ライト文芸 変身小説一覧

カテゴリ ライト文芸
タグ 変身×
4
人間と結婚し、陸で暮らす人魚の海保菜(みほな)。海保菜には,子供が二人いるが、人魚なのか,人間なのか,わからない。子供には,自分の正体を見せることが禁じられている。それに,この命令に背けば,子供が溺れ死んでしまうかもしれない!? 一番話したい相手には,本当のことが話せないという苦しみに長年耐え抜いた挙句, ある出来事をきっかけに海保菜は,自分が人魚であることを子供に打ち明けることになるのだが,海保菜が長年偽っていたことと,母親は人間ではないことがわかったことのショックで,親子関係が大きく揺れる。 親子関係を修復出来るのか?子供たちは,果たして、人魚なのか?人間なのか?子供たちは,ショックを乗り越え,母親や自分の存在を受け止められるのか、注目!
24hポイント 0pt
小説 100,106 位 / 100,106件 ライト文芸 4,341 位 / 4,341件
文字数 194,317 最終更新日 2021.01.07 登録日 2021.01.07
 ときは2019年、とある田舎町マーサーシティ。人間と、もうひとつの知的生命体『ハザード』が存在する世界。  主人公の少年バーツは、幼い頃に両親を失い、義理の家族とともに喫茶店を営み、平穏な日々を過ごしていた。  だが、夜になるとバーツはある悪夢にうなされる。狼のような姿をした男が、彼の目の前で実の両親の体を食いちぎるのだ。あり得ない、イカれた夢でありながら、バーツには確信があった。この夢は、過去の記憶。狼男は確実に存在し、実の両親は彼に食われたのだ。  誰にも言わず狼男への復讐を誓うバーツは、やがて自分にも特異な体質があることに気付く。そして狼男の正体に近付こうとする中、マーサーシティーに潜む巨大な陰謀へ巻き込まれていく。 〈簡単な登場人物紹介〉 ○バーツ・バルクレイ……主人公。素直で単純な16歳の少年。両親を狼男に食され、復讐を誓っている。 (エール家)孤児であったバーツを引きとって育てた、暖かい家族。 ○エイジ・エール……バーツの義理の父。喫茶店を経営する。たまに下ネタを言う。 ○アンナ・エール……エール家のひとり娘。夢に不思議な力があると信じている。 (怪人たち)変身能力を持ち、人間社会に潜む怪人たち。バーツの友となるか、敵となるか。 ○ジャンヌ・ジャスティス……白鳥の怪人へ変身できる青髪の女。強力なパワーを持っており、バーツに戦い方を教える。 ○ソラト・バナグラス……人間のふりをしてバーを営んでいる男。アルコール中毒者。 ○狼男……バーツの親の仇。だが、その素顔は分からない。バーツの夢に出てきて彼を唸らせる。 ※感想をいただくと筆者が飛び上がって喜びます。 ※「善と悪に迷う少年」「強い女」「酒に強い女」「パワー系女子」「打ちひしがれて戦闘に参加しない青年」「ガチムチおじさんヴィラン」などはだいたい筆者の性癖です。
24hポイント 0pt
小説 100,106 位 / 100,106件 ライト文芸 4,341 位 / 4,341件
文字数 93,416 最終更新日 2020.05.19 登録日 2020.04.03
3
ライト文芸 完結 ショートショート
「変身」との題で、純文学を書いてみました。 かなり厨二くさいので、見る人を選ぶかも。 この作品はサークルブログおよび、なろうにも掲載しております。 ・すかいみん Official Site https://skymin.hatenablog.com/entry/transform ・小説家になろう https://ncode.syosetu.com/n6819fb/
24hポイント 0pt
小説 100,106 位 / 100,106件 ライト文芸 4,341 位 / 4,341件
文字数 987 最終更新日 2018.10.20 登録日 2018.10.20
藤堂は活発で運動神経抜群の男子高校生。私立A学園に入学してまだ間もない一年生だ。世間を騒がせている怪盗「赤の男爵」の大ファンでもある。 赤の男爵とは、日本中で知らない人はいない、日本で最も有名な泥棒で、男性という以外、年齢、国籍、活動目的に至るまで一切不詳、狙った獲物は逃がした事のない大泥棒である。名前の由来は身に付けている物全て__シャツ以外__シルクハット、タキシード、マント、靴、手袋から覆面に至るまで赤い事から来ている。ある日偶然赤の男爵に出くわした藤堂は、名前通りの彼の紳士的な態度に憧れを深める。
24hポイント 0pt
小説 100,106 位 / 100,106件 ライト文芸 4,341 位 / 4,341件
文字数 19,890 最終更新日 2017.10.25 登録日 2017.10.08
4