王太子小説一覧

タグ 王太子×
174 12345
1
恋愛 連載中 短編
クリスティナ・ダルトン公爵令嬢は、故あって王太子と婚約したものの、冷遇されてきた。 それは王立学院に入学してからより悪化し、王太子はあろうことか子爵令嬢を傍に侍らせるようになり、挙げ句の果てには卒業式後の舞踏会でクリスティナに婚約破棄を突きつけようとする。 「疵物のお前はもうまともな結婚など望めまい。最後の情けだ、この私がお前に相応しい相手と結ばせてやろう。 ──"離宮の怪異"の供物としてな!」 "離宮の怪異"とは、数世代前から使われなくなった離宮にいつの間にか棲み着いたモノの呼び名だ。 その正体は、どこぞの高貴な者の庶子とも、ただの浮浪者とも、そもそも人ではなくて幽鬼や悪霊の類だとも言われる。 「承知いたしました」 そう凛と答えたクリスティナを蔑む王太子は、知らない。 自らが抱えた秘密を──自分の影が、暗く、怖ろしいことなど。 ※いつものようにふんわり設定です。 ※本編完結済みで1日1話ずつ投稿していきます。 ※あらすじが若干ホラー調ですが、ホラーではありません。
24hポイント 49,983pt
小説 52 位 / 91,799件 恋愛 42 位 / 24,943件
文字数 4,697 最終更新日 2021.01.22 登録日 2021.01.21
2
恋愛 連載中 長編
姉の婚約破棄により、公爵家だった我が家は衰退の一途をたどり。 嫉妬に狂った姉は壊れて行った。 世間では悪役令嬢として噂を流されてしまう。 どうしてこうなってしまったのだろうか。 姉はただ愛を望んだだけだったのに、そんなことを想いながらマリーは目を覚ますと体が小さくなっていた。 二度目の人生を終えて新たな転生を果たしたと思ったら何故か再び転生して、悪役令嬢の妹として転生するのだが…何故か姉のポジションになり私は誓った。 こうなったら私が悪役令嬢になって私が姉と家族を守ろうと誓ったが… 悪役令嬢ってどうしたらいいんだけっけ? 間違った方向に努力を続けたら、冷たい婚約者は何故か優しく微笑んで来たり、ライバル令嬢も何故か優しくしてくれる。 「あれ?おかしくね?」 自称悪役令嬢の奮闘劇が始まる!
24hポイント 26,514pt
小説 105 位 / 91,799件 恋愛 73 位 / 24,943件
文字数 17,735 最終更新日 2021.01.22 登録日 2021.01.12
3
恋愛 連載中 長編
公爵令嬢シルヴィア・クロヴァンスはその奇異な外見のせいで、家族からも幼い頃からの婚約者からも嫌われていた。そして学園卒業間近、彼女は突然婚約破棄を言い渡された。 諦めてばかりいたシルヴィアが周りに支えられ成長していく物語。
24hポイント 25,641pt
小説 109 位 / 91,799件 恋愛 76 位 / 24,943件
文字数 61,185 最終更新日 2021.01.22 登録日 2020.11.19
4
恋愛 連載中 長編 R15
『虐げてきた家族は処分され、記憶を失くした令嬢は王太子に溺愛されて……』 生まれつき足が不自由な主人公である、侯爵令嬢のヴィオラ。屋敷の陽当たりの悪い部屋に閉じめられる様にして、ずっと生きてきた。両親からも、兄、姉、妹からも見放され、唯一慕ってくれるのは弟だけだった。いつかは、この部屋から出て外の世界を見てみたいと希望を持っていたが……数年前社交界デビューを迎える歳になった時、母から「歩けないのに、見っともない。舞踏会などつれて行けない」と言われ、その時からヴィオラは全てを諦め、ただひたすらに弟の幸せだけを願ってきたが。その弟も、先日亡くなってしまった……。すっかり生きる希望をなくしたヴィオラの元を、ある人が訪ねて来た。彼は自分は王太子であると名乗り……そして。
24hポイント 24,986pt
小説 111 位 / 91,799件 恋愛 77 位 / 24,943件
文字数 82,127 最終更新日 2021.01.22 登録日 2020.12.14
5
恋愛 完結 短編
 「平凡なお前ではなくカレンが姉だったらどんなに良かったか」  それが両親の口癖でした。  ええ、ええ、確かに私は容姿も学力も裁縫もダンスも全て人並み程度のただの凡人です。体は弱いが何でも器用にこなす美しい妹と比べるとその差は歴然。  ただ少しばかり先に生まれただけなのに、王太子の婚約者にもなってしまうし。彼も妹の方が良かったといつも嘆いております。  ですから私決めました!  王太子の婚約者という席を妹に譲ることを。  
24hポイント 18,667pt
小説 143 位 / 91,799件 恋愛 92 位 / 24,943件
文字数 25,522 最終更新日 2021.01.15 登録日 2021.01.01
6
恋愛 完結 短編 R15
