王太子小説一覧

タグ 王太子×
183 12345
1
恋愛 連載中 長編
 サンフロール王国の筆頭公爵家である、ラストラス家の令嬢であるセレナは、王太子であるフリードの婚約者である。  しかし、学園の卒業パーティーでフリードはあろうことか、大衆の面前で婚約破棄を言い渡す。  殿下、あなたはこの婚約の意味を理解していないようですわね? しかし、あなたが婚約破棄を宣言したことはもう覆りませんわよ。
24hポイント 189,400pt
小説 4 位 / 96,121件 恋愛 4 位 / 26,496件
文字数 13,006 最終更新日 2021.03.01 登録日 2021.02.20
2
恋愛 連載中 長編
姉の婚約破棄により、公爵家だった我が家は衰退の一途をたどり。 嫉妬に狂った姉は壊れて行った。 世間では悪役令嬢として噂を流されてしまう。 どうしてこうなってしまったのだろうか。 姉はただ愛を望んだだけだったのに、そんなことを想いながらマリーは目を覚ますと体が小さくなっていた。 二度目の人生を終えて新たな転生を果たしたと思ったら何故か再び転生して、悪役令嬢の妹として転生するのだが…何故か姉のポジションになり私は誓った。 こうなったら私が悪役令嬢になって私が姉と家族を守ろうと誓ったが… 悪役令嬢ってどうしたらいいんだけっけ? 間違った方向に努力を続けたら、冷たい婚約者は何故か優しく微笑んで来たり、ライバル令嬢も何故か優しくしてくれる。 「あれ?おかしくね?」 自称悪役令嬢の奮闘劇が始まる!
24hポイント 20,683pt
小説 124 位 / 96,121件 恋愛 82 位 / 26,496件
文字数 61,226 最終更新日 2021.03.01 登録日 2021.01.12
3
恋愛 完結 長編 R15
『虐げてきた家族は処分され、記憶を失くした令嬢は王太子に溺愛されて……』 生まれつき足が不自由な主人公である、侯爵令嬢のヴィオラ。屋敷の陽当たりの悪い部屋に閉じめられる様にして、ずっと生きてきた。両親からも、兄、姉、妹からも見放され、唯一慕ってくれるのは弟だけだった。いつかは、この部屋から出て外の世界を見てみたいと希望を持っていたが……数年前社交界デビューを迎える歳になった時、母から「歩けないのに、見っともない。舞踏会などつれて行けない」と言われ、その時からヴィオラは全てを諦め、ただひたすらに弟の幸せだけを願ってきたが。その弟も、先日亡くなってしまった……。すっかり生きる希望をなくしたヴィオラの元を、ある人が訪ねて来た。彼は自分は王太子であると名乗り……そして。
24hポイント 17,203pt
小説 144 位 / 96,121件 恋愛 92 位 / 26,496件
文字数 142,235 最終更新日 2021.02.28 登録日 2020.12.14
4
恋愛 連載中 短編
追放された想い人を幸せにするため、公爵令嬢クラリスは今日も今日とて奔走する…! 王位継承権に破れた第一王子 ✖️ 第一王子に恋焦がれる公爵令嬢 突然舞い降りたチャンスをものにしたい公爵令嬢が頑張る話(?)
