ライト文芸 闘病小説一覧

カテゴリ ライト文芸
タグ 闘病×
9
朝比奈 美琴(あさひな みこと)現在18歳看護大学の一回生。 今まで生まれた年齢=彼氏なし。 そんな彼女には幼い頃より心に秘めた想い人がいる。 朝比奈  柾(あさひな まさき)現在32歳アメリカの大学病院で勤務医として働いている美琴の従兄であり、彼女の初恋の相手。 何時も一緒だった。 美琴の傍には必ず柾が傍にいた。 彼女にとってそれは永遠に続くものだと信じていたのにっ、何故か突如柾が25歳の時突然の決別が訪れたのだ。 美琴へ何も告げずに柾はひっそりと渡米してしまった。 そうして一度も好きと告白も出来ないまま、美琴の初恋の時間は時を刻むのを止めた。 それから五年後の春――――桜舞い散る中に柾は突然美琴の前へと帰ってきた。 美琴の知らない柾を知る、彼の婚約者だと名乗る女性を伴って……。 然もあり得ない事に片岡 龍太郎と言うイケメンを美琴の伴侶として連れ帰ってきたのである。 初恋は実らないと言われていますが美琴と柾の関係はどうなるのでしょう。 突如現れた婚約者に恋愛経験がないばかりに振り回されるままの美琴。 18年間初恋を引き摺ったまま終止符を打つのか、それとも美琴には柾とは違う新たな恋の相手が見つかるのでしょうか。 初恋をあらゆる意味で拗らせた切ないお話です。 色々な視点を織り交ぜて進めていきます。 追伸、このあまびえは妹が手作りしたものです。 無事完結出来るのと、皆様の幸せ🍀を願って……みたいな感じです。
24hポイント 85pt
小説 10,475 位 / 119,915件 ライト文芸 160 位 / 5,037件
文字数 144,998 最終更新日 2020.06.16 登録日 2020.04.30
バリバリの営業で生きて来た、主人公の泉は、酷い腰痛で病院で診察を受けた。 腰痛だが、「念のため内科に掛かった方が良い」と言われ、内科に掛かった所数値に以上があり、大病院へ。 検査の結果は、希少ガンGASTであった。 手術は成功する物の、余命宣告を受け、進行が進んでいた為に辛い闘病生活が始まった。 しかも、この希少ガンGASTによる余命は「1年後」など具体的な余命ではなく、「5年後の生存率が5割以下」という変わった物。 病気により生活が変わってしまった、泉の生活。 そんなある日、ペットショップで売れのこりのワンコを見つけた。 他のワンコが皆、10万円以上というなか、そのワンコだけが1万2千円。 そのワンコを気に入った泉は飼う事を決意する。 そこからワンコと仕事と、闘病生活の日々が始まった。 GASTはGISTから考えた、架空の病気です。 ハーフフィクションです。
24hポイント 28pt
小説 18,664 位 / 119,915件 ライト文芸 268 位 / 5,037件
文字数 10,120 最終更新日 2020.08.04 登録日 2020.07.23
島田颯斗はサッカー選手を目指す、普通の中学二年生。 しかし突然 病に襲われ、家族と離れて一人で入院することに。 中学二年生という多感な時期の殆どを病院で過ごした少年の、闘病の熾烈さと人との触れ合いを描いた、リアルを追求した物語です。 ※闘病中の方、またその家族の方には辛い思いをさせる表現が混ざるかもしれません。了承出来ない方はブラウザバックお願いします。 ※小説家になろうにて重複投稿しています。
24hポイント 28pt
小説 18,664 位 / 119,915件 ライト文芸 268 位 / 5,037件
文字数 232,770 最終更新日 2019.08.30 登録日 2018.03.08
不治の病≪肺結晶≫――その闘病生活は、ツラい喘息と苦しい投薬の副作用に耐え続ける過酷なものだ。 そんな毎日に絶望していた少年≪椿くん≫だったが……ある月夜の晩、突如その苦しみから解放される。 それは身体中の細胞が死滅し、ついには”痛み”すら感じなくなる末期症状。 死の三日前に訪れるという、ほんのひと時の”安らぎ”――、 それを昔の人々は――≪天使のくれた休日≫――と呼んだ。 ※本作はオペラ「椿姫」に着想を得たフィクションです。 ※病気および登場人物などは、全て架空の存在となります。 ★第4回ライト文芸大賞に参加中です!  応援よろしくお願いいたします!
