ライト文芸 幼馴染小説一覧

カテゴリ ライト文芸
タグ 幼馴染×
101 123
第3回ライト文芸大賞 奨励賞、ありがとうございました。 『たっくん……私にたっくんの、空白の6年間を全部下さい』 『小夏……俺の話を聞いてくれる?』  小夏と拓巳は5歳の夏に運命の出会いをし、恋をした。 2人は拓巳の母親の恋人による暴力でジワジワと追い詰められ傷つけられ、 9歳の寒い冬の日に引き裂かれた。  そして6年ぶりに高校で再会した拓巳は、外見も中身も全く変わっていて……。  これは初恋の彼を想ったまま恋することをやめた少女、小夏と、 暗い過去を背負い、人を愛することを諦めた少年、拓巳の20年越しの恋のお話。 * R15です。第1章後半および第3章で児童に対する暴力、ケガなどの描写があります。第4章から性描写、微ザマァが入ります。 *本編完結済み。不定期で番外編を追加中です。 *イラストはミカスケ様です。
24hポイント 198pt
小説 6,230 位 / 123,967件 ライト文芸 101 位 / 5,080件
文字数 501,468 最終更新日 2021.02.14 登録日 2020.04.17
内容は題名の通りです。 なお、ここでいう「電気あんま」は足でやる方です。 重複してます
24hポイント 170pt
小説 6,757 位 / 123,967件 ライト文芸 107 位 / 5,080件
文字数 16,178 最終更新日 2018.01.18 登録日 2018.01.13
3
ライト文芸 連載中 長編 R15
 今日は時間がある。ちょっとあの日を思い出し、妹に話してみましょうか? そんな時間をつくりましょ! 【あらすじ】 「ねね、ちょっときになるんだけどさ」  妹が、顔だけこちらを向けて妹が聞いてくる。 「なあに?」 「どんな話すんの?」  少し首をひねる。 「体験談とかでいいんじゃないかな?」 「えー、あたしの?」 「んー、私の」  まあ、痩せても枯れても語り手は私であり、さじ加減も自在となるはずだ。 「でもさ、昔の事とか適当に話すだけでしょ?」 「『適切に』が正しいよ? 例えば、この前起きたスマホ入水事件とかどうかな?」  私は悪い顔をしていたかもしれない。妹は顔色変える。 「ちょっと! あれは秘密! 秘密でしょう!?」 「私は見たぞ。トイレに出来た、スマホ柱を......」 「あーもうもう! じゃ、あれバラす。この前飲んだくれて......」 「おっと、それ以上はまずい! 戦になるよ」  この勝負、私にとって分が悪い。妹は私の駄目さ加減を私よりも握っていて、しかも私のスマホをひとじちにとる、非人道主義者でもあるのだ。 「酔っぱで素っ裸な面白話があるじゃない! それ以外にも...」 「そこまでだよ、妹よ。これ以上はひみつにしなきゃ!」 「えー!? でもさぁ、もっともっと酷い話が...」  よし妹よ、ちょっとお話しましょうか?  *)このような感じのやりとりで、私の体験談に妹の突っ込みを入れるお話しです。 *)他のサイトで投稿したものをリメイクしたものです。
24hポイント 113pt
小説 8,387 位 / 123,967件 ライト文芸 129 位 / 5,080件
文字数 110,544 最終更新日 2021.08.31 登録日 2021.07.31
その人の色、いわゆるオーラや身に降りかかることが見える、そんな力を使って相談を引き受けてアドバイスをする相談屋を仕事にする不知火透(しらぬいとおる)。 しかしその実態は、裏で全てを指示する本当に見える親友、風間澄霞(かざますみか)がいた。 人々の望みを叶えるため、ゴーストライターならぬゴーストカウンセラーの澄霞に、面会役の透が振り回されていく。 (8/11 章分け、話を分割しました)
24hポイント 56pt
小説 12,243 位 / 123,967件 ライト文芸 184 位 / 5,080件
文字数 78,848 最終更新日 2021.09.12 登録日 2021.07.23
