小説 一覧

カテゴリ 現代文学
タグ 家族 ×
72 12
特に目的もなく日々を過ごす大学生の西崎剛は、夏休みのある暑い日、自宅付近の公園で高校生の相原海とその弟の陸に出会う。 声をかけてもろくに返事もせず、指しゃぶりばかりしている陸を見て、躾がなっていないと指摘した西崎だったが、後に陸が障害児で言葉を話せないことを知る。 面倒を嫌い、何事も自分には関係ないと流しがちだった西崎は、それをきっかけに二人に興味を持ち、自ずと関わってゆくようになる。やがて友人の挫折や陸の障害を通して、海に惹かれている自分に気づいたとき、初めて彼女が背負っているものの大きさに直面するが…。 「海を守りたい」 それぞれの思いが交錯する中、西崎が導き出した答えは…?
24hポイント 2,435pt
小説 441 位 / 35,098件 現代文学 6 位 / 1,228件
文字数 119,186 最終更新日 2018.07.31 登録日 2018.01.15
父親の隠れた性癖…
24hポイント 149pt
小説 3,322 位 / 35,098件 現代文学 43 位 / 1,228件
文字数 14,008 最終更新日 2018.04.25 登録日 2018.04.25
3
現代文学 連載中 短編 R18
 芹川泰史は、妻·蓉子との間に、杏奈と言う可愛い娘と三人で暮らしている。ある日、妻が買い物をし家を開けた時、杏奈が外遊びから帰ってきたのに気付かず、泰史はコッソリとレンタルしたAVを観て自慰をし、あと少しと言う時に見つかり···
24hポイント 149pt
小説 3,322 位 / 35,098件 現代文学 43 位 / 1,228件
文字数 27,928 最終更新日 2018.05.23 登録日 2018.05.20
平凡な主婦の静香が35歳で娘を連れて家をでて、両親や姉の協力を得ながら、二人三脚で自立を目指して奮闘する日々を描いた作品。 女性活躍推進法が成立した現在ではあるが、一度職を離れた中年女性にとっては、定職に就けるチャンスはなかなかまわってこない。 女性活躍推進法は今現在職についている女性をバックアップをしてくれるが、仕事に長い間就いてなかった女性が仕事に就けるようにバックアップするものではない。 そんな現状でも前へと進み続ける静香を通して、定職につけない女性が、仕事に就きやすくなる政策を、国や社会が取り入れて、日本から子どもの貧困が少しでもなくなってほしいという願いを込めてつくった作品です。
24hポイント 99pt
小説 4,050 位 / 35,098件 現代文学 52 位 / 1,228件
文字数 34,857 最終更新日 2018.08.17 登録日 2018.02.03
【欠けている】 恋人に裏切られ、大喧嘩のあげく大怪我を負い病院に運びこまれた鈴木薫。全身ボロボロの常態で入院している薫に何故か優しく話しかけてくる女性患者がいる。何故その女性は自分のような人間なんかに、そんなに親しみをもった態度で接してくるのか? 薫は訝しながらも、退屈な入院生活を紛らす為にその女性と交流をしていくことになるが……。 鈴木薫と鈴木香織は真逆なようで良く似ていた。どこか欠けている女達の、チョット歪んだ友情を描いた物語。 【ピースが足りない】 自分が求める幸せな風景を作り出すには、明らかにピースが足りない。 鈴木薫と鈴木香織の友情は香織の夫である賢治の心を掻き乱す。 誰より愛する女性と結婚したものの自分では彼女を幸福に出来ず苦悩する賢治。自分が歩むべき人生に悩む薫。自分の人生に足りてない部分を埋めるものを模索する香織。 『欠け』を抱えた三人の出会いは何を生み出すのか? 一応15Rとありますが、エロとかグロの要素はありません。傷害事件とか、女性の悩みといった内容を含むのでいれさせて頂きました。
24hポイント 49pt
小説 5,516 位 / 35,098件 現代文学 69 位 / 1,228件
文字数 94,205 最終更新日 2018.07.25 登録日 2018.06.29
妻の不倫で突き付けられた夫の条件。一見安易に見えて過酷なものとも言えた。 復縁を望む妻は、果たして夫からの信頼を戻せるのか? そして待っていた夫からの仕打ちに耐えられるのか?
