お菓子小説(外部サイト)一覧

タグ お菓子×
2
少女メルフィがスケッチブックに描いた双子の子供悪魔のエイゼルたち。 お菓子しか食べられない彼女たちだが、しかしメルフィは絵の中にお菓子を描かなかった。だってメルフィはまだ小さい女の子。自分が描いた悪魔たちが何を食べるかなんて、想像もしていなかったんだもの。 お腹を空かせた悪魔たちは、年にただ一度の外に出られる機会であるハロウィンの夜に外出し、外の世界でお腹いっぱいお菓子を頬張り、遊び、いたずらに興じる。 お姉さん悪魔のアーネに「夜が明けるまでに帰ってきなさい」と言われていたにもかかわらず、外の世界の悪魔トゥイードル・ディーとトゥイードル・ダムに誘われて、そのまま絵の中に戻ることなく、次の日も、また次の日も、お菓子を盗んではお腹いっぱい食べるようになる。 悪いことをするのが悪魔の仕事。 でも外の世界を知らないエイゼル二人の悪事はエスカレートしっぱなし。町外れのお婆ちゃんが孫のために焼いたカボチャのパイを盗んでくるなど、思わずディーとダムが引いちゃうくらい。 とは言え悪事は己の身に返ってくるもので……。 ある日、エイゼル二人は歯の痛みを覚える。それはズキズキズキズキ二人を苛み、手のつけようがなくなる。 人間の子供に助けを求めるも、悪魔はハロウィンの夜以外では人の目に映らない。 彼女たちを外の世界に誘ったディーとダムも、何も出来ずに泣き出してしまう。 そこに、二人を探していたアーネが出現。 アーネが二人を心配し、泣きながら探していたのは絶対に秘密だけど、それでもお姉さんとしての威厳をもって二人を叱り、そして抱きしめ。エイゼル二人と、ついでにディーとダムも引きずって、絵の中に帰還する。 こうして、ちょっとだけ長かったハロウィンの夜は終わった。 エイゼル二人はアーネに謝り、歯が痛いのを治してほしいと懇願するけど、アーネはプイと顔をそむけて「言うことを聞かなかった罰です。次のハロウィンまでそうしていなさい」と二人を叱る。 ある日、メルフィがスケッチブックを開いてみると、自分が描いた絵が変化しているのに気がつく。 描いた覚えのない悪魔が二人増えていて、しかも子供悪魔が二人とも、頬を腫らして涙ぐんでいる。 メルフィはちょっと考え、まぁそういうこともあるのかもしれないと思い、しかし泣いているのは可哀想と考えて。 お絵かきセットを取り出すと、子供悪魔のエイゼル二人を、笑顔に書き直す。 閉められたスケッチブックの中で、やっと痛みから開放されたエイゼル二人は、ディーとダムにまた次のハロウィンに遊ぼうねと笑う。 ディーとダムはうなずきながら、しかし来年はちゃんと時間どおりに帰ろうね、と話す。大人の言うことを守らないことが、必ずしも格好のいいことではないと、彼女たちもやっと理解したのだった。
24hポイント 0pt
小説 19,045 位 / 19,045件 キャラ文芸 176 位 / 176件
カクヨムで、投稿しています。 軍隊の機械化を目指す国、亜米利谷(アメリヤ)に対抗すべく、世界の国々が助け合い生身で立ち向かう戦闘劇。 舞台は、亜米利谷に対抗する部隊を育成する児童機関、エデン軍備施設教育場。 主人公は、今は亡き帝国の少佐の娘、ボルネシアと、その仲間たち 処女作です。 戦史は詳しい方ではないので、間違えている箇所あれば、御指摘頂けると幸いです。 また、中学生の文法なので、途中読みにくい点もあるかもしれませんが、ご了承ください。 戦史1割 お話9割 です。 軽く戦史に触れたいという方は、是非。
24hポイント 0pt
小説 19,045 位 / 19,045件 ファンタジー 7,280 位 / 7,280件
2