地元の夏祭りを訪れていた少年・狭野笙悟(さのしょうご)は、そこで見かけた幽霊の少女に一目惚れしてしまう。彼女が現れるのは年に一度、祭りの夜だけであり、その姿を見ることができるのは狭野ただ一人だけだった。年を重ねるごとに想いを募らせていく狭野は、やがて彼女に秘められた意外な真実にたどり着く……。四人の男女の半生を描く、時を越えた現代ファンタジー。
24hポイント 56pt
小説 12,243 位 / 123,967件 ライト文芸 184 位 / 5,080件
文字数 81,152 最終更新日 2021.09.08 登録日 2021.05.05
幼い頃から仲良しだった幼馴染の3人。それは、社会人になっても続いていた。 けれど、3人は幼い頃に交わしたある約束があった。 長い間、宮に片思いをしていた虹雫だったが、社会人になってもそれか変わらなかった。そんなある日、剣杜の計らいで宮と付き合う事になった虹雫。 それは、お試しの恋人という関係。 けれど、幼馴染という関係以上に優しく甘い宮に、更に惹かれていく。 だが、宮には虹雫には秘密にしている事があった。 3人の秘密は全て、虹雫の過去から動き始めていた。 全て完璧で溺愛してくれる宮。彼に見合うような人になりたい、本当の恋人になりたい。その思いが、事態を急転させるのだった。 3人の秘密は、全て3人のために。 美作 虹雫(みまさか りあ) 26歳。図書館司書として働く。他人の視線や態度、どう思われているか、などが気になる敏感な性格の女の子。繊細な気質もあり、時々体調も崩しやすい。だが、本が好きで仕事も精一杯こなす頑張り屋。2人の幼馴染を何より大切にしている。宮に長い間片思いをしている。また、過去につらい経験をしている。 遊馬 宮(あすま みあ) 26歳。幼いころから、頭脳明晰で天才と言われていた。全国模試でもいつもTOP3以内に入っていた秀才。大学時代から起業家として活動し、かなりの収入をもつ。現在はゆったりとした自由な生活を送っている。口数も少ないクールな性格だが、優しい性格から女性から人気がある。 椛 剣杜(もみじ けんと) 26歳。モデルをしているイケメン。長身だが、宮よりも小さいのを気にしている。お調子者で誰とでも仲良くなれる。気を使える事も多いが、自分の事は後回しにしてしまう部分がある。
24hポイント 56pt
小説 12,243 位 / 123,967件 ライト文芸 184 位 / 5,080件
文字数 127,824 最終更新日 2021.05.01 登録日 2021.03.14
藤守つばさには、見えてしまうものがある。それは、普通の人はまず見ることのない、いわゆる「幽霊」という類のもの……。隣に住む幼馴染の黒沢斗哉と共に、つばさはさまざまな心霊現象に巻き込まれていく。ある日、学園祭の舞台練習を終えたつばさと斗哉は、忘れ物を取りに、“幽霊が出る”と噂される講堂の地下道へ行くことに。第二実験室に忘れたレポートは見つかるものの、つばさは噂の幽霊に遭遇してしまう。ずっと幼馴染だと思っていた斗哉との関係も、学園祭を機に微妙に変わり初めて……。エピソードⅢからは、霊能力を持つ転校生の神崎嵐も現れて、恋の方は三角関係に突入!?幼馴染ラブ×心霊ホラー×ちょっと笑える、かもしれない長編作品。
24hポイント 56pt
小説 12,243 位 / 123,967件 ライト文芸 184 位 / 5,080件
文字数 242,289 最終更新日 2020.12.18 登録日 2020.07.01
家が、怖い。 夜は、もっと、怖い。 「ねえちゃん、泣かないで」 「泣いてない」 本間吉央と大野将は高校生。 又従弟で、小さな垣根を挟んでお隣さん。 でも今の吉央の居場所は、将の部屋の中だ。 一緒に学校へ行き、隣同士で眠る。 将に起こされた初夏の朝、吉央は祖母の急死を知る。 彼らが大人たちと一緒に祖母を送り出す支度をする話。
24hポイント 28pt
