純文学小説一覧

タグ 純文学×
135 1234
81
恋愛 完結 長編
植物しか愛せない大学生の慎太郎は、大学で、蓮のような傷を持つ明日香に出会う。 植物しか愛せない――それでも人間を愛したい慎太郎は、明日香に話しかける。 しかし、蓮のような傷がコンプレックスで明日香は他人と接するのに強い抵抗を感じていた。 想いがずれる二人。しかし、それでも互いは次第に惹かれ合う。 二人が出会い、本当の愛を見つける恋愛物語。 ※この作品は『カクヨム』『小説家になろう』にも掲載しています。
24hポイント 0pt
小説 59,019 位 / 59,019件 恋愛 14,241 位 / 14,241件
文字数 35,058 最終更新日 2019.02.25 登録日 2019.01.28
言葉で全てを伝える僕らは失念していた。表情を変えない彼女と僕は、言葉で愛を伝え合えば満足していた。 ある日、僕らに新鮮でけれども当たり前の変化が訪れた。
24hポイント 0pt
小説 59,019 位 / 59,019件 現代文学 2,581 位 / 2,581件
文字数 3,748 最終更新日 2019.03.25 登録日 2019.03.25
意味のない言葉の羅列が彼を掻き立たせる。
24hポイント 0pt
小説 59,019 位 / 59,019件 現代文学 2,581 位 / 2,581件
文字数 2,951 最終更新日 2019.03.25 登録日 2019.03.25
○作品紹介  変わりのない高校生活を送っている椎名悟。友人である佐藤誠一から問われた。「正義とは何か」それぞれの思いが交錯する中で突如起こった事件。椎名悟はあるきっかけで事件の真相を追うが、その最中で第二の事件。不可解な点が見られる事件の真相は何なのか。 ○主な登場人物 ・椎名悟→主人公 ・佐藤誠一→友人 ・桑原智久→友人 ・桜田椿→友人 ・桜田楓→桜田椿の妹 ・川上隼斗→生徒会長 ・山下大五郎→クラスの担任 ・安倍→大男 ○作者よりコメント  (注)この作品は、暴力シーンを含みます  物語の都合上、人物が多々登場します。困惑しないために名前を省略するときがあります。ご了承下さい。  出来るだけリアルに、フェアに書きたいと思って書いています。もし真相を自ら明かしたいと思われた方は最終章を読む前に推理することをお勧めします。なおミステリーは第1章の終盤から始まります。始めから読んでもらえれば幸いです。  因みに表紙画像がバベルの塔です。色々ある中から1番見やすいものを選ばせていただきました。  最後に、処女作ですので暖かい目で読んで頂ければ幸いです。
24hポイント 0pt
小説 59,019 位 / 59,019件 ミステリー 1,527 位 / 1,527件
文字数 141,636 最終更新日 2019.04.10 登録日 2019.04.05
85
現代文学 完結 ショートショート
つらつら書きました。影響を受けた物が色濃く残ってしまいましたがご了承ください。 内容は短いので是非、手に取ってみてやってください。
24hポイント 0pt
小説 59,019 位 / 59,019件 現代文学 2,581 位 / 2,581件
文字数 984 最終更新日 2019.04.08 登録日 2019.04.08
ある男は、怒りこそ諸悪の根源であるという信条を持っていた。しかしある日、とある矛盾に気がついて……。 果たして怒りを認めない男の運命は……? 2019/7/31 改稿しました!
