ライト文芸 大学生小説一覧

カテゴリ ライト文芸
タグ 大学生×
17
母親の呪縛から離れ、ようやくたどり着いた 下宿は…実はとんでもないところだった! いわくありげな魔女たちの巣食う《魔女の館》 と言われるアパートだった!
24hポイント 285pt
小説 3,091 位 / 57,748件 ライト文芸 60 位 / 2,355件
文字数 131,642 最終更新日 2019.10.22 登録日 2019.03.31
メリーさんといえば、都市伝説に出てくる女の子だ。 徐々に近づいて来て、その度に電話をかけてくるマメな性格らしい。 だけど、俺にとってメリーといえば真っ先に親戚の女の子が思い浮かぶ。 幼くも整った顔立ちに、細く長いブロンドと、藍色の瞳。 無邪気で、俺によく懐いていて、ハーフの見た目を除けば近所に住む普通の女の子だった。 そう、普通の女の子のはずだったんだ。 これは二年前の冬、突然訪れた変な口癖の少女と過ごした数日間の話。
24hポイント 198pt
小説 3,992 位 / 57,748件 ライト文芸 87 位 / 2,355件
文字数 113,531 最終更新日 2019.04.01 登録日 2019.03.29
 初恋すらしたことのない、恋愛無関心の咲子。  今までの経験の所為で、恋愛食傷気味の晴希。  そんな二人が、人数合わせで参加されられた合コンで出逢い――。  恋愛する気0%な男女の、ちょっと変わった友情(?)物語。  自サイトにて完結済み。番外編4編まで公開中です。
24hポイント 28pt
小説 11,209 位 / 57,748件 ライト文芸 270 位 / 2,355件
文字数 61,494 最終更新日 2017.02.21 登録日 2017.02.12
大学の野球グラウンドの前で再会したのは、母方の祖父母に招かれ、田舎を訪れた春休みに一度だけ遊んだ、一つ年上の板倉大輔だった。 毎年選抜高校野球の時期になると思い出していた。ダムに沈むことが決まった村での、最後の六日間。下手くそな野球少年の大輔と、故郷を離れる間際の大人達との、何とも適当で楽しい空き地ベースボールをして過ごした日々のことを。 「大事なのはどこで何をするかじゃない。誰と好きなことをするかだ」 祖父の言葉と、とうもろこし畑の思い出を胸に、再会後の大輔との恋に戸惑いながらも、文緒は好きなことに向かって進む。 *「二週間のエール」に登場する、岸司の仲間・桂の、女子軟式野球同好会を作る原点となったお話です。
24hポイント 28pt
小説 11,209 位 / 57,748件 ライト文芸 270 位 / 2,355件
文字数 114,401 最終更新日 2018.07.05 登録日 2018.03.30
あたしは4月からひとり暮らしする為の部屋を探していた。 大学近くの街に足を運んで、毎日探索。ある道路前を通ると、その先にハイツと共にあるCafeが視界に飛び込んできた。 Cafeのあるとっても素敵なハイツが気に入ったあたしは、速攻で入居を決めたの。 ハイツ住人たちと趣味でCafe経営する大家さんとあたし。 のんびりでほのぼの、時に切なくも愛おしい日々。そんなあたしたちのCafeハイツを一度のぞきにきて下さい。 小説家になろうでも投稿中。
24hポイント 28pt
小説 11,209 位 / 57,748件 ライト文芸 270 位 / 2,355件
文字数 84,626 最終更新日 2019.06.10 登録日 2019.03.23
時は二千年を超えた、どこにでもあるような現代日本。 一年前の十一月、速読甲子園の最優秀賞に輝いた橘陬柚羽(たちずみゆずは)に、自室の本棚にある一冊の本が乾いた音を立てて落ちてきた。 それは柚羽の幼馴染み、永井霙(ながいみぞれ)が書き上げた一つの小説。 その本は近年、ノーベル賞を受賞した作品で、もう手に入らない宝物庫扱いされていて……? 「教師に生徒が必要なように、小説家にも読者が必要なのです。身がない林檎を誰が食べるって言うんです? 中身があって、食べられてこその林檎でしょう。その林檎のように、ストーリーがあって、読まれてこその小説なのです」 *日間ランキング最高16位!! 速読の天才と、小説の天才。 親友とはなにか。 どこからが幼馴染みで、どこからが友達で、どこからが親友なのか。 たった一つの小説から動き出す、お互いの夢が繋いだ感動の友情ストーリー!! ※この作品はエブリスタ様、カクヨム様、小説家になろう様でも掲載しています。
24hポイント 28pt
小説 11,209 位 / 57,748件 ライト文芸 270 位 / 2,355件
文字数 7,544 最終更新日 2019.05.16 登録日 2019.04.09
男子大学生の西詰歩くんが草野球チームの遠山ファルコンズに入って頑張るお話。 投手陣はへなちょこ、四番バッターは中年のおっさん、帰国子女やら運動音痴やら、曲者ぞろいのファルコンズで彼は頑張れるのか……? 最後まで楽しんで読んでいただけたら嬉しいです。 追伸:逝去された星野仙一氏にこの作品を捧げます。監督、ありがとうございました!
