歴史・時代 太平洋戦争小説一覧

カテゴリ 歴史・時代
タグ 太平洋戦争×
16
秘匿名「X島」に配属された指揮官・兵は、その日から100日後に玉砕を経験する。 【参考文献】 「玉砕の島」 佐藤和正 「タラワ」 H・I・ショー 「ペリリュー島戦記」 ジェームズ・H・ハラス 「沖縄シュガーローフの戦い」 ジェームズ・H・ハラス  「地獄のX氏まで米軍戦い、あくまで持久する方法」 兵頭二十八 「英霊の絶叫」 舩坂弘
24hポイント 532pt
小説 1,965 位 / 74,257件 歴史・時代 40 位 / 1,069件
文字数 2,306 最終更新日 2020.06.01 登録日 2020.05.28
貧乏で空母や戦艦などの正面装備偏重にならざるを得なかった帝国海軍。 電探、防弾、etc・・・・・・軽視してはいけない装備をとある提督が「お金」の力で親切サポート。 電探装備の空母、防弾完備の零戦。 暗雲迫る太平洋にひとり立ち向かった少し変わった提督の物語です。
24hポイント 489pt
小説 2,089 位 / 74,257件 歴史・時代 48 位 / 1,069件
文字数 118,731 最終更新日 2019.03.03 登録日 2019.01.11
昭和一六年、ハル・ノートをはじめとした米国の挑発に対し隠忍自重を重ねる大日本帝国は和平へ向けて粘り強く外交交渉を重ねていた。 しかし、その一縷の望みを託した交渉は決裂。 そして、昭和一七年三月八日、日本は米国に対し宣戦布告。 連合艦隊は圧倒的戦力を誇る連合国艦隊に挑む。
24hポイント 468pt
小説 2,170 位 / 74,257件 歴史・時代 50 位 / 1,069件
文字数 142,581 最終更新日 2019.04.17 登録日 2019.03.03
とある理由で女性搭乗員のみによって設立された「大和撫子戦技研究班」こと帝国海軍少女戦闘機隊。 もう少女って齢でもねえだろうという周りの声を一連射。 一癖も二癖もある乙女たちが駆る零戦、紫電改がミッドウェーで、ソロモンの蒼空で敵を撃つ。
24hポイント 406pt
小説 2,429 位 / 74,257件 歴史・時代 57 位 / 1,069件
文字数 107,232 最終更新日 2019.05.06 登録日 2019.04.23
このままでは、帝国海軍は合衆国と開戦した場合、勝ち目はない! そう考えた松田千秋少佐は、前代未聞の18インチ砲を装備する戦艦の建造を提案する。 真珠湾攻撃が行われなかった世界で、日米間の戦争が勃発!米海軍が押し寄せる中、戦艦『大和』率いる連合艦隊が出撃する。
24hポイント 319pt
小説 2,945 位 / 74,257件 歴史・時代 81 位 / 1,069件
文字数 35,344 最終更新日 2018.05.31 登録日 2018.04.09
 戦闘機の高速化競争に遅れをとった帝国海軍はその差を一気に埋めるべくこれまでの格闘性能重視の軽戦思想から重戦思想へと舵を切る。  その結果生まれたのが「一二試艦戦」として開発された「烈風」だった。  それは前方視界と翼面荷重をガン無視した、極端から極端に走る日本民族が持つ、格好いいかどうかは別としてひとつの生き様の写し鏡でもあった。  やがて開戦。  日本の運命を背負い「烈風」や「強風」といった「風」の名を持つ護国の翼が連合国の戦闘機群を、そして太平洋艦隊を迎え撃つ。
24hポイント 276pt
小説 3,346 位 / 74,257件 歴史・時代 99 位 / 1,069件
文字数 135,781 最終更新日 2019.05.25 登録日 2019.04.05
7
歴史・時代 連載中 短編 R15
大東亜戦争は広範囲の戦線がありました。太平洋、南方、中国、インドとありますが、日中戦争として初期以外はあまり語られなかった中国戦線について当時従軍した親族の話をもとにしました。(太平洋戦争という名称が一般的ですが、当時の視点で書かれるため、当時の政府が使用していた大東亜戦争という名称を使用します。)