24hポイント 16,926pt
小説 146 位 / 96,121件 恋愛 94 位 / 26,496件
文字数 6,899 最終更新日 2021.02.27 登録日 2021.02.17
5
恋愛 連載中 長編
聖女の生まれ変わりを自称する男爵令嬢に夢中になった婚約者は、婚約を破棄すると言い放つ。 突き付けられた罪状はすべて冤罪だったけれど、婚約者に疲れ果てていた公爵令嬢サーラは、それを受け入れた。 激怒した両親に修道院に送られるも、これでようやく静かに暮らせると安堵する。 それなのに、なぜか婚約者が修道院に現れて、すまなかったと頭を下げる。 いまさらそんなことを言われても、復縁なんて絶対にありえません。 婚約破棄シリーズ。 こちらはヒロインの成長をテーマとした、わりとシリアスな婚約破棄ものです。ざまぁ要素薄め。 軽いノリの明るい婚約破棄をお好みの方は、こちらをよろしくお願いします。 「婚約破棄されたので、好きにすることにした」 ※ただいま改装中。近日中に再開予定です。
24hポイント 11,723pt
小説 206 位 / 96,121件 恋愛 126 位 / 26,496件
文字数 77,983 最終更新日 2021.02.28 登録日 2020.08.31
6
恋愛 連載中 長編
公爵令嬢シルヴィア・クロヴァンスはその奇異な外見のせいで、家族からも幼い頃からの婚約者からも嫌われていた。そして学園卒業間近、彼女は突然婚約破棄を言い渡された。 諦めてばかりいたシルヴィアが周りに支えられ成長していく物語。 ※途中シリアスな話もあります。
24hポイント 10,742pt
小説 225 位 / 96,121件 恋愛 135 位 / 26,496件
文字数 103,020 最終更新日 2021.02.28 登録日 2020.11.19
7
恋愛 連載中 短編
私はロンデルビア王国の伯爵令嬢です。 私の家は、大商会を営んでおり、国の経済の中核をになっております。 そのため、王家は我が家との縁を結ぼうと、私に、王太子殿下との婚約を命じました。 王太子殿下はとても傲慢な方で、頭の中身も残念、はっきり言ってバカでした。 しかし、王命には逆らえず、私は殿下と婚約しました。 その殿下が、国の大切な建国記念パーティーで私を断罪しようとしています。 ふふ、殿下、私があなたの行いを把握していないとでも? もう、後悔しても遅いですよ。
24hポイント 10,303pt
小説 234 位 / 96,121件 恋愛 140 位 / 26,496件
文字数 868 最終更新日 2021.03.01 登録日 2021.03.01
8
恋愛 完結 短編 R18
◆乙女の誘惑  公爵令嬢のジュリアは生まれながらにしての王太子妃候補だ。王太子妃の選考も無事に通過し、残るは処女の確認だけだから問題なしと思ったらー  「貴女は乙女ではないので、王太子妃に相応しくないという判断がなされました。よって、王太子妃はルナ・コルスティン嬢に決定致しました。」  いやいや!私、正真正銘乙女なんですけど!?  こうなったら正式に発表される前に、王太子に直接処女を散らしてもらって、証明するしかない!!  相思相愛な王太子と王太子妃候補がただイチャイチャする話です。 ◆乙女の告白  上記作品に出てくる侯爵令嬢のルナのお話です。     ※ムーンライトノベル様にも掲載しています。
24hポイント 9,130pt
小説 250 位 / 96,121件 恋愛 150 位 / 26,496件
文字数 28,475 最終更新日 2021.02.26 登録日 2021.02.26
ラバリア王国には精霊の巫女がいる。ユグラン公爵家の双子の姉ララだ。 先代の巫女の遺言で、ララは15歳にして新たな巫女となった。同時にラバリア王国王太子グレイクの婚約者となった。 しかしなぜかララは、巫女としての力を十分に発揮できなかった。 双子の妹セリーナは精霊に愛され、精霊の力を人々のために存分に奮っている。 ララとセリーナの17歳の誕生日「セリーナの方が巫女として優れている」という理由で、ララは巫女と王太子の婚約者の2つの立場を同時に失う。 しかしセリーナが使っている「精霊力」が、実は姉ララのものであることを誰も知らなかったのだ。ララ自身も、知らなかったのだ。 実家からも勘当されたララは、先代巫女である祖母が残した家に住むためにリモーネ村へ向かう。 親切な人々との出会いを果たしたララは、母の胎内でセリーナと絡まってしまった「精霊力の管」を断ち切ることに成功する。そしてララはアーシュグラン帝国で人々に愛され、最強の精霊使いへの道を歩み始める──。 ★★あらすじ回収までが長いです。そしてざまぁまで長い&国が滅んだり人が死んだりはしないのでご了承ください★★