24hポイント 0pt
小説 57,748 位 / 57,748件 ライト文芸 2,355 位 / 2,355件
文字数 134,946 最終更新日 2018.03.25 登録日 2018.03.07
町田圭介は、大学の学校帰りにうわさの 大学の辺くにある 近所の本屋の裏にどこにも行けるという扉を見つけた。 1時間ほどで、その扉の前に戻るという。 行き先は、扉を開けてからのお楽しみ。 扉の奥にはわくわくするような体験が待っていた。
24hポイント 0pt
小説 57,748 位 / 57,748件 ライト文芸 2,355 位 / 2,355件
文字数 8,799 最終更新日 2018.11.10 登録日 2018.10.22
大人で子供な人達の、精一杯の物語。 群馬の実家からの仕送りで生活している大学2年生の春雄は、パチンコで盛大にスってしまい、重い足取りで帰途に着いていた。 毎日をぼんやりと過ごしている春雄は、ふと何年も前に見た藍原葵の目を思い出す――。 謎めいた魅力を持つヒロインを中心に登場人物の心が揺れ動く、青春群像劇。 凄惨な電磁波事故をきっかけに、彼らの日常が動き出す。 それぞれが抱える欠落と葛藤の先に。 一部、性的表現があります。 この作品は小説家になろう、エブリスタにも投稿しております。 表紙はフリー素材サイト「ぱくたそ」様より。
24hポイント 0pt
小説 57,748 位 / 57,748件 ライト文芸 2,355 位 / 2,355件
文字数 118,308 最終更新日 2019.02.08 登録日 2018.11.15
 ……助けを求める声。頼りない響き。  胸元には、正義のあげた真っ赤なペットボトル。少女は、それをとても大事そうに抱えている。  華奢な肩が小刻みに震えている。  漆黒の双眸が儚げに揺れていた。  我知らず、身体が勝手に動いていた。  正義は少女の許へと引き返していた。  着ていたブルゾンを脱ぎ、震える小さな肩に掛けてやる。  その時、少女と目が合った。 「名前は?」  またもや、勝手に口が訊ねていた。  少女の顔に笑みが広がる。 「……麻理亜」  ──ま・り・あ。  およそ、吸血鬼には似つかわしくない。  けれど、目の前の少女には似合うと思った。  真っ赤な唇から零れ三つの音は、合わせると聖母様と同じ響きを持っていた。 (──以上、本文より抜粋) (現在、本作品は「アルファポリス」と「小説家になろう」にて掲載しています。)
24hポイント 0pt
小説 57,748 位 / 57,748件 ライト文芸 2,355 位 / 2,355件
文字数 59,192 最終更新日 2018.11.22 登録日 2018.11.04
夏が来ると思い出す。 彼と過ごした、淡い日々。 夏なんて嫌い。 大っ嫌い……。 なのに、また夏がやって来る。 ひと夏で終わった恋。 なんで彼が運命の人じゃなかったの……? -------❁ ❁ ❁------- 自分に引け目を感じている、高校生の美月。 ある日、親友の清花に連れられて行った合コンで、大学生の那津と運命の出会いをする──夢のような日々を送る美月と那津。 だけど、ある日、那津が〝ある事件〟に巻き込まれてしまい……。 美月に想いを寄せる鈴置も絡んで、美月と那津の赤い糸は、複雑に絡まっていく──……。 -------❁ ❁ ❁-------
24hポイント 0pt
小説 57,748 位 / 57,748件 ライト文芸 2,355 位 / 2,355件
文字数 6,363 最終更新日 2019.03.26 登録日 2019.03.01
大学生の深水駿介は、マザコンを自覚している。幼馴染の香里にからかわれても気にしない。何といっても、女手一つで育ててくれたのだ。日頃はそっけない態度をとるものの、エリさんのことは心から尊敬している。そんな駿介に、とても気になる女性が現れた。作家であるエリさんの担当編集者,魅子さんである。彼女は7つも年上だけど、天然気味で、小動物のように可愛らしい。ただ、実は、片想いになることが運命づけられた相手だったのだ。