24hポイント 0pt
小説 59,019 位 / 59,019件 現代文学 2,581 位 / 2,581件
文字数 9,423 最終更新日 2019.07.31 登録日 2019.04.20
87
現代文学 連載中 長編 R15
ふたりの女の子が命に向き合うハートフルな物語です。
24hポイント 0pt
小説 59,019 位 / 59,019件 現代文学 2,581 位 / 2,581件
文字数 21,856 最終更新日 2019.04.27 登録日 2019.04.23
空の神が創り守る、三種の人間が住まう世界にて。 智慧の種族と呼ばれる心魔の少年・透火(トウカ)は、幼い頃に第一王子・芝蘭(シラン)に助けられ、その恩返しをするべく、従者として働く日々を送っていた。 しかしそれも、透火が種族を代表するヒト「基音」となり、世界と種族の繁栄を維持する「空の神」候補であると判明するまでのこと。 かつて、種族戦争に敗れ、衰退を辿る珠魔の代表・占音(センネ)と、第四の種族「銀の守護者」のハーク。 二人は、穢れていくこの世界を救うべく、相反する目的の元、透火と芝蘭に接触する。 芝蘭のために「基音」の立場すら利用する透火と、透火との時間を守るために「基音」や「空の神」誕生に消極的な芝蘭は、王位継承や種族関係の変化と共に、すれ違っていく。 それぞれの願いと思いを抱えて、透火、芝蘭、占音、ハークの四人は、衝突し、理解し、共有し、拒絶を繰り返して、一つの世界を紡いでいく。 そう、これは、誰かと生きる意味を考えるハイファンタジー。 ーーーーーーーーー  これは、絶望と希望に翻弄されながらも、「自分」とは何かを知っていく少年と、少年の周囲にいる思慮深い人々との関係の変化、そして、世界と個人との結びつきを描いたメリーバッドエンドな物語です。   ※文体は硬派、修飾が多いです。  物語自体はRPGのような世界観・設定で作られています。​ ※第1部全3章までを順次公開しています。 ※第2部は2019年5月現在、第1章第4話以降を執筆中です。
24hポイント 0pt
小説 59,019 位 / 59,019件 ファンタジー 19,069 位 / 19,069件
文字数 302,547 最終更新日 2019.09.25 登録日 2018.08.31
89
ホラー 完結 ショートショート
 とある洋館に住む、ルーシィと『せんせい』の話。  一話完結です。
24hポイント 0pt
小説 59,019 位 / 59,019件 ホラー 2,188 位 / 2,188件
文字数 1,728 最終更新日 2019.05.23 登録日 2019.05.23
90
ホラー 連載中 ショートショート
 とある研究室にて。先生とその助手の夜話。 *虫をすり潰したり、人肌へ擦りつける描写があります。 *一話完結です。
24hポイント 0pt
小説 59,019 位 / 59,019件 ホラー 2,188 位 / 2,188件
文字数 1,568 最終更新日 2019.05.24 登録日 2019.05.24
家政婦静子と令嬢恭子の視点で 恭子の継母、実母との家族の形、亡き父、実母の夫婦の形を描きます。 ◇印で視点が変わります。  大富豪長田家の家政婦の採用試験で合格した遠野静子は一人娘の長田恭子の専属の家庭教師も兼任することとなった。  恭子は幼い頃、両親の離婚で母と離れ離れとなり、その後、父も他界し、今では家に寄りつかない継母との二人暮しをしている。けれど、恭子は寂しさを微塵も出さない強い女の子だ。  そして恭子を優しく見守る家政婦の静子は少し慌てんぼさんだ。  大きな邸宅での意地悪な継母とのやり取り、授業参観でのおかしな道徳教育、うっかり買ってしまった漫画の雑誌、町の人々との交流、ピアノコンクールなどを通して静子と恭子の間に心の絆が構築されていく。  家政婦の静子は亡くなった長田家の当主ヒルトマンと離婚した妻とのこと調べるうちにおかしなことに気づく。  それはヒルトマンはかつて元妻を桜の花に例えていたことがあり、彼女を迎えるように邸宅の庭の小道に桜の木々が植えられていることだ。  更に邸宅を東京から神戸に移したその場所の近くには元妻の実家があること。  邸宅の中には元妻の部屋があり、家財、衣服、書籍が全て残されていることなど。  恭子の亡くなった父ヒルトマンは前妻の家の近くに家を建て、妻が戻ってくることを願って待っていたのではないだろうか? と考えるようになった。  