叔父様に溺愛されてます小説一覧

タグ 叔父様に溺愛されてます×
4
 「お姉様、お姉様のエショデ頂戴」  クソデブの妹は自分の分を食べてもまだ食べたいのか、私のエショデを欲しがります。 いつもこうです。  『お姉様、お姉様のウーブリ頂戴』  『お姉様、お姉様のゴーフル頂戴』  妹はいつも私のお菓子を奪います。  男爵令嬢としての仕事をしてくれればまだ許してあげる事もできるんですがね、 妹はまったく仕事をせずただ食べてオナニーして遊んでるだけです。  たった1人の妹なのだからと今まで我慢していたけれど、私の中の何かがぷつりと切れたので もう我慢するの辞めました。  叔父様に頼んで妹を死ぬ事もなく永遠の飢餓を味合わせてあげる事にしました。  叔父様は私に男爵としての仕事を押し付け遊んでるだけのお父様お母様を 裸足で永遠に砂利道を歩き続ける罰を与えてくれました。 死ぬ事も終わりも絶対にありえません。 叔父様大好きすぎー。  「マーレット、お前のような残虐な女とは婚約破棄だ」  はぁ?えっ。はぁ?  私より優しい少女はいないのに、残虐扱いされて婚約破棄されました。  「叔父様~」  叔父様は私が呼ぶと0、2秒で現れ婚約者を永遠針を飲み込む罰を与えてくれました。  叔父様愛してる~。  私を虐げる者がいなくなったので、ざまぁする相手がいなくなり悲しいです。  誰でもいいので私を虐げてる事にしてざまぁしてやりましょう。 さぁ叔父様、私達のざまぁはまだ始まったばかりよ。
24hポイント 14pt
小説 19,278 位 / 100,047件 ファンタジー 3,716 位 / 26,907件
文字数 2,488 最終更新日 2021.02.20 登録日 2020.11.29
2
恋愛 連載中 短編 R18
 「お姉様、お姉様のブローチちょうだい」  妹はいつも私の物をなんでも欲しがり奪って行きます。  妹の欲しがる物をあげないと両親は私を木刀でぼこぼこにします。  お母様の突きは殺意を感じます。このままでは殺されてしまいます。 こいつら、殺さないといけない。  今までずっと私を虐げてきた妹の首は簡単に落とせましたが、 お父様とお母様に勝てるわけがありません。  「やっちゃえ叔父様」  助けに来てくれるはずのない叔父様に助けを求めます。 叔父様はお父様が殺したのですから。  「家族に虐げられるお前を救いに来た」  殺されたはずの叔父様が助けに来てくれました。  叔父様はお父様お母様を殺してくれました。  「今までお前を一人にしてすまなかった、アウリーネ」  「謝るなんてやめて叔父様、こうして殺されそうになった私を助けに来てくれたのだから」  「俺が馬鹿だった、この世の生き物は2つを除いてクズだ。生きてる価値がない。 家畜もクズだが生きてる価値がある。だが人間は不味いし、煩い。 家畜にも劣る価値だ」  「俺とお前以外に生きてる価値はない」  最強叔父様は私達以外の人間を全て殺し、私を孕ませ私達真の家族だけでの生活を望むようです。 私も望みます。 叔父様、愛しています。 叔父様の子を孕みたい。
24hポイント 7pt
小説 22,808 位 / 100,047件 恋愛 9,760 位 / 27,928件
文字数 2,036 最終更新日 2020.12.19 登録日 2020.11.29
 「お前のような地味な女とは婚約破棄国外追放だ」  婚約者の王太子に婚約破棄国外追放を告げられました。  地味なのは本当ですが、本当にいいんですね。 聖女の私を追放すれば国は滅びますが、まぁ私にはどうでもいいですね。  「お前は実の妹のロイジーナを殺したのだろう」  はぁー?私が妹を殺すわけないでしょう。  妹を殺した等という無実の罪で婚約破棄されました。  「俺の愛するイザベルを婚約破棄か」  「お前は死んだはずだ」  私は信じていました。叔父様が殺されるはずはないと。 叔父様は生還してずっと虐げられてきた私を助けてくれました。  叔父様はまず王太子を殺しました。当然ですね。  「死んでいればよかったものを」  叔父様は私をずっと虐げてきたお父様お母様を殺してくれました。  「俺には愛するイザベルさえいれば他には何もいらない」  「私もよ叔父様。愛する叔父様がいれば他に何もいらない」  「お前を孕ませたい」  「私も叔父様の子を孕みたいわ」  「今まで真の家族に出会えなかったけど、私達は真の家族になるのね」  「だが、今はまだだめだ」  「なんでかしら」  「お前の妹のロイジーナを殺した者を殺さなければならない」  「あら、叔父様はロイジーナなんかを愛していたとでも?」  「いや、あんな奴の事はどうでもいいが、それでもエルツベルガー家の1人。 それを殺したと言う事はエルツベルガー家を舐めていると言う事だ。 俺を舐めていると言う事だ」  困りましたわ。ロイジーナを殺したのはもしかしたら私かもしれないのに。  これでは叔父様の子を孕めません。
24hポイント 0pt
小説 100,047 位 / 100,047件 ファンタジー 26,907 位 / 26,907件
文字数 1,110 最終更新日 2020.11.30 登録日 2020.11.30
4
恋愛 連載中 短編 R18
 「お前とは婚約破棄だ、プリエラ」  「驚かないで聞けよ、俺が愛しているのはお前の妹のルフリナなんだ」  「叔父様ー」  叔父様がやってきて、ルハイナーの首を飛ばしました。 ははは、ざっまぁぁぁ。  浮浪者達がルフリナを犯し始める。  「助けてっごめんなさい叔父様お姉様」  「助けるわけないじゃん、馬鹿だろお前。クズ。お前は死ぬまで浮浪者のオナホだよひゃらははー」  「助けて?頭大丈夫?あんな臭くて汚い浮浪者達から貴方を助けるなんて絶対嫌よ。あ、ノミ飛んだ」  「誰か助けて、ねぇ、ムゲヤー様、ピンヤフ様、ズドン様」  誰もルフリナを助けようとはしません。 当然です。誰が叔父様と敵対できましょうか。
24hポイント 0pt
小説 100,047 位 / 100,047件 恋愛 27,928 位 / 27,928件
文字数 1,224 最終更新日 2020.11.29 登録日 2020.11.29
4