現代文学小説 一覧

カテゴリ 現代文学
タグ 結婚×
10
父親との意見の違いから家を出た和也、できることなら父の会社とは拘わらずに生きていきたい彼は、身を隠すため理穂が営む小さなお好み焼屋に身を隠す。 次第にひかれあう二人だったが… 一方会社では、心無い者達が幅を利かし、何かが狂い始めていた。 そんな中、和也は帰還を決意する…
24hポイント 1,590pt
小説 571 位 / 37,494件 現代文学 3 位 / 1,314件
文字数 81,009 最終更新日 2018.12.12 登録日 2018.11.30
2
現代文学 連載中 短編 R18
榎田万里は、結婚してもうすぐ3年になる専業主婦。夫・榎田恭平の母・洋子とは、同じ敷地内、スープの冷めない距離に住んでいる。 結婚すれば、当然すぐ妊娠すると思い、励んではいたものの、いまだ出来ず。姑からは、顔を会わせる度に、誰それの妊娠出産話を聞かされ、ストレスが溜まる毎日。 そんなある日、万里は、郊外のスーパーマーケットで買い物をしている時…
24hポイント 149pt
小説 2,968 位 / 37,494件 現代文学 37 位 / 1,314件
文字数 7,957 最終更新日 2017.08.16 登録日 2017.08.15
家族はいろんな出来事があり毎日が彩られます。家族ってどんなものなのか。家族を作りたい1人の女性が過ごす日常物語です。
24hポイント 49pt
小説 5,293 位 / 37,494件 現代文学 83 位 / 1,314件
文字数 2,187 最終更新日 2018.12.08 登録日 2018.12.08
シンデレラのガラスの靴は なぜ12時になっても 魔法がとけなかったのか? シンデレラの魔法使いは ガラスの靴にだけ特別な魔法をかけた それはなぜか?
24hポイント 0pt
小説 37,494 位 / 37,494件 現代文学 1,314 位 / 1,314件
文字数 5,191 最終更新日 2018.10.20 登録日 2016.03.26
5
現代文学 連載中 短編 R18
 橋本雄介は、昔から『少女』に興味があった。愛くるしい眼差し、まだ幼さが残る身体付きに性的な魅力を感じていた。  でも、そんな事を言える訳もなく初めてその気持ちに気付いて十年がたち、大学時代に付き合っていた美幸と結婚し、一女を設け慣れない育児にアタフタしながらも美幸と共に育て、六年がたった。  夫婦仲も問題なく、日々仕事に励む雄介だったが、彼には誰にも言えない秘密があった。  娘?愛里が成長すると共に、雄介の中に抑えてきた「小児性愛」(ロリコン)が、徐々に芽を出してきて???
24hポイント 0pt
小説 37,494 位 / 37,494件 現代文学 1,314 位 / 1,314件
文字数 1,975 最終更新日 2017.09.12 登録日 2017.09.12
6
現代文学 完結 ショートショート
彼を諦めないで良かった。
24hポイント 0pt
小説 37,494 位 / 37,494件 現代文学 1,314 位 / 1,314件
文字数 582 最終更新日 2017.02.19 登録日 2017.02.19
お見合い結婚をし、出世も家庭も平々凡々波風のない人生のまま定年を迎えた高史。 突拍子もなく時空を超えて1970年代にタイムスリップ。身体は働き盛り、精神は60男。 若い時の妻と出会い、恋をする。 時間軸は現代ではありません(15~20年ぐらい前?) 非常にゆるい設定ですので、細かいところは目を瞑っていただけると助かります
24hポイント 0pt
小説 37,494 位 / 37,494件 現代文学 1,314 位 / 1,314件
文字数 13,120 最終更新日 2017.08.11 登録日 2017.08.11
8
現代文学 連載中 長編 R18
流通系ハウスクレジットカードの大手である「アールイーディーカード」の社員である山本が経営企画室に異動となり、社内社外の経営に奮闘する物語。 上司の不正や同期の妬みを、巧みに潜り抜け、会社の悪と戦う。同期の三浦から好かれ、付き合い結婚するが、体の異変に気づき末期の肝臓ガンであることを知る。 最後まで、ブレない心とメッセージを妻に残して世を去るまで、自分の心に忠実に生きる難しさを問う。
24hポイント 0pt
小説 37,494 位 / 37,494件 現代文学 1,314 位 / 1,314件
文字数 117,312 最終更新日 2018.07.20 登録日 2017.07.28
9
現代文学 連載中 短編 R18
結婚してもうすぐ5年目を迎える藤本美紀。 無口だけど優しい夫、夫に似ている可愛い息子の子育てに追われながらも、毎日家事に勤しんでる。 夫の父である藤本耕一は、根っからの仕事人間で、今の会社を立ち上げ30年… 昨年の冬、長い間連れ添った妻が突然の病で亡くなり、会社を潤一に任せ、自分は隠居。 「離れているから心配だから。」と突然同居話を持ちかけられ住むことに決めた美紀だったが… 住み始めてから気付く、義父・耕一の厭らしい視線… 当初は、夫に何度か相談を持ちかけたが、「気にしすぎ。母さん亡くしたばかりだから…」と取り合ってもくれず…
24hポイント 0pt
小説 37,494 位 / 37,494件 現代文学 1,314 位 / 1,314件
文字数 8,045 最終更新日 2017.06.18 登録日 2017.06.18
1949年太平洋戦争末期、海軍輸送船にのり戦場に行くことを余儀なくされた父と 和歌山の山村に生まれた母との間に生まれ、稀有な人生を送ることになった主人公が その後結婚離婚再婚の果て、すさまじい気力あふれる人生を生きる肝っ玉母さんの人生を綴る物語。
24hポイント 0pt
小説 37,494 位 / 37,494件 現代文学 1,314 位 / 1,314件
文字数 4,960 最終更新日 2014.10.24 登録日 2014.10.12
10