24hポイント 49pt
小説 5,516 位 / 35,098件 現代文学 69 位 / 1,228件
文字数 14,151 最終更新日 2018.08.28 登録日 2018.08.27
7
現代文学 完結 ショートショート
サッカー審判員の孤独の戦い
24hポイント 49pt
小説 5,516 位 / 35,098件 現代文学 69 位 / 1,228件
文字数 1,672 最終更新日 2018.07.04 登録日 2018.07.04
 土屋啓一と美月は、新婚1ヶ月の若夫婦。暫くは、二人だけのラブラブな新婚生活を楽しもうと思ってた矢先、啓一の母である都が体調を崩し床に伏せがちに。母ひとり子ひとりで育ってきた啓一は、身体の弱い母を心配して、美月に母親との同居を持ちかけるが···
24hポイント 49pt
小説 5,516 位 / 35,098件 現代文学 69 位 / 1,228件
文字数 61,064 最終更新日 2018.08.19 登録日 2018.08.15
9
現代文学 連載中 短編 R18
cast 橋本 優子 10歳 小学5年 橋本 稔 娘を自分のオモチャにする父親
24hポイント 49pt
小説 5,516 位 / 35,098件 現代文学 69 位 / 1,228件
文字数 4,313 最終更新日 2017.12.20 登録日 2017.12.20
大好きな作家さん……牧原のどか先生が 交通事故で亡くなった。 俺の祖母が 昔、難病で亡くなった。 俺の母が毎日、 亡くなった患者について俺に話す。 俺の病気が見つかった。 昔の怪我の後遺症が見つかった。 原爆を修学旅行で見に行った。 沖縄を家族旅行で見に行った。 この小説は、 今の私の遺書である。 あなたは、死とどのように向き合っていますか?
24hポイント 49pt
小説 5,516 位 / 35,098件 現代文学 69 位 / 1,228件
文字数 1,875 最終更新日 2017.09.06 登録日 2017.09.06
 ドイツに来てジャガイモばかり食べている日本人の兄弟。いい加減嫌になってきたがジャガイモの歴史を聞いて。ドイツではジャガイモは主食です。
24hポイント 0pt
小説 35,098 位 / 35,098件 現代文学 1,228 位 / 1,228件
文字数 5,877 最終更新日 2018.03.01 登録日 2018.03.01
11月の始まり。 秋の紅葉が終わりを迎え、次の季節に移り始めたその日。生まれつき目が見えない青年は素敵なものに出会う。 彼は生まれて20年間、光を見たことがなかった。見ることが出来なかった。 生きることを諦めているわけではない。かといって目標を持って生きているわけでもないので、ただただ惰性に生きるしかなかった。 苦しみの方が多い人生の中で見つけた暖かな光。それは…
24hポイント 0pt
小説 35,098 位 / 35,098件 現代文学 1,228 位 / 1,228件
文字数 9,532 最終更新日 2018.02.20 登録日 2017.11.17
 かつて不幸な大戦が人々をさらっていったように、津波が多くの人をさらっていった。  その大戦が人々を帰さなかったように、放射能が帰りたい魂を帰さない。  古代から人はこの海に育まれて暮らしてきた。  大昔から、人は海を恐れ、崇めてきた。  その子孫が海をもう元に戻せないほどに汚した。  自分たちの魂を引き裂いた。  せめて霊となって、戻っておいで。  引き裂かれた親子の霊は再び巡り合えるのだろうか。
24hポイント 0pt
小説 35,098 位 / 35,098件 現代文学 1,228 位 / 1,228件
文字数 27,113 最終更新日 2016.07.18 登録日 2016.07.11
14
現代文学 連載中 長編 R15
生まれてから死ぬまで、私の世界での叫び
24hポイント 0pt
小説 35,098 位 / 35,098件 現代文学 1,228 位 / 1,228件
文字数 607 最終更新日 2018.08.06 登録日 2018.08.06
yuu
わたし と 他人 。 わたし と 家族。 わたし と 恋人。 わたし と 恩人。 人 って 何なんだろう。 人生 って 何なんだろう。 そんなわたしの、疑問だらけの人生を、記録する。
24hポイント 0pt
小説 35,098 位 / 35,098件 現代文学 1,228 位 / 1,228件
文字数 2,131 最終更新日 2016.01.04 登録日 2016.01.04
