恋愛小説一覧

タグ 恋愛×
15,120 12345
1
恋愛 連載中 短編 R15
 わたくしはシャーロット・サンチェス。ベネット王国の公爵令嬢で次期女公爵でございます。  旦那様とはお互いの祖父の口約束から始まり現実となった婚約で結婚致しました。結婚生活も順調に進んでわたくしは子宝にも恵まれ旦那様との子を身籠りました。  しかし、わたくしの出産が間近となった時それは起こりました……。  突然公爵邸にやってきた男爵令嬢によって告げられた事。 「私のお腹の中にはスティーブ様との子が居るんですぅ! だからスティーブ様と別れてここから出て行ってください!」  へえぇ〜、旦那様? わたくしが妊娠している時に浮気ですか? それならご覚悟は宜しいでしょうか?
24hポイント 184,303pt
小説 2 位 / 87,576件 恋愛 1 位 / 23,789件
文字数 23,209 最終更新日 2020.11.25 登録日 2020.11.08
2
恋愛 連載中 長編
両親の愛を独り占していた妹のスフレを虐め倒していた悪役令嬢リオノーラ。リオノーラに脅されて、下僕として動いていた第3王子であるユーリンが作った毒で深い眠りについたスフレ‥そんなスフレをキスで目覚めさせた第2王子のデリック 悪事がバレたリオノーラは、スフレを貶めた罪と王族であるユーリンを脅した罪で断罪される事となる。 「‥皆呪ってやるッ!!」そう叫びながら火炙りにされるのだが‥‥!! (そのリオノーラって‥私じゃあああああんッ!!!!?) 目が覚めたら幼女の体に乗り移っていたけど‥いや、これ悪役令嬢でしょ‥? 精霊に守られている国、ニーシュライナー王国で起こる悪役令嬢のやり直し人生!! (*内容が重たいものもあるのでご注意ください) (*70話以上、続く予定)
24hポイント 148,810pt
小説 4 位 / 87,576件 恋愛 3 位 / 23,789件
文字数 36,986 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.11.19
3
恋愛 連載中 短編 R15
初めて妹のアイラと、婚約者ウォルフが顔を合わせた場に立ち会った瞬間。 メリルは嫌な予感がした。 その予感は見事に的中する。 「お前は、私の番に暴力を奮ったそうだな?」 メリルの返事を待たずして、ウォルフは彼女を床に殴りつける。 手のつけられない子供の癇癪のように、彼女に暴力を奮い続けた。 そして、彼女をようやく解放すると。 「お前は侯爵夫人になる女性に暴力を奮ったのだ。犯罪者として裁かれて当然だろう?私は裁判に持ち込まないで自分の手で裁いてやっただけだ」 「ウォルフ様。お優しいのね。コイツもきっと感謝してると思うわ。それに、裁判なんて家の恥よ。早く捨ててくれれば全て解決するわ。そうね、豚舎に捨てれば全て食べてくれるから安心よ」 ウォルフとアイラはそう言って、彼女を屋敷から追い出した。 メリルは自分の命の灯火が消える事を感じながら街を彷徨う。 そこで、ある人物に保護される。 作者は行き当たりばったりのダメ人間です 週に3回は更新したいと思っておりますが、家族の通院の付き添いや、仕事が年末にかけてアホみたいに忙しくなるので、出来ないこともあります よろしくお願いします
24hポイント 132,932pt
小説 6 位 / 87,576件 恋愛 5 位 / 23,789件
文字数 20,783 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.11.15
4
恋愛 連載中 短編
 公爵令嬢のライラは契約していた大狼が怖いと言われ、ディアス殿下に婚約破棄を受けてしまう。  そして新たな婚約者として侯爵令嬢のメラナーを選んだことで、私は婚約破棄の真相を知る。  数ヶ月後に国を守る神獣が選ばれる儀式があり、メラナーが契約していたペガサスが最有力候補だった。  その後、神獣を決める儀式が始まり――私の契約獣が神獣に決まる。  それを知ったディアス殿下が謝罪するも、私は許す気がなかった。
24hポイント 129,338pt
小説 7 位 / 87,576件 恋愛 6 位 / 23,789件
文字数 11,442 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.11.15
5
恋愛 連載中 短編 R15
「聖女どころか子ども産めない女は出て行け!マーガレットに子どもが出来たのだ!きっとお腹の子が聖女に違いない!だからお前とは離婚する!!」 隣の令嬢を抱き寄せて声高々に言い放つのは、侯爵家の ゴードン・サンダーム。 確か私の夫だ。 隣の令嬢はウォール男爵令嬢の、 マーガレット令嬢。 私は1年前にサンダーム侯爵家に嫁いだフィオナ・サンダーム。 元伯爵令嬢だった。 この国では、治癒能力を持つ聖女が3人いる。 不思議な事に、1人聖女が死んでしまうと、程なくして1人聖女が産まれるのだ。 数ヶ月前に、1人の聖女が死んだ。 聖女が産まれたら、その聖女と両親は手厚く扱われる。 その為、国中が自分が聖女を産むのだと躍起になっていた。 聖女は産まれてすぐ分かる。額に十字の印が刻まれているからだ。 特に公爵家や侯爵家は、王族とお近づきになりたい為。この聖女を欲していた。 1年前に結婚した私達の間には子どもはできなかった。 そのためこんな事を言ってきたのだろう…。 でも…。 その浮気相手のお腹にいる子どもって、 誰の子ですか???