それは花言葉の桜の花が意味するものの一つが「あなたを待つ」だからだ。  フィッツジェラルドの小説「華麗なるギャツビー」とヒルトマンが折り重なりながら物語は進み、  ある事件がきっかけで静子は前妻の家には藤棚が植えられていることを知る。  藤の花言葉・・「あなたを歓迎する」  桜の「あなたを待つ」藤の「あなたを歓迎する」  まるで離婚した夫婦が再び結ばれることを望んでいるみたいではないか?   と静子は考える。  恭子のピアノコンクールの招待券を携え前妻の邸宅を訪れた静子は藤の花言葉の本当の意味を知ることになる。  藤の花言葉には反対、真逆の意味があった。  花言葉の本当の意味が明かされる時、恭子と実の母親との真の決別の時が訪れる。   【シリーズ小説の時系列】 春       「遠野静子の憂鬱」     ↓      ↓             夏「水を守る」                     ↓ 秋「水の行方」     ↓        ↓ 冬「水をすくう」 「長田多香子の憂鬱」
24hポイント 0pt
小説 59,019 位 / 59,019件 現代文学 2,581 位 / 2,581件
文字数 112,539 最終更新日 2019.06.04 登録日 2019.04.17
「家政婦遠野静子」の続編(本作だけでも読めるように作成しています) 長田恭子の継母である多香子の視点を主に 「水の行方~長田恭子の秘密」で恭子の友達となった芦田智子、その兄友也の視点をプラスして繰り広げられる人々の愛の物語 舞台は東京から神戸へと移り変わります 夫との不仲がささやかれた長田多香子に残されたものとは、そして、その切ない過去は? そして、夫ヒルトマンは誰を愛していたのか? 前妻なのか、多香子なのか? 長田恭子と長田多香子の過去の接点は? 友也の初恋の行方は? 全てがこの作品で解き明かされます 前作「家政婦遠野静子の憂鬱」よりも深く掘り下げた作品となっています。   【シリーズ小説の時系列】 春       「遠野静子の憂鬱」     ↓      ↓             夏「水を守る」                     ↓ 秋「水の行方」     ↓        ↓ 冬「水をすくう」 「長田多香子の憂鬱」
24hポイント 0pt
小説 59,019 位 / 59,019件 現代文学 2,581 位 / 2,581件
文字数 51,894 最終更新日 2019.08.26 登録日 2019.06.04
倦怠な私は、夜の重さを一人で抱えていた。
24hポイント 0pt
小説 59,019 位 / 59,019件 現代文学 2,581 位 / 2,581件
文字数 1,082 最終更新日 2019.06.04 登録日 2019.06.04
白い駅、あるいは
24hポイント 0pt
小説 59,019 位 / 59,019件 現代文学 2,581 位 / 2,581件
文字数 1,936 最終更新日 2019.06.04 登録日 2019.06.04
95
現代文学 完結 長編 R15
生死を巡る作品集。陰鬱、低温。 各章毎に完結しています。 2006〜2019までの短い作品からまとめています。
24hポイント 0pt
小説 59,019 位 / 59,019件 現代文学 2,581 位 / 2,581件
文字数 106,440 最終更新日 2019.06.17 登録日 2019.06.10
96
現代文学 完結 短編 R18
体を弄ばれた末に釘を飲んで姉は死んだ、地球儀の夢を見ながら。暴力、混濁、無気力。ユカリは体を売りながら国境線を引いていく。腐った日常、歪んだ平凡。それらを一撃で破壊する理不尽な化け物。
24hポイント 0pt
小説 59,019 位 / 59,019件 現代文学 2,581 位 / 2,581件
文字数 17,579 最終更新日 2019.06.17 登録日 2019.06.17
97
現代文学 連載中 ショートショート
これらの作品は自分の生き方について問う大人向けの童話です。
24hポイント 0pt
小説 59,019 位 / 59,019件 現代文学 2,581 位 / 2,581件
文字数 16,303 最終更新日 2019.08.20 登録日 2016.11.11
98
