歴史・時代 異能小説一覧

カテゴリ 歴史・時代
タグ 異能×
3
三国志時代の文官、許靖は瞳の奥に「天地」を見る。 「天地」にはその者の人格や能力、心が現れる。 許靖は瞳を見るだけでそれらを知ることできた。 この物語では許靖がその能力を駆使しつつ、戦乱に翻弄されながらも必死に生き抜いた生涯を描く。 中国各地を放浪し、蜀においては諸葛亮孔明に次ぐ官職を務めた文官の波乱万丈な人生。
24hポイント 413pt
小説 2,379 位 / 74,257件 歴史・時代 52 位 / 1,069件
文字数 157,505 最終更新日 2020.06.02 登録日 2020.05.01
架空の太平洋戦争。 1944年のソロモンが舞台。 架空機・双発攻撃機「爆星」と「烈風22型」。 唸る2250馬力の「魁」エンジン。 アメリカ軍に「魔女」と恐れらる女性搭乗員たちがその最新鋭の機体を操る。 彼女たちは特異な空間認識能力、演算能力を持つ存在だった。 さらに、その歌声は、電子兵装を無力化させる。 最新鋭攻撃機「爆星」が搭載する1500キロロケット爆弾「ロ式大和弾」がアメリカ正規空母を叩き潰す。 魔女たちの独立飛行中隊が、ソロモンの空を駆け抜ける。 驕敵殲滅のために―― 表紙画像は再利用可能画像を使用しております。
24hポイント 63pt
小説 8,017 位 / 74,257件 歴史・時代 201 位 / 1,069件
文字数 30,889 最終更新日 2018.01.09 登録日 2016.12.06
 花の都と呼ばれる、市場の集まる賑やかで華やかな都市にて、大きな宿屋を経営する名家の元に生まれた女児、紅子。  彼女は母親と過ごしていたが、その母親がある日結婚をし、義父ができる。だがその数ヵ月後に母親が急死してしまった。  宿屋を継いだ義父はぼろ儲けしたが、紅子のことは疎ましく思い、何か言いつける時は、必ず係りの者を通して命じた。  義父は紅子を馬車馬の如くこき使った。紅子が何か粗相をすれば叩かれた。  義理の父は、彼女の母親の死から数ヶ月と経たないうちに再婚し、新しい妻を娶った。  義母が義父との間に子を儲けると、いよいよ紅子は本邸から追い出された。  もう十年くらい経った頃、紅子はいい年頃の女に成長した。  紅子は近くのお役所で働く青年に、知らないうちに想いを寄せていた。  だが、そんな紅子に縁談が舞い込んだ。  義父はさっさと紅子を嫁がせることを決めてしまった。
24hポイント 21pt
小説 14,234 位 / 74,257件 歴史・時代 296 位 / 1,069件
文字数 31,729 最終更新日 2020.06.01 登録日 2019.12.25
3