性の手ほどき小説一覧

タグ 性の手ほどき×
3
1
青春 完結 ショートショート R18
ツイッターでタイトルだけもらって、それで小説を書くという修練をしました。 本日の2作目です。 1作目はカクヨム様に上げました。
24hポイント 284pt
小説 2,740 位 / 58,657件 青春 36 位 / 2,986件
文字数 4,270 最終更新日 2017.05.05 登録日 2017.05.05
■イーデスブックスより電子書籍化しました■ スゴ腕の剣士だった兄はダンジョンで死んだ。 妻のエルフ・ミルティーシアをかばってだった。 そして、兄嫁は未亡人となった。 ボクは小さなときから、エルフの兄嫁が大好きだったんだ。 だから、修行をするということで、ふたりでダンジョンに行った。 どこでもいい。兄の息づかいを感じる家以外のどこかでふたりきりになりたかったからだ。 でも、ボクはそこで、大きな間違いを犯してしまったんだ。 お義姉さんの脱いだパンティででオナニーをしてしまった。 それを見つかってしまった。 ボクは罰をうけた。 「ひとりで下の階層に行って、そうね…… リザードマンを倒して死体を…… 3つほどもってくることね」 お義姉さんはそう言ったんだ。 そして、ボクはリザードマンの死体を持って帰った。 そして始める、ふたりのレッスン―― ダンジョン冒険物ですが、安全のため18禁です。 多少エロ描写があります。
24hポイント 28pt
小説 9,878 位 / 58,657件 ファンタジー 2,476 位 / 19,016件
文字数 3,545 最終更新日 2017.03.08 登録日 2017.03.08
3
恋愛 連載中 長編 R18
 それが起こったのは、レーザー・シューティング・システム(LSS)を右腕に装着する手術を終えた帰りだった。手術は一時間ほどで問題なく終わったので、すぐ帰宅することにし、病院の売店で、昼食用におにぎりと菓子パンとお茶を買い、スカイカーに乗り込んだ。  垂直にふわっと上昇してから、行き先を入力し自動操縦モードに切り替えた。雲一つない青空が広がり、八月の太陽が輝いていた。  支笏湖の上空を経由して、苫小牧沖に出てから、洋上を西に飛び、絵鞆半島の上空にさしかかった時だった。突然フロントガラス越しに見えていた景色が消失した。同時に暗黒が周りを覆い、スカイカーが激しく振動した。シートベルトが肩に食い込み、胸を締めつける。真っ暗闇の中、スカイカーが回転しながら、落下しているようだ。手を操縦席の計器につき、足を突っ張り衝撃に耐える。しばらく耐えていたが、頭の中に赤い閃光が走り、意識を失った。  気がついた時、スカイカーは海中に沈んでいた。  ここから、五千年の時空を超えて、僕と縄文の女たち――アベンカ(海)とリラ(風)とクンネ(月)――との愛と性の物語が始まる
24hポイント 7pt
小説 15,768 位 / 58,657件 恋愛 5,481 位 / 14,113件
文字数 7,085 最終更新日 2019.10.15 登録日 2019.10.13
3