ギムナジウム小説一覧

タグ ギムナジウム×
3
1
BL 完結 長編 R18
「何故あんたのことが嫌いか?  ――――他人なんか、すべて嫌いだからだ」 深い森の奥にある全寮制の男子校『古イルス魔術学校』。 その昔エルフが棲んでいたその森に、少年たちだけの学び舎が存在する。 平民出身で人間嫌いの陰鬱なルノは、貴族の嫡男で鼻持ちならない優等生のアレクシスに一目惚れされてしまう。強引に彼のペアにされてしまい、二人部屋に一緒に住むことになる。 口説き落そうとするアレクシスと、アレクシスの好意を理解できずに敵意を剥き出しにするルノ…… ヤンデレ気味スパダリ優等生×ツンツン野良猫平民のハッピーエンドストーリー。 ※R-18を含む話のタイトルには*を付けます。
24hポイント 92pt
小説 9,464 位 / 121,259件 BL 1,700 位 / 12,144件
文字数 128,443 最終更新日 2021.02.01 登録日 2020.12.25
2
BL 連載中 長編 R18
あの方の心が閉ざした瞬間を覚えている。 敬愛と恋情との区別も曖昧な時分のことだ。 「結婚しようとも貴方ほど愛せる人はいまいよ」 冗談めいていながらもまごうかたなき本心だった。それを、あの方の想い人は笑い飛ばしたのだ。 「そういうことは好いた女に言うのだな。男同士で寒気がするわ」 その言葉は、彼の人なりの冗談であったのだろう。表情は柔らかく、しかしどこか呆れたような色を滲ませていた。 気にすることなどない一幕のはずであった。ただの言葉遊びに過ぎぬ、他愛のない遣り取りのはずであ った。 しかしながらその頃すでに己の性癖――同じ男に性の欲求を抱くということを感じ始めていたあの方にとって、彼の人の言葉は強い拒絶となり、あの方を酷く萎縮させた。あるいは、彼の人は彼の人の想いを感じ取られていあのかもしれない。今となってはもう、確かめようのない話ではあるが。 そのようにして、あの方はそっと心を閉ざされた。誰にも気づかれぬように、美しく気高いヴェールで幾重にも覆い隠してしまわれた。 表面上は何も変わらないまま、誰にも見せぬ心があることさえも気づかれることの無いよう、厳重に、そして自然に。
24hポイント 21pt
小説 20,358 位 / 121,259件 BL 3,753 位 / 12,144件
文字数 80,697 最終更新日 2021.08.18 登録日 2021.07.19
3
BL 完結 短編 R18
特殊な能力を持つ子どもたちの学び舎、全寮制の八年制学校ギムナジウム。その寮には自治のため独特のルールが設けられていた。 進級し、寮長を務めることになったのっぽの五年生・キャロは、兎の耳と尻尾を持つ小さな一年生・トピアスの窮地に出くわす。彼はトイレの中で声を奪われ、今まさに襲われようとしていた。 【※登場人物の受攻は非固定です】
24hポイント 0pt
小説 121,259 位 / 121,259件 BL 12,144 位 / 12,144件
文字数 45,110 最終更新日 2021.07.24 登録日 2021.07.19
3