愛犬小説一覧

タグ 愛犬×
9
高校二年生の久本ひとみは、愛犬リュートの吠える声で目覚めた。 散歩に連れていくため外へ出たら、リュートは穴を掘りながら吠え続けている。 その穴に足を踏み入れたとたん、リュートとともに別の世界へ旅立ってしまったひとみ。 しかもリュートが、人間の言葉を話してる!  一人と一匹の異世界譚。 ※以前に別名義で書いていたものを転載。
24hポイント 0pt
小説 86,859 位 / 86,859件 ファンタジー 24,849 位 / 24,849件
文字数 3,386 最終更新日 2020.07.20 登録日 2020.07.20
 老齢の愛犬、ユエさんの白内障が悪化して、ほぼ完全に失明しました。  でも、連れて帰ってきた頃より穏やかで、甘えん坊の表情にホッとします。  最近噛まれていません。  いや、噛まれるのは普通じゃないのですが、ユエさんは目が悪いのと人を信じられなくなっていたのでいつも警戒していたので何も言わずに手を出すと噛まれていたので、最近はよく話しかけるようにしています。  一人暮らしでおばさんの独り言みたいな感じですが、散歩の時には、昼間はずっと声をかけて歩いています。 「ユエさん。今日は風が強いね。あ、そのまま真っ直ぐは、ぶつかるよ」 「道路の真ん中で止まらない。ブッブー(車のクラクション。つまり車)が来るでしょ?」 「あ、はなちゃんだよ。はなちゃんのお母さんもいるね」  はなちゃんはユエさんの友人の黒柴ちゃん。  ユエさんはキョトンとしているものの、はなちゃんはママ(飼い主)さんと近づいてきます。 「ユエちゃん、元気そうだね〜」 「はい、最近、寒くなったので、部屋を暖めてあげています」 「そうよね、朝晩寒くなったわね。日もすぐに落ちるし」 「ユエさんは、目が前より悪くなってから出るのを嫌がるようになっちゃって……」 「そうね……病院で手術も年齢が年齢だから難しいわね」  そう言う話をしながら、最近は散歩に行きます。  散歩に行ける一日一日が、大切なのだと改めて思います。
24hポイント 0pt
小説 86,859 位 / 86,859件 エッセイ・ノンフィクション 3,057 位 / 3,057件
文字数 2,364 最終更新日 2019.11.24 登録日 2019.11.24
3
青春 完結 ショートショート
雨の日の二人の少女との出会い。失った愛犬の為にも、元気に暮らそうと決意する女性の話。 ショートストーリー。
24hポイント 0pt
小説 86,859 位 / 86,859件 青春 3,735 位 / 3,735件
文字数 3,141 最終更新日 2019.10.28 登録日 2019.10.28
野良犬上がりの成犬、マルル。彼はひょんなことから小学生のナナミに拾われ、ゴトウ家の家族になる。出会った頃の小学生から、中学生になろうとしている飼い主ナナミの様子を見守りつつ、彼はそれまでの印象的な思い出を回想する・・・。第二回ほっこり・じんわり大賞にエントリーさせて頂きました。
24hポイント 0pt
小説 86,859 位 / 86,859件 ライト文芸 3,762 位 / 3,762件
文字数 26,590 最終更新日 2019.07.28 登録日 2019.06.30
くりのようなあかちゃいろのトイプードル、マロンはかぞくのタロウくんがだいすき! きょうもいっしょにたんけんにでかけます!
24hポイント 0pt
小説 86,859 位 / 86,859件 児童書・童話 1,725 位 / 1,725件
文字数 5,943 最終更新日 2018.12.30 登録日 2018.12.30
愛犬シーズーのシーと仙台の定禅寺通りの欅並木の中を歩いていると、さよならも言わずに消えてしまった美沙のことを想い出しました 雨の朝、待ち合わせ場所で美沙を待っていると赤い傘の女性が…
24hポイント 0pt
小説 86,859 位 / 86,859件 現代文学 3,967 位 / 3,967件
文字数 2,696 最終更新日 2018.06.25 登録日 2018.06.25
仙台の定禅寺通りの欅並木も葉が茂り始めた5月の深夜。愛犬シーズーのシーと近所のセブンイレブンまで買い物に行くと、ある美しい少女と出会いました。しかし少女はどこかさみしげだったのです…
24hポイント 0pt
小説 86,859 位 / 86,859件 現代文学 3,967 位 / 3,967件
文字数 2,421 最終更新日 2018.06.25 登録日 2018.06.25
愛犬シーズーのシーは散歩が大好き。ある冬の晴れた日に仙台の街を散歩してみることに。すると1人の浮浪者の老人を見かけました。はたしてシーは?
24hポイント 0pt
小説 86,859 位 / 86,859件 現代文学 3,967 位 / 3,967件
文字数 2,902 最終更新日 2018.06.25 登録日 2018.06.25
捨てられた老犬ポチの儚い一生を綴った悲話。そこにあるのは愛か死か、家族の絆についてのお話です。悲痛なる愛犬の叫び、殺処分ゼロへの道は遠く儚く虚しい。今日もまた1匹、2匹と保健所に飼い犬が持ち込まれる。彼らにも心があり、人間と同じ生き物であるはずなのに・・・。「愛犬が殺処分されるまで。家族の絆、動物愛についてのお話」。捨てられた老犬ポチの儚い一生を綴った悲話。保健所で朝を迎えるポチ。ポチは明日を迎えることができるのか? ポチの運命や如何に。
24hポイント 0pt
小説 86,859 位 / 86,859件 ライト文芸 3,762 位 / 3,762件
文字数 13,877 最終更新日 2018.01.08 登録日 2018.01.08
9