絵画小説一覧

タグ 絵画×
8
酒浸りのギッコドクおじさんと耕太少年の風変わりな交流の行く末は?
24hポイント 28pt
小説 9,816 位 / 58,703件 ライト文芸 225 位 / 2,384件
文字数 4,660 最終更新日 2018.07.04 登録日 2018.06.29
 新しい学年。新しいクラス。二年生に進級した彼を待っていたのは、一人の女子との出会いだった。  彼女は問う。「どうして、絵をやめちゃったの?」  描かれなかった一枚の季節。止まってしまった時間は、また、動き出すのだろうか。
24hポイント 0pt
小説 58,703 位 / 58,703件 青春 2,991 位 / 2,991件
文字数 117,241 最終更新日 2018.08.04 登録日 2018.02.24
今日の僕は頭がおかしい。 自分で言うのもアレだけど、おかしいんだ。だって普通に考えてあり得ないじゃん。 ファンタジーの世界に迷い込んだ? それは無いって、僕は僕だし。 だけど……それは僕を救ってくれた。 動物は神様のように、大切に扱いましょう。 困ってるなら助けましょう。 さすれば、恩返しがくるかも?
24hポイント 0pt
小説 58,703 位 / 58,703件 キャラ文芸 1,376 位 / 1,376件
文字数 4,318 最終更新日 2018.11.15 登録日 2018.11.15
 来奈(らな)は冷たい魅力を持つ二十六才。美人だが生まれつき機嫌の悪い顔をしており、普通の男は怖くて声を掛けてこない。  彼女が通っている絵画教室の先生が事故で亡くなった。生死に無関心な来奈はお葬式に行かなかった。そのことが彼女の気持ちに暗い影を落とす。  来奈はライターの仕事をしている。彼女は田辺時彦(ときひこ)という人気作家にインタビューをすることになる。来奈は時彦に自分の体験を話す。幼稚園の二日目、自分の席に誰かが座っているのを見て、教室に入れなかった。それ以来、この世に自分の居場所がない、と思うようになった。  時彦は、彼女がライターという職業を通し、真実を求める姿に触発される。女好きで有名な時彦は初対面の来奈にキスをする。正直にそれを書いた来奈は作家との不倫を噂され、週刊誌に追われる羽目になる。  意気投合した二人は逃避行を楽しむ。重たい人生ドラマを書いてきた時彦は、実は爽やかな青春小説を書くのが夢だった。スキャンダルを機に妻と別れ、外見を変え、十才若返った。そして編集者達に新しい作風を認めさせる。  来奈は中学の時、書物に人生の真実を探し求めた。でも欲しかった言葉は見付からなかった。周りの大人みたいになりたくなかった、という彼女の言葉に促され、時彦は遂に書きたかった青春小説に着手する。来奈は自分が未だ真実を知らぬことへ憤りを抱く。  皮肉にも答えは昔、時彦の書いた小説の中にあった。それは作中、父親が息子に言うセリフであった。「迷いも矛盾もあってもいいから、背筋を伸ばして前を向いて、歩いて行けばいいから」。来奈の解釈では、それは問題が解決しなくてもいい、自信を持って、将来に向かって行こう、という意味だった。  来奈と時彦は共に人生を生きていこうと誓う。
24hポイント 0pt
小説 58,703 位 / 58,703件 ライト文芸 2,384 位 / 2,384件
文字数 30,132 最終更新日 2019.03.30 登録日 2019.03.30
CTimeで出会った、新進気鋭のクリエイターさくちやん。彼女のアートの世界を短歌と駄文でご案内します。最新話は、ほぼ毎日 CTimeで投稿中です。
24hポイント 0pt
小説 58,703 位 / 58,703件 エッセイ・ノンフィクション 1,584 位 / 1,584件
文字数 1,613 最終更新日 2019.07.18 登録日 2019.07.15
D-4
壱談小学校。第4学年。抱井 百合(カカイ ユリ)は、母と口論になって、家を飛び出した。意味も無く、なんとなく森に入った。そうすると、奇妙な光と、ただ一つの「ピアノ」がある空間にたどり着いた。
24hポイント 0pt
小説 58,703 位 / 58,703件 ファンタジー 19,019 位 / 19,019件
文字数 12,200 最終更新日 2019.11.04 登録日 2019.07.23
今日私は結婚する── そんな日にふと脳裏を過ったのは、あの頃の甘い思い出であった。 初恋の純情と思春期のねじれが、甘くぎゅっと心をつねるショートストーリー。
24hポイント 0pt
小説 58,703 位 / 58,703件 恋愛 14,124 位 / 14,124件
文字数 3,586 最終更新日 2019.08.10 登録日 2018.12.01
8
大衆娯楽 完結 ショートショート R18
加奈が駅前から少し離れた小さな二階建のビルの一階にある小さな画材店に足を運ぶようになったのは、中学生の時からで絵を描く事がなにより楽しくなった頃だ。 高校入学の頃には店主の佐藤と画材や絵画の事ばかりではなく、将来は画家になりたいという加奈の夢や佐藤が以前は画家志望だった事など気さくに話すようになっていた。 店主の佐藤は70近くなるが、貧しい家庭を支えるため夜間高校を卒業後は就職しなくてはならなかったが画家になる夢を諦めきれずに油絵を独学で学んだ。 結婚はしたが子宝に恵まれず、妻は50歳の時に死別した。 生活は苦しく描く事を諦めようと思った事があったが妻は応援してくれていた。 妻と死別後早期退職し今の店舗住宅付きのビルを借り画材店をはじめた。
24hポイント 0pt
小説 58,703 位 / 58,703件 大衆娯楽 1,750 位 / 1,750件
文字数 6,368 最終更新日 2019.10.25 登録日 2019.09.29
8