キャラ文芸 学校小説一覧

カテゴリ キャラ文芸
タグ 学校×
5
1
キャラ文芸 連載中 ショートショート
※下ネタが苦手な方は即刻逃げてください。 個性豊かな一ノ瀬家の四人兄弟が繰り広げるリア充もどき生活! ~キャラクター設定資料(若干箇条書き)~ マイペース長男(きり・高校二年生):怠けきった性根は父の遺伝。 母の遺伝0の糞人間。 大したことがない限り常にマイペース。 次男のゆうに頼りきっている。 童貞は卒業したいが、意外と緊張するタイプなので無理。 真面目でバカ正直次男(ゆう・高校二年生):真面目な性格は母の遺伝。 兄弟の中で唯一花屋のアルバイトをしている。 給料日は兄弟達に集られて必ず寿司屋に連れて行かれる(回転寿司)。 ホラー映画が苦手で、見たあとは必ず誰かと共にトイレへ行く。 童貞の卒業は興味がない。 助かるためならどんな手でも使う外道三男(リョウ・高校一年生):一見普通の男子高校生だが、裏の顔がとてつもなくゲスい。 その顔を知っているのはごく限られた人間のみ。 その噂(真実)が一部に広がっているため、リョウを好きになる者はいない。 童貞であるのを恥じている。 男にしてあっち系の趣味を持つ腐男子四男(レイ・高校一年生):とある漫画を切っ掛けにBLに目覚める。 第一話ではすでに設定済み。 が、オネェには興味がないらしい。 また、家族である兄達にも異性としての感情は生まれないらしい。 童貞は唯一卒業している。             ~等々。       ~おわり~ もしかしたらまだキャラクターが増えるかも知れませんが、今のところの予定はこんな感じです。ギャグ(下ネタ多め)でいこうと思っています! どうぞよろしくお願いいたします! 因みに言うと四人の話は殆どが休日・家の出来事です。学校のシーンはあまり無いかと。
24hポイント 0pt
小説 60,588 位 / 60,588件 キャラ文芸 1,591 位 / 1,591件
文字数 13,504 最終更新日 2017.11.06 登録日 2017.10.16
自称進学校。 大学合格率100パーセント、 就職率100パーセントの高校、秀英高校に受験をした主人公、鈴木 涼太。 合格発表の日に驚いたことがあったが、無事高校に受かることができ、家族と共に喜んでいた。 しかし、入学して様々な異変に気付き始めた涼太だったが、もう手遅れだった。 100パーセントの魅力に惹かれて入ってきました生徒たちの運命はどうなってしまうのか…!!!
24hポイント 0pt
小説 60,588 位 / 60,588件 キャラ文芸 1,591 位 / 1,591件
文字数 12,966 最終更新日 2018.05.21 登録日 2017.09.26
仕事をする座敷童がいる。彼らの仕事は人に幸せを運ぶこと。だが、一人の座敷童は幸福を運ぶことができずに、不幸を呼んでしまう。相手を不幸にしてしまう座敷童は、ある家の押し入れで泣くことに決める。そして、うるさい鳴き声を聞いた一人の女の子が自分の部屋の押し入れを開けた。そこにいたのは、一人の泣いている座敷童。彼女に会ったことで、一人の女の子である人間は巻き込まれ始めた。
24hポイント 0pt
小説 60,588 位 / 60,588件 キャラ文芸 1,591 位 / 1,591件
文字数 18,691 最終更新日 2018.12.03 登録日 2018.11.29
4
キャラ文芸 連載中 長編 R15
新しい4月、優麗高校近くの河川敷で儀式を行い、発狂していた 「神田 櫻」 という少女を音希田 廻は助けてしまう。 彼女を中心として繰り広げられるちょっと非現実な青春ストーリー。 「憑拠ユウレイ」の続編?です。 番外に近いです。 ーーーーーー のらりくらりと更新していこうと思います。 久しぶりに書くので色々ガタガタかもしれませんが、よろしくお願いします。 誤字脱字は許してください。 良かったら暖かい感想を頂けると、いい作品になると思いますし、書く励みになったりします……
24hポイント 0pt
小説 60,588 位 / 60,588件 キャラ文芸 1,591 位 / 1,591件
文字数 20,614 最終更新日 2019.03.04 登録日 2019.02.28
「彩華おはよ」 「あ、おはよ!」  ちゃんと、挨拶出来る友達もいる。 「宿題やるの忘れてた……見せて?」 「え〜やだ……って嘘嘘。ほら見せるから」  ちゃんと、宿題もするし、友達とじゃれ合うこともする。 「そういや、最近駅の近くにオシャレなカフェ出来たみたい!」 「あ、私も知ってるよ! 今度一緒に行こうよ!」  オシャレなカフェにも行くし、友達と遊びにも行く。 「今日行く?」 「今日は…………あー無理だ。ごめんバイト」  ただ一つ、彼女には足枷が付いている。 「またかぁ」 「うん。ごめんね? 週末に行こうよ!」 「行く!」  足枷は一時的に外すことが出来ても、直ぐにまた彼女にくっつく。  足枷を付けたまま友達と出かけるのは危険すぎる。  友達を傷つけないために、今日も彼女はバイトをする。 「じゃあね〜」 「また明日」 「また明日〜」  バイトはいつも放課後にある。  バイトという名の契約だ。
24hポイント 0pt
小説 60,588 位 / 60,588件 キャラ文芸 1,591 位 / 1,591件
文字数 8,666 最終更新日 2019.05.23 登録日 2019.05.17
5