避妊の大切なお話し小説一覧

タグ 避妊の大切なお話し×
1
1
現代文学 完結 ショートショート R18
遠藤さくら 「避妊していますか?」 あなたは生は?あなたはゴムは? 無理矢理侵入させないように、確認作業を的確にいたしま しょう。 避妊器具を着けさせないで、生で致してしまうと、行為自体が 信頼関係がない物になってしまうでしょう。 いちばんの特効薬は、侵入される前に、ちゃんと確認をして そこでもしも着用していなかったら、子作りだねって微笑むと 彼氏さんは冷めてしまい、ちゃんと着けてくれるみたいです。 妊娠したら、あなたの会社に連絡して相談するよ!って言えば 避妊器具をちゃんと着用してくれるらしいです。 その為には、勤務先をきちんと調べて置きましょう。 あなたが、セフレで済みたくなければ、ちゃんと個人情報を調べて 耳元で行為をする前に、ゴム持っていますか?っと確認作業を怠らないよ うにしましょう。女子はとてもさみしがり屋です。 初めての相手に対して、だからこそ、きちんとけじめをつけておきましょ う。お酒の勢いやその場の雰囲気に流されたりせずに、行為をする時は 「ゴムを使用しなければやらせてあげない女性なんだ」っていう意思を 見せましょう。初めての時は怖いですし、何も考えられないでしょうか ら、絶対にバックから侵入させる事だけは避けましょう。 男性にきちんと自分の意志を伝えることはこれからの彼との意思の疎通を 図るのに、実に寛容です。好きな男性だからこそ、別れないためにも あなたの彼氏さんの本命彼女になるためにも、必須です。 この話の結びに、体の関係、日常の関係、あなたにストレスを感じて欲し くないから、サジェッションを烏滸がましい話ですが、させて頂きまし た。そして、彼氏さんとの大切なセックスライフをお送りくださいね。
24hポイント 0pt
小説 126,025 位 / 126,025件 現代文学 6,238 位 / 6,238件
文字数 694 最終更新日 2021.10.27 登録日 2021.10.27
1