24hポイント 123,765pt
小説 8 位 / 87,576件 恋愛 7 位 / 23,789件
文字数 26,581 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.11.08
6
恋愛 連載中 短編
「お姉さまって本当に地味でつまらないわよね」父である子爵に溺愛され、甘やかされて育ったビルギットは、姉のマルガレータを「地味」だと馬鹿にしている。マルガレータは長女として子爵家を支えているが、ビルギットは姉の婚約者も奪い、屋敷から追い出してしまう。マルガレータこそが彼女たちの贅沢な暮らしを支えているとも知らずに。放逐されたマルガレータを救ったのはクリスティアンという青年だった。
24hポイント 123,689pt
小説 9 位 / 87,576件 恋愛 8 位 / 23,789件
文字数 26,681 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.11.11
7
恋愛 連載中 短編
顔にやけどの傷がある令嬢クレアは、第二王子に婚約破棄されてしまう。 お妃様に国外追放をされてしまい、隣国で生活するようになったクレア。 火傷を負わせた相手へのざまぁの物語が始まる。
24hポイント 114,688pt
小説 11 位 / 87,576件 恋愛 10 位 / 23,789件
文字数 7,801 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.11.22
8
恋愛 連載中 短編
エイリャーン伯爵家に仕えるメイド、アンリカ・ジェネッタは、日々不満を抱きながらも、働き続けていた。 ある日、不当に給料を減らされることになったアンリカは、辞職を決意する。 メイドでなくなった以上、家の秘密を守る必要も無い。 アンリカは、令嬢の浮気を、密告することにした。 エイリャーン家の没落が、始まろうとしている……。
24hポイント 98,543pt
小説 16 位 / 87,576件 恋愛 13 位 / 23,789件
文字数 13,090 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.11.17
9
恋愛 完結 長編
私、ルナ・ブラウン。歳は本日14歳となったところですわ。家族は父ラスク・ブラウン公爵と母オリヴィエ、そして3つ上の兄、アーロの4人家族。 本日、私の14歳の誕生日のお祝いと、婚約者のお披露目会を兼ねたパーティーの場でそれは起こりました。 ド定番的な婚約破棄からの恋愛物です。 習作なので短めの話となります。 ふんわり設定で気軽に読んでいただければ幸いです。 Copyright©︎2020-まるねこ
24hポイント 93,496pt
小説 18 位 / 87,576件 恋愛 14 位 / 23,789件
文字数 18,191 最終更新日 2020.11.24 登録日 2020.11.17
10
ファンタジー 連載中 短編 R15
マトリカリア伯爵家は代々アドニス王国軍の衛生兵団長を務める治癒魔法の名門です。 神々に祝福されているマトリカリア家では長女として胸元に十字の聖痕を持った娘が必ず生まれます。 その娘が使う強力な治癒魔法の力で衛生兵をまとめ上げ王国に重用されてきました。 そのため、家督はその長女が代々受け継ぎ、魔力容量の多い男性を婿として迎えています。 しかし、今代のマトリカリア伯爵令嬢フリージアは聖痕を持って生まれたにも関わらず治癒魔法を使えません。 それでも両親に愛されて幸せに暮らしていました。 衛生兵団長を務めていた母カトレアが急に亡くなるまでは。 フリージアの父マトリカリア伯爵は、治癒魔法に関してマトリカリア伯爵家に次ぐ名門のハイドランジア侯爵家の未亡人アザレアを後妻として迎えました。 アザレアには女の連れ子がいました。連れ子のガーベラは聖痕こそありませんが治癒魔法の素質があり、治癒魔法を使えないフリージアは次第に肩身の狭い思いをすることになりました。 