忘れられぬ食べ物がある。それはコロッケだ。 あれは小さい頃。たしか小学校に上がる前ぐらいの歳だったと思う。 スーパーの駐車場に出店していた屋台で、母がコロッケを買ってくれたのだ。 そのコロッケは、黄金色で外はカリッとして香ばしく中はホクホクして、ほんのりと甘みがあるとても美味しいコロッケだった。 あのコロッケの味が忘れられない。 どうしてもあのコロッケの味が忘れられないのだ。
24hポイント 0pt
小説 35,098 位 / 35,098件 現代文学 1,228 位 / 1,228件
文字数 4,557 最終更新日 2018.07.17 登録日 2018.07.17
 何も知らない、飼われた少年のお話です。 ※この作品は「小説家になろう」「PIXIV」「カクヨム」にも掲載しています。
24hポイント 0pt
小説 35,098 位 / 35,098件 現代文学 1,228 位 / 1,228件
文字数 8,888 最終更新日 2018.09.12 登録日 2018.09.12
ある夜、高校2年生の古市勘太郎は母から牛乳専門自販機へ行くように頼まれる。 しかし取り出し口から出てきたものは手のひらサイズのスイッチのようなものだった... 平凡な男子高校生、お腹を空かせた猫、平和な家庭を持つ3人家族、バスジャック犯、出産を待つ2人の男。それぞれの行動が知らず知らず、互いの人生に干渉していく。
24hポイント 0pt
小説 35,098 位 / 35,098件 現代文学 1,228 位 / 1,228件
文字数 34,202 最終更新日 2016.12.18 登録日 2016.11.30
森の中で目覚めた私は全ての記憶を失くしていた。親切な猟師に助けられ、彼の家族と共に生活することになったのだが、私はその日から一切眠れなくなった。
24hポイント 0pt
小説 35,098 位 / 35,098件 現代文学 1,228 位 / 1,228件
文字数 6,770 最終更新日 2016.10.03 登録日 2016.10.03
山の風景が書いてみたくて書いた作品です。人の一生で流れる時間に比べ、雄大な自然の中で流れる時間はあまりにも長く大きい。そんなちっぽけな人の人生ではあるけれど、ひとりひとりにそれまで生きてきた記憶や想いがあり、人から人へ、親から子へと受け継がれながら時が流れていく。そんな雰囲気がお読み頂いた皆さまに伝われば幸いです。 感想など頂ければとっても嬉しく思います。 宜しくお願い致します。
24hポイント 0pt
小説 35,098 位 / 35,098件 現代文学 1,228 位 / 1,228件
文字数 12,392 最終更新日 2018.06.19 登録日 2018.06.16
21
現代文学 完結 ショートショート
捨てられた犬と飼い主のおじいさんのお話。 ショートストーリ。
24hポイント 0pt
小説 35,098 位 / 35,098件 現代文学 1,228 位 / 1,228件
文字数 1,660 最終更新日 2018.09.07 登録日 2018.09.07
僕こと町田雄介は二十歳を過ぎているにも関わらず、就職もしていないよくいうニートだった。ある日、思い立ってとある会社の面接を受ける。そんな雄介はこの後、どうなるのか?
24hポイント 0pt
小説 35,098 位 / 35,098件 現代文学 1,228 位 / 1,228件
文字数 2,982 最終更新日 2018.02.09 登録日 2018.02.09
毎日、酒を煽り暴力を振るう父親。それに耐え兼ねて逃げる母親。そして、反抗期と共に脇道へとそれる息子。 それぞれが抱える苦悩と葛藤と共に、時間が流れていく中で見付けた家族としての幸せを問う三人の物語。
24hポイント 0pt
小説 35,098 位 / 35,098件 現代文学 1,228 位 / 1,228件
文字数 4,657 最終更新日 2016.10.02 登録日 2016.10.02
24
現代文学 連載中 短編 R18
 母親の再婚により、住み慣れた街を離れ新しい街に移った涼子。慌ただしかった生活も落ち着いた頃から、自分に対する義父信也の行動が段々と怖くなり、信也がくると部屋へと逃げ込むようになる。なにも知らない秀美は、信也に相談すると···      
24hポイント 0pt
小説 35,098 位 / 35,098件 現代文学 1,228 位 / 1,228件
文字数 4,229 最終更新日 2018.03.08 登録日 2018.03.08
損なのか、得なのか?兄1人、妹1人、弟1人のこのポジション…
24hポイント 0pt
小説 35,098 位 / 35,098件 現代文学 1,228 位 / 1,228件
文字数 19,256 最終更新日 2017.11.06 登録日 2017.10.08
