ライト文芸 第3回ライト文芸大賞小説一覧

カテゴリ ライト文芸
タグ 第3回ライト文芸大賞×
11
まこっちゃんこと真琴と、家族と猫、そして幼なじみの修ちゃんとの日常。 ここに登場する幼なじみの修ちゃんは『帝国海軍の猫大佐』に登場する藤原三佐で、こちらのお話は三佐の若いころのお話となります。藤原三佐は『俺の彼女は中の人』『貴方と二人で臨む海』にもゲストとして登場しています。 ※小説家になろうでも公開中※
24hポイント 369pt
小説 3,166 位 / 96,041件 ライト文芸 26 位 / 3,929件
文字数 144,402 最終更新日 2020.05.27 登録日 2019.10.25
とある病院の救命救急で働いている東出先生の元に運び込まれた急患は何故か川で溺れていた一人と一匹でした。救命救急で働くお医者さんと患者さん、そして小さな子猫の二人と一匹の恋の小話。 【本編完結】【小話】 ※小説家になろうでも公開中※
24hポイント 255pt
小説 4,282 位 / 96,041件 ライト文芸 46 位 / 3,929件
文字数 154,904 最終更新日 2019.04.08 登録日 2017.12.18
研修医の北川雛子先生が担当することになったのは、救急車で運び込まれた南山裕章さんという若き外務官僚さんでした。研修医さんと救急車で運ばれてきた患者さんとの恋の小話とちょっと不思議なあひるちゃんのお話。 【本編】+【アヒル事件簿】【事件です!】 ※小説家になろう、カクヨムでも公開中※
24hポイント 198pt
小説 5,217 位 / 96,041件 ライト文芸 62 位 / 3,929件
文字数 213,648 最終更新日 2019.05.06 登録日 2017.12.18
国会議員の重光幸太郎先生の地元にある希望が駅前商店街、通称【ゆうYOU ミラーじゅ希望ヶ丘】 少し時を遡ること十数年。商店街の駅前にある花屋のお嬢さん芽衣さんと、とある理由で駅前派出所にやってきたちょっと目つきの悪いお巡りさん真田さんのお話です。 【本編完結】【小話】 こちらのお話に登場する人達のお名前がチラリと出てきます。 ・白い黒猫さん作『希望が丘駅前商店街~透明人間の憂鬱~』 https://www.alphapolis.co.jp/novel/265100205/427152271 こちらのお話とはコラボエピソードがあります。 ・篠宮楓さん作『希望が丘商店街 正則くんと楓さんのすれ違い思考な日常』 https://ncode.syosetu.com/n3046de/ ※小説家になろうでも公開中※
24hポイント 198pt
小説 5,217 位 / 96,041件 ライト文芸 62 位 / 3,929件
文字数 172,148 最終更新日 2018.04.02 登録日 2017.12.17
小説家になろうではそれぞれ独立したお話として投稿した窓辺の王子様関連のお話をまとめてこちらに。 【窓辺の王子様】 高校生の山崎信也はクラスメイト羽生若菜LOVEのサッカー男子。今日も学校で愛しの羽生ちゃんへの愛を叫んでます。山崎君の愛は羽生ちゃんに果たして届くのか?……っていうか受取り拒否は出来ない模様です。 【屋上のツンデレジュリエット】→これに関しては現在更新停止中です。 栗林君とその彼をうっかり餌付けしてしまったらしい小松原樹里のお話。 【恋色カレイドスコープ・改稿版】 小田美咲は小学生最後の冬休み、本屋さんで見かけた先輩に憧れを抱きました。そして中学生になった美咲はそのお兄さんに再会。さてはて憧れは恋に育つのか?山崎君の友人、早瀬君のお話です。 【boy meets girl - 僕と彼女の甘いキス -】 主人公は『恋色カレイドスコープ』で人知れず失恋した竹内君。高校生になった彼にもやっと春が訪れた模様です。 ※小説家になろう、自サイトでも公開中※
24hポイント 113pt
小説 6,952 位 / 96,041件 ライト文芸 81 位 / 3,929件
文字数 142,324 最終更新日 2018.05.09 登録日 2017.12.17
国会議員の重光幸太郎先生の地元にある希望が駅前商店街、通称【ゆうYOU ミラーじゅ希望ヶ丘】。 居酒屋とうてつの千堂嗣治が出会ったのは可愛い顔をしているくせに仕事中毒で女子力皆無の科捜研勤務の西脇桃香だった。 饕餮さんのところの【希望が丘駅前商店街 in 『居酒屋とうてつ』】に出てくる嗣治さんとのお話です。饕餮さんには許可を頂いています。 【本編完結】【番外小話】【小ネタ】 このお話は下記のお話とコラボさせていただいています(^^♪ ・『希望が丘駅前商店街 in 『居酒屋とうてつ』とその周辺の人々 』 https://www.alphapolis.co.jp/novel/274274583/188152339 ・『希望が丘駅前商店街~透明人間の憂鬱~』 https://www.alphapolis.co.jp/novel/265100205/427152271 ・『希望が丘駅前商店街~黒猫のスキャット~』 https://www.alphapolis.co.jp/novel/265100205/813152283 ・『日々是好日、希望が丘駅前商店街-神神飯店エソ、オソオセヨ(にいらっしゃいませ)』https://www.alphapolis.co.jp/novel/177101198/505152232 ・『希望が丘駅前商店街~看板娘は招き猫?喫茶トムトム元気に開店中~』 https://ncode.syosetu.com/n7423cb/ ・『Blue Mallowへようこそ~希望が丘駅前商店街』 https://www.alphapolis.co.jp/novel/582141697/878154104 ・『希望が丘駅前商店街 ―姉さん。篠宮酒店は、今日も平常運転です。―』 https://www.alphapolis.co.jp/novel/172101828/491152376 ※小説家になろうでも公開中※
