仮面夫婦小説一覧

タグ 仮面夫婦×
6
1
恋愛 完結 長編 R18
今井文香(いまいあやか) 31歳。 一児の母でシングルマザー。 そんな私が結婚する事に。 お相手は高宮雅人(たかみやまさと)34歳。 高宮ホールディングスの次男で専務取締役。 「君は対外的には妻であり母である前に、僕とは今後も他人だから」 要は愛のない仮面夫婦を演じろ、と。 私は娘を守る為、彼と結婚する。 連載開始日 2019/05/22 本編完結日 2019/08/10 雅人編連載開始日 2019/08/24 雅人編完結日 2019/10/03 史那編開始 2020/01/21 史那編完結日 2020/04/01 2019/08/20ー08/21 ベリーズカフェランキング総合1位、ありがとうございます。 *恋愛小説大賞応募につき、ラブシーンをR18仕様に改稿しております。 R18描写が苦手な方は、ベリーズカフェが改稿前の仕様となっておりますので是非そちらをご覧下さい。 *文香編、雅人編はムーンライトノベルズさんにも掲載しております。(R18) *お願い* 作品の捉え方は人それぞれです。 沢山の方が閲覧されるので好みが分かれます。 もし不快に思われた場合、コメントは不要ですのでそっと離れて下さい。
24hポイント 156pt
小説 5,988 位 / 83,246件 恋愛 2,638 位 / 22,040件
文字数 354,391 最終更新日 2020.05.10 登録日 2019.05.22
2
恋愛 完結 長編 R18
メアリはレオナルドのことが好きだ。しかしレオナルドは、メアリではない女性のことが好きだった。 それを告白されたメアリは、「愛せない」と言うレオナルドに向かって「ならばわたしのことは、リーリア様と思って接してください」と言った。 それからレオナルドは、メアリのことをリーリアとして抱く。メアリは確かに愛された。だから。 わたしを見てくれなくて寂しいなんて、愛してくれなくて悲しいなんて、胸が張り裂けそうなくらい苦しいなんて。――そんな感情は知らない。
24hポイント 56pt
小説 9,950 位 / 83,246件 恋愛 4,351 位 / 22,040件
文字数 29,651 最終更新日 2018.04.20 登録日 2018.04.16
 花の都と呼ばれる、市場の集まる賑やかで華やかな都市にて、大きな宿屋を経営する名家の元に生まれた女児、紅子。  彼女は母親と過ごしていたが、その母親がある日結婚をし、義父ができる。だがその数ヵ月後に母親が急死してしまった。  宿屋を継いだ義父はぼろ儲けしたが、紅子のことは疎ましく思い、何か言いつける時は、必ず係りの者を通して命じた。  そんな義父だったからこそ、彼女は「彼女の秘密」を守り通すことを心に誓った。  そんな生活は、義父が新たな妻を娶ったことから変わっていく。  継母はとても気性の穏やかな人で、紅子をわが子同然のように大切にした。しかしそんな展開を、義父は面白く思わない。紅子を宿屋の従業員として屋敷から追い出した。  紅子は近くのお役所で働く青年に、知らないうちに想いを寄せていた。  だが、そんな紅子に縁談が舞い込んだ。  義父はさっさと紅子を嫁がせることを決めてしまった。  そしてその縁談は、彼女の人生を大きく揺るがすことになる。  異能和風ファンタジー、開幕
24hポイント 0pt
小説 83,246 位 / 83,246件 キャラ文芸 1,935 位 / 1,935件
文字数 47,731 最終更新日 2020.09.13 登録日 2019.12.25
4
恋愛 連載中 短編 R18
『ヘテロ』続編。不器用仮面夫婦は恋人になれるか?
24hポイント 0pt
小説 83,246 位 / 83,246件 恋愛 22,040 位 / 22,040件
文字数 6,084 最終更新日 2018.10.26 登録日 2018.10.22
5
恋愛 連載中 短編 R18
万里はゲイの要と夫婦だ。万里はずっと研究室に残って研究に没頭していたかったし、要は同性愛者であることをカミングアウトすることができなかった。利害は一致し、万里は要の妻として振舞うけれど、事実上はただの同居人で、要はそのときどきの恋人とよろしくやってる。始めはルールがうまくできてなくて、とんでもない修羅場に遭遇するときはあったけれど、相互理解とルール設定の問題だった、純粋に。ただ、万里が要に惚れてるだけで。 不器用夫婦の恋物語。
24hポイント 0pt
小説 83,246 位 / 83,246件 恋愛 22,040 位 / 22,040件
文字数 3,014 最終更新日 2018.10.21 登録日 2018.10.21
「貴方の本当の妻になんかならない。私が純潔を失ったら私の能力は消えてしまう。それは貴方だって望まないはずだ」 「……俺はどちらでも構わない、無理強いはせぬよ」 喪われた異能の一族の血を受け継ぎ、気象を読む力をもつ小国の姫、サクヤ。 彼女は父王に疎まれ、宗主国である大国、セレンスティアに人質として送られた。 人質となるはずだったのに、第二王子ジークフリートの正式な妻として娶られるとの打診を受け、反発しながらも嫁いだ彼女は、次第に夫をめぐる王位継承の争いに巻き込まれていく…。 残酷な描写があります。 小説家なろうにも投稿しています。(小説家になろう版の方がマイルドです)
24hポイント 0pt
小説 83,246 位 / 83,246件 ファンタジー 24,142 位 / 24,142件
文字数 79,373 最終更新日 2018.09.30 登録日 2018.07.04
6