回想小説一覧

タグ 回想×
12
1
恋愛 連載中 長編
6月某日、梅雨なのによく晴れたある日――。一人のウェディングドレス姿の花嫁が、新宿の結婚式場で式を挙げようとしていた。 彼女の名前は篠沢(しのざわ)絢乃(あやの)。19歳の若さで大財閥〈篠沢グループ〉の会長を務めている。そして、彼女が結婚する相手は桐島(きりしま)貢(みつぐ)。絢乃より8歳年上で、会長付秘書を務めている青年で、彼女の初恋の相手でもある。 彼女は控室で、桐島との出会いから結婚に至るまでの経緯を思い返していた。 二人の出会いは20ヶ月前の秋。財閥の前会長だった絢乃の父、源一の誕生日パーティーの席でだった。この時すでに体調に異常をきたしていた絢乃の父のことを心配し、病院での受診を提案したのが当時総務課の平社員だった桐島なのだ。 彼のおかげで、父が末期ガンで闘病ののち逝去するまでの3ヶ月間を有意義に過ごすことができたと、絢乃は感謝していた。 父亡きあと、遺言で会長に就任することになった絢乃は、葬儀の日に送迎を担当した桐島に「自分に会長が務まるのか」と弱音を吐く。そんな彼女を支えるべく、桐島は「自分が秘書になります」と宣言。会長選任の取締役会でひと悶着あったものの、絢乃の母で篠沢家当主の加奈子が会長代行を務めることで承認を得、無事に絢乃が会長に就任した。 会長に就任したあとの絢乃はまだ現役の高校生だったこともあり、慌ただしい二足のワラジ生活を送っていた。桐島はそんな彼女を献身的に支え、送迎まで買って出る。 絢乃はいつしか、彼の存在に安心感を抱くようになるけれど、それが何という感情からくるものなのか分からなかった。 友人の中川(なかがわ)里歩(りほ)の指摘で、絢乃は初めて知った。それが恋なのだと――。 そして、絢乃は桐島の兄・悠(ひさし)の登場により、桐島もまた、自分に対して特別な想いを抱いていることを知り――。 高校卒業後、会長職に専念することにした絢乃は、恋人となった桐島との結婚願望を抱くけれど、彼はなかなかプロポーズしてくれず――?
24hポイント 263pt
小説 4,914 位 / 119,710件 恋愛 2,242 位 / 35,038件
文字数 118,040 最終更新日 2021.09.17 登録日 2021.06.05
2
恋愛 完結 短編 R18
「令嬢のささやかな復讐」のアストン視点のお話です。
24hポイント 99pt
小説 9,173 位 / 119,710件 恋愛 4,029 位 / 35,038件
文字数 8,572 最終更新日 2020.06.30 登録日 2020.06.26
3
恋愛 完結 短編
【あらすじ】誰かを想って流す涙は、痛い──。 元彼と別れて一週間。私こと島本菜摘のもとに段ボールひとつ分の荷物が届く。その中身とは…… 【作品情報】『言えなかった言葉 言いたかった言葉』を加筆修正・改題したものです。 4話+掌編の全5話です。
24hポイント 7pt
小説 28,087 位 / 119,710件 恋愛 11,758 位 / 35,038件
文字数 8,217 最終更新日 2020.07.12 登録日 2020.06.14
4
恋愛 完結 長編
 七原千景30歳。夫の尚宏、娘の夏乃と3人家族。フルタイムの仕事をしている。  今月から、新しく配属となったプロジェクト。そのプロジェクトで待っていたのは、以前バイトをしていたカフェで一緒に仕事をしていた、見覚えのある彼だった。 「もしかして、千景ちゃん?」  懐かしいその声に、昔の記憶が蘇る。  ──大学生活も残り2年になった頃、私は恋をしていた。  バイト先の1つ下の男の子『桐谷航河』は、私、『藤田千景』の思い人である。  あの時私は、彼の存在が一番で、何より大切な存在だったのだ。  付き合っているのかと勘違いする人が出るほど、私達は仲の良い2人であった。  大好きだった。愛していた。  例え、その恋が、実らなかった恋だとしても。  私は、確かに。『桐谷航河』に恋をしていたんだ。  ──昔好きだった彼と、数年越しに再会した千景。その彼とは、千景の結婚を機に連絡を取らなくなっていた。  昔好きだった彼が、昔と変わらぬ優しさのまま今目の前に現れる。  今と昔を重ね合わせては、その時の気持ちを思い出す千景。昔と扱いの変わらない航河は、一体、何を思い千景と接するのか。 ※現在と過去の回想が織りなす、甘くてほろ苦いラブストーリー。 ※クスリと笑える要素あり。 ※もどかしさ、焦ったさ多目。 ※彼女にいる男性に恋をします。NTR等の表現はありませんが、人によって考え方、行動、表現において不快となる部分が含まれる可能性がございます。ご注意ください。 ※泥沼化はしません故、悪しからず。 ※ この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません ※※※ Key Word※※※ 甘酸っぱい 片思い 両思い 夫婦 恋人 カップル 友達 友達以上恋人未満 じれったい 想像 男女 女主人公 昔話 デート いちゃいちゃ 甘々 ラブラブ 仲良し 男友達 女友達 NL 恋愛話 あまあま 涙 過去 思い出
24hポイント 7pt
小説 28,087 位 / 119,710件 恋愛 11,758 位 / 35,038件