24hポイント 263pt
小説 3,463 位 / 74,257件 歴史・時代 102 位 / 1,069件
文字数 3,083 最終更新日 2020.06.03 登録日 2020.05.20
太平洋戦争末期。南洋の島に派兵された青年たちは、『万葉集』の家持の歌に鼓舞され、絶望的ないくさを戦っていた。『万葉集』なんて、大嫌いだ! 吐き捨てる俺に、戦友の桐原は、それは違うと言った。大伴家持と、彼が心を捧げた聖武の息子・安積皇子。万葉の歌の秘密が、今、明かされる……。
24hポイント 242pt
小説 3,745 位 / 74,257件 歴史・時代 122 位 / 1,069件
文字数 16,729 最終更新日 2020.06.02 登録日 2020.05.31
1929年世界恐慌により大日本帝國も含め世界は大恐慌に陥る。これに対し大日本帝國は満州事変で満州を勢力圏に置き、積極的に工場や造船所などを建造し、経済再建と大幅な軍備拡張に成功する。そして1937年大日本帝國は志那事変をきっかけに戦争の道に走っていくことになる。当初、帝國軍は順調に進撃していたが、英米の援蔣ルートによる援助と和平の断念により戦争は泥沼化していくことになった。さらに1941年には英米とも戦争は避けられなくなっていた・・・あくまでも趣味の範囲での制作です。なので文章がおかしい場合もあります。 また参考資料も乏しいので設定がおかしい場合がありますがご了承ください。また、おかしな部分を次々に直していくので最初見た時から内容がかなり変わっている場合がありますので何か前の話と一致していないところがあった場合前の話を見直して見てください。おかしなところがあったら感想でお伝えしてもらえると幸いです。表紙は自作です。
24hポイント 234pt
小説 3,870 位 / 74,257件 歴史・時代 127 位 / 1,069件
文字数 83,249 最終更新日 2020.04.19 登録日 2019.12.08
10
歴史・時代 完結 長編 R15
浅深度魚雷を運搬中の空母「加賀」が単冠湾を前にして謎の爆発を起こし沈没。 最大の空母と決戦兵器を失った第一航空艦隊は真珠湾奇襲作戦を中止。 帝国海軍を震撼させた「加賀」爆沈事件によって連合艦隊は戦略の転換を余儀なくされる。
24hポイント 170pt
小説 4,728 位 / 74,257件 歴史・時代 145 位 / 1,069件
文字数 104,598 最終更新日 2019.07.15 登録日 2019.04.30
1947年11月ーー 北海道に配備された4式中戦車の高初速75ミリ砲が咆哮した。 500馬力に迫る空冷ジーゼルエンジンが唸りを上げ、30トンを超える鋼の怪物を疾駆させていた。 目指すは、ソビエトに支配された旭川ーー そして、撃破され、戦車豪にはまった敵戦車のT-34の鹵獲。 断末魔の大日本帝国は本土決戦、決号作戦を発動した。 広島に向かったB-29「エノラゲイ」は広島上空で撃墜された。 日本軍が電波諜報解析により、不振な動きをするB-29情報を掴んでいたこと。 そして、原爆開発情報が幸運にも結びつき、全力迎撃を行った結果だった。 アメリカ大統領ハリー・S・トルーマンは、日本本土への原爆投下作戦の実施を断念。 大日本帝国、本土進攻作戦を決断する。 同時に、日ソ中立条約を破ったソビエトは、強大な軍を北の大地に突き立てた。 北海道侵攻作戦ーー ソビエト軍の北海道侵攻は留萌、旭川、帯広を結ぶラインまで進んでいた。 そして、札幌侵攻を目指すソビエト軍に対し、旭川奪還の作戦を発動する大日本帝国陸軍。 北海道の住民は函館への避難し、本土に向かっていたが、その進捗は良くはなかった。 本土と北海道を結ぶ津軽海峡はすでに米軍の機雷封鎖により航行が困難な海域となっていた。 