アザレアもガーベラも治癒魔法を使えないフリージアを見下して、まるで使用人のように扱います。 そしてガーベラが王国軍の衛生兵団入団試験に合格し王宮に勤め始めたのをきっかけに、父のマトリカリア伯爵すらフリージアを疎ましく思い始め、アザレアに言われるがままガーベラに家督を継がせたいと考えるようになります。 治癒魔法こそ使えませんが、正式には未だにマトリカリア家の家督はフリージアにあるため、身の危険を感じたフリージアは家を出ることを決意しました。 しかし、本人すら知らないだけでフリージアにはマトリカリアの当主に相応しい力が眠っているのです。 ※最初は胸糞悪いと思いますが、ざまぁは早めに終わらせるのでお付き合いいただけると幸いです。
24hポイント 83,007pt
小説 21 位 / 87,576件 ファンタジー 5 位 / 24,826件
文字数 41,905 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.11.14
11
恋愛 連載中 長編 R15
このところ社交界では、ひとりの女性が噂になっていた。曰く、色んな殿方に思わせぶりな態度を取っては手玉に取る毒花のような人だと、清楚な見た目に騙されてはいけないと。実際にパートナーがいるにも関わらず、噂の女性に夢中になる恋人や婚約者たちが続出し、令嬢や貴婦人たちの苛立ちは増すばかり……。 そしてついに、ランスフォード公爵邸にて催された夜会で、シルヴィアーナ・バーリエット公爵令嬢は、婚約者であるランシェル・ハワード第一王子に婚約の解消を告げられてしまうのだった。しかも、その場で婚約を解消されるのは彼女だけではなかったのだ。シルヴィアーナたちは、気合いを入れて王子達に挑む。 ※R15は保険です
24hポイント 77,086pt
小説 25 位 / 87,576件 恋愛 18 位 / 23,789件
文字数 79,411 最終更新日 2020.11.25 登録日 2020.09.18
12
恋愛 連載中 ショートショート R15
「届かなかった祈りは朽ち果ててしまいました。私も悪かったのでしょう。だれかになにかを求めるばかりだったのですから。だから朽ち果てた祈りは捨てて、新しい人生を歩むことにしたのです」 「魅了されていた私を哀れに思ってはくれないのか?」
24hポイント 76,766pt
小説 26 位 / 87,576件 恋愛 19 位 / 23,789件
文字数 7,622 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.11.23
13
恋愛 連載中 短編
「お前ほど醜い女はいないな」  これが新婚初夜でわたくしに言い放った旦那様の言葉です。  どう言葉を返せば良いのやら。まぁ、旦那様はお金のために身売りしたようなものなので、気持ちは分かりますが、新妻にあたりちらすのはどうかと思います。こちらも被害者ですしね。  でしたら、その男優も顔負けの美貌を生かして、金持ちのパトロンでもひっかければ良かったのでは? と思います。愛でお腹は膨れませんよ? 甲斐性なしの朴念仁と心の中で罵っておきます。  とにもかくにも、白い結婚は確定したようなので、離婚を目指して奮闘していたら、何やら私に対する旦那様の態度が変わってきたような? おやあ? 気のせいですよね?
24hポイント 75,657pt
小説 27 位 / 87,576件 恋愛 20 位 / 23,789件
文字数 55,217 最終更新日 2020.11.25 登録日 2020.11.07
14
恋愛 連載中 長編
噂によると、私『ユーフェミア・アージュ』は今日婚約破棄をされるらしい。 婚約者であるマーランナ国の王太子『アレックス・バーングラット』に。 ...ということはこれが殿下の婚約者として出る最後のパーティーってことよね? だったら最後くらいちゃんとした格好をしてもいいですよね?
