小説 一覧

カテゴリ ホラー
タグ 幽霊 ×
5
1
ホラー 連載中 長編 R15
幼い頃に夏休みを過ごしたおじいちゃんち。森で出会った不思議な女の子。 「一緒に遊ぼう」「…遊びたいけど」「ダメなの?」「私、顔がないから…」「…ふーん」 あれから時は経ち、あの村で農業を営む幼なじみをたずねて、今年もオレはやってきた。なのに、高熱で倒れてしまい…。「懐かしいね。あの時も歩夢(あゆむ)は熱を出して…」 …そう、思い出した。森であの子に会った帰り道。オレは突然高熱を出して…。 熱でうなされるオレにずっとあの子は呼びかけていた。「歩夢君、遊ぼう…」と。今も見えるその姿は、夢なのか幻なのか…。 ※ボーイズラブの設定が使われています。ちょっとエッチなシーンがあります。 ※「青空ファームプロジェクト」関連作品ですが本作品だけでも読めるようになっています。
24hポイント 413pt
小説 1,126 位 / 24,571件 ホラー 3 位 / 926件
文字数 108,921 最終更新日 2018.01.23 登録日 2017.12.18
2
ホラー 連載中 ショートショート
? 『本当に怖い話、読みたくなる怪談とは何なのか?!』の追求――  2017年11月某日、長崎県西端 田舎を極めた田舎のとあるファミレスに、四人の人間が密かに集った。一人はアマチュアの実話怪談作家・松岡真事。残る三人は、彼に怪談を提供した本物の怪奇現象体験者たち。 「あなた達は、世にも希なる奇妙な出来事に遭遇された縁ある方々だ。そんなあなた方に問いたい。どんな怪談が、いちばん心の琴線に触れる、だろうか?」  導き出された答え。「直ぐに読めてゾクッとする物語」を蒐めに蒐めた実話怪談集!  ショートショート感覚で繰り出される、異様な現実の数々。因縁、妖魔、呪詛、不可思議が織りなす奇妙怪奇なカレイドスコープ。覗き見たあなたは何を見るか。そこには、流れ落ちる色とりどりな魔石の砂々。さらさらと、流れ落ちたる砂時計。  さらさら、さらさら、さらさらと――  もう元の世界に戻れなくなる。あなたを誘う小さな物語たち。  どこからなりと、御賞味を――
24hポイント 292pt
小説 1,427 位 / 24,571件 ホラー 8 位 / 926件
文字数 64,440 最終更新日 2018.01.23 登録日 2017.11.25
3
ホラー 連載中 長編 R15
肉体的な死は、空間的な肉体と時間的な意識を消滅させはするが、生命の根本をなしているもの、すなわち、個々の存在の世界に対する特別の関係を消滅させることはできない。 トルストイ 人生論
24hポイント 228pt
小説 1,681 位 / 24,571件 ホラー 14 位 / 926件
文字数 4,277 最終更新日 2018.01.22 登録日 2018.01.21
4
ホラー 完結 長編 R15
暗い過去を持つ主人公が、ある日引越しした先の家で様々な怪現象に見舞われます。 幾度となく主人公の前に現れる見知らぬ少年の幽霊。 何度も見る同じ夢。 一体主人公は何に巻き込まれて行くのでしょうか。
24hポイント 7pt
小説 6,679 位 / 24,571件 ホラー 68 位 / 926件
文字数 98,966 最終更新日 2017.04.18 登録日 2017.04.08
5
ホラー 完結 長編 R15
ーーー憑拠ユウレイーーー 「音希田君、あなたが最後の一人なんですよ!」 その一言から僕は新聞部(オカルト研)に入ることになった。 部員に振り回されながらも不思議な体験をする主人公、音希田 廻(おときた まわる)の一年間の物語。 ーーー 涼味エイプリル ーーー まだ涼しい四月。奇妙な噂と奇抜な手紙。 この物語が僕の高校生活の全ての基盤となる。 ちょっと短い物語。 ーーー 殺人チェーンソー ーーー 僕も高校生になり、五月になりました。 涼しい四月はどこへ行ったのだろう。 葛城が連れてきたある人物により、僕は事件に巻き込まれる。 ちょっと残念な友情の物語。 ーーー 体育リバース ーーー 六月となり体育大会がはじまる。 そんな中、葛城から語られる不思議な話。 忘れられた人達のちょっと悲しい物語。 ーーー 爪痕アクター ーーー 初めての長期休暇、夏休みが始まった。 七月末まで僕はパシリ。 現代が引き起こす脅威とは。 ちょっと血なまぐさい物語。 ーーー 花火コンテニュー ーーー ある日、巡に誘われた花火大会。 僕が忘れていた中学の後輩と過ごす奇妙な時間。 ちょっと綺麗な物語。 ーーー 秋空メモリー ーーー 高校生活初めての文化祭。 しなければいけないことと、したいことが多すぎて、困ってしまう。 そんな中で起こる 不思議なこととは。 ちょっと寂しい物語。 ーーー忘却ゴーストーーー 十一月になり誕生日を祝ってもらえず、いじけて外に散歩に出かけた廻君。 そこで出会う足を失った少女。 ちょっとやるせない物語。 ーーー憑拠リスタートーーー 十二月、まだ雪は降らない。 僕以外の家族は揃ってお出かけ。 そんな中起こる黒幕との最終戦。 ちょっと死ぬ物語。 ーーー自分コメントーーー 初めての小説です。楽しんで書いています。 タイトルに「ユウレイ」とありますが、ホラー要素は四割ほどです。 日常を少しオカルト風にアレンジしたような作品にしようと頑張っています! 少し暴力シーンがあります。そこらへん気を付けてください。 注意!転生もしません。異世界もあんまりありません。 各章終わり方がスッキリしないと思いますが、それもこのお話の特徴だと思っていただきたいです。 物語は、全てを通してフィクション?です。
24hポイント 7pt
小説 6,679 位 / 24,571件 ホラー 68 位 / 926件
文字数 120,370 最終更新日 2017.06.04 登録日 2016.08.25
5