小説 17,506 位 / 123,967件 ライト文芸 264 位 / 5,080件
文字数 15,064 最終更新日 2021.07.27 登録日 2021.07.27
感動系ラブコメを読んだあとに訪れる余韻:ラブコメ脳 これは誰でも可愛いまたはカッコよく見えてしまうスペシャル現象である。 そうして一人の少女もラブコメ脳になっていた。
24hポイント 28pt
小説 17,506 位 / 123,967件 ライト文芸 264 位 / 5,080件
文字数 3,341 最終更新日 2020.12.30 登録日 2020.12.29
高校生、童貞、彼女いない歴=年齢。密かに想いを寄せていた幼なじみは最近彼氏をつくりやがった。そんな俺を命を狙いに来た口裂け女とやらが、まさか未来から来た“自分の娘”だとは……一体何の間違いだ?お前は一体誰なんだ?頼むからそのナイフをこちらに向けないで下さい。 『君はあの口裂け女を知っているか!?』
24hポイント 28pt
小説 17,506 位 / 123,967件 ライト文芸 264 位 / 5,080件
文字数 4,576 最終更新日 2021.05.20 登録日 2020.04.30
山奥から日本代表サッカーチームの合宿に乗り込んできた隆之介。 彼にはどうしても日本代表チームにならないといけない理由があった。 金とコネを使い代表チームの強化試合にでるチャンスを得た。 親友の夢。 それは日本代表としてワールドカップのピッチに立つ事。 その親友は才能に溢れ、体が健康であれば夢を叶えられたかもしれない。 亡くなった親友に代わり親友の夢を叶える為に空山隆之介はピッチを駆ける。
24hポイント 28pt
小説 17,506 位 / 123,967件 ライト文芸 264 位 / 5,080件
文字数 47,627 最終更新日 2021.08.05 登録日 2019.06.30
ライト文芸大賞で奨励賞をいただきました。 応援くださった皆様ありがとうございましたヾ(*´∀`*)ノ あなた化粧映えするわよ。 始まりはその一言だった。 鏡の中には私のなりたくてたまらなかった、好きな服を着てもいい、おしゃれな店でかわいい!とか言いながら注文してもいい可愛い女子がおりました。 別人に変身した私は休みのたびにストレスを発散するために、あちこちで遊んでいたのだけれど……。 一番会いたくない人間に会ってしまって。 ばれてはいけない詐欺から始まるラブコメディー。
24hポイント 28pt
小説 17,506 位 / 123,967件 ライト文芸 264 位 / 5,080件
文字数 103,236 最終更新日 2020.01.31 登録日 2018.08.13
共感によってコンプレックスを乗り越える。女の子のための物語!  幼稚園の頃からずっと一緒に過ごしてきた、かなえ・由美子・凛花・杏の四人は中学で半々に分かれてしまった。  小学校卒業後、最初こそ一緒に遊んだりもしたけれど、今ではすっかり疎遠になってしまった。  毎年バレンタインには集まって、好きな男の子のことなど話しながらチョコレート作りをしてきたけれど、今年はかなえと由美子の二人きり。 本命はお父さん。 思う相手がいるのにそのことを認められないかなえには、誰にも知られたくない大きな傷があった。
24hポイント 28pt
小説 17,506 位 / 123,967件 ライト文芸 264 位 / 5,080件
文字数 21,040 最終更新日 2018.01.31 登録日 2018.01.31
高砂仄香(たかさごほのか)は、今は亡き調香師の祖母から受け継いだ調香工房で、隠されていた古い香水を見付けた。 幼馴染みの長谷川郁(はせがわいく)とともに香水の謎を調べていくうちに、この香水が人の心を操ることのできる不思議な力を持っていることに気付く。 だが、この香水にはさらに驚くべき秘密があった。 香りにまつわる謎。 『十戒』と呼ばれる香水を使った儀式。 妖しい香りに惹かれて現れるモノとは?
