女神様とセックス小説一覧

タグ 女神様とセックス×
1
◆セックスシーンがあるのでR18です◆ セックスシーンありのサブタイに♥️をつけました ※タイトル少し変えました(2021/02/20)  娯楽が少ない異世界に転生して、思春期や20代のオトコがセックスしたがらないなんておかしいだろ。ましてとんでもない美少女たちを侍らせてのハーレム状態。魔王討伐して世界を救うよりも、まずはヤリまくる方が先なんじゃないのか。  ちょっとおバカな吸血族の少女マリーシアは、俺を押さえつけながら叫んだ。 「わ、わわ、私に血を吸う……吸わせにゃしゃい!」  血を吸われても死んだり眷属にされたりすることはない。吸血族は単に精力が欲しいだけなので、その源である人族を殺してしまっては死活問題に発展するからである。  俺は交通事故で死んで異世界に転生することになった。ただ、思い描いていたようなチートはなしだ。俺がもらえた特典は、30歳まで生きた日本での記憶のみ。  なんだよ、それ。ちっとも特典なんかじゃねえじゃん。だが――  俺が飛ばされるその世界では、男性が人口の4分の1しかいないという。さらに十分な精力を持つ男性はその5分の1、つまり全体の20分の1しかいないそうだ。  しかも問題はそれだけではなかった。  本来人を殺さないはずの吸血族が、精力枯渇のせいで血を吸い過ぎて相手を死に至らしめてしまい、ただでさえ少ない男性がさらに減ってしまっているらしい。  ちなみに吸血族は女のみで、血を吸われるのは男のみだった。  では何故そんな世界に俺が飛ばされるのか。それは俺に秘められた精力がケタ外れだからという。  それにしたって首筋とかに噛みつかれるわけだ。血が出るほどなのだから、痛いに決まっている。正直気乗りはしない。  しかし女神様の次の一言で俺の意思は固まった。 「吸血族の見た目は美少女ばかりですよ」 「お任せ下さい、女神様!」  そして俺はもう一つの疑問。ラノベなどの主人公が求めようとしない『禁忌』を口にした。 「転生する前に女神様とえっちしたいんですけど」 「それくらいなら」  目の前に美女や美少女がいて、ヤレるならヤル。それが俺のモットーである。  避妊不要の女神様にナマのまま中出しし、俺は異世界へと旅立つのだった。 ※『吸血姫』は『きゅうけつき』とお読み下さい。
24hポイント 127pt
小説 7,747 位 / 125,757件 ファンタジー 1,570 位 / 32,341件
文字数 233,593 最終更新日 2021.08.20 登録日 2020.12.27
1