26
現代文学 完結 ショートショート
突然の、母ちゃんの死。実感が湧かないまま埋葬を済ませた翌朝、実家の台所にはいつも通り朝食を作る母ちゃんの姿があった。聞けば、何か心残りがあって幽霊になったのだが、それが何なのか思い出せないと言う。「そのうちなんとかなる」と呑気に構えている母ちゃんに代わり、主人公は母ちゃんの「心残り」を探し出そうとするが……。
24hポイント 0pt
小説 35,098 位 / 35,098件 現代文学 1,228 位 / 1,228件
文字数 10,284 最終更新日 2018.06.24 登録日 2018.06.24
27
現代文学 完結 ショートショート
仕事を終えて帰宅すると、いつもは出迎えてくれる妻が家にいない。 訝しみつつキッチンに入って灯りを点けると、妻からの手紙が冷蔵庫にマグネットで止めてあった。
24hポイント 0pt
小説 35,098 位 / 35,098件 現代文学 1,228 位 / 1,228件
文字数 2,029 最終更新日 2018.06.24 登録日 2018.06.24
時は、2022年の夏!世の中は、かなりスピード化時代。 どんなに、恵まれた時代になっても!人は、恋愛、家族、仕事に悩み、人、それぞれの希望もあり、その中で、頑張ってる! 高齢化社会、核家族、問題は!たくさんある中で、医学の進歩は、かなり高い進歩になって、人の希望、生きる!生きたい。が、誰でも、叶う。 病気になった、家族のかけがえのない絆が詰まった!フィクションです。
24hポイント 0pt
小説 35,098 位 / 35,098件 現代文学 1,228 位 / 1,228件
文字数 35 最終更新日 2016.07.24 登録日 2016.07.24
うつ病の妻へ。「彼女は決して食べない」She never eat. シネバイイ。 不定期更新です。 うつ病の方は読まない方がいいですよ。 うつ病の家族の方に読んでほしいな。
24hポイント 0pt
小説 35,098 位 / 35,098件 現代文学 1,228 位 / 1,228件
文字数 13,681 最終更新日 2018.09.15 登録日 2018.03.04
僕はニートだ。十六歳にして、学校へ行かずに家で寝てばかりいる。父と母は、会社に仕事へ。弟は学校へ。私は昼から夕方にかけて一人で自宅警備をする。自宅警備といっても、パソコン、テレビ、パソコンである。これが私の今の全てである。 今日もいつも通り家族が各々、社会に身を埋めに行くのを見送り、そして僕は一人になる。なんだか、不意に哀しくなる。自分を不甲斐なく思う気持ちからだろうか、それとも単純に一人になった孤独からだろうか。 自分は一体どこで道を踏み外したのだろうか。思い当たるのは一つしかない。それは自分の嘘にあるんだ。全てはあの一言。でもあれは嘘とは言わないかもしれないが、それは結果次第で嘘にもなるし、肯定されるかもしれない。僕は家族に嘘をついたのだ。それはタチの悪い嘘かもしれない。僕は中学三年生の時、両親に高校受験をしないことを告げた。その時の、二人の驚愕の表情は今でも鮮明に頭の中に焼き付いている。どうやら母の方はなんとなく気づいていたらしい。二人はそれから機関銃の様に、質問を浴びせた。父親が、「そしたら、お前は来年から働くのか!」と少々強く言ったところを私は間髪入れずに言った。 「来年からは、働かない。再来年も働かない。二十歳になるまで働かないよ。どうか怒らないで最後まで聞いて。僕は今現在、英検準一級を持っているよね。そして、多分、来年には一級を取得すると思うんだ。そうすると、働かなくてもいいんじゃないかと思うんだよね。なぜなら、英検一級を持っていると非条理勤務講師、塾講師といった仕事に就きやすいんだ。というか、もう就職決定した様なものなんだ。だから、学校行くのがバカらしくなったんだ。だって、学校の目的といったら、それは良い会社に就職すること。僕は、もう目的を果たしてしまったから問題無いという訳なんだけど。そういうことなんだ。」 なんと僕は親を説き伏せてしまったのだった。英検準一級を取得していたのは事実だったけど、就職の内定は全くデタラメだったのに。しかし、そのデタラメというか、嘘を真実に近づけるべく僕は英検一級を去年、取得した。親は何を思っているのか追求してこなくて、それがかえって僕の精神を蝕む。時々、哀しくなるのも嘘をついてる自分がいるからかもしれない。今となっては、赤子の頃から両親が英語を僕に教えていたことに感謝してやまない。なんせ、僕から英検一級の肩書きを消し去ってしまったら、もうなにもないから。社会的に死ぬから。動物のテレビを見ながら、弟と笑っている時、不意に哀しいなる。ネットサーフィンしてて、気づいたら朝だった時、絶望を感じる。嘘をつきながら、こんな堕落した暮らしをしている自分が哀しくなる。
