ライト文芸 桜小説一覧

カテゴリ ライト文芸
タグ ×
9
ほっこり・じんわり大賞エントリー中。桜をキーワードにしたショートショートの連作。♢一話♢……いた! 前から3両目、右側2番目のドア。――いつも見かける彼が目の前にいて慌てる主人公。電車の中での淡い恋の物語。♢二話♢「桜染めってね、花びらじゃなくて芽吹く前の枝を使うんだよ」――桜が大好きな彼女と生まれたばかりの『桜』と僕。家族三人での幸せな生活に訪れた切ない別れの物語。♢三話♢「じいさん! ちょっと来んさい!」 ばーちゃんの切れてる声で目が覚めた。――ちょっとずれてるみかん好きなじーちゃんとそれをいつも怒ってる元気なばーちゃん。八人家族を支えるばーちゃんが突然入院した。夕飯作りを任された高校生の礼の物語。♢四話♢(長くなります)桜の夢。真詞の夢。英霊たちの夢――。現在執筆中です。
24hポイント 28pt
小説 12,463 位 / 84,415件 ライト文芸 239 位 / 3,724件
文字数 26,492 最終更新日 2020.08.31 登録日 2020.04.30
2
ライト文芸 完結 ショートショート
『春の景色』の番外編*久遠くん視点の物語。 「この絵を彼女に見せたい」その思いは八年後にようやく果たされる——
24hポイント 0pt
小説 84,415 位 / 84,415件 ライト文芸 3,724 位 / 3,724件
文字数 3,057 最終更新日 2020.04.30 登録日 2020.04.30
中学二年生になったばかりの佐久間紅(さくまこう)は、謎の少年・渉里侑士(わたりゆうし)と隣の席になる。 絵が得意でふざけてばかりの渉里と、紅は親しくなり始めるが、彼は、急に機嫌を悪くして教室を飛び出すなど、激しい一面を持ち合わせ、近寄りがたい性格をしていた。 渉里と同じ剣道部の主将である、藤沖先輩に憧れを抱きつつも、たまたま、帰り道が渉里と一緒になったある日。風情のある古い旅館の前にたどり着くと、ここは少し前まで彼の実家が経営していた旅館だと渉里は言い、中に入るよう誘われた。 興味が勝ってしまい、誰もいない旅館に渉里と足を踏み入れる紅。 ある一室に案内されると、窓の外には満開の桜が…… 美しい光景に、心を奪われた紅は、この場所を痛く気に入ってしまう。 それから二人は、誰にも秘密で、廃業した古旅館で会うようになるのだった。 距離を縮めたり、また離れたりしながら、二人の関係は、旅館に訪れる四季に彩られながら、微妙に変化してゆく。
24hポイント 0pt
小説 84,415 位 / 84,415件 ライト文芸 3,724 位 / 3,724件
文字数 32,514 最終更新日 2020.04.30 登録日 2020.04.30
年が明けてしばらくしてから学校に行かなくなった私 春休みが終わっても学校に通わない私は祖父母の家に向かうバスに乗っていた。 窓から見える景色の中に気になるものを見つけた私はとっさにバスを降りてその場所に向かった。 その場所で出会ったのは一人の女の子 その子と過ごす時間は・・・ 第3回ライト文芸大賞エントリーしています。 もしよろしければ投票お願いいたします。
24hポイント 0pt
小説 84,415 位 / 84,415件 ライト文芸 3,724 位 / 3,724件
文字数 19,218 最終更新日 2020.05.08 登録日 2020.04.27
5
ライト文芸 完結 ショートショート
春の景色を握りしめたあの日から、私の中の時計は止まったまま……
24hポイント 0pt
小説 84,415 位 / 84,415件 ライト文芸 3,724 位 / 3,724件
文字数 4,988 最終更新日 2020.04.25 登録日 2020.04.25
6
ライト文芸 完結 ショートショート
高校入試の合格発表まであと10分。肝心なところでいつも失敗してきた僕は、中学最後のイベントである「高校入試」くらいはいい思い出で終わらせたいと願っていた。 ーーそんな少年の将来と恋の話。
24hポイント 0pt
小説 84,415 位 / 84,415件 ライト文芸 3,724 位 / 3,724件
文字数 3,319 最終更新日 2019.11.15 登録日 2019.11.15
7
ライト文芸 完結 ショートショート
世界観を同じくする連作の六話目。これ単独でも楽しめると思います。 桜の季節が過ぎた後、それでも桜は咲き乱れる。 刑事・武田春樹が桜の下で出会ったのは、一人の少女だった。 この作品は他サイトでも公開しています。
24hポイント 0pt
小説 84,415 位 / 84,415件 ライト文芸 3,724 位 / 3,724件
文字数 5,223 最終更新日 2019.08.13 登録日 2019.08.13
8
ライト文芸 完結 ショートショート
雨が降り、桜が舞う下で少女は踊る。
24hポイント 0pt
小説 84,415 位 / 84,415件 ライト文芸 3,724 位 / 3,724件
文字数 255 最終更新日 2019.04.11 登録日 2019.04.11
頭山 正は、髭をそっている時に頭頂部に妙な物体があることに気が付く。 それは小さな木だった。 医者に行ってみるが、医者の頭には正よりも大きな木が生えていたのだ。
24hポイント 0pt
小説 84,415 位 / 84,415件 ライト文芸 3,724 位 / 3,724件
文字数 8,136 最終更新日 2018.04.03 登録日 2016.09.13
9