歴史・時代 暗殺小説一覧

カテゴリ 歴史・時代
タグ 暗殺×
3
 ある地方の藩士であった空閑政頼は、娘婿の陽一郎に家督を譲ってからというもの、高齢と病に苛まれ、妻女も娘も喪って心身ともに限界を感じていた。  家を継ぎ、城で勤めながらも甲斐甲斐しく世話をしてくれる陽一郎に対して自分があしでまといであると考えていた政頼は、鍛えていた剣の腕も、師より唯一人相伝された秘技もついに使わずに終わるのだろうと覚悟する。  ところが、古い友人がその秘技を頼って老中暗殺の依頼を持ちかけてきたかと思うと、直後には娘婿の陽一郎が件の老中を護衛する御役目を受けたと喜んで報告してきた。  政頼はこれを、陽一郎へ孝行の恩を伝える最後の機会であろうと考え、御役目に役立つであろうと秘技『無明』の伝授を決めた。  秘技が向けられる相手は、刺客である自分だと知りながら。
24hポイント 170pt
小説 6,763 位 / 111,276件 歴史・時代 49 位 / 1,411件
文字数 120,850 最終更新日 2021.06.07 登録日 2021.05.16
秦王政によって中華は間もなく統一されようとしていた。 燕の太子丹は一縷の望みをかけ、始皇帝の暗殺を荊軻に依頼する。 秦の始皇帝の暗殺。その意味。成し遂げても成し遂げずともその場で殺される。それでも義を守るために。
24hポイント 21pt
小説 20,434 位 / 111,276件 歴史・時代 207 位 / 1,411件
文字数 26,295 最終更新日 2021.05.16 登録日 2021.05.11
5000文字でその夜を。 建保七年 (1219) 一月二十七日、夕刻より雪……
24hポイント 0pt
小説 111,276 位 / 111,276件 歴史・時代 1,411 位 / 1,411件
文字数 5,343 最終更新日 2020.08.03 登録日 2020.08.03
3