24hポイント 85pt
小説 8,181 位 / 96,041件 ライト文芸 96 位 / 3,929件
文字数 190,648 最終更新日 2017.12.23 登録日 2017.12.16
「なんじゃいおまえらそろいもそろって偏差値上げる時間あるなら品性を磨け!」 『留学』が『ピアノを習う』、『塾に行く』と同レベルで浸透している近未来。 中学二年生で帰国子女の篠崎凜々(しのざき・りり)は、県内でも有数の進学校に在籍しつつも自分が帰国子女であることを隠し、脳内ではおっさんのような口調で毎日くだを巻いていた。 ある日の放課後、凜々は教師に呼び出され、今度アメリカから転入してくる『ワケあり留学生』の言語面のサポートをしてくれないか、と頼まれる。進学に大きく作用する部活動をまったくしてこなかった凜々に対し、教師陣は、そのサポート役でその面をカバーすると約束。 結局その留学生のサポーターになった凜々、そして留学生アイザック。 恋愛感情では絶対にないけれど、何かもっと深くて暖かいもので結ばれる二人の話。
24hポイント 28pt
小説 14,547 位 / 96,041件 ライト文芸 186 位 / 3,929件
文字数 7,149 最終更新日 2020.04.18 登録日 2020.04.18
日常を送ってて、形にもならない疑問があった。学生時代には感じでも成長途中という言葉で流れていくそれらは、大人になった後で、溜まっていたものに気づく。私は、お気に入りだった兎のぬいぐるみに尋ねた。「ねえ何が変なの?」兎は答えないから、私は猫のように丸くなるだけだった。 そんな私のただの日常。 ただの独り言だった。
24hポイント 0pt
小説 96,041 位 / 96,041件 ライト文芸 3,929 位 / 3,929件
文字数 10,388 最終更新日 2020.05.15 登録日 2020.04.28
『これぞ恋愛青春ストーリー!』 ある日、一人の転校生の少女がやってくる。 天文部に入部した彼女は、俺に「新星をみつけたい」と言い出した。 どんな冗談かと思ったけれど、彼女はどうにも本気らしい。他のクラスメイトまで巻き込んで、コーチング役の先生までつれてきて、俺は彼女の部活動に巻き込まれていく。 そうして始まった星を見上げる日々。 けれど、そこにはいろんな人たちの熱情と葛藤がないまじっていて、銀河に渦巻く星々のように、俺達の人間関係も複雑になっていくのだった。 これは俺と、彼女と、彼女達が織り成す、星空の下に生まれたひとつの青春ラブストーリーだ。
24hポイント 0pt
小説 96,041 位 / 96,041件 ライト文芸 3,929 位 / 3,929件
文字数 100,004 最終更新日 2020.04.27 登録日 2020.04.11
奏弍音(かなで にのん)は音楽が大好きな女子高生。 軽音楽部に所属し、バンドメンバーと「最強仲良し四人組」として音楽活動に勤しんでいた。 そんなある日、ソロメジャーデビューの話を持ちかけられる弍音。 順風満帆にみえた彼女の学生生活だったが、最近はある悩みを抱えていた…。 ロックな女の子達の、熱い青春のひとコマ。 是非ご覧ください。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 第3回ライト文芸大賞エントリー作品です。 物語は最後まで書いてますので、推敲完了次第更新していきます。 感想など頂けると励みになります!
24hポイント 0pt
小説 96,041 位 / 96,041件 ライト文芸 3,929 位 / 3,929件
文字数 16,611 最終更新日 2020.04.11 登録日 2020.04.08
「ねえ、覚えてる…?」 夜霧舞葉(やぎり まいは)と過ごす最後の夏祭り。 彼女は僕にそう問いかける。 大学三年生の七月。 夏江景太(なつえ けいた)は幼馴染みである舞葉と、今年も神社の祭りを散策する。 景太は彼女の問いかけで、自分達の軌跡を思い返していく。 「もちろん…覚えているよ…」 舞葉が隠していた真実。 彼女と交わした大切な約束。 二人で見る、最後の打ち上げ花火。 是非、この物語の終わりを見届けて頂けたらと思います。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 第3回ライト文芸大賞エントリー作品です。 大体20〜30分くらいの読書時間になるかと思います。 初投稿作品ですので、感想など頂けると励みになります!
24hポイント 0pt
小説 96,041 位 / 96,041件 ライト文芸 3,929 位 / 3,929件
文字数 27,319 最終更新日 2020.04.07 登録日 2020.04.06
11