キャラ文芸 日常ファンタジー小説一覧

カテゴリ キャラ文芸
タグ 日常ファンタジー×
6
コインに表と裏があるように、我々の世界にも表と裏が存在する。 これは『霊界』と呼ばれるコインのちょうど真裏の世界。 いや、違うコインの裏側かもしれない…… そんな「人間界」の裏側の世界「霊界」でデンシャを唯一運行さている姉妹の日常を中心とした一話完結のコメディー物語。 ・文字サイズ中以下推奨 小説というよりも台本に近い形で書いております。ですので、閲覧環境によっては文章がグチャグチャになる可能性もありますのでご容赦ください。 (投稿時にプレビューにてPCでの確認はおこなっておりますが、スマホの方では改行が上手く行えておりません。スマホからの閲覧者様申し訳ありません) ※小説家になろう様、カクヨム様のほうでも投稿させていただいております。 ※個人的な読みやすさで本編(本線)は一話を3分割してあります。 ※文章は随時手直し入れます、見切り発車(デンシャだけに)で申し訳ありません
24hポイント 21pt
小説 12,888 位 / 60,417件 キャラ文芸 272 位 / 1,572件
文字数 301,680 最終更新日 2018.10.15 登録日 2017.03.27
・ なんで? 俺は、 何をしたんだよ。 なんで、 認めてくれない? ただ。 "平穏"に、 だから、 俺に "居場所"をくれ。 ただ、それだけでいい。 このままじゃ、 「壊れちまう…。」
24hポイント 0pt
小説 60,417 位 / 60,417件 キャラ文芸 1,572 位 / 1,572件
文字数 3,553 最終更新日 2018.11.26 登録日 2018.10.28
電波。 それは電磁波のうち光より周波数が低い、波長の長いものを指す。 はるか昔から、電波は世界に存在し、人類の文明とともに、解析、利用されることが多くなった。 だが、この「電波」には姿形があることを、知っているだろうか。 「電波」を使う時、本当は電波たちの力を借りているのだが、皆は気がついているだろうか。 保護官と呼ばれる彼らの胸元には、1つのピンバッジがある。 そこに刻まれる文字は、【IUCSIG】 国際電波保護連合、International Union for Conservation of SIGNALは通称、IUCSIGと呼ばれ、違法電波の取締や、電波の不正利用、不正搾取、電波帯の不正売買など、人間の手によって正しく扱われずにいる電波達を守るための国際機関である。 彼らの組織の知名度こそは低いものの、日々、起こる事件に保護官達は奔走し、時には激しい攻防戦も繰り広げている。 このお話は、電波の姿形が視えることをきっかけに、保護官となった主人公、九重波留の話。 (※この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称・事件等は架空であり、実在のものとは関係ありません。予めご理解、ご了承ください)
24hポイント 0pt
小説 60,417 位 / 60,417件 キャラ文芸 1,572 位 / 1,572件
文字数 18,236 最終更新日 2018.11.02 登録日 2018.10.19
「わたしは美少女なのです」  美崎珊瑚は高卒のゴスロリ乙女。彼女にこよなく愛される黒猫・橋下乃音湖は、ホームレスのナツメと橋の下で暮らしている。毎日現れては、あちらこちらへと引っ張り回す珊瑚にうんざりする乃音湖。しかし、その日常は唐突に終わりを迎える。姿を見せない珊瑚に乃音湖は苛立ち、本心に気づく。吾輩は珊瑚の友である。戻ってきた彼女にそう伝えようとして、伝えられない己に、乃音湖は一抹の寂しさを覚えた。  珊瑚は、十二個下の妹りつに「憎んでいます」と言い残して失踪する。姉は、悪い魔女のように意図的に自分や両親を傷つけた。姉への憧れは嫌悪に変わっていた。その後、社会人となったりつは、姉が本当は自分を愛してくれていたと気づき、戸惑う。姉の親友・厳島沙良と宝樹騎夜と連絡をとり、りつは真相を悟り、決意する。姉と、家族なんかではなく友達になろうと。  ナツメは、江戸時代から生きており、異の法という一種の魔法を扱う存在であることを珊瑚に語る。ホームレス、魔法使い。ふつうの人とは異なる存在にも関わらず、一切のレッテルを貼らない珊瑚。そんな彼女に、ナツメは根無し草だったはずの自分が、一つの橋の下に留まり続けた理由を自覚した。珊瑚と乃音湖とともに旅に出ることを決めたナツメは、彼女らに出会うきっかけとなった、今は亡き少女に想いを馳せる。夕闇色のその少女に背中を押され、ナツメは思い出の街を後にする。  長年の職場の悩みで仕事を辞めた沙良は、かつて珊瑚と一緒に働いていたカフェに戻っていた。そんな折、沙良の前に銀髪の美少女アイリスが現れる。彼女の立ち振る舞いに親友の姿を思い浮かべた矢先、沙良は珊瑚、そして昔恋した男・騎夜と再会する。過去の恋物語と地続きの現在の悩みを皆に語り、沙良は己の気持ちに一区切りをつける。  のちにアイリスと名乗るアリス・リコリスは、二千歳を超えるにも関わらず十二歳ほどの見た目をしていた。アリスはその昔、自らを狙う者たちに眼前で最愛の人を殺され、村ごとその敵を凍らせて皆殺しにした、紅く冷たい過去を持つ。自らが住む古城を訪れた珊瑚らとの交流、城に現れた妖怪との戦闘。それらを経て、己とようやく向き合えたアリスは、凍り付いていた時間を再び動かす。老いて死に、最愛の彼の元へ逝くために。  騎夜はりつとの結婚前夜、乃音湖が言葉を話せると知る。同時に、そのことを珊瑚には伝えられずにいるとも。言葉で気持ちを伝えるとは何か。式後、ナツメや珊瑚との過去の確執を乗り越えていく妻・りつ。それを肌に感じつつ、アイリスらと言葉を交わした騎夜。そして、珊瑚から告げられる積年の想い。珊瑚もまた、前に進もうとしている。それをひしひしと感じた騎夜は乃音湖の背中を押して、その場を立ち去る。あとは、知性ある黒猫と、永遠のゴスロリ乙女だけで語ることだから。
24hポイント 0pt
小説 60,417 位 / 60,417件 キャラ文芸 1,572 位 / 1,572件
文字数 182,158 最終更新日 2018.11.21 登録日 2018.11.12
《同じ一日》はない。それがたとえ同じ仕事でも、同じ学校でも。 この小説は、それぞれの一日を書いた 一人称ストーリーです。 なお、話はひとつひとつ別物なので、途中からでも読めます。 ※カクヨム、小説家になろうと同時投稿しています。 ☆イラスト(大空めとろ様) ○ブログ→ https://ozorametoronoblog.com/ ○YouTube→ https://www.youtube.com/channel/UC6-9Cjmsy3wv04Iha0VkSWg
24hポイント 0pt
小説 60,417 位 / 60,417件 キャラ文芸 1,572 位 / 1,572件
文字数 4,866 最終更新日 2018.09.24 登録日 2018.09.24
ネグレクトを受けていた少女と小さな秘密を抱えた青年の温かい日常……
24hポイント 0pt
小説 60,417 位 / 60,417件 キャラ文芸 1,572 位 / 1,572件
文字数 8,494 最終更新日 2019.10.02 登録日 2019.10.02
6