24hポイント 4,629pt
小説 395 位 / 96,121件 ファンタジー 111 位 / 26,093件
文字数 151,977 最終更新日 2020.12.25 登録日 2020.10.26
10
恋愛 連載中 長編 R18
転がり込んできた政略結婚ではあるが初恋の人と結婚することができたリーフェリアはとても幸せだった。 彼の、血を吐くような本音を聞くまでは。 ほかの女を愛しているーーーそれを聞いたリーフェリアは、彼のために身を引く決意をする。 *愛が重すぎるためそれを隠そうとする王太子と愛されていないと勘違いしてしまった王太子妃のお話
24hポイント 4,032pt
小説 449 位 / 96,121件 恋愛 239 位 / 26,496件
文字数 41,373 最終更新日 2021.02.23 登録日 2021.02.14
11
恋愛 連載中 長編 R15
夫に蔑ろにされていた妻、テレスティアはある日夜会で突然の爆発事故に巻き込まれる。唯一頼れるはずの夫はそんな時でさえテレスティアを置いて、自分の大切な主君の元に向かってしまった。 置いていかれたテレスティアはそのまま階段から落ちてしまい、頭をうってしまう。テレスティアはそのまま意識を失いーーー 気がつくと自室のベッドの上だった。 先程のことは夢ではない。実際あったことだと感じたテレスティアはそうそうに夫への見切りをつけた
24hポイント 2,840pt
小説 575 位 / 96,121件 恋愛 294 位 / 26,496件
文字数 24,262 最終更新日 2021.02.20 登録日 2021.02.14
12
恋愛 連載中 長編
イリス・フィオニアは王家主催のお茶会という名の王太子の婚約者探しでめでたく?婚約者に選ばれてしまう。 王太子妃教育に励みつつ王太子との関係も良い感じに…と平和な日々と思いきや、なんだか私の瞳には秘密があるようで…? この作品は小説家になろう様にも投稿しております。
24hポイント 2,230pt
小説 702 位 / 96,121件 恋愛 365 位 / 26,496件
文字数 96,529 最終更新日 2021.03.01 登録日 2021.01.03
13
恋愛 完結 短編
突然、婚約破棄を言い渡された。 彼は社交辞令を真に受けて、自分が愛されていて、そのために私が必死に努力をしているのだと勘違いしていたらしい。 だから泣いて縋ると思っていたらしいですが、それはあり得ません。 私が王妃になるのは確定。その相手がたまたま、あなただった。それだけです。 またまた軽率に短編。 一話…マリエ視点 二話…婚約者視点 三話…子爵令嬢視点 四話…第二王子視点 五話…マリエ視点 六話…兄視点 ※全六話で完結しました。馬鹿すぎる王子にご注意ください。 スピンオフ始めました。 「追放された聖女が隣国の腹黒公爵を頼ったら、国がなくなってしまいました」連載中!
24hポイント 1,909pt
小説 791 位 / 96,121件 恋愛 407 位 / 26,496件
文字数 14,264 最終更新日 2020.08.30 登録日 2020.08.25
14
BL 完結 長編 R18
《本編完結しました》  亡き祖母の遺品整理の最中、おれこと花柳玻璃は姉の瑠璃と共に家屋ごと異世界転移してしまった! ご厄介になっているご領主さまのお供をして王都にのぼり、運命の王子さまに出会う。⋯⋯いや待て、おれはチマッとしてるが男だ。るぅ姉に振袖を着付けられてても男だ。大事なことなので二回言う! え、男でもオッケー? 女の子普通にいるのに? 「悪代官と町娘ごっこができるわね」って、るぅ姉、アホなこと言わないで! ⁂ ⁂ ⁂ ⁂ ⁂ ⁂ ⁂ ⁂ ⁂  R18表現に✳︎マークを追加します。主人公が言語習得中のため、脳内(おれ)と口調(ぼく)に齟齬があります。
24hポイント 1,370pt
小説 1,052 位 / 96,121件 BL 144 位 / 9,436件
文字数 366,228 最終更新日 2021.02.17 登録日 2020.01.11
15
恋愛 完結 短編
 「平凡なお前ではなくカレンが姉だったらどんなに良かったか」  それが両親の口癖でした。  ええ、ええ、確かに私は容姿も学力も裁縫もダンスも全て人並み程度のただの凡人です。体は弱いが何でも器用にこなす美しい妹と比べるとその差は歴然。  ただ少しばかり先に生まれただけなのに、王太子の婚約者にもなってしまうし。彼も妹の方が良かったといつも嘆いております。  ですから私決めました!  王太子の婚約者という席を妹に譲ることを。  
