歴史・時代 時代劇小説一覧

カテゴリ 歴史・時代
タグ 時代劇×
12
信長の末裔、蘭学医の信乃介が江戸の町で悪を討つ。 天才、平賀源内と共に江戸に蔓延《はびこ》る悪を退治していく。
24hポイント 242pt
小説 5,026 位 / 104,629件 歴史・時代 92 位 / 1,383件
文字数 7,921 最終更新日 2021.06.12 登録日 2021.05.04
旧題:深川 悪女の深情け 深川の遊郭で行き倒れていたところを、春画描きの浮世絵師に拾われた醜女の「猿」。 彼女は浮世絵師のために飯を作る約束で、遊郭の引き手茶屋で住むことを許されて……。 という、江戸飯テーマの人情小説です。 髪結い師の男、化粧師の男、引き手茶屋の婆に郭の台所を任された男、門番の男。など、花街に住む人達の視点で、1話完結の連作短編です。 完結しました。 ※なろうでも同じ小説をアップしています。
24hポイント 42pt
小説 13,385 位 / 104,629件 歴史・時代 208 位 / 1,383件
文字数 140,449 最終更新日 2020.10.29 登録日 2019.04.13
 晴らせぬ恨みを晴らし、のさばる悪党を地獄に送る。細工は流々、仕上をご覧じろ……舞台は江戸、闇の裏稼業・仕上屋《しあげや》の面々の生きざまを描いた作品です。差別用語が多く出てきます。また、全編に渡って暗く不快で残酷な場面が多々ありますので、そういった展開が苦手な方は、充分に注意して下さい。 ※登場人物 ・壱助  盲目の按摩。仕込み杖の使い手。 ・蘭二  蘭学者くずれ。お禄に付き添い、手助けする若者。綺麗な顔の優男だが、殺しの腕も悪くない。 ・お美代  顔に醜い傷を負う女。壱助の女房。竹製の短筒の名手。 ・権太  他者を寄せつけぬ不気味な大男。奇妙な拳法を使い、素手で相手を殺す。 ・お禄  仕上屋の元締。表の顔は、蕎麦屋の女主人。 ・ナナイ  権太と暮らしている謎の女。
24hポイント 42pt
小説 13,385 位 / 104,629件 歴史・時代 208 位 / 1,383件
文字数 219,134 最終更新日 2020.06.07 登録日 2020.05.01
「人を斬らねば、私は生きられぬのか……」  江戸の泰平も豊熟の極みに達し、組織からも人の心からも腐敗臭を放ちだした頃。  魔剣・念真流の次期宗家である平山清記は、夜須藩を守る刺客として、鬱々とした日々を過ごしていた。  念真流の奥義〔落鳳〕を武器に、無明の闇を遍歴する清記であったが、門閥・奥寺家の剣術指南役を命じられた事によって、執政・犬山梅岳と中老・奥寺大和との政争に容赦なく巻き込まれていく。  己の心のままに、狼として生きるか?  権力に媚びる、走狗として生きるか?  悲しき剣の宿命という、筑前筑後オリジンと呼べる主旨を真正面から描いたハードボイルド時代小説にして、アルファポリス第一回歴史時代小説大賞特別賞「狼の裔」に繋がる、念真流サーガのエピソード1。 ――受け継がれるのは、愛か憎しみか―― ※この作品は「天暗の星」を底本に、9万文字を25万文字へと一から作り直した作品です。現行の「狼の裔」とは設定が違う箇所がありますので注意。
24hポイント 21pt
小説 18,867 位 / 104,629件 歴史・時代 273 位 / 1,383件
文字数 260,115 最終更新日 2020.06.26 登録日 2020.01.26
 むかしのことと、いまのこと。因果は時代を超えて今もなお受け継がれる。  小心者のくせに好奇心だけは人一倍な武家の三男坊、木村進三郎は雨の中、ある山寺で一宿一飯の恩義を受ける。その山寺に代々伝わる、決して触れてはいけない漆箱、気持ちを抑えきれない進三郎はついにそれに手をかける。  しかしその行ないが現代にまで祟り続けることになろうとは。  そして現代、木村家の末裔の一人、日本屈指のゼネコン企業創業一族の三男坊、木村佑也にもその因果は受け継がれていた。  表現上、少々グロテスクな場面があるため、レイティング設定しています。 ※本作は「カクヨム」、「小説家になろう」及び「エブリスタ」でも公開しています。 ※2021年1月、本編を1万文字にブラッシュアップしました。当時にタイトルと表紙も変えました。
24hポイント 0pt
小説 104,629 位 / 104,629件 歴史・時代 1,383 位 / 1,383件
