天災・飢饉小説一覧

タグ 天災・飢饉×
1
むかしむかし。黒歴史に記された邪念台国の時代。今で言う相模の国のはずれ、丹沢山のふもとに、赤鬼の住む家があった。屋根の尖った小さな家で、大きな栗の木に囲まれていた。庭にはヒマワリの花、チューリップ。モクレンの枝があり、春には山桜が咲いた。赤鬼はひどく飢えていた。
24hポイント 0pt
小説 73,860 位 / 73,860件 ライト文芸 3,639 位 / 3,639件
文字数 9,487 最終更新日 2018.01.08 登録日 2018.01.08
1