生物学小説一覧

タグ 生物学×
4
1
SF 完結 短編 R18
サイバーイアグナ社が経営する水族館。 そこには、イルカの言語体系を解析するための研究所があった。 その研究所で飼育されたネズミイルカが、天才・女性研究員に愛を告白した。 その言葉は本当なのか? 真の愛を語っているのか? イルカという異種に愛を語る「意識」があるのか? そして、異種とのコミュニケーション、愛は成立するだろうか? そんな感じのSFですが、性描写があります。 SFマガジン8月号の「プラスチックの恋人」(著)山本弘氏の性描写より軽めですが、18禁にしました。当然SFマガジンは18禁の雑誌ではありません。 参考文献 「オルガスムの科学――性的快楽と身体・脳の神秘と謎」 バリー・R・コミサリュック (著), カルロス・バイヤー=フローレス (著), ビバリー・ウィップル (著), & 1 その他 「快楽の歴史」 アラン・コルバン (著), 尾河 直哉 (翻訳) 「愛しのペット―獣姦の博物誌」 ミダス デッケルス (著), 伴田 良輔 (監修), ■イーデスブックスより電子書籍化しました■
24hポイント 85pt
小説 6,253 位 / 65,855件 SF 88 位 / 2,158件
文字数 4,818 最終更新日 2017.07.23 登録日 2017.07.23
魔法が横行する世界。 炎、風、水、数々の魔法が使われる中、彼が使うのはマジック・オブ・サイエンス(科学の魔法)。 知識に比例し、拡大していく力 始まる科学と非科学の混沌…… life is simply a matter of science.
24hポイント 7pt
小説 19,329 位 / 65,855件 ファンタジー 4,840 位 / 20,311件
文字数 1,599 最終更新日 2019.06.15 登録日 2019.06.15
──永遠に眠り続ける病を前に、人間は何を以て「死」を背負うのか。 全人口が50億人を切った時代。 ヒエラルキーの頂点に座したのは、植物だった。 肺に咲き、寄生主を永遠の仮死へと誘う植物由来の病・花眠病(Flowering asphixia)。 地球上に徐々に広まりつつあるその奇妙な病に、 研究者は、マスメディアは、医療者は、どのように関わり、葛藤し、 今を生きる人々への最善を築いていくのか。 1〜3話までは情緒的な結びつきを 4〜6話では科学的な話をメインに、人の生き様を描くものになりました (2019/2/22 追記) ーーーーーーーーーーーーーー 文章は硬派と呼ばれるもの/三人称一人視点が多め 生物学や医学などの専門的な知識をふんだんに使ったSFを書きたくて始めました ◼︎追記(第6話投稿時) たくさんの方に閲覧していただきました。 お気に入り登録などしてくださった方、ツイッターでRTしてくださった方も有難うございます! 今後は、参考にした論文などとともに、気の向くままに書きたかったシーンを書いていこうと思います。 2019年で更新を終える予定です。 作者が楽しいだけの話を書こう!から始まりましたが、多くの方から反応が頂けた作品となりました。 今後も活動を頑張ろう、と思える一作品になったと思っています。 本当にありがとうございました!今後もよろしくお願いします!
24hポイント 0pt
小説 65,855 位 / 65,855件 現代文学 2,862 位 / 2,862件
文字数 86,174 最終更新日 2019.07.31 登録日 2018.05.29
AIはその速度と情報量で既に人を超えているが、プログラムと電気がなければ動かない。でも機械ではなく生物でみると、遺伝子というプログラムを使ったコピーやクローンが作られていて、生きているものもある。いつかそれは、勝手に動き出すかもしれない。
24hポイント 0pt
小説 65,855 位 / 65,855件 絵本 284 位 / 284件
文字数 144 最終更新日 2019.04.09 登録日 2019.04.09
4