第二王子のアンドリュー・メルト殿下の婚約者であるリーン・ネルコム侯爵令嬢は、3年間の期間を己に課して努力した。 しかし、アンドリュー殿下の浮気性は直らない。これは、もうだめだ。結婚してもお互い幸せになれない。 婚約破棄を申し入れたところ、「やっとか」という言葉と共にアンドリュー殿下はニヤリと笑った。私からの婚約破棄の申し入れを待っていたらしい。そうすれば、申し入れた方が慰謝料を支払わなければならないからだ。 この先の人生をこの男に捧げるくらいなら安いものだと思ったが、果たしてそれは、周囲が許すはずもなく……? 調子に乗りすぎた婚約者は、どうやら私の周囲には嫌われていたようです。皆さまお手柔らかにお願いします……ね……? ※幾つか同じ感想を頂いていますが、リーンは『話を聞いてすら貰えないので』努力したのであって、リーンが無理に進言をして彼女に手をあげたら(リーンは自分に自信はなくとも実家に力があるのを知っているので)アンドリュー殿下が一発で廃嫡ルートとなります。リーンはそれは避けるべきだと向き合う為に3年間頑張っています。リーンなりの忠誠心ですので、その点ご理解の程よろしくお願いします。 ※HOT1位ありがとうございます!(01/10 21:00) ※感想の取り扱いは近況ボードを参照してください。 ※小説家になろう様でも別名義で掲載予定です。
24hポイント 13,113pt
小説 189 位 / 91,799件 恋愛 113 位 / 24,943件
文字数 30,300 最終更新日 2021.01.17 登録日 2021.01.09
ラバリア王国には精霊の巫女がいる。ユグラン公爵家の双子の姉ララだ。 先代の巫女の遺言で、ララは15歳にして新たな巫女となった。同時にラバリア王国王太子グレイクの婚約者となった。 しかしなぜかララは、巫女としての力を十分に発揮できなかった。 双子の妹セリーナは精霊に愛され、精霊の力を人々のために存分に奮っている。 ララとセリーナの17歳の誕生日「セリーナの方が巫女として優れている」という理由で、ララは巫女と王太子の婚約者の2つの立場を同時に失う。 しかしセリーナが使っている「精霊力」が、実は姉ララのものであることを誰も知らなかったのだ。ララ自身も、知らなかったのだ。 実家からも勘当されたララは、先代巫女である祖母が残した家に住むためにリモーネ村へ向かう。 親切な人々との出会いを果たしたララは、母の胎内でセリーナと絡まってしまった「精霊力の管」を断ち切ることに成功する。そしてララはアーシュグラン帝国で人々に愛され、最強の精霊使いへの道を歩み始める──。 ★★あらすじ回収までが長いです。そしてざまぁまで長い&国が滅んだり人が死んだりはしないのでご了承ください★★
24hポイント 10,642pt
小説 223 位 / 91,799件 ファンタジー 63 位 / 25,591件
文字数 151,977 最終更新日 2020.12.25 登録日 2020.10.26
何をしても平凡な私ですから、王太子妃なんてふさわしくない……ですよね? 10カ国の言語は日常会話程度ですし、剣も銃も魔法も馬も兵学も地学も刺繍もダンスも鍛冶も魔力付与も、ぜんぶ平凡にしかできないですから。
24hポイント 2,378pt
小説 677 位 / 91,799件 ファンタジー 180 位 / 25,591件
文字数 6,398 最終更新日 2021.01.07 登録日 2021.01.05
9
恋愛 完結 短編
お茶会で、「結婚が決まったそうですわね」と話しかけられて、全く身に覚えがないながらに、にっこりと笑ってごまかした。 文句を言うために父に会いに行った先で、婚約者……?な人に会う。
24hポイント 2,016pt
小説 766 位 / 91,799件 恋愛 394 位 / 24,943件
文字数 19,161 最終更新日 2019.11.10 登録日 2019.11.06
10
恋愛 連載中 長編
イリス・フィオニアは王家主催のお茶会という名の王太子の婚約者探しでめでたく?婚約者に選ばれてしまう。 王太子妃教育に励みつつ王太子との関係も良い感じに…と平和な日々と思いきや、なんだか私の瞳には秘密があるようで…? この作品は小説家になろう様にも投稿しております。
24hポイント 1,911pt
小説 804 位 / 91,799件 恋愛 413 位 / 24,943件
文字数 46,166 最終更新日 2021.01.22 登録日 2021.01.03
異世界に召喚されたマナはお城に連れていかれると、王妃様から妃候補として選ばれた事を告げられます。王太子にはいたく気に入られたものの、他の王妃候補があまりにも強すぎる。 カリスマ姫、パーフェクト公爵令嬢、美騎士令嬢に天才魔女、この層々たる顔ぶれを前に、気弱で何の取り柄もないマナは妃候補を辞めて普通に暮らしたいとまで思い詰めます。けれど、そんな事が口にできるはずもなく、チートな妃候補と共に聖メディアーノ学園での学園生活が始まってしまいます。 わたしににあるものと言えば可愛らしいフェアリーだけ、それでも自分なりにやってみます。 何の取柄もない弱気少女が異世界で人の温かさに触れながら頑張る物語。 基本は恋愛ですが、それ以外の要素も多いのでファンタジーといたしました。 誤字脱字などあれば、教えて頂けるとうれしいです。 小説家になろうでも投稿させて頂いております。
24hポイント 1,705pt
小説 872 位 / 91,799件 ファンタジー 221 位 / 25,591件
文字数 158,621 最終更新日 2021.01.22 登録日 2020.12.28
12
恋愛 連載中 長編
噂によると、私『ユーフェミア・アージュ』は今日婚約破棄をされるらしい。 婚約者であるマーランナ国の王太子『アレックス・バーングラット』に。 ...ということはこれが殿下の婚約者として出る最後のパーティーってことよね? だったら最後くらいちゃんとした格好をしてもいいですよね?
