生物学小説一覧

タグ 生物学×
4
1
SF 完結 短編 R18
サイバーイアグナ社が経営する水族館。 そこには、イルカの言語体系を解析するための研究所があった。 その研究所で飼育されたネズミイルカが、天才・女性研究員に愛を告白した。 その言葉は本当なのか? 真の愛を語っているのか? イルカという異種に愛を語る「意識」があるのか? そして、異種とのコミュニケーション、愛は成立するだろうか? そんな感じのSFですが、性描写があります。 SFマガジン8月号の「プラスチックの恋人」(著)山本弘氏の性描写より軽めですが、18禁にしました。当然SFマガジンは18禁の雑誌ではありません。 参考文献 「オルガスムの科学――性的快楽と身体・脳の神秘と謎」 バリー・R・コミサリュック (著), カルロス・バイヤー=フローレス (著), ビバリー・ウィップル (著), & 1 その他 「快楽の歴史」 アラン・コルバン (著), 尾河 直哉 (翻訳) 「愛しのペット―獣姦の博物誌」 ミダス デッケルス (著), 伴田 良輔 (監修), ■イーデスブックスより電子書籍化しました■
24hポイント 127pt
小説 7,642 位 / 112,460件 SF 104 位 / 3,221件
文字数 14,801 最終更新日 2017.07.23 登録日 2017.07.23
2
エッセイ・ノンフィクション 連載中 ショートショート R18
 R- 18に指定した情報を紹介しています。  内容については、言わずもがな・・・♥。   ●既にご存知でしたら、ご免なさい。
24hポイント 0pt
小説 112,460 位 / 112,460件 エッセイ・ノンフィクション 3,835 位 / 3,835件
文字数 1,788 最終更新日 2020.10.01 登録日 2020.07.22
MJ
2006年春、僕達家族四人は異世界に飛ばされた。 異世界での生活は、私の長年の夢でもありました。 しかし、その世界での私の職業は、研究員(ポスドク)と言う一年先も保証されない状況でした。 その状況で家族を養って行くという状況はまさにこの世の地獄です。 しかも、そこは英語とフランス語が公用語でした。言葉の通じない家族四人での異世界での生活は想像以上に過酷でした。 しかし、何事もチャレンジしていれば、きっと先が見えてくるだろうと言う危険な考えの下、異世界での生活を楽しもうと覚悟を決めました。 我々の異世界での生活を参考に、皆さんが異世界での生活に憧れないように注意していただきたいと思っております。
24hポイント 0pt
小説 112,460 位 / 112,460件 エッセイ・ノンフィクション 3,835 位 / 3,835件
文字数 76,452 最終更新日 2019.03.18 登録日 2018.09.20
──永遠に眠り続ける病を前に、人間は何を以て「死」を背負うのか。 全人口が50億人を切った時代。 ヒエラルキーの頂点に座したのは、植物だった。 肺に咲き、寄生主を永遠の仮死へと誘う植物由来の病・花眠病(Flowering asphixia)。 地球上に徐々に広まりつつあるその奇妙な病に、 研究者は、マスメディアは、医療者は、どのように関わり、葛藤し、 今を生きる人々への最善を築いていくのか。 1〜3話までは情緒的な結びつきを 4〜6話では科学的な話をメインに、人の生き様を描くものになりました (2019/2/22 追記) ーーーーーーーーーーーーーー 文章は硬派と呼ばれるもの/三人称一人視点が多め 生物学や医学などの専門的な知識をふんだんに使ったSFを書きたくて始めました ◼︎追記(第6話投稿時) たくさんの方に閲覧していただきました。 お気に入り登録などしてくださった方、ツイッターでRTしてくださった方も有難うございます! 今後は、参考にした論文などとともに、気の向くままに書きたかったシーンを書いていこうと思います。 2019年で更新を終える予定です。 作者が楽しいだけの話を書こう!から始まりましたが、多くの方から反応が頂けた作品となりました。 今後も活動を頑張ろう、と思える一作品になったと思っています。 本当にありがとうございました!今後もよろしくお願いします! ◆さらに追記(2020年) 論文解読その他で時間かかり過ぎてまだ終わっていませんすみません!! 今年こそ怒涛の更新頑張ります……。 皆様ウイルス蔓延ってきましたので、手洗いうがいを忘れず、しっかり睡眠とご飯を食べて、お気をつけてお過ごしください。
24hポイント 0pt
小説 112,460 位 / 112,460件 現代文学 6,116 位 / 6,116件
文字数 86,160 最終更新日 2019.07.31 登録日 2018.05.29
4