24hポイント 1,192pt
小説 1,170 位 / 96,121件 恋愛 605 位 / 26,496件
文字数 25,522 最終更新日 2021.01.15 登録日 2021.01.01
16
恋愛 完結 短編
お茶会で、「結婚が決まったそうですわね」と話しかけられて、全く身に覚えがないながらに、にっこりと笑ってごまかした。 文句を言うために父に会いに行った先で、婚約者……?な人に会う。
24hポイント 1,150pt
小説 1,200 位 / 96,121件 恋愛 618 位 / 26,496件
文字数 19,161 最終更新日 2019.11.10 登録日 2019.11.06
17
恋愛 連載中 長編 R18
祖国ルーンファ国の王族のあまりの横暴さにルーンファ国王女リルネットはうんざりしていた。ので大国ベベアジュールの力を使って祖国を潰せないか画策する。せっかく大国ベベアジュール王太子の婚約者になったのだ。彼を怒らせて婚約破棄、そして祖国へ宣戦布告でもしてくれないかしら。というお話 *=R18 えろはちょっと激しくなるかもしれない
24hポイント 846pt
小説 1,519 位 / 96,121件 恋愛 768 位 / 26,496件
文字数 126,798 最終更新日 2020.11.24 登録日 2020.03.15
18
恋愛 完結 短編 R15
第二王子のアンドリュー・メルト殿下の婚約者であるリーン・ネルコム侯爵令嬢は、3年間の期間を己に課して努力した。 しかし、アンドリュー殿下の浮気性は直らない。これは、もうだめだ。結婚してもお互い幸せになれない。 婚約破棄を申し入れたところ、「やっとか」という言葉と共にアンドリュー殿下はニヤリと笑った。私からの婚約破棄の申し入れを待っていたらしい。そうすれば、申し入れた方が慰謝料を支払わなければならないからだ。 この先の人生をこの男に捧げるくらいなら安いものだと思ったが、果たしてそれは、周囲が許すはずもなく……? 調子に乗りすぎた婚約者は、どうやら私の周囲には嫌われていたようです。皆さまお手柔らかにお願いします……ね……? ※幾つか同じ感想を頂いていますが、リーンは『話を聞いてすら貰えないので』努力したのであって、リーンが無理に進言をして彼女に手をあげたら(リーンは自分に自信はなくとも実家に力があるのを知っているので)アンドリュー殿下が一発で廃嫡ルートとなります。リーンはそれは避けるべきだと向き合う為に3年間頑張っています。リーンなりの忠誠心ですので、その点ご理解の程よろしくお願いします。 ※HOT1位ありがとうございます!(01/10 21:00) ※感想の取り扱いは近況ボードを参照してください。 ※小説家になろう様でも別名義で掲載予定です。
24hポイント 802pt
小説 1,583 位 / 96,121件 恋愛 796 位 / 26,496件
文字数 30,300 最終更新日 2021.01.17 登録日 2021.01.09
19
恋愛 連載中 長編
噂によると、私『ユーフェミア・アージュ』は今日婚約破棄をされるらしい。 婚約者であるマーランナ国の王太子『アレックス・バーングラット』に。 ...ということはこれが殿下の婚約者として出る最後のパーティーってことよね? だったら最後くらいちゃんとした格好をしてもいいですよね?
24hポイント 710pt
小説 1,754 位 / 96,121件 恋愛 871 位 / 26,496件
文字数 61,153 最終更新日 2020.12.15 登録日 2020.10.28
20
恋愛 完結 ショートショート
サミュエル・レオンジ公爵令嬢と王太子様とミシェル・モレン公爵令嬢はいとこ同士で幼い頃から王宮で一緒に遊ぶことが多かったのでした。 ある日、3人で王宮の庭園で遊んでいると大きな穴にミシェルが落ちてしまいました。 その一画は、庭園の木や花を植え替え中で、侵入禁止のキラキラ光るテープがはられているはずでしたのに、それがなかったので3人は、そこで鬼ごっこをしたのでした。 ミシェルは足を大けがして車椅子でないと移動できなくなってしまいました。 サミュエルと王太子様は、実は思い合っていて、婚約するはずでしたが、この事故でミシェルと王太子様が結婚することになりました。 やがて、サミュエルは悪女と、ミシェルは聖女と社交界では呼ばれるようになったのですが・・・・・・この二人はどのような人生を送ることになったのでしょうか? 5話完結
24hポイント 688pt