24hポイント 1,696pt
小説 877 位 / 91,799件 恋愛 449 位 / 24,943件
文字数 61,153 最終更新日 2020.12.15 登録日 2020.10.28
13
恋愛 連載中 長編 R18
 愛する夫である王太子が誓いを破って側妃を迎えることになり、王太子妃のラファエルは実家の公爵家からの強い要請で里帰りをすることになった。  側妃となるのは身分の低い、年上の女。王太子と男爵令嬢という身分の違いや年の差を乗り越えた、熱愛の末の結婚...のように見えたが、その裏には様々な思惑や陰謀が渦巻いていた。      性的描写を含みます。過激な場面もあります。十八歳未満の方、苦手な方は閲覧をご遠慮いただきますようお願いいたします。
24hポイント 1,598pt
小説 927 位 / 91,799件 恋愛 476 位 / 24,943件
文字数 6,438 最終更新日 2021.01.22 登録日 2021.01.22
14
ファンタジー 連載中 長編 R15
前世で日本の大学生(アイドルオタク)だった佐藤瑠奈は、強い魔力を持った王族が治める王国の小さな村で生まれた。初めて見た魔法に感動して、期待に胸膨らませていたけど、現実を知る。平民に対するひどい差別と偏見、厳しい暮らし、保証のない生活、こんなのいや! 私、自分にとっての普通を取り戻したい! そんな不満をぶつけるように、数ヶ月だけ一緒にいたなんか偉そうな男の子にいろいろ言った結果、その子は実は王太子だった。 昔出会った偉そうなお坊ちゃんが王子様系王太子殿下となって再び現れ、王太子妃になって欲しいと言われる。普通の生活を手に入れるために婚約者となった瑠奈と、そんな瑠奈をどうしても手に入れたい最強王太子。 前世の知識を武器に世界の普通を壊していく。 ※小説家になろう様で公開中の作品です。
24hポイント 1,483pt
小説 990 位 / 91,799件 ファンタジー 251 位 / 25,591件
文字数 113,102 最終更新日 2021.01.18 登録日 2021.01.07
15
恋愛 完結 短編 R15
クレア・フェイトナム第二王女は、愛想が無く、知恵者ではあるが要領の悪い姫だ。 先般の戦で負けたばかりの敗戦国の姫であり、今まさに敵国であるバラトニア王国に輿入れしている所だ。 これは政略結婚であり、人質であり、生贄でもある。嫁いですぐに殺されても仕方がない、と生きるのを諦めながら隣国に嫁ぐ。姉も妹も器量も愛想も要領もいい、自分が嫁がされるのは分かっていたことだ。 しかし、待っていたのは予想外の反応で……? 「よくきてくれたね! これからはここが君の国で君の家だ。欲しいものがあったら何でも言ってくれ」 アグリア王太子はもちろん、使用人から官僚から国王陛下に至るまで、大歓迎をされて戸惑うクレア。 クレアはバラトニア王国ではこう呼ばれていた。——生ける知識の人、と。 ※HOT1位ありがとうございます!(12/22 21:00) ※感想の取り扱いについては近況ボードを参照してください。 ※小説家になろう様でも別名義で連載しています。
24hポイント 1,476pt
小説 995 位 / 91,799件 恋愛 517 位 / 24,943件
文字数 34,907 最終更新日 2020.12.25 登録日 2020.12.19
16
恋愛 完結 短編
突然、婚約破棄を言い渡された。 彼は社交辞令を真に受けて、自分が愛されていて、そのために私が必死に努力をしているのだと勘違いしていたらしい。 だから泣いて縋ると思っていたらしいですが、それはあり得ません。 私が王妃になるのは確定。その相手がたまたま、あなただった。それだけです。 またまた軽率に短編。 一話…マリエ視点 二話…婚約者視点 三話…子爵令嬢視点 四話…第二王子視点 五話…マリエ視点 六話…兄視点 ※全六話で完結しました。馬鹿すぎる王子にご注意ください。 スピンオフ始めました。 「追放された聖女が隣国の腹黒公爵を頼ったら、国がなくなってしまいました」連載中!