歴史・時代 連載中 長編 R15
 豪農の家系に産まれた川上弥兵衛(かわかみ やへえ)は、幼くして父を亡くし僅か齢七歳で家督を継ぐ。その身の上から母は縁談をしきりに立てていたが、本人はあまり気が進まなかった。やがて周りからは、葡萄の栽培に躍起になっている朴念仁と揶揄される。そして、川上はついには妻を迎えぬまま、殺されてしまうのだった。下手人は、若き麗しき青年。事件の捜査の中で、青年と弥兵衛の悲しい物語の始終が明らかにされてゆく。
24hポイント 0pt
小説 59,019 位 / 59,019件 歴史・時代 751 位 / 751件
文字数 16,911 最終更新日 2019.06.21 登録日 2019.06.21
これは、金閣寺の真実と、それに翻弄される少年の運命の物語である。
24hポイント 0pt
小説 59,019 位 / 59,019件 ファンタジー 19,069 位 / 19,069件
文字数 231 最終更新日 2019.06.25 登録日 2019.06.25
100
現代文学 連載中 長編 R18
記憶、感情が壊れている少年。気が付くと彼は最愛の姉を殺害していた。その現場を見ていたのは、人形のような少女、夕紙だった。あどけなさと冷酷さが見え隠れする夕紙を連れて、少年は逃避をはじめる。鉄くずの夢、シロナガスクジラ、二人の魔女、そして脳を食む赤い羊。ねじれて奇妙なお話。 ※執筆は2005年。根本的な部分はなるべくいじらずに、細かい部分を改稿しています。人生二作目、練習的な長編です。
24hポイント 0pt
小説 59,019 位 / 59,019件 現代文学 2,581 位 / 2,581件
文字数 40,069 最終更新日 2019.07.10 登録日 2019.07.04
101
現代文学 完結 ショートショート
取って出しのさらけ出し。 詩の形式もなにも分かってません。 思ったままを。 以前投稿したもを連載にしました。 解釈は人それぞれ。 でも、たまに解説入ります。書いた時の心境とか。 よろしくお願いします。
24hポイント 0pt
小説 59,019 位 / 59,019件 現代文学 2,581 位 / 2,581件
文字数 4,255 最終更新日 2019.07.15 登録日 2019.07.10
主人公は婚約破棄された元恋人と暮らしている。物件が見つかるまでという約束だが、なんとなく機会を逸してしまい、もやもやとした関係が続いていた。そんな時、高校生の頃引っ越しで別れた知人と再会する。彼女とは、ある大きな出来事を共有した関係だった。
24hポイント 0pt
小説 59,019 位 / 59,019件 現代文学 2,581 位 / 2,581件
文字数 20,581 最終更新日 2019.07.19 登録日 2019.07.19
ジルとジョシュアが幸せになる話。
24hポイント 0pt
小説 59,019 位 / 59,019件 ファンタジー 19,069 位 / 19,069件
文字数 36,977 最終更新日 2019.10.20 登録日 2019.08.05
104
現代文学 連載中 短編
少し不思議な短編を掲載しています。 何が不思議かは貴方に任せます。 頭空っぽで読んで下さって大丈夫です。 もちろん、考えてくださっても嬉しいです。 現実にあって、現実から離れたい方。 見たことも聞いたこともないものを感じたい方。 何でもいいからよくわからないものを読みたい方。 どうぞ、読んでいってください。もしかしたら何かに気付けるかもしれませんし、失うかもしれませんし、得るかもしれません。 最初からではなく、目についたタイトルを読んで頂けると、捗るかもしれません。 いろいろ疲れてしまって、大切な何かを比喩したかったんだけど忘れてしまった人へ、届くと嬉しいです。 いろんな比喩を書いてます。
24hポイント 0pt
小説 59,019 位 / 59,019件 現代文学 2,581 位 / 2,581件
文字数 7,252 最終更新日 2019.08.24 登録日 2019.08.15
家族になるまでの物語
24hポイント 0pt
小説 59,019 位 / 59,019件 現代文学 2,581 位 / 2,581件
文字数 30,728 最終更新日 2019.08.24 登録日 2019.08.24