24hポイント 28pt
小説 17,506 位 / 123,967件 ライト文芸 264 位 / 5,080件
文字数 98,883 最終更新日 2017.09.06 登録日 2017.05.22
舞台は神戸・異人館の街北野町。 青春の真っただ中の子供達と青春の残像の中でうごめいている大人たちの物語です。  そこに住む高校生になったばかりの亮平は 「高校生になった記念にどうだ?」という母親の訳のわからん理由によって離婚して離れ離れになっていた父親に生まれて初めて会う事になった。 それは想像していたとは違う茶目っ気たっぷりなハードボイルドな父親だった。 それまで平凡な生活を送ってきた少年は一気に大人の世界の洗礼を受け始める。 父親と会った事によって一気に広がる人間関係。それによって社会を知る。世界を知る。 今まで知らなかった大人たちとの付き合いが始まる。  その上、オヤジと会ってから、自分の家の古くから伝わる伝説に徐々に引き込まれていく亮平。 そこで出会ったのは、お嬢と呼ばれる座敷わらしのような得体の知れない者。しかしそのお嬢の影響力でオヤジに会った本当の理由を理解し始める。 この物語に登場するのは主人公の同級生達とオヤジの同級生達。 そして一台のピアノ。  オヤジの友人の店にあった古い一台のピアノがオヤジと亮平の関係を親子以上の関係にしていく。 少年が大人になる過程で関わった人達の個性が混じり合いそれが色彩豊かな人間関係を築いていく。人は人によって成長し助けられそして自分を輝かせることが出来る。 そんな少年が大人になる過程で起きた物語です。  この頃……青春モノからだんだん離れて行っているのではないかと思ったりもしますが、こんなオヤジが居たら面白いなという風に読んでもらえれば幸いです。 だから異世界に転生も転移もしません。 済みませんです。 しかし魔界ぐらい行っちゃうかもしれません……僕にもわかりませんが。 この頃少しファンタジー要素が入ってきているのではないかと思ったり思わなかったり……。
24hポイント 28pt
小説 17,506 位 / 123,967件 ライト文芸 264 位 / 5,080件
文字数 664,579 最終更新日 2021.08.30 登録日 2016.07.15
「なんで、私生きて…」「そうだ、スマホ!え、あれ、これ昨日の…」 「あ、ううん、なんでもないの!」 あっ(察し)
24hポイント 0pt
小説 123,967 位 / 123,967件 ライト文芸 5,080 位 / 5,080件
文字数 4,923 最終更新日 2021.09.27 登録日 2021.09.26
借金野郎の話
24hポイント 0pt
小説 123,967 位 / 123,967件 ライト文芸 5,080 位 / 5,080件
文字数 3,638 最終更新日 2021.09.09 登録日 2021.09.09
高校2回目となる夏休みに入った奏瑪(かなめ)。 ある日、幽霊が出る山へと友人である兎姫(うき)と行くことになった。 そこで出会ったのは不思議な少女。 この出会いが奏瑪の人生を変える。
24hポイント 0pt
小説 123,967 位 / 123,967件 ライト文芸 5,080 位 / 5,080件
文字数 7,505 最終更新日 2021.08.27 登録日 2021.08.20
19
ライト文芸 完結 ショートショート
読んでいた漫画が完結し、自分の一押しだったサブヒロインである幼馴染が、当然のごとく主人公とは結ばれなかった。それゆえにサブヒロインのその後を考えると、男は悲しくなり、ある日そのことを友人にぶちまける。だが、友人が慰めてくれることはなく、逆にそれはエゴだと言われてしまう。しかし、そう言った友人にも思うところがあり、最後には男にあるメッセージを残していく。
