小説 一覧

カテゴリ 現代文学
タグ 家族 ×
24
11月の始まり。 秋の紅葉が終わりを迎え、次の季節に移り始めたその日。生まれつき目が見えない青年は素敵なものに出会う。 彼は生まれて20年間、光を見たことがなかった。見ることが出来なかった。 生きることを諦めているわけではない。かといって目標を持って生きているわけでもないので、ただただ惰性に生きるしかなかった。 苦しみの方が多い人生の中で見つけた暖かな光。それは…
24hポイント 99pt
小説 2,329 位 / 22,449件 現代文学 14 位 / 883件
文字数 5,144 最終更新日 2017.11.17 登録日 2017.11.17
2
現代文学 完結 ショートショート R15
婚約者を妹に寝取られて家族に失望した私、高東絵里奈が家族を手に入れるまで。 医療、病気等リアルっぽく書いていますが、適当部分が多いです。ツッコミ所は満載ですが笑う所はありません。 相変わらずのあいまい設定、強引な幕引き、主人公に都合いい展開な上に、目新し感皆無です。 ムーンライトさん投稿済。
24hポイント 21pt
小説 4,349 位 / 22,449件 現代文学 31 位 / 883件
文字数 15,445 最終更新日 2017.07.08 登録日 2017.07.08
3
現代文学 連載中 長編 R15
 高校二年の田倉春哉はずっと苦しい生活をしてきた。というのも、義妹の里菜のせいだ。  自分の気持ちを知っているくせに嘲笑い、自分を憎み、恨んでくる彼女を好きになってしまったから。  気付けば毎日のように家族に憎まれ、恨まれる。それが嫌で春哉は家を出ることにした。
24hポイント 7pt
小説 6,045 位 / 22,449件 現代文学 51 位 / 883件
文字数 4,253 最終更新日 2017.07.16 登録日 2017.07.15
大好きな作家さん……牧原のどか先生が 交通事故で亡くなった。 俺の祖母が 昔、難病で亡くなった。 俺の母が毎日、 亡くなった患者について俺に話す。 俺の病気が見つかった。 昔の怪我の後遺症が見つかった。 原爆を修学旅行で見に行った。 沖縄を家族旅行で見に行った。 この小説は、 今の私の遺書である。 あなたは、死とどのように向き合っていますか?
24hポイント 7pt
小説 6,045 位 / 22,449件 現代文学 51 位 / 883件
文字数 1,875 最終更新日 2017.09.06 登録日 2017.09.06
幸薄な家族が温泉街のホテルにたどり着く。 つらいです。
24hポイント 0pt
小説 22,449 位 / 22,449件 現代文学 883 位 / 883件
文字数 9,697 最終更新日 2015.04.05 登録日 2015.04.05
主人公の、破天荒な人生を描いた、家族の再生物語。 主人公の、草野テリーは、とても貧乏な家に生まれた。 父親は、アル中で仕事もせず、酒びたり。母親は、他の男と浮気して、家庭崩壊状態。 テリーは、妹のうさぎと、家出を考える。 でも、全く金のないテリーは生活に困り果てる。 とにかく、貧乏から抜け出したいテリーは、自分で働きに行く。 高校生のテリーは、学校を中退して、ある工場に就職する。 しかし、テリーの運命は大きく変化する…!?