「水の行方~花言葉の裏側で」 お金持ちのお嬢さん長田恭子がクラスメイトたちに「私の忠実な配下になるように」と意味した押し花を配ったことが元で一部の生徒の中にイジメが生じる。  長田恭子は何のために押し花を配ったのか?  長田恭子の目的は何なのか?  小学五年生の主人公村上陽一とクラスメイトたちが懸命に考える中、物語は意外な方向に展開する。 「忠実な配下」の本当の意味は?  クラスの女の子に虐められている和菓子屋の看板娘の智子、ひたすらピアノの練習に励む少女加奈子、そして押し花を配った長田恭子、3人の思いが一つになるとき物語は一つの形となって収束される。 ◆印は男子の視点 ◇印は女子の視点になっています   【シリーズ小説の時系列】 春       「遠野静子の憂鬱」     ↓      ↓             夏「水を守る」                     ↓ 秋「水の行方」     ↓        ↓ 冬「水をすくう」 「長田多香子の憂鬱」
24hポイント 0pt
小説 59,019 位 / 59,019件 現代文学 2,581 位 / 2,581件
文字数 103,233 最終更新日 2019.08.26 登録日 2019.05.17
アナスタシアとサガリが願い事に振り回される話
24hポイント 0pt
小説 59,019 位 / 59,019件 ファンタジー 19,069 位 / 19,069件
文字数 474 最終更新日 2019.09.02 登録日 2019.09.02
 もし誰かを全面的に信用してしまったら、本音を吐露してしまったら、私はすべてを失ってしまうのではないか――。  これは純文学か、それとも中間小説か? 貴方はどう評価しますか? あらすじ  主人公が退社後に銀座の高級クラブへ行って店を出て、帰路で独白するまでの私小説風短編。二万文字。 私…松山徹(まつやまとおる)。呉服問屋の社長。 ワイフ…お嬢様育ちで脳天気。私と見合い結婚。 高校生の息子…挨拶以外、口を聞いてくれない。 中学生の娘…いまだに懐いてくれている。 ママ…高級クラブ『アール・ヌーヴォー』のオーナー。経営手腕がある。 要(かなめ)…私のお気に入りホステス。 香織…才色兼備の女子大生ホステス。 朱美…残念なヘルプホステス。 ※この作品はアルファポリス、エブリスタ、小説家になろう、ハーメルン、ピクシブで同時投稿しています。
24hポイント 0pt
小説 59,019 位 / 59,019件 現代文学 2,581 位 / 2,581件
文字数 21,264 最終更新日 2019.08.15 登録日 2019.07.08
 ロゴーンによると夏目漱石の文章に似ているらしい。硬い文章だが読みやすく、個性的でとても表現力豊かな文章という診断結果。 【登場人物】 私…松山(まつやま)徹(とおる)。斜陽産業である呉服問屋の社長。バブル期に青春時代を過ごし、就活に失敗し、政略結婚して成り上がる。通称「テツ」。 ワイフ…松山と政略結婚した脳天気な妻。お嬢様育ちで世間知らず。 要(かなめ)…私を「テツさん」と呼ぶ私のお気に入りホステス。苦労人。 香織…才色兼備の女子大生ホステス。 朱美…ツッコミどころ満載のヘルプホステス。 ※この作品はエブリスタで同時投稿しています。
24hポイント 0pt
小説 59,019 位 / 59,019件 現代文学 2,581 位 / 2,581件
文字数 24,876 最終更新日 2019.08.28 登録日 2019.08.24
満たされているのに不安なことが不安だから、分解して見たら? 悠子は恋人である譲葉の隣に居ると安心するのに不安であった。 自分が本当に譲葉の隣に居ても良いのか模索しだす。
24hポイント 0pt
小説 59,019 位 / 59,019件 現代文学 2,581 位 / 2,581件
文字数 6,030 最終更新日 2019.09.18 登録日 2019.09.18
ウマシカとソーイが幸せとはなにかを探す話。
24hポイント 0pt
小説 59,019 位 / 59,019件 ファンタジー 19,069 位 / 19,069件
文字数 22,255 最終更新日 2019.09.25 登録日 2019.08.05
112
現代文学 完結 ショートショート
逃れられない運命、そして記憶。なぜ、どうして「わたし」は激しい苦痛をいざなう夢に追われ続けるのか?これは果たして夢なのか?