文字数 10,136 最終更新日 2020.05.14 登録日 2020.05.13
自己中心的?な忠臣蔵、略して中心蔵。 赤穂浪士討ち入りを基にした古典的な時代劇である忠臣蔵。 古典的であるが故に最近では取り上げられにくくなったり逆方向に再解釈の対象等になりつつあるこの忠臣蔵について、再解釈の再解釈とでも言うべき超解釈を決行。 それぞれの登場人物の自己中心的?な観点から、この古典を多面的に、そしてこれまでには稀な形で書く奇作! ※あえて特異な解釈を行っている為、そしてまた「赤穂浪士討ち入り」ではなく「忠臣蔵」の小説である為(前者に言及する事もありますが)、史実とは異なる部分や時代考証を放棄した部分がある事をご了承下さい。
24hポイント 0pt
小説 104,629 位 / 104,629件 歴史・時代 1,383 位 / 1,383件
文字数 7,639 最終更新日 2020.06.06 登録日 2020.05.01
江戸時代後期、伊那川藩では飢饉や貧困により民は困窮の極みにあった。 藩士加賀十四郎は友人たちと光流寺へ墓参りに行く。 そこで歴代藩主の墓の前で切腹している男を発見する。 「まさか、この男は……殿なのか?」 ※戯曲形式ですので一部読みづらい点があるかと思います。
24hポイント 0pt
小説 104,629 位 / 104,629件 歴史・時代 1,383 位 / 1,383件
文字数 27,210 最終更新日 2021.02.01 登録日 2021.01.31
仇討ちに燃える浪人と、百鬼夜行において行かれた妖怪「袖引き」が共に長屋で暮らす時代物、疑似家族小説です。 連載小説ですが、春夏秋冬、その季節ごとにアップし、正月~暮れの一年間を描きました。 完結済み。 なろうでも同じ小説をアップしています。
24hポイント 0pt
小説 104,629 位 / 104,629件 歴史・時代 1,383 位 / 1,383件
文字数 56,644 最終更新日 2019.04.13 登録日 2019.04.13
時は幕末。二月前に父を亡くした少女、天野美湖(あまのみこ)は、ある日川辺で一枚の写真を拾った。 落とし主を探すべく奔走するうちに、拾い物が次々と縁をつなぎ、彼女の前にはやがて導かれるように六人の志士が集う。 広がる人脈に胸を弾ませていた美湖だったが、そんな日常は、やがてゆるやかに崩れ始めるのだった。 京の町を揺るがす不穏な連続放火事件を軸に、幕末に生きる人々の日常と非日常を描いた物語。
24hポイント 0pt
小説 104,629 位 / 104,629件 歴史・時代 1,383 位 / 1,383件
文字数 441,623 最終更新日 2020.06.28 登録日 2019.04.20
中世イングランドのなだらかな丘陵地帯。草原と森。とある女剣士が旅の途中に出合った一件。
24hポイント 0pt
小説 104,629 位 / 104,629件 歴史・時代 1,383 位 / 1,383件
文字数 14,000 最終更新日 2019.03.28 登録日 2019.03.28
最後の大戦から二十有余年。 元和八年(1622年)上田。 徳川家が鬼門と嫌い、完膚なきまでに取り壊された「上田城」。 更地の城の城主となった真田信之は再三修築の願いを出すが、許可は降りない。 その信之に、改封の沙汰が下った。 この城は父の形見、この町は己の故郷。 信之は城からある物を運び出し、新しい領地に運ぶことにした。 上田の城に伝わる「伝説」、真田石の物語。
24hポイント 0pt
小説 104,629 位 / 104,629件 歴史・時代 1,383 位 / 1,383件
文字数 17,919 最終更新日 2018.10.30 登録日 2018.10.28
 湯飲みの中に茶柱が立つとき,男は肩を落として深く溜息をつく ――  吉原大門を左右から見張る顔番所と四郎兵衛会所。番所詰めの町方同心・富澤一之進と会所の青年・鬼黒。二人の男の運命が妓楼萬屋の花魁・綾松を中心に交差する。  男たちは女の肌に秘められた秘密を守ることができるのか。
24hポイント 0pt
小説 104,629 位 / 104,629件 歴史・時代 1,383 位 / 1,383件
文字数 97,708 最終更新日 2019.03.22 登録日 2019.03.22
12