24hポイント 69,318pt
小説 28 位 / 87,576件 恋愛 21 位 / 23,789件
文字数 37,301 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.10.28
15
恋愛 連載中 短編
「リリアーナ、君との結婚は無かったことにしてもらう。君の力が発現しない以上、君とは結婚できない。君の妹であるマリーベルと結婚することにするよ」 「……私も正直、ずっと心苦しかったのです。これで肩の荷が下りました。昔から二人はお似合いだと思っていたのです。マリーベルとお幸せになさってください」 「ありがとう。マリーベルと幸せになるよ」  円満な婚約解消。これが私の目指したゴール。  この人とは結婚したくない……。私はその一心で今日まで頑張ってきた。努力がようやく報われる。これで私は自由だ。  一度目の人生は聖女として目の前の男に嫁いだが、家を離れている間に私の妹と浮気。子供ができたとお払い箱になる。失意の中で死んでしまうが、土地を癒した見返りとしてそれまでに癒してきた土地に時間を戻してもらう。  今は二度目の人生。元婚約者は領主としてふさわしくないし、浮気男との結婚なんてお断り。でも神様?と約束したのであなたの領地はいただきますね。あなたの領地は私が幸せにします。
24hポイント 68,239pt
小説 29 位 / 87,576件 恋愛 22 位 / 23,789件
文字数 5,466 最終更新日 2020.11.25 登録日 2020.11.22
16
恋愛 連載中 長編 R15
「ごめん、クミ!婚約を取り消してほしい!僕は真実の愛に目覚めたんだ!!」  会社のバーベキュー会場で、私はいきなり婚約を破棄された。  彼氏の隣に居たのは会社の後輩で可愛い金髪美少女キリカ。  彼女は私に残業を嘘の理由でおしつけていて、それを私に怒られた腹いせに彼氏をとったらしい。  それだけでも、悲惨だったのに、なぜかその後異世界に、私、カズヤ、キリカの三人で召喚されて、聖女のキリカと勇者のカズヤ以外はいらない、お前みたいな職なし、ゴミスキル持ちは死ねと、召喚した神官達に私は魔物の住む魔の森に捨てられた。  いや、もう勘弁してください。  ペットになってくれたフェンリル3匹と私を守ってくれようとした神官セルヴァさんと絶対この魔の森で生き抜いてみせるんだから。  神スキル「指定」と、ラッキーで手に入れた「ネット通販」と「遺跡の管理者」の称号を駆使して魔の森に自分の理想の街を作ってやる!  って、日本の調味料で作ったご飯目当てでゴールデンドラゴンやら、敵国兵やらなぜか仲間になっちゃうんですけど!?  浮気してた二人はなぜか勝手に揉めてるし!?  もう私は関係ないので放っておいてください!!!!切実に!!!
24hポイント 67,181pt
小説 30 位 / 87,576件 恋愛 23 位 / 23,789件
文字数 33,006 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.11.19
17
恋愛 連載中 短編
私は『花の王子様』という乙女ゲームに転生した しかも、悪役令嬢に。 いや、私の推しってさ、隠しキャラなのよね。 だから勝手にイチャついてて欲しいんだけど...... ね?頼むからさ、私を巻き込むのはやめてください!
24hポイント 66,270pt
小説 31 位 / 87,576件 恋愛 24 位 / 23,789件
文字数 32,013 最終更新日 2020.11.25 登録日 2020.10.28
18
恋愛 連載中 長編 R15
「真実の愛を見つけた」 殿下にそう告げられる 「応援いたします」 だって真実の愛ですのよ? 見つける方が奇跡です! 婚約破棄の書類ご用意いたします。 わたくしはお先にサインをしました、殿下こちらにフルネームでお書き下さいね。 さぁ早く!わたくしは真実の愛の前では霞んでしまうような存在…身を引きます! なぜ婚約破棄後の元婚約者殿が、こんなに美しく写るのか… 私の真実の愛とは誠の愛であったのか… 気の迷いであったのでは… 葛藤するが、すでに時遅し…
24hポイント 66,084pt
小説 33 位 / 87,576件 恋愛 25 位 / 23,789件
文字数 34,660 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.11.07
19
恋愛 連載中 ショートショート
キャロ・ブリジットは、婚約者のライアン・オーゼフに、突如婚約を破棄された。 本来キャロの味方となって抗議するはずの父、カーセルは、婚約破棄をされた傷物令嬢に価値はないと冷たく言い放ち、キャロを家から追い出してしまう。 ありえないほど酷い仕打ちに、心を痛めていたキャロ。 隣国を訪れたところ、ひょんなことから、王子と顔を合わせることに。 「あの時のお礼を、今するべきだと。そう考えています」 どうやらキャロは、過去に王子を助けたことがあるらしく……?