24hポイント 0pt
小説 57,748 位 / 57,748件 ライト文芸 2,355 位 / 2,355件
文字数 28,489 最終更新日 2018.04.27 登録日 2018.03.29
13
ライト文芸 連載中 長編 R15
俺と幼馴染の馴れ初めを描く。 幼馴染とゆっくりとしたペースで恋愛が始めるが、破局する。 しかし、、、、 プロローグは回想です。
24hポイント 0pt
小説 57,748 位 / 57,748件 ライト文芸 2,355 位 / 2,355件
文字数 11,202 最終更新日 2019.03.08 登録日 2019.03.06
国内有数のトップクラスを誇る蒼澄大学、この大学では、大学3年生を迎えた春から始まる留学選考、各学科から、5人ずつ、選考を乗りこえた優秀者のみが世界の好きな研究所に研究留学が出来る。 この私立大学のある百夢学園で、ダントツトップの成績を持つ、春風たんぽぽはフランスの研究所から、選考ではなく、推薦で来ないかと言われていた。 しかし、推薦を取ったはいいが、今度はほかの大学から、彼女の成績の地位を奪うために、同等のレベルを持つ大学、心藍大学から、一人の生徒がやってきた。彼女の名前は町原莉子、その容姿はまるで、たんぽぽの鏡写しのようだった。 心藍大学のある希彩学園でトップの成績を誇る。            彼女達の友人も学科トップの学力を駆使しながら、2人を未来に繋げようとする。地位を守ったたんぽぽは、無事に、ペアである親友と、フランスに行くことが出来た。そこからが、彼女にとって最大の人生の危機だった
24hポイント 0pt
小説 57,748 位 / 57,748件 ライト文芸 2,355 位 / 2,355件
文字数 1,345 最終更新日 2019.03.27 登録日 2019.03.27
「君、いい声してるね、私とやらない?」  自分(塩川 聖夢)は大学入学早々、美しい女性、もとい危ない野郎(岸 或斗)に強引にサークルへと勧誘された。  そして次々と集まる個性的なメンバー。  いままでにない合唱団を立ち上げるために自分と彼女(♂)の物語は始まる。  歌い手なら知っておきたい知識、雑学、秋田県の日常を小説の中で紹介しています。  筆者の合唱経験を活かして、なるべくリアルに書いております。  青春ものな合唱のイメージをぶっ壊したくてこのお話を書いております。
24hポイント 0pt
小説 57,748 位 / 57,748件 ライト文芸 2,355 位 / 2,355件
文字数 133,393 最終更新日 2019.04.14 登録日 2019.03.01
16
ライト文芸 完結 ショートショート
とってもみじかい! 恋をすると、とてつもなく 面倒くさい思考になるよね って話です。
24hポイント 0pt
小説 57,748 位 / 57,748件 ライト文芸 2,355 位 / 2,355件
文字数 1,260 最終更新日 2019.07.04 登録日 2019.07.04
綾は魔法使いである。 とは言え、彼女が魔法を使ったところを見た事はない。 この話は、出会ってからもうすぐ1年たつ、魔法使いと一般人のよくある日常の風景の話である。 「秋葉原魔法協会」は、秋葉原界隈に住む魔法使いたちが、 情報交換や相互扶助のために作った団体なのだそうである。 誰も知らないし、知る必要もないが。 「秋葉原魔法協会」は、会長を選ぶ選挙を実施しようとしていた。 僕は魔法店「和喜魔具」から、サークル顧問の詩織先生の立候補を依頼される。 選挙になんの興味もないのだが、 気がついたら選挙戦に巻き込まれてしまっていた……。
24hポイント 0pt
小説 57,748 位 / 57,748件 ライト文芸 2,355 位 / 2,355件
文字数 33,634 最終更新日 2019.07.30 登録日 2019.07.28
17