24hポイント 0pt
小説 119,915 位 / 119,915件 ライト文芸 5,037 位 / 5,037件
文字数 8,639 最終更新日 2021.05.04 登録日 2021.04.30
【完結】  ――つらくてめげそうになるとき、だれかの笑顔を思い出すことはありますか。  人と関わることが苦手な大学生・空野かけるは、学生寮のルームメイトである鳴海潮に連れられ新入生歓迎コンパに参加した。そこで全盲の冬月小春と早瀬優子に出会う。早瀬から障がい者ボランティアの一環で冬月に同行したと告げられ、空野も冬月の介助を依頼されるが、空野はその依頼を断った。  後日、同じ講義を受けていた冬月が椅子に立てかけていた白杖を倒して困っていた。ためらう空野だったが見過ごすことはできず冬月を助けた。これがきっかけでふたりは関わりを持つようになる。ある日、空野は冬月が大事にしていた点字が書かれた栞を無くしてしまい、空野は冬月に頭が上がらなくなる。  次第に惹かれ合ったふたりは、大学祭の帰り道にキスをする。そのことを鳴海と早瀬に相談した空野は、酔った勢いで冬月への想いを叫ぶ。酔った早瀬にその告白を動画撮影され、冬月へ送信されてしまう。動画送信後に急に音信不通になった冬月。そのことを心配する空野たち。空野たちはようやく冬月の居場所を突き止めるが――  絶望的な状況の中、空野たちは花火を打ち上げる。  それぞれの想いを胸に、花火を見上げる。 「花火って、心に焼き付くものだと思うんです。  こどものころ、体を悪くして、少し塞いだときがありました。  そのとき、家族で花火を見に行ったんです。  大きな花火が上がりました。  うしろを振り向くと、みんな、上を見ていたんです。  なんだろう。なんだかがんばる気になれたんですよね。  俯いたときでも、顔をあげた想い出があれば、がんばれる気がするんです」  光って、咲いて、心に焼きついていく。大学生四人が送る、青春小説。 <登場人物> 空野かける(そらのかける)……主人公。人と関わることが苦手。両親の離婚により、親戚の家を転々として育ってきた。一七年後、病気を疾患し人生に疲れた空野は―― 冬月小春(ふゆつきこはる)……ポジティブ。目が見えない。過去、小児がんにより視力を失った。病院の近くで暮らしている。 早瀬優子(はやせゆうこ)……お節介女子。高校のときは地味なキャラ。大学に入って好きなことをやり始めた。一五年後、結婚し引きこもる愛娘に悩み人生に絶望するが―― 鳴海潮(なるみうしお)……海の男に憧れる筋肉バカ。家族を支えるため、船乗りになろうとしている。一六年後、船長になった鳴海は、兄が施設で倒れたと聞いて焦るが――
24hポイント 0pt
小説 119,915 位 / 119,915件 ライト文芸 5,037 位 / 5,037件
文字数 85,601 最終更新日 2021.04.29 登録日 2021.04.29
無敗の神童の息子(棋士)に立ちはだかるのはこの俺(父)だ。 天才無敗の息子、天堂凛太郎に対して凡才で余命わずかな父、天堂吾郎。 そんな吾郎は医師から余命を宣告される。 死を悟ったとき、息子への何も残せていないと思った吾郎は、息子との 最初で最後の真剣勝負の舞台を目指す。 将棋は積み重ねるもの。されど、起死回生の一手を打たねばならない。 その一手は、何を見せるのか。
24hポイント 0pt
小説 119,915 位 / 119,915件 ライト文芸 5,037 位 / 5,037件
文字数 15,232 最終更新日 2021.04.08 登録日 2021.04.01
私は頭が自分の意思とは関係なく、勝手に右を向く奇病に悩まされるようになっていた。死を意識しながらも、病院を何件も梯子をして、やっと病名にたどり着く。それは「首のジストニア」だった。いわゆる脳の機能異常だ。 妻、両親、兄姉の支えの元、難病と向き合うことを決意する。その矢先、父さんが倒れた。私は帰省して、父との共同の闘病生活が始まるのだった。
24hポイント 0pt
小説 119,915 位 / 119,915件 ライト文芸 5,037 位 / 5,037件
文字数 29,976 最終更新日 2019.03.29 登録日 2019.03.13
彼女のことを綴る上で欠かせない言葉は「彼女は作家であった」ということだ。  僕が彼女を知ったその日から、そして、僕が彼女の「読者」になったその日から。  彼女は最後まで僕にとっての作家であり続けた。作家として言葉を残し続けた。  いまはもう、その声を耳にすることは出来ないけれど。もしかすると、跡形もなく、僕らの存在は消えてしまうのかもしれないけれど。作家であり続けた彼女の言葉はこの世界に残り続ける。残ってほしいと思う。だから、僕は彼女の物語をここに綴る事にした。  我儘で、自由で、傲慢で。  それでいて卑屈で、不自由で、謙虚だった長い黒髪が似合う、彼女の事を。
24hポイント 0pt
小説 119,915 位 / 119,915件 ライト文芸 5,037 位 / 5,037件
文字数 154,360 最終更新日 2021.07.15 登録日 2019.02.23
心臓病を抱えている少女と、精神科に入院中の妹を見舞う少年。 それぞれが抱え込んで押しつぶされそうになっている不安が交錯する、冬の夕刻。
24hポイント 0pt
小説 119,915 位 / 119,915件 ライト文芸 5,037 位 / 5,037件
文字数 10,766 最終更新日 2018.04.05 登録日 2018.03.31
9