24hポイント 60,353pt
小説 37 位 / 87,576件 恋愛 28 位 / 23,789件
文字数 4,757 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.11.23
20
恋愛 連載中 短編 R15
「先ほどの誓いを取り消します。女神様に嘘はつけませんもの。私は愛せません。女神様に誓って、この命ある限りジェイク様を愛することはありません」 ──私は、絶対にこの誓いを違えることはありません。 ※子どもに関するセンシティブな内容があります。
24hポイント 59,832pt
小説 38 位 / 87,576件 恋愛 29 位 / 23,789件
文字数 11,430 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.11.22
21
恋愛 完結 短編
 子爵令嬢パトリシアは、カルスに婚約破棄を言い渡されていた。  激務だった私は婚約破棄になったことに内心喜びながら、家に帰っていた。  婚約破棄はカルスとカルスの家族だけで決めたらしく、他の人は何も知らない。  婚約破棄したことを報告すると大騒ぎになり、私の協力によって領地が繁栄していたことをカルスは知る。  翌日――カルスは謝罪して再び婚約して欲しいと頼み込んでくるけど、婚約する気はありません。
24hポイント 57,436pt
小説 40 位 / 87,576件 恋愛 31 位 / 23,789件
文字数 61,397 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.09.13
22
恋愛 完結 長編 R18
第二王子から婚約破棄された途端に、前世の記憶を思い出した伯爵令嬢アーリア。どうやらここは乙女ゲーム中の世界で、自分は悪役令嬢の役割らしい。 死亡フラグを立ててはなるものかと、婚約破棄を速攻で了承し、屋敷に逃げ帰ってきたアーリア。 ところが、そこには第三王子のセドリックが待っていた。可愛いセドリックは弟のような存在だったのに「僕と結婚してほしい」と言い出して……!? ※第二章以降、R18シーンが濃いめになりますので、ご注意ください(視姦、イラマチオ、青姦、素股など)。 ※軽い性描写の話には☆印、R18確定の話には★印を付けます。
24hポイント 55,664pt
小説 41 位 / 87,576件 恋愛 32 位 / 23,789件
文字数 47,503 最終更新日 2020.11.22 登録日 2020.11.13
23
恋愛 連載中 長編 R15
社交界で芋くさ令嬢と馬鹿にされているアニエスは、王女に婚約破棄された公爵令息ナゼルバートを偶然助けることに。しかし、それを見た王女がナゼルバートに罰としてアニエスとの結婚を命じる。私との結婚が罰ゲームって酷くないですか?ほら、ナゼルバート様だって嫌がって……いないだと?これは、芋くさ令嬢と公爵令息が見当違いなすれ違いをしながら距離を縮めたり、古い家のしきたりから自由になった芋くさ令嬢がにょきにょきと活躍するお話。
24hポイント 54,160pt
小説 43 位 / 87,576件 恋愛 33 位 / 23,789件
文字数 103,935 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.10.16
24
恋愛 連載中 短編
シェリル・アンダーソンは侯爵家の一人娘として育った。だが十歳のある日、病弱だった母が息を引き取り――その一年後、父親が新しい妻と、そしてシェリルと一歳しか違わない娘を家に連れてきた。 これまで苦労させたから、と継母と妹を甘やかす父。これまで贅沢してきたのでしょう、とシェリルのものを妹に与える継母。あれが欲しいこれが欲しい、と我侭ばかりの妹。 シェリルが十六を迎える頃には、自分の訴えが通らないことに慣れ切ってしまっていた。 そうしたある日、婚約者である公爵令息サイラスが婚約を破棄したいとシェリルに訴えた。 シェリルの頭に浮かんだのは、数日前に見た――二人で歩く妹とサイラスの姿。 またか、と思ったシェリルはサイラスの訴えに応じることにした。 ――はずなのに、何故かそれ以来サイラスがよく絡んでくるようになった。