24hポイント 1,469pt
小説 998 位 / 91,799件 恋愛 519 位 / 24,943件
文字数 14,264 最終更新日 2020.08.30 登録日 2020.08.25
「カクヨム」と「小説家になろう」にも投稿しています。 2020年11月10日「カクヨム」日間異世界ファンタジーランキング2位 2020年11月13日「カクヨム」週間異世界ファンタジーランキング3位 2020年11月20日「カクヨム」月間異世界ファンタジーランキング5位 2021年1月6日「カクヨム」年間異世界ファンタジーランキング87位
24hポイント 1,357pt
小説 1,056 位 / 91,799件 ファンタジー 269 位 / 25,591件
文字数 123,597 最終更新日 2021.01.23 登録日 2020.10.10
18
恋愛 完結 長編 R18
 ラウィーニア王国国王の方針により、女性も要職に就ける時代となり、王族の末端である公女ネイディーンは宰相を目指すことに決めた。  そのために月一回、国王の甥であるフレデリックとともに、下町で奉仕活動を続けている。  ある日、いつものように下町でシチューを配給していると、旅人の男が並んできた。  しかもその旅人は、十三年前に誘拐された王太子ライオネルだと名乗ったのだ。  驚いたネイディーンとフレデリックは旅人を王宮へと連れていき、国王と対面させる。  国王は旅人を息子のライオネルと認め、王族貴族の間では長年行方不明となっていた王太子が帰郷したと話題になっていた。  ところが誘拐後、遠い大陸で苦労してきたせいか、ライオネルはすっかり王族としての品性や教養を失っていた。  そこで国王は親戚の公女らを集め、ライオネルが国王となったとき補佐できるようにと、彼女たちを王太子妃候補とした。  野性化した王太子の妃になることなど耐えられないネイディーンや他の公女たちは、ライオネルに剣術の試合を挑むことにするのだが……。
24hポイント 1,036pt
小説 1,302 位 / 91,799件 恋愛 665 位 / 24,943件
文字数 139,857 最終更新日 2021.01.20 登録日 2020.12.24
19
恋愛 完結 短編 R15
ルーニア・ウェル伯爵令嬢は、マルクセス王国の王太子ジュード・マルクセスの婚約者だった。 王太子妃教育の為に王宮に住んでいたが、ジュードからいきなりの婚約破棄を告げられる。なんでも、真実の愛を見つけたのだとか。 「はぁ、婚約破棄、ですか。構いませんよ。……本当にいいんですね?」 とは言ったもののあっさりとそれを承諾して家に帰ったルーニアだが、3日後にはジュードが頭を下げにきて……その理由、婚約破棄を言う前に分かっていた事でしょうに。 ※感想の取り扱いについては近況ボードを参照してください。 ※小説家になろう様でも別名義で連載しています。
24hポイント 1,031pt
小説 1,308 位 / 91,799件 恋愛 667 位 / 24,943件
文字数 36,746 最終更新日 2020.12.01 登録日 2020.11.26
20
恋愛 完結 ショートショート
王太子妃候補として三年間学んできたが、決定されるその日に、王太子本人からそのつもりはないと拒否されてしまう。王太子妃になれなければ、嫁き遅れとなってしまうシーラは言ったーーー。
24hポイント 823pt
小説 1,563 位 / 91,799件 恋愛 805 位 / 24,943件
文字数 17,781 最終更新日 2019.09.20 登録日 2016.12.21
21
恋愛 連載中 長編 R18
祖国ルーンファ国の王族のあまりの横暴さにルーンファ国王女リルネットはうんざりしていた。ので大国ベベアジュールの力を使って祖国を潰せないか画策する。せっかく大国ベベアジュール王太子の婚約者になったのだ。彼を怒らせて婚約破棄、そして祖国へ宣戦布告でもしてくれないかしら。というお話 *=R18 えろはちょっと激しくなるかもしれない
24hポイント 731pt
小説 1,735 位 / 91,799件 恋愛 896 位 / 24,943件
文字数 126,798 最終更新日 2020.11.24 登録日 2020.03.15
22
恋愛 完結 短編
「王太子デニス・ハイランダーは、罪人メリッサ・モスカートとの婚約を破棄し、新たにキャロルと婚約する!」 わたくしはメリッサ、ここマーベリン王国の未来の王妃と目されている者です。 ところが、この国の貴族どころか、各国のお偉方が招待された立太式にて、馬鹿四人と見たこともない少女がとんでもないことをやらかしてくれました。 驚きすぎて声も出ないか? はい、本当にびっくりしました。あなた達が馬鹿すぎて。 ※話自体は三人称で進みます。