24hポイント 0pt
小説 123,967 位 / 123,967件 ライト文芸 5,080 位 / 5,080件
文字数 2,077 最終更新日 2021.07.05 登録日 2021.07.05
20
ライト文芸 完結 ショートショート
事故で亡くなった幼なじみ達の幽霊と再会してしまう。夢か奇跡か、いずれにしろ長く一緒に居ることは出来ない。それがわかっていながらも彼女たちとあの日の続きをすることになり……? ※他サイトさんにも同作を投稿しております。
24hポイント 0pt
小説 123,967 位 / 123,967件 ライト文芸 5,080 位 / 5,080件
文字数 13,451 最終更新日 2021.05.14 登録日 2021.05.14
例えばここからが本編だったとしたら、プロローグにも満たない俺らはきっと短く纏められて、誰かの些細な回想シーンの一部でしかないのかもしれない。 もし俺の人生が誰かの創作物だったなら、この記憶も全部、比喩表現なのだろう。 それかこれが夢であるのならば、いつまでも醒めないままでいたかった。
24hポイント 0pt
小説 123,967 位 / 123,967件 ライト文芸 5,080 位 / 5,080件
文字数 55,482 最終更新日 2021.05.30 登録日 2021.04.30
彼の、甘くて優しい声が大好きだったのに。 彼の、輝くような笑顔が大好きだったのに。 彼がモデルとして、世に名を馳せるようになればなるほど、 どんどん彼が遠くに行ってしまう。 不安と辛さで押しつぶされそうになった時、 傍で支えてくれたのは、 「好きです」 真っ直ぐに私に思いを伝えてくれた、1人の男の子だった。 ――「滝川さんが好きになった人だもん。きっときちんと滝川さんを、守ってくれる人だよ」 ”「アイス、食べよう!」 彼はその言葉に、ふふっと笑ってから、大きくうなずいてくれた。”
24hポイント 0pt
小説 123,967 位 / 123,967件 ライト文芸 5,080 位 / 5,080件
文字数 100,674 最終更新日 2021.04.30 登録日 2021.04.30
蝶名林遊兎は蝶のように自由に生きている。 しかし、ひょんなことで寄生蜂につけ回されるようになった。 女の子っぽい『男の娘』と男性っぽい『男装の麗人』が出会い、ただ『男の娘』がじわじわと侵され喰われていく。 もう二度と羽搏けないようなところまで連れられるのか。 それとも、二人はともに羽搏くための手を打つのだろうか。 何れも、蝶名林遊兎は未だ貪られていくのみだ……。
24hポイント 0pt
小説 123,967 位 / 123,967件 ライト文芸 5,080 位 / 5,080件
文字数 20,672 最終更新日 2021.05.07 登録日 2021.04.09
あたし、真野麻央、中学二年生。死んだおじいちゃんから託されたのは、VRゴーグルと指輪。湧き上がる好奇心から、試しにそれを装着してみたら……! え? これがあたし!? 長年住み慣れた下町に建つ真野家の地下に広がっていたのは、非現実的なVRワールドだった! その中での麻央の役割は「悪の首領アーク・ダイオーン」その人であり、さまざまな容姿・特技を持った怪人たち・構成員を統率するエラーイ人なのだという。 そんなムツカシーこといわれても、中学生の麻央には分からないことだらけでとまどうばかり。それでも麻央は、自分に与えられた役目を果たそうと奮闘するのだった。 JCが悪の首領だってイイじゃない!
