BL 耽美小説一覧

カテゴリ BL
タグ 耽美×
8
1
BL 連載中 短編 R18
廃屋に迷いこんだ男と美青年の一夜の交わり。 闇夜に浮かぶ妖しい白い花。私は彼の人の足を頬に押し当てた。 表紙絵は©️ミヤセ様 @3388se
24hポイント 441pt
小説 2,942 位 / 111,881件 BL 484 位 / 11,275件
文字数 5,641 最終更新日 2021.07.30 登録日 2021.07.22
2
BL 連載中 長編 R18
近世イタリア。視察先でペスト禍に巻き込まれ、地元の医師イザイアの屋敷に足止めされることになった青年貴族ジュスティーノ。滞在するうち医師を知識の豊かな人物として尊敬するが、快楽主義的な医師の手練手管で翻弄され、徐々に淫らな生活に堕ちて行く。 ◇エブリスタでも連載中です。 【本文より】  男性は、鋭い切れ長の目をこちらに向けた。  傍らにいた淫らな格好の女の肩に肘を掛ける。 「御使いが、軍勢とともに諌めに参ったか」  気怠そうに男性は立ち上がった。 「是非とも知らねばなるまい」  そう言うと、女達を軽く押し退け、こちらに近付いた。   目の前まで来ると、稀有な程に整った顔立ちだと分かった。  彫刻刀で一気に掘り抜いたかのような眉の下の綺麗な掘り、鋭い眦、造形良く通った鼻筋と薄い唇。  人間臭さの無きに近い顔立ちと眼光の鋭さに呑まれ、ジュスティーノは戸惑った。  「“ 知らねばなるまい ” の意味が分かるか?」  男性は言った。 「いや……」 「不勉強な方だな」  男性は口の端を上げた。 designed by freepik.com
24hポイント 292pt
小説 4,112 位 / 111,881件 BL 692 位 / 11,275件
文字数 222,069 最終更新日 2021.07.30 登録日 2021.03.31
3
BL 連載中 長編 R18
近世イタリア。十五歳の頃に憧れていた父の愛妾によく似た少年と出会った青年貴族ダンテ。会う理由を作りたいがために少年を養子にするが、徐々に狂気めいた恋慕に捕らわれていく。やがて体を手に入れるために嘘の不正話をでっち上げる。 ◇エブリスタに投稿した小説の加筆修正版です。 【本文より】 「こちらを見てくれないか」  ダンテは小振りの顔を両手で包むようにして捕らえた。  唐突の無礼な振る舞いに、コルラードは呆気に取られて批判するのさえ忘れたようだった。 「こちらを」  上向かせ、初めて正面から真っ直ぐに見た。  本当にリュドミラによく似ている。  リュドミラの少女の頃かというような面持ちだ。  彼女がこのくらいの時に出会っていたら、会話くらいはして貰えただろうか。  父より先に出逢っていたら、自分の方を少しくらい向いてくれただろうか。   もし彼女がこのくらいの時に、思いを伝えられていたら。  俄に頭の中が麻痺した。  はたと正気に戻ったときには、コルラードの唇を食んでいた。
24hポイント 256pt
小説 4,559 位 / 111,881件 BL 759 位 / 11,275件
文字数 225,854 最終更新日 2021.07.30 登録日 2021.03.31
4
BL 連載中 短編 R18
『吸血鬼を討伐すべく依頼のあった屋敷へ足を踏み入れる狩人フレイ。 それを迎え撃つべく待ち構えるのは不敵に笑う美しい吸血鬼ジェド。 「お前、まっ白だな……」 相手の力で体の自由を奪われ組み敷かれ、真っ白の何も知らない身体に快楽を強制的に与えられていくフレイ。 屈辱のはずなのに、美しい姿の吸血鬼から目を離すことができない……。』 300年生きた原種の『緋』の吸血鬼と吸血鬼狩人が織り成す物語。 「私をどうしたい?」囚われたのは吸血鬼か狩人か。 年齢指定です。 話の都合上、いきなり濡れ場が入る可能性がありますが、題名等で告知はしません。
24hポイント 85pt
小説 9,000 位 / 111,881件 BL 1,642 位 / 11,275件
文字数 22,134 最終更新日 2021.07.11 登録日 2021.04.28