24hポイント 0pt
小説 59,019 位 / 59,019件 現代文学 2,581 位 / 2,581件
文字数 2,195 最終更新日 2019.09.20 登録日 2019.09.20
113
現代文学 完結 ショートショート
ノワールな予感をさせるハードボイルドな空気が満ちた退廃と刹那、それは逃れられない一瞬。そんな時間を切り取った、ごくごく短いお話ですが、そこに何かを見つけられるかもしれません。
24hポイント 0pt
小説 59,019 位 / 59,019件 現代文学 2,581 位 / 2,581件
文字数 1,035 最終更新日 2019.09.17 登録日 2019.09.17
114
恋愛 完結 短編 R15
うらぶれた中年男とハイティーンの少女とが夏の海辺で奇妙な出会いをし、そして不思議な恋に陥る関係が生まれる。でも、その関係がもたらしたものは、せつなくも残酷なものだった。
24hポイント 0pt
小説 59,019 位 / 59,019件 恋愛 14,241 位 / 14,241件
文字数 12,627 最終更新日 2019.07.30 登録日 2019.07.30
115
恋愛 完結 ショートショート
わけありの恋愛、つかの間の関係、それでも終わるとなると意外な感情の揺れが起こったりします。そんな場面を切り取った、ごくごく短い掌編です。
24hポイント 0pt
小説 59,019 位 / 59,019件 恋愛 14,241 位 / 14,241件
文字数 2,447 最終更新日 2019.07.25 登録日 2019.07.25
116
恋愛 完結 短編
大人の恋愛というのはどれほど互いを欲していても、それぞれに背景や事情があって、なかなかうまくいかなかったり、つづけてゆけない関係だったりします。そこにどれほどピュアな気持ちがあっても。
24hポイント 0pt
小説 59,019 位 / 59,019件 恋愛 14,241 位 / 14,241件
文字数 4,303 最終更新日 2019.07.23 登録日 2019.07.23
誰しもが幼いころ一度は似たような経験がある話。その記憶は少々せつなく苦みもありますが、大人になってふり返ると懐かしく忘れられない人生の宝物になっているのではないでしょうか。
24hポイント 0pt
小説 59,019 位 / 59,019件 現代文学 2,581 位 / 2,581件
文字数 2,798 最終更新日 2019.07.21 登録日 2019.07.21
繕い続けた自分を変えてくれた「あの子」と「大切な友人」に出会った「わたし」を通して、「わたし」の在り方と「大切な友人」の在り方や想いを見つめる。 日溜まりのようなあの子。 わたしは本当のわたしを覚えた。 「わたし」の視線から追う、切なくも温かいヒューマンドラマ。
24hポイント 0pt
小説 59,019 位 / 59,019件 現代文学 2,581 位 / 2,581件
文字数 8,003 最終更新日 2019.09.28 登録日 2019.09.28
119
現代文学 完結 短編 R18
(性的描写有り) 耽美文学。 隣人は美しい。彼の美しいには様々なものがあるけれど、とにかく隣人は美しい。こびりついた美しい彼女の声が甘く響き、彼はある行動を始めてしまった。 彼女は美しい彼に魅せられて、ある行動を始めてしまった。伝えられない気持ちを声に込める。
24hポイント 0pt
小説 59,019 位 / 59,019件 現代文学 2,581 位 / 2,581件
文字数 14,541 最終更新日 2019.09.30 登録日 2019.09.29
逢いたい、逢いたい。 気が付くと彼は見知らぬ景色を見つめていた。 そこで待つ不思議な出会い、不思議な時間に揺られて何処へ行く。 突然大切な彼女が消えた。術もなく不安が彼を襲う。学校へ行こうと乗り込んだ電車で、まるで現から消えるように眠りに落ちた彼は、目を覚ますとがらんとした電車の中に居た。見えるのは美しい自然ばかり。そして彼は美しい少年と出会った。この出会いが意味するものとはーー。
24hポイント 0pt
小説 59,019 位 / 59,019件 現代文学 2,581 位 / 2,581件
文字数 7,619 最終更新日 2019.10.02 登録日 2019.10.02
135 1234