24hポイント 0pt
小説 35,098 位 / 35,098件 現代文学 1,228 位 / 1,228件
文字数 112 最終更新日 2017.05.19 登録日 2017.05.19
31
現代文学 完結 ショートショート
猫目線ショートショート
24hポイント 0pt
小説 35,098 位 / 35,098件 現代文学 1,228 位 / 1,228件
文字数 561 最終更新日 2018.09.03 登録日 2018.09.03
32
現代文学 連載中 短編 R18
 「パンツ売ります」--小藪亜子は、お小遣いに毎月困っていた。バイト先によく来るお客さんに、ひょんな事を頼まれ秘密のアルバイトをしていく内に···
24hポイント 0pt
小説 35,098 位 / 35,098件 現代文学 1,228 位 / 1,228件
文字数 25,541 最終更新日 2018.03.03 登録日 2018.03.02
僕の家族は三人になりました。家族が増えたのではありません。僕が死んだのです。全ては大事な妹のためでした。
24hポイント 0pt
小説 35,098 位 / 35,098件 現代文学 1,228 位 / 1,228件
文字数 5,750 最終更新日 2016.11.27 登録日 2016.11.25
ギターは一生モノだ。ギターは生き物だ。あの日、店で一目惚れしたあの子とは、ずっと一緒に居るつもりだったのだ。 ギターと家族の物語です。
24hポイント 0pt
小説 35,098 位 / 35,098件 現代文学 1,228 位 / 1,228件
文字数 6,126 最終更新日 2018.02.25 登録日 2018.02.25
 3月11日。人生で一番思い出したくない日。  いつも通りの日になるはずだった。それは叶わなかった。  あの日を境に多くの方々が心に大きな傷を負ったと思います。あの日を境に私の人生観、日常は一変しました。何気ない毎日がどれほど幸せな事なのか。当たり前のようにそばにいてくれる事がどれほどありがたい事なのか。  逝ってしまった人。残されてしまった人。全ての方々の心が少しでも救われるそんな物語を。  私自身の実体験や友人、知人からの話を基に作っています。辛く悲しい経験や現実は当たり前のようにいつもすぐそこにあります。それと同じように毎日の幸せや喜びもそばにいます。私たちが気づいていないだけで。  決して当たり前ではない目の前にある日々を、見つめ直し生きていくことが残された私達にできる精一杯のことだと私は信じています。
24hポイント 0pt
小説 35,098 位 / 35,098件 現代文学 1,228 位 / 1,228件
文字数 6,481 最終更新日 2018.09.19 登録日 2018.09.14
36
現代文学 連載中 短編 R18
学校で。。。家で。。。虐められている少女は、「死」を選んだ。
24hポイント 0pt
小説 35,098 位 / 35,098件 現代文学 1,228 位 / 1,228件
文字数 4,874 最終更新日 2018.05.13 登録日 2018.05.13
37
現代文学 完結 ショートショート
ma
ある日、加害者の家族となった… それでも生きていく
24hポイント 0pt
小説 35,098 位 / 35,098件 現代文学 1,228 位 / 1,228件
文字数 2,917 最終更新日 2018.01.27 登録日 2018.01.26
38
現代文学 連載中 短編 R18
友達から頼まれたあることを忘れていた奈津美は、その事が原因でクラスの一部からいじめを受け始めた…。(打ち勝つ勇気より)
24hポイント 0pt
小説 35,098 位 / 35,098件 現代文学 1,228 位 / 1,228件
文字数 839 最終更新日 2018.09.08 登録日 2018.09.08
幸薄な家族が温泉街のホテルにたどり着く。 つらいです。
24hポイント 0pt
小説 35,098 位 / 35,098件 現代文学 1,228 位 / 1,228件
文字数 9,697 最終更新日 2015.04.05 登録日 2015.04.05
 ある夏の夜、絵里は偶然に母の昔の恋人である三上と再会する。十二年ぶりの再会。一夏の物語。
24hポイント 0pt
小説 35,098 位 / 35,098件 現代文学 1,228 位 / 1,228件
文字数 30,043 最終更新日 2018.07.12 登録日 2018.07.12
72 12