24hポイント 0pt
小説 123,967 位 / 123,967件 ライト文芸 5,080 位 / 5,080件
文字数 98,435 最終更新日 2021.05.18 登録日 2021.04.07
自由奔放、マイペースで大福が大好きな神様、白。 その暇潰しの相手をすることになってしまった女子高生、灯。 これはなんやかんや毎日を楽しく過ごしているふたりの、なんてことのない日常の物語。
24hポイント 0pt
小説 123,967 位 / 123,967件 ライト文芸 5,080 位 / 5,080件
文字数 26,590 最終更新日 2021.04.03 登録日 2021.04.02
26
ライト文芸 連載中 長編 R15
2031年5月18日。世界中の人類のうち99%以上が灰と化した。大学受験に失敗し生きる希望を失っていた男子大学生の山城結は、こんなご時世だからこそ、いつ死ぬか分からないからこそ、高校時代の同級生である三好風佳と、パリに行く。
24hポイント 0pt
小説 123,967 位 / 123,967件 ライト文芸 5,080 位 / 5,080件
文字数 7,162 最終更新日 2021.03.18 登録日 2021.03.17
可愛いことを自覚してない系女子と腹黒系男子のラブコメっぽいお話。
24hポイント 0pt
小説 123,967 位 / 123,967件 ライト文芸 5,080 位 / 5,080件
文字数 524 最終更新日 2021.01.01 登録日 2021.01.01
山間に清流を渡す限界集落・清見地区。 中学生の僕は、正月の集まりで祖母のもとへ訪れていた。 ここにはコンビニはもちろんないし、スマホも圏外。 車よりタヌキを見かける回数のほうが多い。 そんな田舎だからこそーーーー初詣は廃村の神社に行こう。 幼馴染との、久しぶりの再会。 そして見知らぬ少女との、初めての出会い。 ノスタルジックな田舎で起きる、ゆるいけど少し不思議なお正月の話。 全6話の短編です。ちょっと田舎の雰囲気を感じたいときにご一読下さい。
24hポイント 0pt
小説 123,967 位 / 123,967件 ライト文芸 5,080 位 / 5,080件
文字数 14,020 最終更新日 2020.08.05 登録日 2020.07.31
病と闘う青春物語があったとして。でも主役じゃない。傍観者。脇役。 好きな人が他の人の生きる希望になった時、それが儚い青春物語だったなら。脇役の恋は泡になって消えるしかない。 嘉川千歳は、普通の家族に生まれ、普通の家に育ち、学校や周囲の環境に問題なく育った平凡女子。そんな千歳の唯一普通ではない部分、それは小さい頃結婚を約束した幼馴染がいることだった。 約束相手である幼馴染こと鹿島拓海は島が誇る野球少年。甲子園の夢を叶えるために本州の高校に進学することが決まり、千歳との約束を確かめて島を出ていく。 しかし甲子園出場の夢を叶えて島に帰ってきた拓海の隣には――他の女の子。恋人と紹介するその女の子は、重い病と闘うことに疲れ、生きることを諦めていた。 小さな島で起こる、儚い青春物語。 病と闘うお話で、生きているのは主役たちだけじゃない。脇役だって葛藤するし恋もする。 傷つき傷つけられた先の未来とは。 ・一日3回更新(9時、15時、21時) ・5月14日21時更新分で完結予定 **** 登場人物 ・嘉川千歳(かがわ ちとせ)  本作主人公。美岸利島コンビニでバイト中。実家は美容室。 ・鹿島拓海(かしま たくみ)  千歳の幼馴染。美岸利島のヒーロー。野球の才能を伸ばし、島外の高校からスカウトを受けた。 ・鹿島大海(かしま ひろみ)  拓海の弟。千歳に懐いている。 ・宇都木 華(うづき はな)  ある事情から拓海と共に美岸利島にやってきた。病と闘うことに疲れた彼女の願いは。
24hポイント 0pt
小説 123,967 位 / 123,967件 ライト文芸 5,080 位 / 5,080件
文字数 111,812 最終更新日 2020.05.14 登録日 2020.04.27