いやーー 今の大日本帝国に航行が困難でない海域など存在しなかった。 多くの艦艇を失った大日本帝国海軍はそれでも、避難民救出のための艦艇を北海道に派遣する。 ソビエトに支配された旭川への反撃による、札幌防衛ーー それは時間かせひにすぎないものであったかもしれない。 しかし、焦土の戦場で兵士たちはその意味を問うこともなく戦う。 「この歴史が幻想であったとしても、この世界で俺たちは戦い、死ぬんだよ―ー」 ありえたかもしれない太平洋戦争「本土決戦」を扱った作品です。 雪風工廠(プラモ練習中)様 「旭川の戦い1947」よりインスピレーションを得まして書いた作品です。 https://twitter.com/Yukikaze_1939_/status/989083719716757504
24hポイント 85pt
小説 6,781 位 / 74,257件 歴史・時代 182 位 / 1,069件
文字数 10,286 最終更新日 2019.11.23 登録日 2018.04.30
架空の太平洋戦争。 1944年のソロモンが舞台。 架空機・双発攻撃機「爆星」と「烈風22型」。 唸る2250馬力の「魁」エンジン。 アメリカ軍に「魔女」と恐れらる女性搭乗員たちがその最新鋭の機体を操る。 彼女たちは特異な空間認識能力、演算能力を持つ存在だった。 さらに、その歌声は、電子兵装を無力化させる。 最新鋭攻撃機「爆星」が搭載する1500キロロケット爆弾「ロ式大和弾」がアメリカ正規空母を叩き潰す。 魔女たちの独立飛行中隊が、ソロモンの空を駆け抜ける。 驕敵殲滅のために―― 表紙画像は再利用可能画像を使用しております。
24hポイント 63pt
小説 8,018 位 / 74,257件 歴史・時代 200 位 / 1,069件
文字数 30,889 最終更新日 2018.01.09 登録日 2016.12.06
13
歴史・時代 連載中 ショートショート
第二次世界大戦に関わる、御伽噺である。  最近、非常に多くの資料が、様々な観点から構築されて出版されるようになった。  お爺ぃのテーマは、「滅びなければならなかった、大日本帝国」である。  昭和16年夏の時点で、困ったことに日米開戦は、必然であった。 参考資料  CGS動画 「目からウロコの日本の歴史」 小名木善行&神谷宗幣  CGS動画 「じっくり学ぼう!日本近現代史」 倉山満&神谷宗幣  ハワード・ジン著「学校では教えてくれない 本当のアメリカの歴史 上下」  猪瀬直樹著 「昭和16年夏の敗戦」  前泊博盛著 「日米地位協定」  C.K.Ogden著「意味の意味」  荒木 博之著 「日本語が見えると英語が見える」  今野真二著 「日本語の歴史」  山口仲美著 「日本語の歴史」  西澤泰彦著 「図説 満鉄」  歴史読本編集「関東軍全史」  文献資料:明治大学、黒曜石研究センター関連資料  誉田亜紀子著「ときめく縄文図鑑」  植田文雄 著 「縄文人の淡海学」  瀬川拓郎 著 「縄文の思想」  松木武彦 著 「縄文とケルト」  西田正規 著 「人類のなかの定住革命」  安田喜憲 著 「森と文明の物語」  鬼頭宏  著 「人口から読む日本の歴史」  滋賀県立安土城考古博物館「人・自然・祈り」共生の原点を探る  滋賀県立安土城考古博物館「水中考古学の世界-琵琶湖湖底の遺跡を掘る-」  サンライズ出版「滋賀県の歴史」  山形県教育委員会「押出遺跡発掘調査報告書」  山川登 著「倭国大乱は二王朝の激突だった」  寺本克之 著「倭国大乱 軍事学的に見た日本古代史」  倉本一宏 著「内戦の日本古代史」  兼好法師 著「徒然草」  清水克之 著「喧嘩両成敗の誕生」  関 幸彦 著「武士の誕生」  網野善彦 著「日本の歴史をよみなおす」  本郷和人 著「承久の乱」「軍事の日本史」  作者不詳   「伊勢物語」  原田信男 著「義経伝説と為朝伝説」  出雲隆  編 「鎌倉武家辞典」  講談社  編 