24hポイント 53,606pt
小説 44 位 / 87,576件 恋愛 34 位 / 23,789件
文字数 58,567 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.10.15
25
恋愛 連載中 長編
伯爵令嬢のリリアーナは、小さい頃から、妹のエルーシアにネックレスや髪飾りなどのお気に入りの物を奪われてきた。 とうとう、婚約者のルシアンまでも妹に奪われてしまい…… ※最終話の投稿は、2021年1月13日を予定しています。 全て、リリアーナ視点になるように変更をしました。 内容はほとんど変わらないので、読み返さなくても、そのまま読めるようになっています。 表現方法を変更してる場所が複数あります。 ご迷惑をおかけします。申し訳ありません。
24hポイント 52,124pt
小説 46 位 / 87,576件 恋愛 35 位 / 23,789件
文字数 75,752 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.10.15
26
恋愛 連載中 長編 R15
令嬢ウィステリアは、美しく優しい公爵家令息ブライトに恋をしていた。 彼との婚約を目指し、悪評にもめげず努力を重ねる。 けれど、ブライトがより気さくに接するのは義理の妹のほうだった。 あるとき、義妹が生贄に選ばれてしまう。 回避しようと奔走する中、ウィステリアはブライトの気持ちを知ってしまう。 やがて決定的な言葉を告げられ、傷つき孤独になったウィステリアは、義妹の身代わりで生贄となるが…。 これは傷つき孤独を抱えた元令嬢と、すべてに恵まれたがゆえに何も執着しなかった青年の物語。 ※pixivfanboxにて先行公開あり。「小説家になろう」にも掲載しています。
24hポイント 51,575pt
小説 47 位 / 87,576件 恋愛 36 位 / 23,789件
文字数 24,242 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.11.19
27
恋愛 連載中 長編 R15
エレーナ・ルイスは小さい頃から兄のように慕っていた王子殿下が好きだった。 しかし、ある噂と事実を聞いたことで恋心を捨てることにしたエレーナは、断ってきていた他の人との縁談を受けることにするのだが──? 「どうして!? 殿下には好きな人がいるはずなのに!!」 好きな人がいるはずの殿下が距離を縮めてくることに戸惑う彼女と、我慢をやめた王子のお話。 ※小説家になろうでも投稿してます
24hポイント 51,149pt
小説 48 位 / 87,576件 恋愛 37 位 / 23,789件
文字数 48,691 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.11.03
28
恋愛 完結 短編 R15
「ユーリカ……、どうか、私の愛を受け止めて欲しい」 何を言ってるんだこの方は? という言葉を辛うじて飲み込んだユーリカ・クレメンス辺境伯令嬢は、頭がどうかしたとしか思えないディーノ・ウォルフォード王太子殿下をまじまじと見た。見つめた訳じゃない、ただ、見た。 何か否定する事を言えば不敬罪にあたるかもしれない。第一愛を囁かれるような関係では無いのだ。同じ生徒会の生徒会長と副会長、それ以外はクラスも違う。 そして何より……。 「殿下。殿下には婚約者がいらっしゃいますでしょう?」 こんな浮気な男に見染められたくもなければ、あと一年後には揃って社交界デビューする貴族社会で下手に女の敵を作りたくもない! 誰でもいいから助けて欲しい! そんな願いを聞き届けたのか、ふたりきりだった生徒会室の扉が開く。現れたのは……嫌味眼鏡で(こっそり)通称が通っている経理兼書記のバルティ・マッケンジー公爵子息で。 「おや、まぁ、……何やら面白いことになっていますね? 失礼致しました」 助けないんかい!! あー、どうしてこうなった! 嫌味眼鏡は今頃新聞部にこのネタを売りに行ったはずだ。 殿下、とりあえずは手をお離しください! ※小説家になろう様でも別名義で連載しています。
