英雄譚小説(外部サイト)一覧

タグ 英雄譚×
4
転移系拳闘ヒロイック・サーガ。目指すはエピック・ファンタジー。伝説の魔闘拳士が、その拳と知恵で異世界を切り拓く大河戦記。  様々な出来事の中で失意のうちに少年・流堂櫂は異世界に転移してしまう。  持ち前の格闘術と魔法の応用で身を寄せた王国ホルツレインを救い、彼は魔闘拳士として吟遊詩人にまで歌われる英雄として世界に名を轟かせた。  一度は日本に戻った櫂だが、自らの存在意義を異世界に感じてしまった彼は再びその異世界に舞い降りる。謎の多い青髪の美貌チャムと出会った彼は魔闘拳士カイ・ルドウとして、世界を見つめる旅に出かける決意をする。全ては温かく迎えてくれた人々の為に。何も言わずに受け入れてくれたチャムの世界を、自らが信じる正しい形に導く為に。  心強い仲間を加えつつ、カイの冒険の旅が幕を開ける。
24hポイント 82pt
小説 366 位 / 19,426件 ファンタジー 205 位 / 7,538件
登録日 2017.01.02
かつて偉大な四人の英雄がいた。彼らは破滅へと誘う“終焉の日”を消滅させるため、天界・魔界・人間界を一つの世界へと融合させ、未来の子供たちに命運を託した。彼らの意志を受け継ぐ“英雄志願者”たちは世界を救うために日々戦い続ける。 “少年ラナ”もまた英雄志願者として世界を救う英雄になることを決意し、故郷を旅立つのだが、巻き込まれ体質の彼は多くの問題を抱える“白銀の魔女スフィア”と出会ってしまう。そして、顔だけはタイプのスフィアの口車に乗せられてしまったラナは、互いの全てを共有する“結魂契約”を結ぶことになり、様々な苦難を強いられるのだが――。 この物語は、滅びゆく世界の中を懸命に生き抜き、己の信念を貫き続ける魂の物語である。 【登場人物】 主人公:ラナ・クロイツ ・巻き込まれ体質の彼は常に何かをしようとすると邪魔が入ったりして上手くいかない。英雄に対する憧れは人一倍で、かつての英雄の一人“長剣使いの英雄エルシド・ア・ドールに強い憧れを抱く。能天気で自由奔放で、複数のことを考えられない鶏のような脳みその持ち主。 ヒロイン:スフィア・セーラム ・強大な魔力を持つ四大聖魔の一角。セーラム家の第十三皇女。人間に忌み嫌われている魔女の一族である。なぜかラナに対しては少し棘のある言葉を投げかけたり、少しツンが強いツンデレタイプ。豊富な知識を駆使して頼りないラナのサポート役としても一役買っている。 【読者の皆様へ】 数多くある作品の中から私の作品を選んでくださり、ありがとうございます。 まだまだ至らぬ点も多々あるかと思いますが、楽しんで頂ける作品を試行錯誤しつつ、頑張って書いていきますので、よろしくお願い致します。 ※明らかに矛盾しているところがない限り、ひとまず完結に向けて書き続けます。加筆修正などはその後にと考えています。誤字脱字に関しては、見つけ次第対応いたします。
24hポイント 5pt
小説 2,195 位 / 19,426件 ファンタジー 818 位 / 7,538件
登録日 2018.06.23
全ての始まりとはこの世界が創造されてから起こった13日間である。 テゥエルターナー大戦(DT150~帝國暦56年12月終結) 世界の9割が消滅した古代から続く戦争により魔法は失われ、英雄という幻想は消えた。 記憶喪失の少年、「ダイン」最凶の英雄だった男。 とある運命により出逢いを果たす騎士、ツヴァイ。 ダインとツヴァイが出逢うことで、世界の歯車が動き出す ―世界が脅威に曝される前にKnightsOfDarknessに全てを託した。 少年は記憶がなくなり海岸に流されて手に握っていたのは双剣だ。 記憶を取り戻す物語から騎士の魂が動き始まる。 ダイン・アガートラーム・ヴェスタニエを軸にクラウド・ヴェスタニエその子ブラッド・アルスヴェルグト・ヴェスタニエに紡がれる親子3世代の物語が今始まる。 