小説 1,800 位 / 96,121件 恋愛 896 位 / 26,496件
文字数 6,485 最終更新日 2021.02.07 登録日 2021.02.06
21
恋愛 完結 短編
クリスティナ・ダルトン公爵令嬢は、故あって王太子と婚約したものの、冷遇されてきた。 それは王立学院に入学してからより悪化し、王太子はあろうことか子爵令嬢を傍に侍らせるようになり、挙げ句の果てには卒業式後の舞踏会でクリスティナに婚約破棄を突きつけようとする。 「疵物のお前はもうまともな結婚など望めまい。最後の情けだ、この私がお前に相応しい相手と結ばせてやろう。 ──"離宮の怪異"の供物としてな!」 "離宮の怪異"とは、数世代前から使われなくなった離宮にいつの間にか棲み着いたモノの呼び名だ。 その正体は、どこぞの高貴な者の庶子とも、ただの浮浪者とも、そもそも人ではなくて幽鬼や悪霊の類だとも言われる。 「承知いたしました」 そう凛と答えたクリスティナを蔑む王太子は、知らない。 自らが抱えた秘密を──自分の影が、暗く、怖ろしいことなど。 ※いつものようにふんわり設定です。 ※本編完結済みで1日1話ずつ投稿していきます。 ※あらすじが若干ホラー調ですが、ホラーではありません。
24hポイント 688pt
小説 1,800 位 / 96,121件 恋愛 896 位 / 26,496件
文字数 30,885 最終更新日 2021.01.31 登録日 2021.01.21
22
恋愛 連載中 短編 R15
公爵令嬢のアンジェリカには双子の妹アンジェラがいる。 生まれたのが数秒早かっただけで人生こんなに変わるもの⁈と思う程の依怙贔屓。 アンジェリカは妹の我儘に付き合わされながら日々を過ごしてきた。両親も何故か妹には甘々で、正直平等など存在しない。 ある日妹のアンジェラが王太子の元へ嫁ぐ事になり婚姻の儀が執り行われた。他国の来賓者達も出席する中アンジェリカはある事を実行に移す。アンジェラの姉として王太子とアンジェラに祝いを述べた最後に。 「アンジェラ、私は本日で貴女の姉を卒業します」と宣言した。無論周囲は騒然とする。妹は呆然と立ち尽くし、王太子は王太子妃を侮辱したとして不敬罪だと激怒し、国から追放すると言う。 アンジェリカは覚悟の上だったが「なら彼女は僕が妃に貰うよ」と隣国の王太子が名乗りを上げた。彼は超がつく程の美男子で実は妹が以前アプローチをしていた人物だった。妹は発狂して…婚儀はめちゃくちゃに…。
24hポイント 582pt
小説 2,040 位 / 96,121件 恋愛 1,010 位 / 26,496件
文字数 41,608 最終更新日 2020.11.13 登録日 2020.08.14
23
恋愛 完結 短編
「王太子デニス・ハイランダーは、罪人メリッサ・モスカートとの婚約を破棄し、新たにキャロルと婚約する!」 わたくしはメリッサ、ここマーベリン王国の未来の王妃と目されている者です。 ところが、この国の貴族どころか、各国のお偉方が招待された立太式にて、馬鹿四人と見たこともない少女がとんでもないことをやらかしてくれました。 驚きすぎて声も出ないか? はい、本当にびっくりしました。あなた達が馬鹿すぎて。 ※話自体は三人称で進みます。
24hポイント 525pt
小説 2,216 位 / 96,121件 恋愛 1,080 位 / 26,496件
文字数 12,515 最終更新日 2017.08.25 登録日 2017.07.30
何をしても平凡な私ですから、王太子妃なんてふさわしくない……ですよね? 10カ国の言語は日常会話程度ですし、剣も銃も魔法も馬も兵学も地学も刺繍もダンスも鍛冶も魔力付与も、ぜんぶ平凡にしかできないですから。
24hポイント 468pt
小説 2,423 位 / 96,121件 ファンタジー 566 位 / 26,093件
文字数 6,398 最終更新日 2021.01.07 登録日 2021.01.05
25
恋愛 連載中 短編 R15
何故だか、最愛の婚約者が僕(王太子)に冷たい。 小さな頃から、ずっとずっと婚約者であるディアナに心を寄せる王太子リーンハルト。 彼は見目も麗しく、文武ともに優秀で、性格も良いと評判の王太子だ。 なのに、最愛の婚約者であるディアナにはずっとずっと避けられ続けている。 その理由がずっと分からなかった。 しかし、後半年程で学院を卒業するという時に、その理由を偶然知ってしまった。 「三次元の男は無理」 さん………… え? さんじげん?? 王太子リーンハルトは婚約者であるディアナの心を掴む事が出来るのか? 頑張れ王太子!! 幸せは自ら掴み取れ!!