24hポイント 674pt
小説 1,844 位 / 91,799件 恋愛 950 位 / 24,943件
文字数 12,515 最終更新日 2017.08.25 登録日 2017.07.30
23
恋愛 連載中 短編 R15
公爵令嬢のアンジェリカには双子の妹アンジェラがいる。 生まれたのが数秒早かっただけで人生こんなに変わるもの⁈と思う程の依怙贔屓。 アンジェリカは妹の我儘に付き合わされながら日々を過ごしてきた。両親も何故か妹には甘々で、正直平等など存在しない。 ある日妹のアンジェラが王太子の元へ嫁ぐ事になり婚姻の儀が執り行われた。他国の来賓者達も出席する中アンジェリカはある事を実行に移す。アンジェラの姉として王太子とアンジェラに祝いを述べた最後に。 「アンジェラ、私は本日で貴女の姉を卒業します」と宣言した。無論周囲は騒然とする。妹は呆然と立ち尽くし、王太子は王太子妃を侮辱したとして不敬罪だと激怒し、国から追放すると言う。 アンジェリカは覚悟の上だったが「なら彼女は僕が妃に貰うよ」と隣国の王太子が名乗りを上げた。彼は超がつく程の美男子で実は妹が以前アプローチをしていた人物だった。妹は発狂して…婚儀はめちゃくちゃに…。
24hポイント 617pt
小説 1,987 位 / 91,799件 恋愛 1,015 位 / 24,943件
文字数 41,769 最終更新日 2020.11.13 登録日 2020.08.14
24
恋愛 連載中 長編
緑豊かなジョルジュワーン国。 今は亡き、前聖女であるレティシアーナの手によって清められたこの世は、平和を取り戻してから、早二十数年を迎える。 その聖女が最後に身を置いた国とされたジョルジュワーンの第二王子を務めるグリニエル・ジョルジュ殿下にエミレィナは仕えていた。 第二王子である彼は、エミレィナの一つ上。 彼女にとって義兄にあたる。 それは彼女の両親が亡くなる際に、その子を引き取ってくれたのが国王陛下だからだ。 エミレィナの産みの親と友好関係だったらしい国王陛下は、彼女に沢山の教養を受けさせ、手をかけたのだが、他国に嫁がせる気はないという言葉を受けて、彼女は国の役に立つべく、王宮を出た。 王宮を出た彼女がついた職は、自身の能力を生かした王子直属の潜入騎士。近衛騎士とは違い、表立った仕事はせずに、情報調査を主とする組織で、人数はかなり少ない。 エミレィナの親はヴィサレンス帝国の者のようで、彼女の身体能力はずば抜けて高い。 ヴィサレンス国の血を受け継ぐだけであれば、魔力も同等に高くなるはずなのだが、半分ジョルジュワーン国血を分けているからなのか、ちょっとした魔法を使う程度にしか魔力を持っていない。 その為、身体能力だけでも務まる潜入騎士をすることに決めた…______ そんな彼女が、義兄である、シスコン脚フェチ王子の彼の役に立ち、自身の気持ちに気付いていく恋愛ファンタジー。 ”彼に求められて嫌な女性はいないだろうに、どうして彼は想い人に愛を告げないのだろう。” ”王族に求められれば断る者などいないというのに、どうしていつまでも婚約者を置かないのだろう。” そんなある日、ふと彼の悩みを知る。 彼の目が脚を捕らえ、 彼の手が脚に触れる。 そんな彼に私はどうすればいいのか。 彼のフェチや悩み、国の問題を解決するべく奮闘する、20歳の女の子。 彼は私にとって、命に替えても守りたい存在。 彼の手となり足となる。 彼のそばにいたいのは彼に仕えていたいから。 彼のそばにいたいのは、彼が私を大切にしてくれる義兄だから。 そんな中で、少しずつ彼女の気持ちにも変化が訪れて…? 義兄×義妹、王子×女騎士。 定番とはならない2人の恋愛は、 交わる日が来るのか。 行き当たりばったりですが、楽しんでもらえると嬉しいです。 優しいコメント頂けたら嬉しいです。 誤字脱字も見つけてもらえたら助かります。 個人的にはヴィサレンスと同盟からがオススメ。 2人の気持ちが少しずつ動き出します。 脚フェチの方。 共感してもらえたら嬉しいです。 脚フェチを初めて知る方。 フェチの良さ、知っていただけたら嬉しいです。 ※王子はM気質ではありません。 宜しくお願いします。
24hポイント 568pt
小説 2,104 位 / 91,799件 恋愛 1,076 位 / 24,943件
文字数 292,338 最終更新日 2021.01.20 登録日 2020.06.23
25
恋愛 連載中 長編 R15
