アート小説一覧

タグ アート×
4
1
ライト文芸 完結 ショートショート
私を描いて欲しい。東京を去る僕に彼女はそれを告げる。 『あ、あの先生に……描いて、欲しいんです』 「え……? 描くって何を?」  彼女は再び声を詰まらせ、そしてその言葉を口にする。 『あの、もう一度、私を、です』 *5500文字程度の短編です。 *本作はカクヨムの企画に合わせて執筆した「紙とペンとクロッキー」に加筆、改題したものです。
24hポイント 1,704pt
小説 603 位 / 44,610件 ライト文芸 17 位 / 2,032件
文字数 5,256 最終更新日 2019.04.12 登録日 2019.04.12
幸一は、4月から皇居に面する美術館で看視の仕事をしている。 看視とは展示されている美術作品の保護とお客様への接客をメインとした仕事である。 この仕事に興味をもったのも、今は亡き母と一緒に家族で、この美術館を訪れたからだった。 仕事は思った以上に大変なものだったが、看視のチーフの中条さおりや先輩の金山邦夫、それに責任者の神林の助けもあって、仕事にしだいに慣れていく。 だが、いろいろな美術作品に接しているうちに、多くの課題も増えていく。たとえば、今回の展覧会『恋する芸術家たち』に作品が展示されている藤田嗣治(ふじた・つぐはる)に関してなどだ。 実はそれらの他にも、幸一にはどうしても知りたいことがあった。 家族でいつもこの美術館を訪れたとき、父が今は亡き母と一緒に眺めていた作品があった。 それは世界でも著名なイサム・ノグチの巨大な彫刻だった。 いつかその理由を知りたいと思っていたが、謎が深まるばかりだった。 だが、チーフの中条さおりに、淡い恋心を抱くうちに、その理由が明らかになっていく。・・・ 恋愛+美術のミステリー・・・ (*この作品に登場する人物はすべてフィクションであり、事実とはまったく関係がありません)
24hポイント 28pt
小説 8,235 位 / 44,610件 ライト文芸 395 位 / 2,032件
文字数 40,062 最終更新日 2019.03.19 登録日 2019.03.19
てるるの絵的人生。 多分、自分とあなたのためだけに 描いているのです、わたしも。 (アイ・キャッチャーは好きな作家さんの 作品の擬人化)
24hポイント 0pt
小説 44,610 位 / 44,610件 エッセイ・ノンフィクション 992 位 / 992件
文字数 50,274 最終更新日 2018.06.16 登録日 2018.02.10
ここは、魔法が使える世界。 そんな中、主人公カイが、ケン、ユウカと共に スキルアート大会へ。すると、偶然不慮の事故に巻き込まれる。 しかし、それがきっかけとなり、彼らの人生が変わる。 地球から、宇宙へと続く物語。 500年後の、魔法ワールドへようこそ~                             小説サイト:なろうにも掲載しています
24hポイント 0pt
小説 44,610 位 / 44,610件 ファンタジー 15,135 位 / 15,135件
文字数 28,629 最終更新日 2018.12.20 登録日 2018.12.17
4