キャラ文芸 江戸小説一覧

カテゴリ キャラ文芸
タグ 江戸×
9
江戸を舞台にくりひろげられるあやかしと人間のヒューマンストーリー。 今まで読んだことのないファンタジー要素もありのものがたりです。 陰陽師の三途川夢幻に、命を救ってもらったお礼に、助手となった澪。 夢幻のふしぎな弟子たちも交えてあやかしにまつわる事件を解き明かす。 江戸の空に咲く花火のようなはかないけれど、鮮やかな物語です。 第七回歴史・時代小説大賞に参加しています。応援よろしくお願いします。 感想もお待ちしております!
24hポイント 63pt
小説 10,729 位 / 125,558件 キャラ文芸 156 位 / 2,972件
文字数 112,505 最終更新日 2021.09.09 登録日 2021.05.25
江戸で起きた事件をドジだけど気が優しい同心山倉唐四郎が解決する純情派時代小説です。 第七回歴史・時代小説大賞に参加しています。応援よろしくお願いします。 感想もお待ちしております!
24hポイント 21pt
小説 19,007 位 / 125,558件 キャラ文芸 292 位 / 2,972件
文字数 98,379 最終更新日 2021.06.29 登録日 2021.05.12
 犬山金吾は、正義感が強く犬のように事件の匂いをかぎわける凄腕同心を自負している。寛政の改革が はじまったのと時を同じくして、両国の岡場所に、過去の事件で知り合った町娘とそっくりな女郎がいる と知る。岡っ引きの橋蔵はどうやら、その事件のことで引っかかることがあるらしい。 第七回歴史・時代小説大賞に参加しています。応援よろしくお願いします。 感想もお待ちしております!
24hポイント 21pt
小説 19,007 位 / 125,558件 キャラ文芸 292 位 / 2,972件
文字数 89,170 最終更新日 2021.05.24 登録日 2021.04.20
妹は嫌いじゃない。 あの子はまだ子供だ。 だけど、両親は嫌いだ。 芽依子に構うのはいい。 だけど、だけど、 何で、私を邪険にするの? いないみたいにするの? そんな荒んだ中 出会ったのは、 新撰組・三番隊組長 斎藤一だった。
24hポイント 0pt
小説 125,558 位 / 125,558件 キャラ文芸 2,972 位 / 2,972件
文字数 6,294 最終更新日 2021.11.12 登録日 2021.11.12
母親と二人暮らしの 燐は表では何時も 笑っているが孤独だった。 そんな燐にも心から 大好きなものがあり、 それが、 幕末という時代と新撰組。 ひょんな事から、 幕末へとタイムスリップ してしまった燐。 果たして、 現代へ戻れるのか?
24hポイント 0pt
小説 125,558 位 / 125,558件 キャラ文芸 2,972 位 / 2,972件
文字数 20,704 最終更新日 2021.11.11 登録日 2021.11.11
 プロレス団体「アーク」に所属するトップレスラー「古橋ケンタ」は、乗っていたバスが起こした交通事故により時空を飛び越え、元禄時代の日本へとタイムスリップしてしまう。  その地で無頼漢たちに襲われていた武家の娘「秋山葵」を救ったケンタは、名のある武芸者と勘違いされ秋山家で居候することに。  そんなおり、突如として勃発する藩のお家騒動。  そして、葵をかどわかさんと次々に襲いかかる忍者、達人、裏柳生。  単なるいち武家のひとり娘に過ぎない葵が背負う出生の秘密。  はたしてケンタは、葵の身を守りきることができるのか?  天下の副将軍が見守るなか、二十一世紀の豪腕が元禄の世に炸裂する!  超時空プロレスファンタジー、ここに開幕!
24hポイント 0pt
小説 125,558 位 / 125,558件 キャラ文芸 2,972 位 / 2,972件
文字数 506,939 最終更新日 2020.10.24 登録日 2020.08.26
私はしがない新聞記者。 ある日のこと。目の前に現れた一人のお年寄りとのやりとりから思わぬ形で江戸時代で取材することになった私。 テーマは 「吉良上野介の冤罪を晴らす。」
24hポイント 0pt
小説 125,558 位 / 125,558件 キャラ文芸 2,972 位 / 2,972件
文字数 1,747 最終更新日 2019.12.15 登録日 2019.12.15
8
キャラ文芸 連載中 短編 R15
「いろはにほへとちりぬるを…」  一般的にいろは歌と呼ばれるこの言葉。  古くから伝わり多くの人により様々な解釈をされてきた。  一説には仏教による無情感と言うものを表している歌だと言う人もいたり、またある人によると冤罪によって罰せられた呪いの歌だと解釈する人もいたりと、非常に多くの捉え方があると言われていた。  そして江戸時代の将軍の中には、自らが大好きな将棋の盤に照らし合わせながら、この歌を読んだものがいると言う。  将棋の盤の右上から順に 「いろはにほへとちりぬるを……」と言う具合にだ。  何故その者は、わざわざそんな面倒なことをしたのだろうか。  当時から多くの人に愛されていた将棋。それを利用することで自分の権力を誇示するための道具にしたかったのか?  いいや、将棋の実力者としても知られていた彼が、そんなことをするわけがない。  それならば…  彼なりのメッセージと言うのがあったのではないか…  もしかしたら…  そう、それは自分の大好きな将棋と言う物を生涯でただ一人愛した女性に例え、いろは歌を自らの気持ちとして重ねた彼なりの表現と言うものだったのかもしれない。  これはそんな生涯たった一人の女性のことを、どこまでも真っ直ぐに思って儚くも散っていった、男のお話である。 ※R15は保険です。 ★注意事項★ 将棋が苦手で駒の初期配置が分からないと言う方は以下を参考にしてください。    相手 987654321 香桂銀金玉金銀桂香一  飛     角 二 歩歩歩歩歩歩歩歩歩三          四          五          六 歩歩歩歩歩歩歩歩歩七  角     飛 八 香桂銀金王金銀桂香九    自分
24hポイント 0pt
小説 125,558 位 / 125,558件 キャラ文芸 2,972 位 / 2,972件
文字数 18,745 最終更新日 2020.01.01 登録日 2019.12.12
泥棒が奪った奇妙な品物の物語。
24hポイント 0pt
小説 125,558 位 / 125,558件 キャラ文芸 2,972 位 / 2,972件
文字数 9,168 最終更新日 2019.07.18 登録日 2018.03.23
9