児童書・童話 第12回絵本・児童書大賞エントリー小説一覧

カテゴリ 児童書・童話
タグ 第12回絵本・児童書大賞エントリー×
10
 君は10歳になったお祝いに欲しかったペットが飼える事になりました。両親に連れられてモンスターペットショップに向かいます。  残念ながら今買う事が出来るのは『スライム』『ゴブリン』『ドラゴン』の3匹の子供モンスターだけでした。 『スライム』はのんびり屋で大人しい性格です。 『ゴブリン』は悪戯っ子で自由奔放な性格です。 『ドラゴン』は頭が良くて誇り高い性格です。  君は悩みましたが、『この子に決めた!』と1匹の子供モンスターを選びました。  明日からは2人で大冒険の日々が始まります。  ◆この冒険はサイコロを振って進める事が出来ます。普通に読む事も出来ますので、ご自由にお読みください。  ◆読者の皆様のお陰で、悲願の24時間ポイントで1万ポイントを超える事が出来ました。1日1話投稿を予定していましたが、予定よりも早く小説が完成してしまいました。沢山の投票ありがとうございます。
24hポイント 426pt
小説 2,091 位 / 65,854件 児童書・童話 17 位 / 1,235件
文字数 152,243 最終更新日 2019.12.15 登録日 2019.11.30
小学五年生の沼川幸一(ぬまかわ こういち)は、友達の赤沢新田(あかざわ しんた)、獺沢杏(うそざわ あんず)の三人で、〈深海に行ける隠し通路〉があると噂される博物館に行く。 博物館の地下室に行き、そこで三人は、地下へ続く隠し階段を発見。降った先にあったのは……三人が想像していなかった神秘の世界。深海生物の顔を持つ人々が暮らす〈深海町〉という不思議な町だった。 この物語は、〈深海町〉を舞台に繰り広げられる、小学生と、深海生物の顔を持つ人たちの、不思議でちょっぴりホラーな物語。 読んだら深海生物に詳しくなるかも……?
24hポイント 106pt
小説 5,540 位 / 65,854件 児童書・童話 58 位 / 1,235件
文字数 31,093 最終更新日 2019.12.24 登録日 2019.11.17
3
児童書・童話 完結 ショートショート
わたしのまわりにはいろんな生き物がいるよ。 「わたし」のぼうけんシリーズ。 ぼうけんだー!
24hポイント 0pt
小説 65,854 位 / 65,854件 児童書・童話 1,235 位 / 1,235件
文字数 13,088 最終更新日 2019.05.27 登録日 2018.11.10
4
児童書・童話 完結 ショートショート
雪の町のクリスマス、スノーマンのマスコットをお守りに、となり町のクリスマスマーケットへ出掛けるヘルゲとエドラの小さな冒険。 2019年10月13日 かんのあかね様より表紙を頂きました。ありがとうございます。
24hポイント 0pt
小説 65,854 位 / 65,854件 児童書・童話 1,235 位 / 1,235件
文字数 3,563 最終更新日 2019.10.12 登録日 2019.10.12
5
児童書・童話 完結 ショートショート
母親の誕生日が近付き、奮闘する少女のお話。
24hポイント 0pt
小説 65,854 位 / 65,854件 児童書・童話 1,235 位 / 1,235件
文字数 1,768 最終更新日 2019.11.09 登録日 2019.11.09
6
児童書・童話 完結 ショートショート
「おかあさんのたんじょうび」続編 ある日、おかあさんはどこかへ行ってしまう。 帰ってきたおかあさんからのお土産とは――
24hポイント 0pt
小説 65,854 位 / 65,854件 児童書・童話 1,235 位 / 1,235件
文字数 452 最終更新日 2019.11.13 登録日 2019.11.13
7
児童書・童話 完結 ショートショート
「おかあさんのたんじょうび」 「おかあさんのおみやげ」 に続いて第三段です。
24hポイント 0pt
小説 65,854 位 / 65,854件 児童書・童話 1,235 位 / 1,235件
文字数 854 最終更新日 2019.11.14 登録日 2019.11.14
 昔々の森のなか。そこには世にも不思議な、人語を話すという黒ウサギが住んでいました。  そのウサギは森で唯一の黒い毛をもち、ほかの白うさぎ達からはからかわれ、忌み嫌われる対象となっていました。  黒ウサギは、一匹ぼっちで過ごす毎日でした。  ある日、人の言葉を使っているところを悪知恵の働く白うさぎに見つかってしまった黒ウサギは、その白うさぎから「仲間になってほしい」との誘いを受けます。  しかし、白うさぎ達の仲間になるための条件というのは、村から食料を盗むために黒ウサギに人語を話す特技を使って村人を騙してほしいとのことでした。  人語を話す特技を悪用することに腹を立てた黒ウサギでしたが、反面いつも孤独という寂しい時間を過ごすなか、ずっと仲間という存在を欲していた強い思いもありました。  黒ウサギは悩んだ末、嫌々ながらも白うさぎの条件を飲むことにしました。    村での盗みを終え森への帰路につく道すがら、黒ウサギはある家で目の見えない若い女性、トツナと出会いました。  その女性にウサギの姿を見られる心配がないと安心した黒ウサギは、得意の人語を使ってトツナと会話をしてみることにしました。  時間を忘れ、トツナが知りたがっている『色』についての話をしているうちに、黒ウサギは、段々と心にかかっていた雲が晴れていくような穏やかな気持ちを感じていました。  それからも黒ウサギは、村人や白うさぎ達の目を盗んでは、たびたびトツナに会いに行くようになりました。  そんなある日、村で盗みを働くウサギ達がいるという噂をトツナは耳にすることとなりました……  森で孤独な生活を送っていた黒ウサギと、目の見えない女性トツナとの交流を描いた作品となっております。  つたない文章で紡いだ物語ではありますが、どうかお付き合いのほどよろしくお願いいたします。
24hポイント 0pt
小説 65,854 位 / 65,854件 児童書・童話 1,235 位 / 1,235件
文字数 43,650 最終更新日 2019.11.27 登録日 2019.11.27
五千メートルの高い壁に囲まれ、外の世界を知らないゴミだらけの町「ネバーランド」で暮らす馬のマスクを被った少年「ジョン」と、鹿のマスクを被った少女「ヨーコ」が、墜落したロケットの操縦席に侵入し、そこから夜空に流れる星を眺め、愛と平和にあふれた世界を創造する。
24hポイント 0pt
小説 65,854 位 / 65,854件 児童書・童話 1,235 位 / 1,235件
文字数 8,308 最終更新日 2019.11.29 登録日 2019.11.29
ぼくの名前はケン。山辺小学校の一年生。 学校が終わったら、おじいちゃんとずっと一緒にいる。ぼくにはお兄ちゃんもお姉ちゃんもいないし、何にもやることがない。
24hポイント 0pt
小説 65,854 位 / 65,854件 児童書・童話 1,235 位 / 1,235件
文字数 2,284 最終更新日 2019.11.30 登録日 2019.11.30
10