ライト文芸 学生小説一覧

カテゴリ ライト文芸
タグ 学生×
16
小学生の頃、課題で『将来の夢』を書く授業があった。 僕はその紙に大きくも小さくもない字で『誰かを守るヒーローになりたい』と書いた。 でも、そんな当時の僕に一つ言いたい。 「あぁ!?なんだテメェら!!」 「チャトランガだァゴルァ!?」 まず、その極度の口下手と動かない表情筋を治さないと、ヒーローになるどころか、将来何故か自称自警団の反社会組織のボスに祀り上げられ、そして後々、ヤクザやテロ組織と対峙することになる、と。 (……いや、なんでこうなった??) **** 2020/05/11改稿 現在ライト文芸大賞にエントリー中です。もし読んで面白いと思って頂けたら投票して頂けると嬉しいです……!(必死)
24hポイント 370pt
小説 3,429 位 / 101,111件 ライト文芸 119 位 / 4,675件
文字数 58,052 最終更新日 2021.05.07 登録日 2020.01.02
※この作品には女性同士の恋愛描写(GL、百合描写)が含まれます。 苦手な方はご遠慮下さい。 人は接する者によって、態度を変えている。 それは、多かれ少なかれ、皆そのはずだ。 どんな聖人君子でも、絶対の平等などありえない。 多かれ少なかれ、二面性があり、それが共存して一つの人格となっている。 それは皆が持っているものだ。 そのはずなのだ。 周囲の視線。 それが一変した。 尊敬や羨望の眼差し。 それが嘲笑や蔑視へ変わった。 人間とは、身勝手な生き物で、自身の抱いたイメージとかけ離れた者を見るとそれを否定する。 完璧主義の押し付け。 二面性を認めず、皆は彼女に完璧を求めた。 たとえそれが本人の嫌がる行為であっても善意の押しつけでそれを行うのだ。 君はそんな子じゃない。 あなたには似合わない。 背が高く、大人びた見た目の海部江翔子。 背が低く、幼い印象の雨枝真優。 これは、そんな二人の少女の凸凹な物語。 ※この話はフィクションであり、実在する団体や人物等とは一切関係ありません。 誤字脱字等ありましたら、お手数かと存じますが、近況ボードの『誤字脱字等について』のページに記載して頂けると幸いです。 毎週土曜日更新予定です。 ※また、タイトルの読み方は『あまえじょうずなあまえさん。』です。
24hポイント 256pt
小説 4,714 位 / 101,111件 ライト文芸 189 位 / 4,675件
文字数 51,240 最終更新日 2021.05.08 登録日 2020.02.29
アルバイト募集の張り紙につられて、たまたま飛び込んだ喫茶店。そこにはおっとりした店長とてきぱき働く青年がいてーーー。
24hポイント 28pt
小説 16,172 位 / 101,111件 ライト文芸 530 位 / 4,675件
文字数 2,208 最終更新日 2021.04.30 登録日 2021.04.30
「あなたが、少しでも笑っていてくれるなら、ぼくはもう、何もいらないんです」  ひねくれた孤高の少女と、真面目すぎる新聞配達の少年は、深い海の底で出会った。誰にも言えない秘密を抱え、塞がらない傷を見せ合い、ただ求めるのは、歩む深海に差し込む光。  少しずつ縮まる距離の中、明らかになるのは、少女の最も嫌う人間と、望まれなかった少年との残酷な繋がり。 やがて立ち塞がる絶望に、一縷の希望を見出す二人は、再び手を繋ぐことができるのか。 世界の片隅で、小さな幸福へと手を伸ばす、少年少女の物語。
24hポイント 28pt
小説 16,172 位 / 101,111件 ライト文芸 530 位 / 4,675件
文字数 186,673 最終更新日 2021.04.25 登録日 2021.04.06
太陽(ヒナタ)と三日月(ミツキ)は一卵性の双子だ。何をするにも一緒の仲の良い双子だった。 ある日、彼らの父親が交通事故により、亡くなってしまう。そこから、彼らの地獄は始まった。 彼らは似ていた。双子だから当然だろうが、区別できる人間は少なかった。そのことを苦しむことが来るなんて想像もしていなかった。 彼らは地獄に耐えて生活をすることができるだろうか。父親が亡くなったことによって、今までの日常が崩壊する。 母親や祖父、家庭教師、学校の担任やクラスメイトの思いが交錯する。 双子はそれでも狂わずに生きていく。 ※他サイトからの転載となります。よろしくお願いします。
24hポイント 28pt
小説 16,172 位 / 101,111件 ライト文芸 530 位 / 4,675件
文字数 110,219 最終更新日 2019.09.03 登録日 2019.07.08
この小説の結末は必ずバッドエンドで幕を閉じる。 不治の病を患った余命数ヶ月の少女と、小説家を志すが覚悟と才能を持たない僕。 ひょんなことから、そんな彼女の小説を書き上げることとなった。 これは終わりのある物語。 奇跡や魔法も存在することなく、彼女の病気は治ることなく死んでしまう。 救いの無い物語。 これは僕たちの体験談。 僕らの青春の一幕であり、彼女が確かに生きていた証。 これは君を殺す本。そして君が殺す本。 僕は明確な殺意を持って、この小説を書き上げた。 この作品は『カクヨム、小説家になろう』にも掲載しています。
24hポイント 0pt
小説 101,111 位 / 101,111件 ライト文芸 4,675 位 / 4,675件
文字数 7,709 最終更新日 2021.05.04 登録日 2021.05.03
それはとても眩しい光を放っていた。 御空陽太はある日、転校生の白瀬朔月と出会う。 青い瞳の美しい彼女に陽太は恋をした。 そして彼女もまた、陽太に恋をしていた。 これは2人が出会い、別れを迎えるまでのお話。 そう、まるで消えゆく彗星のように僕達は恋に落ちたのだ。
24hポイント 0pt
小説 101,111 位 / 101,111件 ライト文芸 4,675 位 / 4,675件
文字数 15,464 最終更新日 2021.03.28 登録日 2021.03.27
住宅街にぽつんと一軒だけある小さな商店のお話です。(2021/03/04 update.)