24hポイント 397pt
小説 2,799 位 / 96,121件 恋愛 1,310 位 / 26,496件
文字数 21,686 最終更新日 2020.12.16 登録日 2020.09.26
26
恋愛 完結 短編 R15
ルーニア・ウェル伯爵令嬢は、マルクセス王国の王太子ジュード・マルクセスの婚約者だった。 王太子妃教育の為に王宮に住んでいたが、ジュードからいきなりの婚約破棄を告げられる。なんでも、真実の愛を見つけたのだとか。 「はぁ、婚約破棄、ですか。構いませんよ。……本当にいいんですね?」 とは言ったもののあっさりとそれを承諾して家に帰ったルーニアだが、3日後にはジュードが頭を下げにきて……その理由、婚約破棄を言う前に分かっていた事でしょうに。 ※感想の取り扱いについては近況ボードを参照してください。 ※小説家になろう様でも別名義で連載しています。
24hポイント 383pt
小説 2,887 位 / 96,121件 恋愛 1,350 位 / 26,496件
文字数 36,746 最終更新日 2020.12.01 登録日 2020.11.26
27
恋愛 完結 短編 R18
舞台は“妖精の国”アルフヘイム王国。 アルフヘイムの王太子に婚約破棄されたのがきっかけで、妖魔退治専門の黒騎士団団長になった妖精の守護を受ける者――ファータリアン――である公爵令嬢・エミリア。 でも、最近妖魔の数が以前より格段に増していて?それは、隣国に関係している……? 果たして、彼女の運命はどうなるのだろうか。 かなり前に別名義にてなろうで完結したものに加筆修正を加えたものです。(全4話) 書いた時期がかなり昔なので、文章力がちょっと……。 軽い気持ちで読みましょう。当時の作者もそんなに考えていません。これ、4日間チャレンジで書いたものだったので……m(__)m ・18歳未満の方は絶対に読まないでください。作者は犯罪者になりたくありません。
24hポイント 355pt
小説 3,059 位 / 96,121件 恋愛 1,417 位 / 26,496件
文字数 18,551 最終更新日 2019.07.13 登録日 2019.07.12
第二部 4月より再開! ザビラから救出されたジュリアは、公爵の正式な婚約者として、ジョルジュの屋敷で療養していた。彼の甘く情熱的でかいがいしい世話に翻弄されまくるジュリアであったが、ある日、彼が公務で不在の時に、クレスト伯爵領からの使者がジュリアを訪れる。 父であるマクナム伯爵の領地を継承したジュリアは、今やれっきとした伯爵家当主である。自分の領地の問題の報告をうけ、急いでマクナム伯爵領に訪れる途中、ジュリアがばったり出会った人物のごたごたに巻き込まれてしまう。結婚式までに帰らなければならないのに・・・── その頃、ジョルジュは国境線を巡る外交交渉のまっただ中で・・・・!  第一部  「お前にソフィーの身代わりとして、嫁いでもらいたい」 ある日、突然、女騎士団長のジュリアに、叔父から命じられた言葉 ─ 王家の命令によって、クレスト伯爵に従姉妹が嫁がされることとなった。しかし、その従姉妹の身代わりとして、どうして自分が差し出されなければならないのだ! そんな成り行きに呆然としているジュリアに告げられたもう一つのこと。 ─ 夫なるべき男、クレスト伯爵には、すでに溺愛する愛人がいる、と。 結婚する前からすでに疎まれ、お先真っ暗な気持ちで向った結婚式の祭壇で、彼女を出迎えたのは、それはそれは妖艶な男性で。ジョルジュ・ガルバーニ公爵は、なんと代理の花婿様だと言う。 しかし、そんな彼も、とある理由があって婚礼の場にやってきてたのだが・・・・。 そして、夫が不在のまま、結婚二日目にして発覚したクレスト伯爵家の大問題の数々。蔓延する疫病、傾いた伯爵家の財政、地に落ちた伯爵家の威信・・・。 問題だらけのクレスト伯爵領を、ジュリアは、なんとか立て直そうと、孤軍奮闘しようとする。ガルバーニ公爵は、そんな彼女を優しく支えてくれて。ジュリアの心には親しみ以上の感情が芽生えてしまうが・・・ そこに、花婿本人のクレスト伯爵が戦から帰還してきて! やむにやまれず身代わり結婚させられてしまった不遇な女騎士団長は、幸せになれるのか?!