24hポイント 0pt
小説 22,449 位 / 22,449件 現代文学 883 位 / 883件
文字数 1,141 最終更新日 2015.06.26 登録日 2015.06.26
yuu
わたし と 他人 。 わたし と 家族。 わたし と 恋人。 わたし と 恩人。 人 って 何なんだろう。 人生 って 何なんだろう。 そんなわたしの、疑問だらけの人生を、記録する。
24hポイント 0pt
小説 22,449 位 / 22,449件 現代文学 883 位 / 883件
文字数 2,131 最終更新日 2016.01.04 登録日 2016.01.04
昭和初期、辺境の地に生まれたイトの半生。 何者かの放火により、母親と一番下の弟を失い、 事業に失敗し、壊れていく父親。 親戚に預けられたイトは、さまざまな苦境にもめげずに生きていく。 戦争により失うもの。 もう2度と一つに戻れない家族。 抗えない人生の波に、ただひたすらに生きる少女の人生とは。
24hポイント 0pt
小説 22,449 位 / 22,449件 現代文学 883 位 / 883件
文字数 6,303 最終更新日 2016.04.26 登録日 2016.03.21
 中学生になってから引っ越してきたしょうたは学校生活にうまく馴染めずにいた。  両親は、しょうたが話をしようとしても言いたい事を言うだけで、結局しょうたの話を聞いてくれなかった。  良い事も悪い事も、話す相手もなく感情のやり場さえないしょうたは、次第に自由な時間はひとりで過ごすようになった。  一方、この街には数ヶ月前にやってきたひとりの中年の男がいた。この街にやってきてから最初の頃は、なんとか生活をやり繰りをしていたようだが、職場をクビになり、新しい職にもありつけず、やがて家賃を払えなくなった為にアパートも追い出された。  行き場もなく、今はいわゆるホームレスの生活を送っていた。  ふたりとも、ひとりぼっちだった。  家族とは何か、愛とは何か、人生とは何か。  このふたりのそれぞれの視点から、描いていく物語。
24hポイント 0pt
小説 22,449 位 / 22,449件 現代文学 883 位 / 883件
文字数 3,612 最終更新日 2016.05.15 登録日 2016.05.15
時は、2022年の夏!世の中は、かなりスピード化時代。 どんなに、恵まれた時代になっても!人は、恋愛、家族、仕事に悩み、人、それぞれの希望もあり、その中で、頑張ってる! 高齢化社会、核家族、問題は!たくさんある中で、医学の進歩は、かなり高い進歩になって、人の希望、生きる!生きたい。が、誰でも、叶う。 病気になった、家族のかけがえのない絆が詰まった!フィクションです。
24hポイント 0pt
小説 22,449 位 / 22,449件 現代文学 883 位 / 883件
文字数 35 最終更新日 2016.07.24 登録日 2016.07.24
家族の死と向かい合う雪子。そして世界は冬の晴れた日のように美しくなっていく。ひと夏の帰省物語。 ※この作品は小説家になろう様にも投稿させて頂いています。
24hポイント 0pt
小説 22,449 位 / 22,449件 現代文学 883 位 / 883件
文字数 17,797 最終更新日 2016.11.18 登録日 2016.09.08
毎日、酒を煽り暴力を振るう父親。それに耐え兼ねて逃げる母親。そして、反抗期と共に脇道へとそれる息子。 それぞれが抱える苦悩と葛藤と共に、時間が流れていく中で見付けた家族としての幸せを問う三人の物語。
24hポイント 0pt
小説 22,449 位 / 22,449件 現代文学 883 位 / 883件
文字数 4,657 最終更新日 2016.10.02 登録日 2016.10.02
森の中で目覚めた私は全ての記憶を失くしていた。親切な猟師に助けられ、彼の家族と共に生活することになったのだが、私はその日から一切眠れなくなった。
24hポイント 0pt
小説 22,449 位 / 22,449件 現代文学 883 位 / 883件
文字数 6,770 最終更新日 2016.10.03 登録日 2016.10.03
14
現代文学 完結 ショートショート
家族同士のケンカして別れた方は読んでください☆[合計8ページ分量ぐらいあります