5
BL 連載中 長編 R18
運命の輪は回ってあなたに巡り会う――ジャズ音楽BL。端正なサックス奏者×謎めいた微笑の青年ピアニストの孤独な生と愛。  注目され始めた28歳の青年ジャズピアニスト・高澤文彦。優しい物憂げな姿の奥に、人に見せない暗い心を抱えている。  恵まれない環境、厳しい人生ーー顔を上げ、微笑に変え、今夜もピアノを弾く。ジャズ仲間の竜野、セイとともに。  フェスの夜に、新進気鋭のサックス奏者・萩尾淳史と出会い、運命は回っていく。  天才、根なし草、色売り、様々な噂と嫉妬の中を、文彦は軽い微笑で通り過ぎていた。  しかし、端正な顔と冷たい眼をした淳史の、思いがけない魂に触れて、文彦は黒い過去を思い出していく。  交わることのないはずだった音楽の扉が、封印された過去の扉をひらく。  見守るように傍らにいる、武藤領一朗。彼が文彦の隣にいる理由とは?  文彦が手離せないリングは、誰からのものなのか?  貧困、崩壊した親、それゆえに文彦がたどった人生をめぐる。  絡まってもつれていく運命。紐解いて、ほどいて、そして必ず出会う。  愛は静謐なようでいて狂おしく、それでもなお、美しい。  大人のセンシティブストーリー。  自分史上、最も格好良い物語にできればと思います。
24hポイント 14pt
小説 21,934 位 / 111,881件 BL 4,062 位 / 11,275件
文字数 236,042 最終更新日 2020.01.11 登録日 2019.10.24
6
BL 完結 ショートショート R15
男は天使を飼っていた。 天使が食べるのは赤いザクロの粒。 美しい天使に魅せられた男は、その身を抱いて眠りにつく。 天使を飼う男の話/カニバ有
24hポイント 0pt
小説 111,881 位 / 111,881件 BL 11,275 位 / 11,275件
文字数 1,874 最終更新日 2020.11.29 登録日 2020.11.29
7
BL 完結 長編 R15
泥棒で詐欺師で自信満々な男と、尊大で孤独な神の申し子との恋にもならない恋だった筈の物語。 「神託の輝石」をめぐって自由に生きたい男ノーランマークと、運命に従って生きるしかない青年ラムランサンとのちよっぴり切なく、ちょっぴりスリリングで、ちょっぴりヘビーな恋物語り。 サスペンス。アクション。そしてラブ。少しづつ色んなエッセンスが詰まってます。 影の主人公は七十歳の執事なのかも?
24hポイント 0pt
小説 111,881 位 / 111,881件 BL 11,275 位 / 11,275件
文字数 60,685 最終更新日 2020.09.19 登録日 2020.09.13
8
BL 完結 短編 R15
あるところに、むらさきいろときいろ、ふたりの花がおりました。 ふたりはもとはおなじ花なのですが、きいろい花がげんきで明るくはなやかなのに対し、むらさき色のほうは顔いろもわるく手足もなえて、満足にあるくことさえままなりませんでした。 ふたりの生みの親である『ご主人様』は、きいろい花をとても大事にしていました。うつくしいきいろい花はご主人様のなによりの宝物です。 けれどきいろい花とほほえみあったそのまなざしは、むらさき色の花に向くことはありません。ご主人様は床にはいつくばっているむらさき色の花を見るといつも「できそこない」と言って、とても嫌なかおをします。 そんなある日、きいろい花のぐあいがとてもわるくなってしまいました。心配するご主人様を見てこころをいためたむらさき色は、きいろい花にとある「おねがい」をしますが――――。 花を育てる『ご主人様』×花(擬人化)の短編。 神話なみにぼかした受精の描写があります。優しく切ない話です。 pixiv、カクヨムにも掲載しています。
24hポイント 0pt
小説 111,881 位 / 111,881件 BL 11,275 位 / 11,275件
文字数 4,520 最終更新日 2020.01.20 登録日 2020.01.20
8