小説 一覧

カテゴリ ホラー
タグ 刑事 ×
8
 とある雑居ビルで起こった殺人事件に駆り出された公安の刑事、印南洵(いなみじゅん)は、過去に自分を襲った槍と盾を持つ武人を犯人と断定し、その姿を追う。  時を同じく、北嶋家に訪れた神気のみの依頼人。依頼内容は「自分の守護する者からの加護の奪還」だった。  だが、対価が無ければ動かない(働きたくない北嶋)を動かすのに四苦八苦していた神崎。  だが、意外な事に、印南と、神崎の同門、同期の桐生との邂逅が北嶋を動かすカギを握っていた。  難攻不落の『武神の加護』と、『加護の奪還』。二つの難題をどう攻略するのか?  遂に四柱が揃った第12話!!
24hポイント 42pt
小説 5,661 位 / 36,422件 ホラー 100 位 / 1,334件
文字数 109,234 最終更新日 2017.07.07 登録日 2017.06.16
同じ場所で、連続して怪死。刑事が遺体の第一発見者に聞いたのは、悲しい少女の物語。
24hポイント 0pt
小説 36,422 位 / 36,422件 ホラー 1,334 位 / 1,334件
文字数 11,211 最終更新日 2016.10.08 登録日 2016.10.08
3
ホラー 完結 ショートショート
近所の人が次々に訪ねてくる。さらに刑事まで。一体なにが?
24hポイント 0pt
小説 36,422 位 / 36,422件 ホラー 1,334 位 / 1,334件
文字数 1,393 最終更新日 2017.07.03 登録日 2017.07.01
4
ホラー 連載中 長編 R15
【グロ注意】 紅原警は二十代後半の刑事。あるときデスゲームに巻き込まれる。警は生き残れるか……?
24hポイント 0pt
小説 36,422 位 / 36,422件 ホラー 1,334 位 / 1,334件
文字数 189 最終更新日 2017.03.14 登録日 2017.03.14
「いつかまた、桜の木の下で」 君は今だけを見た、屈託のない表情で言う。君は今しか見ていない。 「……うん」 未来を見てしまった僕は、少しだけ俯いて返事をする。未来は残酷だ。 君は僕に背を向け、歩いていく。 僕も、君に背を向けて歩き出す。 2人がこの先会うことはないと知りながら僕は、歩く。 その9年後の話、ではありません。 主人公は刑事。ゾンビを倒していきます。我が辞書に自衛隊という文字はありません。 基本ギャグなのでストーリー性はありません。 少しグロい描写もあります。 【読んだら負け】
24hポイント 0pt
小説 36,422 位 / 36,422件 ホラー 1,334 位 / 1,334件
文字数 31,825 最終更新日 2018.04.02 登録日 2018.04.02
6
ホラー 完結 長編 R18
 漆黒猟児は、「秀麗なる人間のクズ」と呼ばれた科学者漆黒賢治を原体とするクローン人間である。  違法状態で生まれた漆黒は、野良クローンと呼ばれる未登録クローン人間に対して施行された政府の救済措置を利用する事を思いつく。  この救済措置によって漆黒は、民間警察の台頭により壊滅の危機に瀕していた警察機構に「刑事」としての登録を済ませ、人間の刑事として活動を始める事となった。  漆黒には一人の相棒がいた。  国家プロジェクトである「精霊計画」で生まれたスピリットと呼ばれる亜人類である。  漆黒はスピリットの一人、鷲の頭を持つ「鷲男」と共に、ある事件を追うことになるのだが、そこで出会ったのが公安課刑事レオン・シュミットと彼のスピリットである豚男だった。  彼ら四人は、中央情報局jpCIAや売春シンジケート、ブゥードー教団などが入り乱れる三つ巴、四つ巴の戦いに巻き込まれながら、やがて国家の行く末を左右する壮大な陰謀に巻き込まれていく。
24hポイント 0pt
小説 36,422 位 / 36,422件 ホラー 1,334 位 / 1,334件
文字数 178,250 最終更新日 2017.05.01 登録日 2017.03.31
7
ホラー 完結 短編 R15
――運命の人とは、赤い糸なんかじゃなくて、鎖くらい強固なものでつながってれば、間違えないのに。 靜が目を覚ますと、見知らぬ男と手錠で繋がれていた。嘉門と名乗ったその男、刑事だという。 「君は俺の事件に巻き込まれた」 そう言った嘉門に連れられて、靜は助けを求めて森へと逃げ出した。 孤独を抱えた女の子が、運命の相手と出会う話。 ※流血注意 このお話は小説家になろうにも別名義で掲載しています。
24hポイント 0pt
小説 36,422 位 / 36,422件 ホラー 1,334 位 / 1,334件
文字数 10,593 最終更新日 2018.06.14 登録日 2018.06.14
8
ホラー 完結 長編 R18
未解決の迷宮入りした”ある事件”に対して異常な執着を示した若い刑事が 担当を願い出たまでは良かったが調べていく内に、とんでもない事実が 発覚して危険に身を投じる事となる。閉ざされた真実とは一体何なのか? 事件は無事に解決できるのか!?  そこも見所となっておりますので完結までお付き合い下さる事を願って おります。ヒリヒリ感を増していく展開と毒素を含む内容となっており ますので苦手な方は御遠慮ください。 2018年6月1~6月末まで開催される第1回ホラー・ミステリー小説大賞 にエントリーしました! 今回は完結致しますので面白いと思った方や 応援したいなと思った方は投票をお願いしますm(_ _)m お気に入り登録&感想(短くてもOKです)も、お待ちしております♪
24hポイント 0pt
小説 36,422 位 / 36,422件 ホラー 1,334 位 / 1,334件
文字数 172,100 最終更新日 2018.06.29 登録日 2017.03.19
8