女は強し小説一覧

タグ 女は強し×
2
侯爵令嬢のセシリアのもとに、ある日突然、義妹だという少女が現れた。 彼女はメリル。父親の友人であった彼女の父が不幸に見舞われ、親族に虐げられていたところを父が引き取ったらしい。 だがこの女、セシリアの父に欲しいものを買わせまくったり、人の婚約者に媚を打ったり、夜会で非常識な言動をくり返して顰蹙を買ったりと、どうしようもない。 「お義姉さま!」           . . 「姉などと呼ばないでください、メリルさん」 しかし、今はまだ辛抱のとき。 セシリアは来たるべき時へ向け、画策する。 ──これは、20年前の断罪劇の続き。 喜劇がくり返されたとき、いま一度鉄槌は振り下ろされるのだ。 ※ご指摘を受けて題名を変更しました。作者の見通しが甘くてご迷惑をおかけいたします。 旧題『義妹ができましたが大嫌いです。〜断罪劇の次世代たち〜』 ※初投稿です。話に粗やご都合主義的な部分があるかもしれません。生あたたかい目で見守ってください。 ※本編完結済みで、毎日1話ずつ投稿していきます。
24hポイント 163pt
小説 5,839 位 / 99,754件 ファンタジー 1,384 位 / 26,849件
文字数 122,202 最終更新日 2020.12.24 登録日 2020.10.19
2
恋愛 完結 長編 R18
「私は犯されなければなりませんでした」 大学生の男が、通学のために満員電車に乗っています。そこに偶然居合わせた女子学生と密着状態になり、まるで誘われるようにその子の身体を触り、胸を露出させ写真まで撮ることに成功しました。 さらに生徒手帳を盗ったことで、彼女を呼び出すことに成功。有頂天になった男は身体の関係まで持ちます。 すごい獲物を釣り上げたと思っていた男でしたが、釣り上げられたのは実は自分のほうだったのだということに、後から気づかされます。 罠にはめたつもりが、実は罠にはまっていたのは自分のほうであったというお間抜けな男と、「自分の目的のために」男を罠にはめたしたたかな女の子のお話です。 痴漢された日。彼女はこうつぶやきました。  やっと。  やっと。たどり着いた。これが私のスタート地点だ。  あの人ったらもう。まさかここまでされるとは思っていなかった。でもこれは私が望んでいた方向だ。  これで望みが出てきた。  後は待てばいい。  でもお願い、急いで。
24hポイント 7pt
小説 24,075 位 / 99,754件 恋愛 9,980 位 / 27,776件
文字数 131,311 最終更新日 2020.01.13 登録日 2019.04.03
2