リリネリア・ブライシフィックは八歳のあの日に死んだ。死んだこととされたのだ。リリネリアであった彼女はあの絶望を忘れはしない。 じわじわと壊れていったリリネリアはある日、自身の元婚約者だった王太子レジナルド・リームヴと再会した。 レジナルドは少し前に隣国の王女を娶ったと聞く。だけどもうリリネリアには何も関係の無い話だ。何もかもがどうでもいい。リリネリアは何も期待していない。誰にも、何にも。 二人は知らない。 国王夫妻と公爵夫妻が、良かれと思ってしたことがリリネリアを追い詰めたことに。レジナルドを絶望させたことを、彼らは知らない。 彼らが偶然再会したのは運命のいたずらなのか、ただ単純に偶然なのか。だけどリリネリアは何一つ望んでいなかったし、レジナルドは何一つ知らなかった。ただそれだけなのである。 ※タイトル変更しました
24hポイント 511pt
小説 2,296 位 / 91,799件 恋愛 1,172 位 / 24,943件
文字数 133,326 最終更新日 2020.11.21 登録日 2020.11.05
26
恋愛 連載中 長編
聖女の生まれ変わりを自称する男爵令嬢に夢中になった婚約者は、婚約を破棄すると言い放つ。 突き付けられた罪状はすべて冤罪だったけれど、婚約者に疲れ果てていた公爵令嬢サーラは、それを受け入れた。 激怒した両親に修道院に送られるも、これでようやく静かに暮らせると安堵する。 それなのに、なぜか婚約者が修道院に現れて、すまなかったと頭を下げる。 いまさらそんなことを言われても、復縁なんて絶対にありえません。 ※忙しくて確認する時間がなかなか取れないので、感想欄を閉じました。今までたくさんのご感想をいただき、本当にありがとうございました。
24hポイント 489pt
小説 2,383 位 / 91,799件 恋愛 1,210 位 / 24,943件
文字数 31,227 最終更新日 2020.10.08 登録日 2020.08.31
27
BL 連載中 長編 R18
《本編完結しました》  亡き祖母の遺品整理の最中、おれこと花柳玻璃は姉の瑠璃と共に家屋ごと異世界転移してしまった! ご厄介になっているご領主さまのお供をして王都にのぼり、運命の王子さまに出会う。⋯⋯いや待て、おれはチマッとしてるが男だ。るぅ姉に振袖を着付けられてても男だ。大事なことなので二回言う! え、男でもオッケー? 女の子普通にいるのに? 「悪代官と町娘ごっこができるわね」って、るぅ姉、アホなこと言わないで! ⁂ ⁂ ⁂ ⁂ ⁂ ⁂ ⁂ ⁂ ⁂  R18表現に✳︎マークを追加します。主人公が言語習得中のため、脳内(おれ)と口調(ぼく)に齟齬があります。
24hポイント 482pt
小説 2,413 位 / 91,799件 BL 374 位 / 9,023件
文字数 363,839 最終更新日 2020.11.13 登録日 2020.01.11
28
恋愛 連載中 長編
番外編を75話と76話の間に移動致しました。 話の時間軸は74話の後ですが、内容的な問題でソコに致しました。 学校帰りに建設中のビルから鉄骨が降ってきて死んでしまった少年が異世界、しかも女の子に転生してしまう。 さらに王太子の婚約者までいて… 困惑しながらも王太子に激愛される話です。 主人公は女ですが、転生前は男なので苦手な方はお気をつけください。 初投稿ですので至らないところもあるかと思いますがよろしくお願い致します
24hポイント 468pt
小説 2,473 位 / 91,799件 恋愛 1,253 位 / 24,943件
文字数 178,034 最終更新日 2020.03.20 登録日 2017.09.26
29
恋愛 連載中 短編 R18
この国の王太子である グレンリードはここ最近 婚約者であるリリアンヌ・マドリーノとの婚約を破棄したいと考えている。 それは最近仲良くなったミシェルに 対してひどい仕打ちばかりをし始めたから。 前々からリリアンヌに嫌われていたと思っていたし もうそろそろいいかな?いいよね? ……あれ、リリアンヌがなんか可愛くない?
24hポイント 461pt
小説 2,499 位 / 91,799件 恋愛 1,262 位 / 24,943件
文字数 19,236 最終更新日 2020.09.12 登録日 2020.06.15
30
恋愛 連載中 短編 R15
何故だか、最愛の婚約者が僕(王太子)に冷たい。 小さな頃から、ずっとずっと婚約者であるディアナに心を寄せる王太子リーンハルト。 彼は見目も麗しく、文武ともに優秀で、性格も良いと評判の王太子だ。 なのに、最愛の婚約者であるディアナにはずっとずっと避けられ続けている。 その理由がずっと分からなかった。 しかし、後半年程で学院を卒業するという時に、その理由を偶然知ってしまった。 「三次元の男は無理」 さん………… え? さんじげん?? 王太子リーンハルトは婚約者であるディアナの心を掴む事が出来るのか? 頑張れ王太子!! 幸せは自ら掴み取れ!!
