未練がましい主人公小説一覧

タグ 未練がましい主人公×
2
1
恋愛 連載中 長編 R15
『賢者』って、どういうこと? 異世界からの召喚って『聖女』が相場だよね?? しかも、この世界は、よくある異世界トリップものにある「良いところ取りの中世ヨーロッパ風な世界」ではなくて、変なところがリアルな中世ヨーロッパ風な世界で…… 要は、臭い…臭過ぎて鼻がもげそう。 紳士淑女は野糞しているし、毛穴から細菌が入るとか馬鹿なことを信じていて、入浴をしないから体臭も酷い。 それより何より、街の通りを歩いているだけで、頭上から屎尿が降ってくるという始末……なんのコメディーか… 不衛生極まりなく、権力による理不尽も罷り通るような世界で、元の世界に帰りたいと願いながらも10年間も帰れず、自然と様々な問題に巻き込まれていく、ちょっと後ろ向きで未練がましいけれど、努力家の女の子のお話。 *なろう様の方でも重複投稿しております。
24hポイント 0pt
小説 59,057 位 / 59,057件 恋愛 14,246 位 / 14,246件
文字数 356,737 最終更新日 2018.11.08 登録日 2018.01.01
2
恋愛 連載中 長編
かつてバリバリのサラリーマンをしていた男性・野田崇仁〔のだ たかひと〕は会社の上司で恋人の男性・夏目真希〔なつめ まき〕を道中での喧嘩最中に事故で亡くしてしまう。もちろん、病院も葬式も行けず、のにち、引きこもりがちになった崇仁は仕事を辞めて、とある離島で引きこもって住み始めていた。崇仁はいつしか、元々好きだった小説を職にするようにたった。 崇仁の住む離島には猫がたくさんいるのもあって、観光に来る人も珍しくない。だがそんな中、しばらくして、 自分の小説を読む読者で大ファンだという大学生らしい男友達・観月亮太〔みつき りょうた〕と出会う。 「僕は人間が嫌いでね。あまり近寄らないでくれ。小説は生活の1部で、好きで書いてるだけだよ。」 崇仁は酷く人と仲良くしたがらなかった。 だけど観月はそれでも必死についていく。 挙句には好きだと言い出した。 「恋なんて、愛なんて、時間の無駄だ。」 これが崇仁の口癖だった。 これは、恋にトラウマを抱えてしまった1人の小説家と愛することが取り柄の大学生のボーイズラブ小説です。 {作者です!ここで少しだけこの話を紹介致します! 崇仁と観月の心境の変化をお楽しみ頂けると幸いです!😅 僕の経験を踏まえて書いた少し切ない話かと思います。 人それぞれ感じ方は違いますが、 世の病んでしまってなかなか戻れない人のために少しでも希望を持って欲しいと思って書きました! 感想なんか頂けると今後の作品に活かして行きたいと思っておりますので、ぜひよろしくお願いします!}
24hポイント 0pt
小説 59,057 位 / 59,057件 恋愛 14,246 位 / 14,246件
文字数 5,756 最終更新日 2019.11.14 登録日 2019.03.25
2