文字数 173,220 最終更新日 2019.11.26 登録日 2019.06.01
5
恋愛 完結 ショートショート
大切な誰かと過ごした日々。 今ではそんな日々が宝物。 それは、人生の中ではほんの少しの長い一年だった。。。 これからも繰り返すであろう出会いと別れを 経験するその前に、思い出したい春夏秋冬、そして新たな春があった。
24hポイント 0pt
小説 119,710 位 / 119,710件 恋愛 35,038 位 / 35,038件
文字数 442 最終更新日 2021.07.25 登録日 2021.07.25
結果論
24hポイント 0pt
小説 119,710 位 / 119,710件 青春 4,686 位 / 4,686件
文字数 1,287 最終更新日 2021.06.30 登録日 2021.06.30
7
現代文学 完結 ショートショート
テレビドラマ『パパのガレージ』が好きだった。 『パパのガレージ』70年代後半から80年代前半に放送されていたテレビドラマ。 その主演俳優のマット・L・サイモンが亡くなって十年以上が経った。 今、ドラマについて覚えていること、感じたことを書き留めておこう。 *「カクヨム」に投稿しています(名義:@ns_ky_20151225)。 *「小説家になろう」に投稿しています(名義:naro_naro)。 *「エブリスタ」に投稿しています(名義:estar_20210224)。 *「ノベルアップ+」に投稿しています(名義:novelup20210528)。
24hポイント 0pt
小説 119,710 位 / 119,710件 現代文学 6,065 位 / 6,065件
文字数 1,806 最終更新日 2021.06.20 登録日 2021.06.20
命に水を注ぐ音がする。
24hポイント 0pt
小説 119,710 位 / 119,710件 恋愛 35,038 位 / 35,038件
文字数 5,741 最終更新日 2020.11.11 登録日 2020.11.11
 目の前から姿を消して、気付くこと。
24hポイント 0pt
小説 119,710 位 / 119,710件 現代文学 6,065 位 / 6,065件
文字数 660 最終更新日 2020.04.29 登録日 2020.04.29
10
恋愛 完結 短編
tes
ある喫煙所でしか会わない2人の出会いと別れの話
24hポイント 0pt
小説 119,710 位 / 119,710件 恋愛 35,038 位 / 35,038件
文字数 10,379 最終更新日 2019.08.26 登録日 2019.08.26
はじめまして。読んで下さってありがとうございます。 この作品は、本編がまだ書けていない中華風ファンタジー『六王記』のバレンタインデーを中心とした番外編になっています。 この先、本編が出来上がり次第、投稿させて頂きたいと考えていますので、キャラと世界観も兼ねた内容になっています。 この物語はフィクションです。実在の人物・団体様とは無関係の創作作品です。 作中に18歳未満の方にはふさわしくないと思われる表現を数多く使用しています。 18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。 (作中に拷問を連想させるシーン。戦闘シーン。軽い描写の性的なシーン。人が亡くなるシーンが 含まれていますのでR18とさせて頂きました。) 苦手な方はごめんなさい。 大丈夫な方のみ、お願いいたします。 キャラクターの設定等はpixivに投稿しています。 よろしくお願いします。
24hポイント 0pt
小説 119,710 位 / 119,710件 ファンタジー 31,314 位 / 31,314件
文字数 28,057 最終更新日 2019.03.01 登録日 2019.03.01
12
恋愛 完結 長編 R15
「僕」は海と空以外に何もない海岸近くの小高い丘にいた。「僕」は、なぜ自分がそこにいるのかも、何者なのかもわからないまま、ただぼんやりと、目の前青い風景を。その中に溶け込みそうなくらいに見つめていたのっだった。だが、「僕」がふと思い立ち、丘の斜面を降り始めた時に聞こえてきた、謎の「声」。「僕」は、その声の予言のような「君は君に会う」と言う言葉に導かれ、砂浜を放浪するうちに、「思い出す」のであった。  それは、学生と転勤者の多く住むある地方都市の、九十年代半ばの頃のことだった。バブルが終わり、果てしなき不況の中に落ちて行く日本で、それでも落ちて行く者なりの浮遊感を楽しめた最後の時代。毎日毎日が、思い返せば特別で、濃密で、しかし飛ぶように過ぎていった日々。そんな毎日の中で、大学生ユウは、大音量のダンスミュージックに満ちたクラブSで、気のおけない友人や、気になる二人の女性、マイとサキに翻弄されながらも楽しく過ごしていたのだった。  しかし、そんな日々がしだいに終わって行く、そんなすべてを「僕」は思い出していくのだった……
24hポイント 0pt
小説 119,710 位 / 119,710件 恋愛 35,038 位 / 35,038件
文字数 92,887 最終更新日 2018.07.31 登録日 2017.08.19
12