《ヴェスタニエ全史》 第Ⅰ部帝國暦60年~75年 ダイン・ヴェスタニエ時代(男) 第Ⅱ部英雄暦10年~40年 クラウド・ヴェスタニエ時代(男) 第Ⅲ部英雄暦50年~天照暦40年 ブラッド・ヴェスタニエ時代(男) 第Ⅳ部ED600~ED900 ルヴィア・ジーザス・ヴェスタニエ時代(女) 第Ⅴ部GX1000~1200 アレイン・オルダ・ヴィクトムント・ヴェスタニエ時代(女) 第Ⅵ部GG900~GE2000 レギオンドライヴ・セックスベリー・ヴェスタニエ時代(男) 第Ⅶ部暗黒暦元年~5000 イシュガルド・アーサー・ミカエル・ヴェスタニエ時代(男) 第Ⅷ部BC90~AD2500 レイヴ・フォン・レイヴェルト・サー・ヴェスタニエ時代(男) 第Ⅸ部AD7000~SX2000 シューヴェルト・マーガス・ヒメールハイト・ヴェスタニエ時代(男) 第Ⅹ部ラグナロク暦0000~20 ウェルト・グランスヴァンベルグ・クレアツィオーネ時代(男)  これはKnghitsOfDarknessの歴史と共に送るVの遺志を継ぐ為の物語でダイン・アガートラーム・ヴェスタニエからヴェスタニエ最期の当主ウェルト・クレアツィオーネまでこの物語を描く。
24hポイント 0pt
小説 19,426 位 / 19,426件 ファンタジー 7,538 位 / 7,538件
登録日 2018.08.02
このような言葉がある。 「終わりの無き世界に其処は絶望の世界で永遠に心は呪われ初め肉体すらその薄火に輝く未来は起こらぬ。未来とは俺が、俺達が紡ぎ創るモノである。この世界は、終わりなきループの地獄。それが、CODEである。」  この物語は天神一族の終わりなき絶望を生き抜き輝く未来をつかみ取った栄光と挫折の一族の物語である。 ”終わりなき世界の輪廻と虚無の世界に生き続ける黄昏が果てしなくも続きそして、始まりの物語へ・・・・・” これはKGUという大学を軸に繰り広げられる異能力英雄譚である。 天神家とカオルの奇妙な宿命とCODEを使ってこの世界を守り抜く伝説に名を刻んだ12人の記録である。 世界が創られ65億年が過ぎた近未来的現代の世。 「命の重みを知り、命の価値を知る」 かつて、原初の世の中まだ地球が形成されてない頃なるが人類と焔・水・風・土・闇・光を与え、土嚢で二人の命を与えた。 しかし、ヤハウェーは、紀元前9000000年頃、姿は疎か歴史上からも消えた。 創られた歴史、偽られた歴史、たった一人の人間が神を倒した。 それこそ、この物語の最初の異能者神武天皇は、地獄の異能(神殺しの禁忌)を人類初習得し、ヤハウェーが消えた後神の遺伝子だけが残り、そして・・・ある境に、神の力は一人の女の身に宿った。 今、知る「神」だ。 混沌の茜空で、歴史と時空が一体化し、創られた世界に私たちが住んでいる。元の記録は、何千年前に 何万年前に、 何億年前に、 何百年後に、 ・・・・・・・神が創る世界それを知らないのは、この世界で「異能」がなければ、生きてはしない。 その中でも、「天使」「魔神」「無能」この三種類は、人類も地球も宇宙も存在してはならない人間である。  さて、今から話すのは一人の青年が、神武の落胤で彼の血が覚醒し、神を再び、倒す!物語で在り、七人の歴史上に名を残せなかった異能者の魂の鎮魂歌(レクイエム)を感じ、その無限に繰り広げられる「死」の世界からの解脱と輪廻の邂逅・・・・・・ 業を背負うモノに、罪は償えきれない。 この世界を救うべく、立ち向かうのはエンペラー、この男の命を、人生を懸けた壮大な歴史が、今昔幕を開ける。 刻とその混沌を刻まれ、創られた歴史の中、異能者の歴史をご覧あれ 人間は、いつか真実を受け止め、前を向いて歩いて、いつの時代もそうだ。 神が創ったのは、全てではない! 人間は人間から生物と神の境界線に、『嘘』と惑わされてはいけない。
24hポイント 0pt
小説 19,426 位 / 19,426件 ファンタジー 7,538 位 / 7,538件
登録日 2018.08.02
4