日に、海棠庵(関 思亮・書家)宅で開催された兎園会の席上で、「文宝堂」の号で亀屋久右衛門(当時62歳)という飯田町で薬種を扱う商人が披露したものと記録されています。  この人は、天明期を代表する文人・太田南畝の号である「蜀山人」を継いで二代目・蜀山人となったということです。  【あらすじ】  佐竹候の領国、羽州(出羽国)に「山役所」という里があり、そこは大山十郎という人が治めていました。  ある日、大山家に先祖代々伝わる家宝を虫干ししていると、一匹の白猿が現れ家宝の名刀「貞宗」を盗んで逃げてゆきます・・・。 【登場人物】  ●大山十郎(23歳)  出羽の国、山役所の若い領主  ●猟師・源兵衛(五十代)  領主である大山家に代々出入りしている猟師。若い頃に白猿を目撃したことがある。  ●猴神直実(猴神氏)  かつてこの地を治めていた豪族。大山氏により滅ぼされた。
24hポイント 21pt
小説 23,837 位 / 144,231件 歴史・時代 203 位 / 1,673件
文字数 12,079 最終更新日 2021.01.16 登録日 2021.01.10
 戦国の世。十六歳の少女、万は築山御前の侍女となる。  御前は、三河の太守である徳川家康の正妻。万は、気高い貴婦人の御前を一心に慕うようになるのだが……? ※「ノベルアップ+」様へ投稿した作品に、修正・加筆を行いました。
24hポイント 21pt
小説 23,837 位 / 144,231件 歴史・時代 203 位 / 1,673件
文字数 15,534 最終更新日 2020.05.27 登録日 2020.05.26
「安永二年。今から十五年近く前の話さ」  そう言って、千瀬姐さんは語りだす。  最初で最後の、うつくしくもかなしい恋のお話を……    * * *  メクるで公開していた歴史物短編小説です。
24hポイント 0pt
小説 144,231 位 / 144,231件 歴史・時代 1,673 位 / 1,673件
文字数 8,486 最終更新日 2019.05.08 登録日 2019.04.01
 むかしのことと、いまのこと。因果は時代を超えて今もなお受け継がれる。  小心者のくせに好奇心だけは人一倍な武家の三男坊、木村進三郎は雨の中、ある山寺で一宿一飯の恩義を受ける。その山寺に代々伝わる、決して触れてはいけない漆箱、気持ちを抑えきれない進三郎はついにそれに手をかける。  しかしその行ないが現代にまで祟り続けることになろうとは。  そして現代、木村家の末裔の一人、日本屈指のゼネコン企業創業一族の三男坊、木村佑也にもその因果は受け継がれていた。  表現上、少々グロテスクな場面があるため、レイティング設定しています。 ※本作は「カクヨム」、「小説家になろう」及び「エブリスタ」でも公開しています。 ※2021年1月、本編を1万文字にブラッシュアップしました。当時にタイトルと表紙も変えました。
24hポイント 0pt
小説 144,231 位 / 144,231件 歴史・時代 1,673 位 / 1,673件
文字数 10,136 最終更新日 2020.05.14 登録日 2020.05.13
えー、毎度ばかばかしいお話を一席。
24hポイント 0pt
小説 144,231 位 / 144,231件 歴史・時代 1,673 位 / 1,673件
文字数 2,706 最終更新日 2019.03.30 登録日 2019.03.30
ちょっとゆるい、なんちゃって時代劇。時代考証ナニソレオイシイノ? 火付盗賊改方の同心、八坂蒼士を中心とした話。
24hポイント 0pt
小説 144,231 位 / 144,231件 歴史・時代 1,673 位 / 1,673件
文字数 20,825 最終更新日 2017.06.07 登録日 2016.06.28
短編小説です。ソーシャルゲームの現状について、面白可笑しく描いて見ました。暖かい目で読んで頂けると幸いです。一話おおよそ1000文字で構成しています。手軽に読めると思います。 明治時代、夏。「私」は自分の通勤路に美術館が建っている事に気付く。一際変わった彫刻館に、「私」は心惹かれて行くが果たして…?
24hポイント 0pt
小説 144,231 位 / 144,231件 歴史・時代 1,673 位 / 1,673件
文字数 6,429 最終更新日 2018.12.02 登録日 2018.12.02
かの有名な、平安朝の政治家であり、文人でもあった、菅原道真に関して、短編小説を一作書き綴りました。原稿用紙4枚程度で、まとまりました。絶対的に史料が少なく、書きづらい人物だったのですが、一応、物にしてみました。どうぞよろしくお願いいたします。
24hポイント 0pt
小説 144,231 位 / 144,231件 歴史・時代 1,673 位 / 1,673件
文字数 1,454 最終更新日 2022.05.03 登録日 2022.05.03
ナポレオンの息子、ライヒシュタット公。ウィーンのハプスブルク宮廷に閉じ込められて生きた彼にも、友人達がいました。宰相メッテルニヒの監視下で、何をすることも許されず、何処へ行くことも叶わなかった、「鷲の子(レグロン)」。21歳で亡くなった彼が最期の日々を過ごしていた頃、友人たちは何をしていたかを史実に基づいて描きます。 友情と献身と、隠された恋心についての物語です。 「ライヒシュタット公とゾフィー大公妃」と同じ頃のお話、短編です。 https://www.alphapolis.co.jp/novel/268109487/427492085
24hポイント 0pt
小説 144,231 位 / 144,231件 歴史・時代 1,673 位 / 1,673件
文字数 35,276 最終更新日 2022.06.13 登録日 2022.05.28
255 12345