24hポイント 333pt
小説 3,231 位 / 96,121件 恋愛 1,487 位 / 26,496件
文字数 427,089 最終更新日 2019.08.06 登録日 2017.05.08
29
BL 連載中 ショートショート R18
魔法が使える、とある国の王太子である俺と、側近予定のお前との話。 ※自作『いろいろとレベルの違いすぎる婿を貰ってしまいましたっ』(恋愛ジャンル)と連動したスピンオフです。 ※2021/2/20 この話の本編(元の話からすると薄い繋がり)完結しました。
24hポイント 327pt
小説 3,261 位 / 96,121件 BL 540 位 / 9,436件
文字数 35,192 最終更新日 2021.03.01 登録日 2021.02.12
30
恋愛 連載中 短編 R18
この国の王太子である グレンリードはここ最近 婚約者であるリリアンヌ・マドリーノとの婚約を破棄したいと考えている。 それは最近仲良くなったミシェルに 対してひどい仕打ちばかりをし始めたから。 前々からリリアンヌに嫌われていたと思っていたし もうそろそろいいかな?いいよね? ……あれ、リリアンヌがなんか可愛くない?
24hポイント 326pt
小説 3,291 位 / 96,121件 恋愛 1,506 位 / 26,496件
文字数 19,236 最終更新日 2020.09.12 登録日 2020.06.15
31
恋愛 連載中 長編 R15
転生したのはスマホアプリの悪役令嬢! 絶対絶対断罪なんてされたくありません! なのでこの婚約、破棄させていただき…………………できない!なんで出来ないの!もしかして私を断罪したいのかしら!? 婚約破棄したい令嬢と破棄したくない王太子のじゃれつきストーリー。
24hポイント 319pt
小説 3,339 位 / 96,121件 恋愛 1,536 位 / 26,496件
文字数 13,261 最終更新日 2020.12.01 登録日 2020.11.24
「カクヨム」と「小説家になろう」にも投稿しています。 2020年11月10日「カクヨム」日間異世界ファンタジーランキング2位 2020年11月13日「カクヨム」週間異世界ファンタジーランキング3位 2020年11月20日「カクヨム」月間異世界ファンタジーランキング5位 2021年1月6日「カクヨム」年間異世界ファンタジーランキング87位
24hポイント 319pt
小説 3,339 位 / 96,121件 ファンタジー 773 位 / 26,093件
文字数 146,142 最終更新日 2021.02.12 登録日 2020.10.10
33
恋愛 完結 短編
「カクヨム」と「小説家になろう」にも投稿しています。
24hポイント 305pt
小説 3,495 位 / 96,121件 恋愛 1,588 位 / 26,496件
文字数 16,226 最終更新日 2020.10.25 登録日 2020.10.11
34
恋愛 連載中 長編 R15
「やっと会えた。もう離さないよ、私の番。」 殿下は、蕩けるような笑顔で私の頬をそっと撫でる。 へ??どういうこと??? ______________________________ パッフェルト王国は大陸一の王国であり、精霊を愛し、精霊に愛される国。 パッフェルト王国名門ヴァランガ侯爵家が長女リリアナ・ペトル・ヴァランガは誰にも言えない前世の記憶を持っていた。 虐げられ、罵倒され生きてきた悲しい悲しい前世の記憶。 そんな愛されなれていない彼女を愛したのはパッフェルト王国王太子アラン・ペトル・ド・フォン ・パッフェルト殿下?!?!! 甘い言葉を囁く王太子についていけず、何度も逃げようとするも王太子からの執拗なアプローチは一向に止まなくて… 腹黒王太子の完全なる策略に為すすべもないリリアナ。 「あれ?これってもしかして…逃げられない…?」 *残酷描写、胸糞悪い描写等ありますのでお気をつけください。 *この作品は「小説家になろう」にも掲載しています。 _______________________ 初投稿作品です。 至らぬ点もあるかと思いますが読んでいただけたら幸いです。
24hポイント 284pt
小説 3,728 位 / 96,121件 恋愛 1,680 位 / 26,496件
