ライト文芸 子供小説一覧

カテゴリ ライト文芸
タグ 子供×
8
ただ親ばかが親ばかしてるだけの話。お題シリーズ天使。
24hポイント 910pt
小説 1,458 位 / 86,716件 ライト文芸 13 位 / 3,761件
文字数 501 最終更新日 2020.11.27 登録日 2020.11.27
人からの妬みの視線を避けてくれるという、青い目の魔除けは、母の形見だった。
24hポイント 56pt
小説 9,535 位 / 86,716件 ライト文芸 137 位 / 3,761件
文字数 6,230 最終更新日 2020.05.29 登録日 2020.05.29
 介護施設で働く佳代は、命に対してどう接するべきか苦悩しながら、入所者の人生観に触れたり、友人の千里に支えられながら成長していく。  ある日、ボランティアで行った宮城を振り返り、寄り添う事と健康管理の大切さを思い出した佳代は、健康長寿の為に食事の改善を提案する。  南三陸での経験から、感染症の発生が疑われる中でも不安にかられること無く、介護に従事していた。  千里を介して小柳という男性と知り合った佳代は、駅まで送ってもらう。何度か行われたコンパを経て、2人は惹かれ始めていたが、前妻をまだ愛していると思った佳代と、バツイチ子持ちの自分に引け目を感じていた小柳は、お互いの距離を模索する。  その最中、彼氏と喧嘩した千里は、2人の出会いを振り返り、運命の人は彼しかいないと再確認していた。  初めて会う小柳の子雄太は、快活な男の子だ。だがその心中は、両親の離婚で受けた傷が塞がってなお、熱を帯びた痛みにうずいていた。  ついに訪れた入所者の死を受け入れられずにいる佳代は、帰省した時に知った祖母の思いに感動せざるを得なかった。  高齢者と接して、雄太と接して、佳代は自分が理想とする愛情に、1つの結論を導く。
24hポイント 28pt
小説 13,528 位 / 86,716件 ライト文芸 203 位 / 3,761件
文字数 106,726 最終更新日 2020.11.06 登録日 2020.09.03
4
ライト文芸 完結 ショートショート
智也くんはラムネのお菓子で実験します。
24hポイント 0pt
小説 86,716 位 / 86,716件 ライト文芸 3,761 位 / 3,761件
文字数 1,208 最終更新日 2020.11.10 登録日 2020.11.10
日比野さんちには子供が二人いる。 小学二年生と保育園年中の男の子が当たり前に何気なく発する言動は、 アラサーとアラフォーの狭間の夫婦にとっては、時折謎に満ちている。 そんな一家の、当たり前の日常の一場面を切り取って紹介していきたい。 --------- 【登場人物】 日比野かよ子……母。男児二人に翻弄され、我が道をゆく陽一に振り回され、動じない人間になりたいと願うくらいくたくたに走り回る日々。 日比野陽一……父。かよ子には空気が読めないと思われているが、本人は第六感を全開にして感じ取ろうとしているつもり。 日比野まさき……小学二年生。自ら考え、実践し、素直に思ったままに行動するがゆえに両親は時に怒れなくなっているとは気づいていない。 日比野りく……保育園年長。保育園の砂をポケットとズボンの裾にて運搬する仕事に従事している。 --------- 短い一話完結型の連作短編です。 不定期更新です。
24hポイント 0pt
小説 86,716 位 / 86,716件 ライト文芸 3,761 位 / 3,761件
文字数 36,821 最終更新日 2020.10.07 登録日 2020.07.23
ポスティングの傍ら、出張ホストまがいの仕事をこなすフリーター・健一。街中で子猫とじゃれあう女の子・加代と出会う。女の子は出張ホストの客の一人である渡辺という女の娘らしかった。どうしても健一に加代のことを預けようとする女、そこには説明できない訳が……。日常に潜む非日常を描いた短編小説。
24hポイント 0pt
小説 86,716 位 / 86,716件 ライト文芸 3,761 位 / 3,761件
文字数 13,895 最終更新日 2020.02.16 登録日 2020.02.16
なつやすみにだいすきなおかしをたべすぎて、ぶっくぶくにふとってしまったほそかわくん。にがっきがはじまると、くらすのみんなやせんせいがふしぎなかおをしています。どうしたのでしょう。
24hポイント 0pt
小説 86,716 位 / 86,716件 ライト文芸 3,761 位 / 3,761件
文字数 2,759 最終更新日 2019.02.20 登録日 2019.02.20
親に愛されない子供、ネグレクトがこのお話の、テーマです。子供が幼い時、両親の離婚を経験し、そこから不幸の連鎖が始まります。母親からネグレクトを受け、母親の交際相手からも虐待を受ける達也…。達也は母親の愛を信じていた。人は死ぬ、いつか絶対に死ぬ。けれど早すぎる死は心に傷を残す。お母さん、ボク死んじゃうの? 事故で命の炎を燃やす笹川達也の物語。母親から愛情を注がれなかった、1人の少年の物語。
24hポイント 0pt
小説 86,716 位 / 86,716件 ライト文芸 3,761 位 / 3,761件
文字数 10,177 最終更新日 2018.01.08 登録日 2018.01.08
8