書籍部(しょじゃくぶ)部長の栃折奈津美先輩は、学校随一の変人だ。見た目は清楚な美人なのに、中身はとんだトラブルメーカー。おかげで同じ書籍部に所属している僕も、生徒会から目を付けられる始末だ。本当に勘弁してほしい……。 けど、そんな奈津美先輩には、もう一つの顔がある。そう、製本家を目指す職人見習いとしての顔が――。 子供の頃、奈津美先輩がこの町を離れる前に交わした、一つの大切な約束。 僕はそれを一生忘れない。 この約束を果たすために、僕らは各々の夢に向かって突き進む。 でも、僕らの約束がもたらすものは絆だけではなくて……。 これは、司書を目指す僕と製本家を志す奈津美先輩の、ささやかな約束をめぐる物語。
24hポイント 0pt
小説 123,967 位 / 123,967件 ライト文芸 5,080 位 / 5,080件
文字数 110,070 最終更新日 2020.05.30 登録日 2020.04.29
大きな幸せを知らないふたりの、遺書から再び繋がるお話。 愛する彼女の自殺、その原因は彼氏である「俺」だった。
24hポイント 0pt
小説 123,967 位 / 123,967件 ライト文芸 5,080 位 / 5,080件
文字数 2,506 最終更新日 2020.04.26 登録日 2020.04.26
それは、きっと、運命の歯車が狂っただけ。 純粋な子供の頃から惹かれ合っていた二人は、残酷な運命の波にのまれて、離れ離れになってしまう。 それもまた運命の悪戯… 二十五歳の春、 平凡な日々を一生懸命過ごしている私の目の前に、彼は現れた。 私の勤める区役所の大きな古時計の前で、彼は私を見つけた…
24hポイント 0pt
小説 123,967 位 / 123,967件 ライト文芸 5,080 位 / 5,080件
文字数 118,462 最終更新日 2020.05.24 登録日 2020.04.21
33
ライト文芸 完結 ショートショート
「この恋は、きっと許されない」 僕はあくまで彼女の御目付け役なんだ 彼女はあくまで一国の姫なんだ ―――だからこんな想い、抱いちゃいけないんだ。
24hポイント 0pt
小説 123,967 位 / 123,967件 ライト文芸 5,080 位 / 5,080件
文字数 6,292 最終更新日 2020.04.19 登録日 2020.04.18
ある日の朝、起きると知らない女の子が俺の上に跨っていた。え、誰!? 知らない女の子は俺の幼馴染らしい。妹や両親が口を揃えて言う。 いやいやいや、忘れた訳ではなくて最初から知らないんだけど。 とりあえず学校へ行くが、みんな自称幼馴染が元からいるかのように振舞っている。 もしかして、世界で俺だけが幼馴染の事を知らないのか!? そしてこのタイミングで転校生が。何とこちらは知っている女の子でした。 知らない幼馴染と知っていた転校生が俺を巡ってひっちゃかめっちゃかする、そんなお話が突然変化します。
24hポイント 0pt
小説 123,967 位 / 123,967件 ライト文芸 5,080 位 / 5,080件
文字数 116,898 最終更新日 2020.05.18 登録日 2020.04.28
朝比奈 美琴(あさひな みこと)現在18歳看護大学の一回生。 今まで生まれた年齢=彼氏なし。 そんな彼女には幼い頃より心に秘めた想い人がいる。 朝比奈  柾(あさひな まさき)現在32歳アメリカの大学病院で勤務医として働いている美琴の従兄であり、彼女の初恋の相手。 何時も一緒だった。 美琴の傍には必ず柾が傍にいた。 彼女にとってそれは永遠に続くものだと信じていたのにっ、何故か突如柾が25歳の時突然の決別が訪れたのだ。 美琴へ何も告げずに柾はひっそりと渡米してしまった。 そうして一度も好きと告白も出来ないまま、美琴の初恋の時間は時を刻むのを止めた。 それから五年後の春――――桜舞い散る中に柾は突然美琴の前へと帰ってきた。 美琴の知らない柾を知る、彼の婚約者だと名乗る女性を伴って……。 然もあり得ない事に片岡 龍太郎と言うイケメンを美琴の伴侶として連れ帰ってきたのである。 初恋は実らないと言われていますが美琴と柾の関係はどうなるのでしょう。 突如現れた婚約者に恋愛経験がないばかりに振り回されるままの美琴。 18年間初恋を引き摺ったまま終止符を打つのか、それとも美琴には柾とは違う新たな恋の相手が見つかるのでしょうか。 初恋をあらゆる意味で拗らせた切ないお話です。 色々な視点を織り交ぜて進めていきます。 追伸、このあまびえは妹が手作りしたものです。 無事完結出来るのと、皆様の幸せ🍀を願って……みたいな感じです。
