ライト文芸 才能小説一覧

カテゴリ ライト文芸
タグ 才能×
3
忘れらた旧校舎の第一図書室。 その専任管理者として入り浸り読書に耽っていた図書委員長・三橋洋介のもとに付き合うと不幸になると噂される美少女・本條玲子が現れる。 三橋流箏曲家元の息子として、奏者の才能と自分の内側にある美しい音の響きに翻弄される内面から読書に没頭することで逃れていた三橋だったが、玲子に告白され付き合うことになってから本を読もうとすると邪魔が入るようになり。 少しだけ他の人と違うを抱えて日々を送る少年と少女の噛み合っているようで噛み合っていない青春恋愛譚。
24hポイント 0pt
小説 83,415 位 / 83,415件 ライト文芸 3,677 位 / 3,677件
文字数 96,803 最終更新日 2019.11.24 登録日 2019.03.24
ぱっとしない人生を送る作詞家の僕は、数年間、姿をくらましていた幼馴染の彼女と再会する。 そこから、僕の歌と恋と人生の物語は幕を開けたーーーー。 ********************* 自称作詞家の玉木(通称:タマ) 昔からの悪癖みたいなものだ。 大して売れるようにも思えないこんな詞を、君に向けた詞を、どうすることもできなくて、吐き出すのは。 ********************* 世界の歌姫を母に持つ、ポチ 「私、もう歌えなくなっちゃったのよ......」 「母がね、亡くなったの。私はそれが嬉しくて、悲しくて、苦しくて、笑えて、でもやっぱり泣いて。だから歌えなくなったのよ」 ********************* 平凡を望む人気歌手、ミナミ 彼女はきっと一人きりで戦っている。 自分のためだけに自分の未来のために、自分の手で道を切り開いているのだ。 ********************* ****************** ************* ******** *** もしも、だよ。 もしもそこから抜け出せるのなら。 今みたいに、きらりと光る真実の欠片を、 必死に拾って、這いつくばらなくてもいいのかな? もう死んでるみたいに呼吸しなくてもいいのかな? ねぇ、、、 ********************* 更新情報はこちら! Twitter → @akari_takadono
24hポイント 0pt
小説 83,415 位 / 83,415件 ライト文芸 3,677 位 / 3,677件
文字数 14,718 最終更新日 2019.10.02 登録日 2019.03.05
俺は『天才』を嫌悪する。 11歳の時、自分が「凡人である」と明確に理解した。 きっかけとなったのは、クラスに転校してきた白月蒼子という一人の少女。 彼女が持つ類まれなる才能を目の当たりにした俺は、生まれて初めて『天才』を実感した。 それと同時に、自分は決して『天才』にはなれない。一生凡人のままであるということを理解してしまった。 そんな『天才』を目の当たりにした俺にあったのは、感嘆でも驚愕でも羨望でもなく、 ——『嫌悪』だった。 そして、彼女はそんな『天才』に対して強い嫌悪感を抱くようになった俺に、わけもなく付き纏うようになった。 あれから6年。 高校2年生になった俺は未だに彼女に付き纏われていた。 「ねぇ——」 「うるせぇ。話かけんじゃねぇ。天才が感染る」 これは『天才』を嫌悪する凡人と、『凡人』に憧れる天才の物語。
24hポイント 0pt
小説 83,415 位 / 83,415件 ライト文芸 3,677 位 / 3,677件
文字数 246,158 最終更新日 2019.04.20 登録日 2018.11.20
3