24hポイント 0pt
小説 22,449 位 / 22,449件 現代文学 883 位 / 883件
文字数 2,840 最終更新日 2016.11.03 登録日 2016.11.03
僕の家族は三人になりました。家族が増えたのではありません。僕が死んだのです。全ては大事な妹のためでした。
24hポイント 0pt
小説 22,449 位 / 22,449件 現代文学 883 位 / 883件
文字数 5,750 最終更新日 2016.11.27 登録日 2016.11.25
ある夜、高校2年生の古市勘太郎は母から牛乳専門自販機へ行くように頼まれる。 しかし取り出し口から出てきたものは手のひらサイズのスイッチのようなものだった... 平凡な男子高校生、お腹を空かせた猫、平和な家庭を持つ3人家族、バスジャック犯、出産を待つ2人の男。それぞれの行動が知らず知らず、互いの人生に干渉していく。
24hポイント 0pt
小説 22,449 位 / 22,449件 現代文学 883 位 / 883件
文字数 34,202 最終更新日 2016.12.18 登録日 2016.11.30
丹波の地で農家を営む恒夫は、 妻とふたりの娘の四人家族。 長女に結婚話が持ち上がり、 抗いたいが、女どもに外堀を埋められ… そんな男の奮闘記。 世界中の父親に送る応援歌。
24hポイント 0pt
小説 22,449 位 / 22,449件 現代文学 883 位 / 883件
文字数 35,936 最終更新日 2017.03.16 登録日 2017.02.24
女二人 親友であり家族、そして旅友というごく普通のふたり。 難ありなのは二人とも障害者であることである。
24hポイント 0pt
小説 22,449 位 / 22,449件 現代文学 883 位 / 883件
文字数 1,624 最終更新日 2017.03.17 登録日 2017.03.17
それは 父からの電話が 始まりだった 母が 具合悪いので 来てくれ!という そんなに 慌ててるそぶりもなく 緊急を要さない電話だったが とりあえず 自宅から車で30分の実家に向かった 玄関に出た 父は 電話と変わらなく 落ち着いていて 笑みさえ見せていた でも 奥の母の寝室からは 母の苦痛に耐えてる声が聞こえてきた 母を見ると お腹を押さえて ガタガタ震えており これは ただ事じゃないと 直感で思った すぐ 救急車を呼んだ しばらくだって 救急車がきて 救急隊員が3人 家に入ってきて 脈をとったり 血圧をとったり 状況を聞いたりしてきて 救急車に母を運び かかりつけの病院ありますか?と聞くので 高血圧の母が通院している 近所の総合病院の名前を言うと 救急隊員は しばらく 考え その病院ではなく 隣町の総合病院へ 連れて行きますと言う 私が いや 近くの病院でいいです!と言ったが いや 設備の整った 隣町の総合病院が良いだろうと まー 半ば強引に そちらに 搬送した 隣町の総合病院に着くと 母はERに運ばれ 私は 看護師に促され 受付に行き 保険証などを提出したり 診察の申し込み用紙に 記入したりして やっと 待合室に 座った 30分くらいして ERからドクターが出てきて CTをとっていいか?など 家族の承諾があるような検査などのサインを 頼まれサインをして 検査してもらった ドクターは たいしたことない みたいに 言っていて 私は ホッと胸を撫で下ろし 又 待合室で 座っていると 又 ドクターが 来た あきらかに 先ほどとは 顔色が違った そして ドクターは 母の病状が かなり ヤバそうだと 言い 家族を全員揃えてください!と 言った え!? たいしたことないんじゃないの? なんなの? と思いながら 1番下の妹に連絡をし 家で待ってる 父に連絡をし しばらく待っていると ドクターが 全員揃ったか?という いや まだ あたし以外は 向かっていて 着いていません というと 消化器の先生から お話があるから 君だけでいいから 入って と言われ ERに入ると パーテーションで仕切られた 小部屋に 通された そこには 消化器の先生とやらが いて パソコンな画面と にらめっこしていた 先生は 静かに 淡々と話し始め 母が 大腸ガン
24hポイント 0pt
小説 22,449 位 / 22,449件 現代文学 883 位 / 883件