24hポイント 440pt
小説 2,589 位 / 91,799件 恋愛 1,301 位 / 24,943件
文字数 21,686 最終更新日 2020.12.16 登録日 2020.09.26
第二部 4月より再開! ザビラから救出されたジュリアは、公爵の正式な婚約者として、ジョルジュの屋敷で療養していた。彼の甘く情熱的でかいがいしい世話に翻弄されまくるジュリアであったが、ある日、彼が公務で不在の時に、クレスト伯爵領からの使者がジュリアを訪れる。 父であるマクナム伯爵の領地を継承したジュリアは、今やれっきとした伯爵家当主である。自分の領地の問題の報告をうけ、急いでマクナム伯爵領に訪れる途中、ジュリアがばったり出会った人物のごたごたに巻き込まれてしまう。結婚式までに帰らなければならないのに・・・── その頃、ジョルジュは国境線を巡る外交交渉のまっただ中で・・・・!  第一部  「お前にソフィーの身代わりとして、嫁いでもらいたい」 ある日、突然、女騎士団長のジュリアに、叔父から命じられた言葉 ─ 王家の命令によって、クレスト伯爵に従姉妹が嫁がされることとなった。しかし、その従姉妹の身代わりとして、どうして自分が差し出されなければならないのだ! そんな成り行きに呆然としているジュリアに告げられたもう一つのこと。 ─ 夫なるべき男、クレスト伯爵には、すでに溺愛する愛人がいる、と。 結婚する前からすでに疎まれ、お先真っ暗な気持ちで向った結婚式の祭壇で、彼女を出迎えたのは、それはそれは妖艶な男性で。ジョルジュ・ガルバーニ公爵は、なんと代理の花婿様だと言う。 しかし、そんな彼も、とある理由があって婚礼の場にやってきてたのだが・・・・。 そして、夫が不在のまま、結婚二日目にして発覚したクレスト伯爵家の大問題の数々。蔓延する疫病、傾いた伯爵家の財政、地に落ちた伯爵家の威信・・・。 問題だらけのクレスト伯爵領を、ジュリアは、なんとか立て直そうと、孤軍奮闘しようとする。ガルバーニ公爵は、そんな彼女を優しく支えてくれて。ジュリアの心には親しみ以上の感情が芽生えてしまうが・・・ そこに、花婿本人のクレスト伯爵が戦から帰還してきて! やむにやまれず身代わり結婚させられてしまった不遇な女騎士団長は、幸せになれるのか?!
24hポイント 397pt
小説 2,850 位 / 91,799件 恋愛 1,407 位 / 24,943件
文字数 427,089 最終更新日 2019.08.06 登録日 2017.05.08
32
恋愛 完結 短編
「アリア・ヴィッカーナ!貴様のティアに対する非道な行いはもう耐えられん!よって、婚約を破棄する!!」 あらまぁ...何を言ってるのやら ー全7話ー
24hポイント 390pt
小説 2,902 位 / 91,799件 恋愛 1,433 位 / 24,943件
文字数 5,569 最終更新日 2020.08.18 登録日 2020.07.20
33
恋愛 連載中 長編 R15
転生したのはスマホアプリの悪役令嬢! 絶対絶対断罪なんてされたくありません! なのでこの婚約、破棄させていただき…………………できない!なんで出来ないの!もしかして私を断罪したいのかしら!? 婚約破棄したい令嬢と破棄したくない王太子のじゃれつきストーリー。
24hポイント 369pt
小説 3,030 位 / 91,799件 恋愛 1,493 位 / 24,943件
文字数 13,261 最終更新日 2020.12.01 登録日 2020.11.24
34
恋愛 完結 長編 R15
姉妹3人と弟1人の4人きょうだい。しかし、3番目の妹リサに婚約者である王太子を取られてしまう。二番目の妹アイーダだけは味方であるものの、次期公爵になる弟のヨハンがリサの味方。両親は無関心。ヨハンによってローサは追い出されてしまう。
24hポイント 355pt
小説 3,104 位 / 91,799件 恋愛 1,526 位 / 24,943件
文字数 19,711 最終更新日 2020.11.14 登録日 2020.10.23
35
恋愛 完結 短編 R15
私ミーシャ・ラクリマ男爵令嬢は、家の借金の為コッソリと王宮でメイドとして働いています。基本は王宮内のお掃除ですが、人手が必要な時には色々な所へ行きお手伝いします。そんな中私を番だと言う人が現れた。えっ、あなたって!? 貧乏令嬢が番と幸せになるまでのすれ違いを書いていきます。 愛の花第2弾です。前の話を読んでいなくても、単体のお話として読んで頂けます。
24hポイント 333pt
小説 3,277 位 / 91,799件 恋愛 1,595 位 / 24,943件
文字数 29,334 最終更新日 2020.10.06 登録日 2020.09.11
36
恋愛 連載中 長編 R15