24hポイント 48,982pt
小説 49 位 / 87,576件 恋愛 38 位 / 23,789件
文字数 32,960 最終更新日 2020.11.25 登録日 2020.11.20
29
恋愛 連載中 短編
 私アリサの婚約者を妹アイリーンが奪って捨てた時から、両親に溺愛されていたアイリーンの行動は更に酷くなっていく。  何度も婚約しては破棄する妹の被害を私は受け続けて、ある日アイリーンが新しく婚約者にした子爵家のマルセルを、私に紹介すると言い出す。  話を聞くとどう考えても飽きて押しつけてきたと推測しながらも、私はマルセルと婚約することが決まり、幸せな日々を送っていた。  その後――国を守る精霊にマルセルが選ばれたことで、私と妹の立場が一変することとなっていた。
24hポイント 45,670pt
小説 50 位 / 87,576件 恋愛 39 位 / 23,789件
文字数 24,388 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.10.29
30
恋愛 連載中 短編 R15
──お前の笑い方は下品だと、言われた。  だから、笑うのをやめた。 ──お前の涙は、鬱陶しいと言われた。  だから、泣くのをやめた。  第二王子の婚約者に、無機質すぎると婚約を解消され、公爵家から追放され、平民になったブレンダは、貴族も通う全寮制の学校に特待生として、通うことになる。  そこで、感情を殺すことをやめた彼女は、無機質ではなく、とても感情豊かな少女で周囲を魅了していく。それは、元婚約者の第二王子も例外ではなく……。
24hポイント 44,623pt
小説 52 位 / 87,576件 恋愛 40 位 / 23,789件
文字数 28,546 最終更新日 2020.11.25 登録日 2020.06.13
31
恋愛 連載中 短編
悪役令嬢?であるセシリア・ミキャエラ・チェスタートン侯爵令嬢は第一王子に好いた男爵令嬢を虐めたとか言われて断罪されあげく禿げたローレンス・アラスター・ファーニヴァル伯爵と結婚することになってしまった。 花嫁衣装を着て伯爵家に向かったセシリアだが……どうなる結婚生活!!?
24hポイント 44,255pt
小説 53 位 / 87,576件 恋愛 41 位 / 23,789件
文字数 44,630 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.11.14
32
恋愛 連載中 短編
※11月20日、本編完結いたしました。明日(21日)より、ニナや両親のその後(ざまぁ)などを描く、番外編が始まります。 『お姉ちゃん。お姉ちゃんのヌイグルミ、欲しくなったの。あたしにちょうだい』  両親に溺愛される妹・ニナは私が大切にしている物を欲しがり、昔からその全てを奪ってきました。  そしてやがては私から婚約者を奪い、自分が婚約者となって彼の家で同棲を始めたのです。  ですが、それから1年後。 『お姉様助けてっ! あの男をどうにかしてっ!!』  そんな妹が突然帰ってきて、いつも見下していた私に様付けをして泣きついてきたのです。  あちらでは仲良く、幸せに暮らしていたはずなのに。何があったのでしょうか……?
24hポイント 43,457pt
小説 56 位 / 87,576件 恋愛 42 位 / 23,789件
文字数 46,115 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.10.18
33
恋愛 連載中 長編 R15
ルーナ・ドワイスは後2ヶ月で16歳になる。 そんな時突然、継母と義兄に結婚相手として騎士団長の一人ファリアス公爵の元に婚約者候補として邸を追い出すように出された。 今までも婚約者候補を迎えていたファリアス公爵は誰とも一度も婚約にたどりつけない方だったが、ルーナは何も知らず、一人ファリアス公爵の邸に行くこととなる。 行く場所のないルーナをファリアス公爵は気にかけ始めていく。 小説家になろう様でも投稿しています! よろしくお願いいたします!