文字数 1,584 最終更新日 2017.05.14 登録日 2017.05.14
僕はニートだ。十六歳にして、学校へ行かずに家で寝てばかりいる。父と母は、会社に仕事へ。弟は学校へ。私は昼から夕方にかけて一人で自宅警備をする。自宅警備といっても、パソコン、テレビ、パソコンである。これが私の今の全てである。 今日もいつも通り家族が各々、社会に身を埋めに行くのを見送り、そして僕は一人になる。なんだか、不意に哀しくなる。自分を不甲斐なく思う気持ちからだろうか、それとも単純に一人になった孤独からだろうか。 自分は一体どこで道を踏み外したのだろうか。思い当たるのは一つしかない。それは自分の嘘にあるんだ。全てはあの一言。でもあれは嘘とは言わないかもしれないが、それは結果次第で嘘にもなるし、肯定されるかもしれない。僕は家族に嘘をついたのだ。それはタチの悪い嘘かもしれない。僕は中学三年生の時、両親に高校受験をしないことを告げた。その時の、二人の驚愕の表情は今でも鮮明に頭の中に焼き付いている。どうやら母の方はなんとなく気づいていたらしい。二人はそれから機関銃の様に、質問を浴びせた。父親が、「そしたら、お前は来年から働くのか!」と少々強く言ったところを私は間髪入れずに言った。 「来年からは、働かない。再来年も働かない。二十歳になるまで働かないよ。どうか怒らないで最後まで聞いて。僕は今現在、英検準一級を持っているよね。そして、多分、来年には一級を取得すると思うんだ。そうすると、働かなくてもいいんじゃないかと思うんだよね。なぜなら、英検一級を持っていると非条理勤務講師、塾講師といった仕事に就きやすいんだ。というか、もう就職決定した様なものなんだ。だから、学校行くのがバカらしくなったんだ。だって、学校の目的といったら、それは良い会社に就職すること。僕は、もう目的を果たしてしまったから問題無いという訳なんだけど。そういうことなんだ。」 なんと僕は親を説き伏せてしまったのだった。英検準一級を取得していたのは事実だったけど、就職の内定は全くデタラメだったのに。しかし、そのデタラメというか、嘘を真実に近づけるべく僕は英検一級を去年、取得した。親は何を思っているのか追求してこなくて、それがかえって僕の精神を蝕む。時々、哀しくなるのも嘘をついてる自分がいるからかもしれない。今となっては、赤子の頃から両親が英語を僕に教えていたことに感謝してやまない。なんせ、僕から英検一級の肩書きを消し去ってしまったら、もうなにもないから。社会的に死ぬから。動物のテレビを見ながら、弟と笑っている時、不意に哀しいなる。ネットサーフィンしてて、気づいたら朝だった時、絶望を感じる。嘘をつきながら、こんな堕落した暮らしをしている自分が哀しくなる。
24hポイント 0pt
小説 22,449 位 / 22,449件 現代文学 883 位 / 883件
文字数 112 最終更新日 2017.05.19 登録日 2017.05.19
自閉症スペクトラムの筆者が毒親や自身のトラウマ、恋愛を含めた体験を振り返りながら、執筆しています。 毒多めなので、ご注意下さいませ。
24hポイント 0pt
小説 22,449 位 / 22,449件 現代文学 883 位 / 883件
文字数 4,918 最終更新日 2017.06.19 登録日 2017.06.12
オルタナ家族なるものを経験した作者がオルタナ家族で妄想してみた結果がこちらになります
24hポイント 0pt
小説 22,449 位 / 22,449件 現代文学 883 位 / 883件
文字数 2,725 最終更新日 2017.10.19 登録日 2017.09.23
23
現代文学 連載中 ショートショート
高速バスに乗っているある男性の話。
24hポイント 0pt
小説 22,449 位 / 22,449件 現代文学 883 位 / 883件
文字数 2,690 最終更新日 2017.08.14 登録日 2017.01.30
此の作品は何処かで誰かが呟いて居たであろう言葉を予想をしながら各作品です だからこそ呟き集なので私自身が当てずっぽうで書いて居るだけなので深く気にしないで下さい
24hポイント 0pt
小説 22,449 位 / 22,449件 現代文学 883 位 / 883件
文字数 389 最終更新日 2017.11.14 登録日 2017.11.13
24