【本編既に書き終え済】 公爵令嬢ミレルダは目が覚めた。今まで愛していたと思っていた王太子への想いも、抱え込んでいた孤独も、全て吹き飛んだのだ。 階段から落ちたあの日。起きてすぐミレルダはスッキリとした頭で思った。 「婚約破棄?好きにすればいいじゃない。私も好きにするから」 今まで好き勝手されたぶん、これからは好きに生きていく。 王太子は聖女と呼ばれる義妹と真実の愛とやらを見つけたらしいが、とりあえずその聖女は紛い物だ。ミレルダこそが本物の聖女だった。 そのまま婚約を破棄したミレルダはその足で自国を出ることにした。もう貴族だのなんだのごめんである。今度は好きに生きさせてもらおうと思った矢先、ミレルダは思わぬ人と会ってしまう。 「やぁ、初めまして。僕と恋人契約を結んで欲しいんだけど」 隣国の王太子である。藪から棒の話にミレルダは困惑する。そんなミレルダに、王太子は続けて言った。 「その代わり、身分の保証はするから」 城を爆破させて、公爵家も爆破した、本物の聖女でもある自分を祖国は探すだろう。その話は渡りに船であった。
24hポイント 319pt
小説 3,404 位 / 91,799件 恋愛 1,652 位 / 24,943件
文字数 114,827 最終更新日 2020.11.05 登録日 2020.10.21
37
BL 完結 長編 R18
親の借金に頭を悩ませていたイリアは、ある日王太子のラファエルに買われた。 ラファエルの個人財産から借金を代わりに支払うので、イリアにはラファエルの奴隷になってもらったのだ。 奴隷ということで、どんな目にあうのか恐怖していたイリアは、ラファエルのご主人様になることを強制されてしまった。
24hポイント 298pt
小説 3,644 位 / 91,799件 BL 584 位 / 9,023件
文字数 35,549 最終更新日 2021.01.08 登録日 2020.11.21
38
恋愛 連載中 長編
辺境に住む伯爵令嬢フェリーネは貧しい領土のために毎日働いていた。そんなとき、領土に異変が起き王太子自らその原因を探るべくやってくる。 一緒に過ごし、甘い言葉の連続に免疫のないフェリーネは毎日がドキドキで。 身分差を考えれば、好きにはなってはいけない人。そう思うも少しずつ距離は近づいていき。しかし王太子にはフェリーネには言えない秘密があり……。 殿下も魔王も登場していろいろ起こるけど、私は私で生きていきます! いろいろな思惑が交錯しつつ、急速に近づく二人の迎えるラストは……。
24hポイント 291pt
小説 3,707 位 / 91,799件 恋愛 1,758 位 / 24,943件
文字数 13,974 最終更新日 2021.01.15 登録日 2021.01.12
39
恋愛 連載中 長編
イングリッドは木こりの旦那様が出かけている間、暇つぶしにと始めた内職が大成功。 それまでは旦那様と質素ながらも幸せな家庭を夢見ていたが、金がどんどん転がり込んで来るのを見て、旦那様は働かなくなってしまった。 それでも旦那様と一緒に居られればいい、そう思っていたが、ある日から旦那様は外泊が多くなっていく。 友人の話では、毎日毎日とっかえひっかえ他の女と遊び歩いている……らしい。 イングリッドはふと自分を振り返る。 仕事にかまけて女性としての魅力が欠けてしまったのではないか? と。 それからは仕事をしながら自分磨きにも精を出す様になる。
24hポイント 284pt
小説 3,799 位 / 91,799件 恋愛 1,797 位 / 24,943件
文字数 56,540 最終更新日 2020.12.22 登録日 2020.11.11
40
恋愛 完結 短編 R15
「ユーリカ……、どうか、私の愛を受け止めて欲しい」 何を言ってるんだこの方は? という言葉を辛うじて飲み込んだユーリカ・クレメンス辺境伯令嬢は、頭がどうかしたとしか思えないディーノ・ウォルフォード王太子殿下をまじまじと見た。見つめた訳じゃない、ただ、見た。 何か否定する事を言えば不敬罪にあたるかもしれない。第一愛を囁かれるような関係では無いのだ。同じ生徒会の生徒会長と副会長、それ以外はクラスも違う。 そして何より……。 「殿下。殿下には婚約者がいらっしゃいますでしょう?」 こんな浮気な男に見染められたくもなければ、あと一年後には揃って社交界デビューする貴族社会で下手に女の敵を作りたくもない! 誰でもいいから助けて欲しい! そんな願いを聞き届けたのか、ふたりきりだった生徒会室の扉が開く。現れたのは……嫌味眼鏡で(こっそり)通称が通っている経理兼書記のバルティ・マッケンジー公爵子息で。 「おや、まぁ、……何やら面白いことになっていますね? 失礼致しました」 助けないんかい!! あー、どうしてこうなった! 嫌味眼鏡は今頃新聞部にこのネタを売りに行ったはずだ。 殿下、とりあえずは手をお離しください! ※小説家になろう様でも別名義で連載しています。
24hポイント 262pt
小説 4,073 位 / 91,799件 恋愛 1,930 位 / 24,943件
文字数 32,960 最終更新日 2020.11.25 登録日 2020.11.20
174 12345