「難波大阪 全三巻」  桃崎有一郎 著「武士の起源を解きあかす」  山内 譲  著「海賊の日本史」  呉座勇一  著「応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱」  桃井治郎  著「海賊の世界史」  曲亭馬琴  著「椿説弓張月」  本居宣長  著「日本人のこころの言葉」  太安万侶、鈴木三重吉、武田祐吉「古事記」  紀貫之   著「土佐日記」  菊池寛   著「応仁の乱」  日下雅義  著「地形からみた歴史」  関裕二   著「地形で読み解く古代史」  鴨長明   著「方丈記」  黒嶋敏   著「海の武士団」
24hポイント 21pt
小説 14,234 位 / 74,257件 歴史・時代 297 位 / 1,069件
文字数 42,845 最終更新日 2019.04.25 登録日 2019.03.06

75年前、桜が咲き始めたころ、沖縄へ向かおうとした最後の艦隊がいた。 そんな艦隊の中心であった彼女の思いとは。 史実をもとにしていますがかなりオリジナル要素が入ってます。 艦魂出てきます、苦手な人は注意してください。 第二艦隊の将兵と艦達に合掌……。 ※追記 2020,5/5 誤字修正、一部改変 カクヨム・ノベルバ・エブリスタ・小説家になろうにも掲載します。
24hポイント 0pt
小説 74,257 位 / 74,257件 歴史・時代 1,069 位 / 1,069件
文字数 3,905 最終更新日 2020.04.07 登録日 2020.04.07
11/15にカテエラであるとの指摘を受け、歴史・時代ジャンルに変更しました。 辻政信子中佐。 最兇、最強、最狂にして、最悪の参謀が、ガダルカナルに殴り込みをかけます。 5人の部下。 海軍から副官となった中根主計中尉。 そして、特異な能力をもった3人の部下たち。 目的は米軍に捉えられた、狂気の科学者「石井死路子軍医中将」の奪還だった。 1万を超える精鋭アメリカ海兵隊を突破し、石井死路子軍医中将を奪還することが可能なのか? そういったお話なのですよ。 元々は、架空戦記の舞台でキャラを前面にだしたWEB小説がカテエラになるかどうかの実験小説でした。見事カテエラになったわけです。 2話で見切られましたね。 ================ 以前の粗筋。 キャラ文芸大賞用に、キャラクター造形。特に「表紙絵となる美麗のキャラ」、内面の異常性、突出した殺意などで作ってみたキャラの物語です。 大塚英志氏のキャラメイキングの方法論を用い、「西尾維新」のキャラパーツを分析し、私の持ちキャラに改造を加え、キャラを際立たせる物語を創るという視点で、創ったWEB小説です。 語り部を用意し、その視点から語られるのは3話からで、1、2話は主人公のキャライメージを見せるプロローグになります。 架空戦記的な要素を取り込んだキャラ小説を目指したものです。
24hポイント 0pt
小説 74,257 位 / 74,257件 歴史・時代 1,069 位 / 1,069件
文字数 15,159 最終更新日 2017.11.15 登録日 2017.11.14
第五回歴史時代小説大賞に応募しています。 よろしければ、お気に入り登録と投票是非宜しくお願いします。 一九四二年、三月二日。 スラバヤ沖海戦中に、英国の軍兵四二二人が、駆逐艦『雷』によって救助され、その命を助けられた。 雷艦長、その名は「工藤俊作」。 身長一八八センチの大柄な身体……ではなく、その姿は一三○センチにも満たない身体であった。 これ程までに小さな身体で、一体どういう風に指示を送ったのか。 これは、史実とは少し違う、そんな小さな艦長の物語。
24hポイント 0pt
小説 74,257 位 / 74,257件 歴史・時代 1,069 位 / 1,069件
文字数 20,221 最終更新日 2019.09.02 登録日 2019.04.27
16