24hポイント 0pt
小説 123,967 位 / 123,967件 ライト文芸 5,080 位 / 5,080件
文字数 144,998 最終更新日 2020.06.16 登録日 2020.04.30
そこそこ田舎の女子高校生、葉月のささやかな恋と日常の高校生活の話。 幼馴染が大好きな女子×大抵クールな面倒見のいい幼馴染男子
24hポイント 0pt
小説 123,967 位 / 123,967件 ライト文芸 5,080 位 / 5,080件
文字数 23,589 最終更新日 2020.04.18 登録日 2020.04.10
正義と耕二は小学校からの親友である。正義は、俳優をしたり、バーを経営したりして、面白おかしく人生を謳歌してきた。一方、耕二は終始、地味なサラリーマン生活を送ってきた。正義のバーが経営難でつぶれ、自己破産した時、このアリとキリギリスは助け合って生きて行こうとする
24hポイント 0pt
小説 123,967 位 / 123,967件 ライト文芸 5,080 位 / 5,080件
文字数 10,806 最終更新日 2020.04.08 登録日 2020.04.08
「ねえ、覚えてる…?」 夜霧舞葉(やぎり まいは)と過ごす最後の夏祭り。 彼女は僕にそう問いかける。 大学三年生の七月。 夏江景太(なつえ けいた)は幼馴染みである舞葉と、今年も神社の祭りを散策する。 景太は彼女の問いかけで、自分達の軌跡を思い返していく。 「もちろん…覚えているよ…」 舞葉が隠していた真実。 彼女と交わした大切な約束。 二人で見る、最後の打ち上げ花火。 是非、この物語の終わりを見届けて頂けたらと思います。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 第3回ライト文芸大賞エントリー作品です。 大体20〜30分くらいの読書時間になるかと思います。 初投稿作品ですので、感想など頂けると励みになります!
24hポイント 0pt
小説 123,967 位 / 123,967件 ライト文芸 5,080 位 / 5,080件
文字数 27,319 最終更新日 2020.04.07 登録日 2020.04.06
「幼馴染なんて大嫌いだ、それなら壊してしまえばいい」 別府えにしは親の仕事の都合で転校を繰り返す。 その中で、一つの楽しみを見つけた。 新しい学校での楽しみとはいったい何なのか。 今日も彼女は新しい学校での生活を過ごしていく。
24hポイント 0pt
小説 123,967 位 / 123,967件 ライト文芸 5,080 位 / 5,080件
文字数 110,607 最終更新日 2020.05.17 登録日 2020.04.01
 京条あやめは絵に描いたようなお嬢様で、帳青はいつも彼女のわがままに振り回されていた。生まれた時からの幼馴染みで、常にとなりにはいたものの青の手はいつもあやめに引かれる人生だった。  才色兼備をそのまま具現化したようなお嬢様は何一つとしてできないことはないのに、着替え、食事、入浴に至るまで青がいる限りは青にやらせている。幼馴染みである以上に主人である彼女に対して、青はもらうものを全て代価とし、自分の気持ちは圧し殺してきた。このまま彼女のとなりにいることが、なによりも現実的で確実だったからだ。  あやめにとって生まれた時からの自分の側にいて、どんなに無茶なことを言ってもついてくる青は自分の所有物として当たり前であると思ってはいるが、あやめの背負っていくものを考えるといつまでもこのままではいられない。  現実を突きつけられていくあやめに対して、青自身は下僕であるというスタンスを崩そうとせず、「今さら横には並べないよ」と言う。
24hポイント 0pt
小説 123,967 位 / 123,967件 ライト文芸 5,080 位 / 5,080件
文字数 13,640 最終更新日 2020.03.21 登録日 2020.03.21
101 123