24hポイント 0pt
小説 101,111 位 / 101,111件 ライト文芸 4,675 位 / 4,675件
文字数 7,222 最終更新日 2021.03.04 登録日 2021.01.21
9
ライト文芸 完結 ショートショート
二言三言、短い言葉を交わしただけで、あの頃の2人に戻れているような気がした。きっと結衣も同じだと思う…いや、そう思いたい。
24hポイント 0pt
小説 101,111 位 / 101,111件 ライト文芸 4,675 位 / 4,675件
文字数 1,085 最終更新日 2021.01.17 登録日 2021.01.17
 君は嘘つきだった。なんていうか、天邪鬼(あまのじゃく)だったーー。  雨の日にいい天気だと言って、満腹だと言いながらご飯を食べる、君はひねくれた変な奴だった。誰よりもおかしくて、悲しくて、優しくて。天邪鬼になってしまった君は、私の大切な人だった。  君はもう忘れたかもしれない。これは私と君の、初めましてからさよならまでの、ちょっとしたお話。海に帰っていった君が、懸命に生きた日々の話。
24hポイント 0pt
小説 101,111 位 / 101,111件 ライト文芸 4,675 位 / 4,675件
文字数 8,161 最終更新日 2020.10.07 登録日 2020.10.05
 大学生になった青井茉白は、なんとなく聴きに行ったオーケストラ部の新歓コンサートで心を打たれ、即入部を決意する。  少人数でわきあいあいと活動しているオケ部、茉白が希望したダブルリードパートは、学生指揮者の黒川と大学から楽器を始めた瀬尾の二人の先輩が所属していた。  人見知りをする性質の茉白は、紳士的でカリスマ性のある黒川と、クールでとっつきにくい瀬尾とのやりとりに苦心しながらも、徐々に打ち解けていく。  人付き合いが苦手で不器用な茉白と瀬尾が、共に憧れる黒川に近付こうと腐心する物語。
24hポイント 0pt
小説 101,111 位 / 101,111件 ライト文芸 4,675 位 / 4,675件
文字数 14,293 最終更新日 2020.09.02 登録日 2020.08.20
 僕たち二人ぼっち。  僕、小山達也は、高校二年生の新学期に交通事故に遭う。植物状態になってしまった。  だが、僕は身体とは別に、魂として現れた。ただ、魂の姿の僕を見れるのは、僕と『ハチマキの願い』を願った、学校一のマドンナ、宮崎珠奈だけだ。  僕の未練は、きっと珠奈にある。僕は成仏するために、珠奈と二人ぼっちの日々を重ねていった。  どうしたら、どうしたら、珠奈への未練と後悔を断ち切れるのか、、、。  淡い初恋ストーリー。
24hポイント 0pt
小説 101,111 位 / 101,111件 ライト文芸 4,675 位 / 4,675件
文字数 52,694 最終更新日 2020.05.20 登録日 2020.04.10
ただすれ違っただけの人を助けたい。(重複投稿)F0
24hポイント 0pt
小説 101,111 位 / 101,111件 ライト文芸 4,675 位 / 4,675件
文字数 14,742 最終更新日 2019.09.25 登録日 2019.09.20
14
ライト文芸 連載中 ショートショート
高校一年になったばかりの浜中春樹は、クラスメイトの話を聞いて、自分以外の生活に起こっていることを知る。
24hポイント 0pt
小説 101,111 位 / 101,111件 ライト文芸 4,675 位 / 4,675件
文字数 1,530 最終更新日 2019.02.08 登録日 2019.02.08
香子(こうこ)ちゃんという女の子と、主人公との幼い頃の記憶にまつわる話です。
24hポイント 0pt
小説 101,111 位 / 101,111件 ライト文芸 4,675 位 / 4,675件
文字数 4,894 最終更新日 2018.01.29 登録日 2018.01.29
いつのまにか大人になってしまったな。 そんなことを考えることが最近多くなった。 中学生、高校生、大学生。 滝宮信汰は現在21歳をむかえたばかりの大学生だ。田舎と東京、自分の夢と葛藤と戦いながら彼は成長していく。 初投稿です。 これからポツポツ続きをかいてゆきます。 ある男の子が成長していく 話を書きます。 どうぞ感想をください。励みになります。
24hポイント 0pt
小説 101,111 位 / 101,111件 ライト文芸 4,675 位 / 4,675件
文字数 5,687 最終更新日 2019.02.04 登録日 2017.06.22
16