文字数 109,786 最終更新日 2021.01.09 登録日 2019.12.29
35
恋愛 完結 短編
「アリア・ヴィッカーナ!貴様のティアに対する非道な行いはもう耐えられん!よって、婚約を破棄する!!」 あらまぁ...何を言ってるのやら ー全7話ー
24hポイント 255pt
小説 4,084 位 / 96,121件 恋愛 1,833 位 / 26,496件
文字数 5,569 最終更新日 2020.08.18 登録日 2020.07.20
36
恋愛 連載中 短編 R15
公爵令嬢ミレイユは、婚約者である王太子に聞きただすつもりだった。「最近あなたと仲がよろしいと噂のミシェルとはどんなご関係なの?」と。ミレイユと婚約者ユリウスの仲はとてもいいとは言えない。ここ数年は定例の茶会以外ではまともに話したことすらなかった。ミレイユは悪女顔だった。黒の巻き髪に気の強そうな青い瞳。これは良くない傾向だとミレイユが危惧していた、その時。 不意にとんでもない声が頭の中に流れ込んできたのである!! *短めです。さくっと終わる
24hポイント 248pt
小説 4,181 位 / 96,121件 恋愛 1,870 位 / 26,496件
文字数 9,539 最終更新日 2020.11.25 登録日 2020.11.21
37
恋愛 連載中 長編 R15
【本編既に書き終え済】 公爵令嬢ミレルダは目が覚めた。今まで愛していたと思っていた王太子への想いも、抱え込んでいた孤独も、全て吹き飛んだのだ。 階段から落ちたあの日。起きてすぐミレルダはスッキリとした頭で思った。 「婚約破棄?好きにすればいいじゃない。私も好きにするから」 今まで好き勝手されたぶん、これからは好きに生きていく。 王太子は聖女と呼ばれる義妹と真実の愛とやらを見つけたらしいが、とりあえずその聖女は紛い物だ。ミレルダこそが本物の聖女だった。 そのまま婚約を破棄したミレルダはその足で自国を出ることにした。もう貴族だのなんだのごめんである。今度は好きに生きさせてもらおうと思った矢先、ミレルダは思わぬ人と会ってしまう。 「やぁ、初めまして。僕と恋人契約を結んで欲しいんだけど」 隣国の王太子である。藪から棒の話にミレルダは困惑する。そんなミレルダに、王太子は続けて言った。 「その代わり、身分の保証はするから」 城を爆破させて、公爵家も爆破した、本物の聖女でもある自分を祖国は探すだろう。その話は渡りに船であった。
24hポイント 248pt
小説 4,181 位 / 96,121件 恋愛 1,870 位 / 26,496件
文字数 114,827 最終更新日 2020.11.05 登録日 2020.10.21
38
恋愛 完結 短編 R15
私ミーシャ・ラクリマ男爵令嬢は、家の借金の為コッソリと王宮でメイドとして働いています。基本は王宮内のお掃除ですが、人手が必要な時には色々な所へ行きお手伝いします。そんな中私を番だと言う人が現れた。えっ、あなたって!? 貧乏令嬢が番と幸せになるまでのすれ違いを書いていきます。 愛の花第2弾です。前の話を読んでいなくても、単体のお話として読んで頂けます。
24hポイント 248pt
小説 4,181 位 / 96,121件 恋愛 1,870 位 / 26,496件
文字数 29,334 最終更新日 2020.10.06 登録日 2020.09.11
39
恋愛 連載中 短編
婚約者である王太子殿下に婚約破棄されたので、一度死ぬことにしました。 ※こちらの作品は『小説家になろう』でも投稿しています
24hポイント 234pt
小説 4,396 位 / 96,121件 恋愛 1,950 位 / 26,496件
文字数 6,778 最終更新日 2021.02.27 登録日 2020.12.26
40
恋愛 完結 短編
公爵令嬢アデライードは王宮の舞踏会で、男爵令嬢アネットを虐めた罪を断罪され、婚約者である王太子に婚約を破棄されてしまう。ところがアデライードに悲しんだ様子はなく……? ※「婚約破棄の結末と真相」からタイトル変更しました
24hポイント 234pt
小説 4,396 位 / 96,121件 恋愛 1,950 位 / 26,496件
文字数 29,480 最終更新日 2017.07.25 登録日 2017.06.26
183 12345