24hポイント 43,126pt
小説 57 位 / 87,576件 恋愛 43 位 / 23,789件
文字数 170,792 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.10.01
34
恋愛 連載中 短編
「お前のような嫉妬深い蛇のような女を妻にできるものか。婚約破棄だアイリスフィア!僕は聖女レノアと結婚する!」 「そんな!ジルク様、貴男に捨てられるぐらいなら死んだ方がましです!」 「ならば今すぐ死ね!お前など目障りだ!」  公爵令嬢アイリスフィアは泣き崩れ、そして聖女レノアは冷たい目で告げた。 「でもアイリ様を薬で洗脳したのはジルク王子貴男ですよね?」
24hポイント 42,537pt
小説 58 位 / 87,576件 恋愛 44 位 / 23,789件
文字数 15,517 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.11.07
35
恋愛 連載中 長編
「ごめんね、エレノアちゃん。悪気があるわけじゃないのよ」 幼馴染みの聖女アマルダは、そう言って私に『無能神』と呼ばれる醜い神様との結婚を押し付けた。 そのくせ、アマルダ本人は最高神と新たに結婚を決め、幸せいっぱい。 一方の私は、元々の婚約も破棄されたうえ、神殿の隅に追いやられ、醜い無能神の相手をしながらひっそり生きていく羽目に。 ……のはずだけど、この神様、ぜんぜん『無能』じゃないですよね? それになぜか、他の神々がみんなこの神様を敬っているみたいなんですけど……? ※ヒーローは途中で人型になりますが、最初はエグいくらいの異形です。
24hポイント 41,835pt
小説 59 位 / 87,576件 恋愛 45 位 / 23,789件
文字数 188,040 最終更新日 2020.11.15 登録日 2020.07.18
【書籍化に伴い、1〜4章を引き下げました。今までお読みくださりありがとうございました!】 両親は病弱な妹ばかり可愛がり、姉である私のことは見向きもしない。 挙句、異形の魔族の血を引く冷血公爵へ、妹の身代わりとして嫁がされることに。 でも大丈夫! 私も妹が可愛いので! それにこの人、そんなに冷血でもないみたいですよ。
24hポイント 41,112pt
小説 60 位 / 87,576件 恋愛 46 位 / 23,789件
文字数 164,508 最終更新日 2020.11.25 登録日 2019.11.20
37
恋愛 連載中 長編
伯爵家の長男エリオルは幼い頃から不遇な扱いを受けて来た。 政略結婚で結ばれた両親の間に愛はなく、愛人が正妻の扱いを受け歯がゆい思いをしながらも母の為に耐え忍んでいた。 卒業したら伯爵家を出て母と二人きりで生きて行こうと思っていたのだが… 「君を我が侯爵家の養子に迎えたい」 ある日突然、侯爵家に婿養子として入って欲しいと言われるのだった。
24hポイント 40,998pt
小説 61 位 / 87,576件 恋愛 47 位 / 23,789件
文字数 200,848 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.07.26
38
恋愛 連載中 長編
乙女ゲーム『青の貴族達』はハーレムエンドを迎えました。 じゃあ、その後のヒロイン達はどうなるんでしょうね?
24hポイント 39,663pt
小説 63 位 / 87,576件 恋愛 49 位 / 23,789件
文字数 5,830 最終更新日 2020.11.25 登録日 2020.11.21
39
恋愛 完結 ショートショート R18
福島美鈴には妹がいました。妹の久美は私の婚約者である東正則さんを愛してしまったから、 譲ってほしいと言った。私は本当にいいのかしらと思いながら、快諾しました。 私は、これであの腹黒部長から逃れられると思い、嬉しかったのですが……
24hポイント 39,582pt
小説 64 位 / 87,576件 恋愛 50 位 / 23,789件
文字数 15,364 最終更新日 2020.11.23 登録日 2020.11.16
40
恋愛 連載中 短編
 子爵令嬢のラドミラは、希少スキルを数ヶ月以内に取得することが発覚する。  希少スキルの力で国は更に発展することになると、私はノルディガ国から期待されていた。  そして希少スキルを取得して――私のスキルは、錬金スキルと判明する。  名前は解るも効果が解らず錬金魔法を試してみるも、効果は不明のままだった。  期待していた貴族達や陛下は失望したようで、私は国外追放を言い渡される。  国外追放を受けた後――隣国で私は、スキルの力を使うことができるようになっていた。  スキルの力で様々な魔道具が進化を遂げて隣国が発展した結果――ノルディガ王は私を国に戻そうと動くも、絶対に戻りたくはなかった。
24hポイント 38,971pt
小説 67 位 / 87,576件 恋愛 52 位 / 23,789件
文字数 4,951 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.11.22
15,120 12345