架空の国小説一覧

タグ 架空の国×
5
1
恋愛 完結 長編 R18
父の仕事の都合で子供時代の多くを海外で過ごした澄川優花(すみかわゆうか)は、フリーランスの通訳として働いていた。恋人は宝石商を営み、優花は宝石の買い付けに同行してフラクシニアという宝石産出国へ行く。現地の鉱山で買い付けたあと、親日家の皇太子アレクサンドルから宮殿に招待を受け、優花たちは晩餐に出席した。アレクサンドルに乞われて宮殿に泊まる事になった優花たち。だがその晩、優花は恋人が同行した女性と浮気をしている音を聞いてしまった。傷心の優花はアレクサンドルに慰められ、恋人と別れる決意をする。そんな優花にアレクサンドルが恋人契約を結ぼうと申し出て、引き受けてしまうが――? ※「恋人契約の絶倫皇太子に執着溺愛されています」というタイトルでWeb連載させて頂いた作品です。
24hポイント 78pt
小説 9,857 位 / 121,960件 恋愛 4,281 位 / 34,329件
文字数 165,418 最終更新日 2020.06.15 登録日 2019.11.09
2
恋愛 連載中 長編 R18
十数年前、わたしは亡命し、その名を捨てた。離れ離れになってしまった初恋の男の子・ヴァレリーとの約束も、故郷の凍える冬に置き去りにした。 ――雪がふらない場所で、クリスマスを一緒に。 失った片翼のかわりに、新しい土地で得たものは、虚飾の経歴、嘘の名前、偽りの姿。肌身離さず供にあるのは、自害用の毒入りペンダント。それから、大切な愛猫のルゥ。 何度目かのクリスマスの夜。雪の代わりにイルミネーションの光が降る街で、スミスと名乗った初恋の男の子と銃口を向け合う。 愛してる、と言って。     ・ ❆ ・ ❅ ・ ❆ ・ 逃げ出した人が悲しみを経て立ち向かい、家族のために戦う話。 CP傾向は、ねちっこい妄執愛男×ツンデレ執着愛女 という、あれでそれなフワッとしたファンタジー的な話。 なお、特定の国はありません。いつも心にファンタジーとフィクションを。 ※推しは死ぬ。幼馴染みとの再会(銃口を向けられる)。クリスマスはしんみりしたい。叶わぬ恋が好き。という嗜好の人向けです。 バトル描写はそんなにないよ。 ※閲覧は自己責任で ※誤字脱字は随時修正 本編は完結しています。
24hポイント 21pt
小説 19,143 位 / 121,960件 恋愛 7,947 位 / 34,329件
文字数 75,107 最終更新日 2020.12.25 登録日 2020.12.21
3
BL 完結 長編 R18
オレは悪魔より冷酷で、血も涙もない悪徳奴隷商だ。そんなオレだが、今回突然立案された【奴隷売買禁止法】【奴隷解放法】のせいで、今までしていた事が罪に問われ、あっという間に牢獄に入れられてしまった。…牢獄寒いぞ。外は汗ばむ気候なのに…牢獄寒いんだぞ…?一応助けはくる予定なんだが、相手の都合もあるので、まぁ気長に待とうと思う。 ―――悪徳奴隷シリーズpart1。世界・時代は同じですが、カップルが違うので別登録しています。
24hポイント 21pt
小説 19,143 位 / 121,960件 BL 3,748 位 / 12,958件
文字数 111,161 最終更新日 2020.06.22 登録日 2019.11.19
サクヤ、二十三歳、男性。彼は今日も仕事帰りに図書館へと通う。図書館通いは彼の長年の日課となっていた。ただ一つの本を読む為に。 その本の題名は〝39〟。著者名は不明、本屋等には置いていなく、指定の図書館でのみ読む事ができる。 彼は幼い頃からその本を読み続けてきた。小さくて自分が読めない時は親代わりのニナとピーターが、文字が読めるようになってからは自分で。 39の内容は何でもない、普通の家族の成長物語である。ただ特殊な点は何冊読んでも終わりがない事と、三つの制約があるという事。一つ、39を読み続ける事。二つ、他人に自分が39を読んでいる事やそれについて一言も漏らしてはいけない事。三つ、39についての疑問_何故自分が読み続けなければならないのか等の一切の疑問を持ったりそれについて調べてはならない事。この三つの制約を守らないと〝隠される〟のだと小さな頃からニナ達に言われ続けている。 39の真実。それは残酷なある国家計画だった。国家計画とは何か。又、何故サクヤは39を読み続けるのか。何故彼だけ読み続ける事ができるのか。彼の目的は__。
24hポイント 0pt
小説 121,960 位 / 121,960件 ファンタジー 31,979 位 / 31,979件
文字数 19,943 最終更新日 2021.09.26 登録日 2021.08.27
 竹井田晴信は、霧衣の国主であり父親の孝信の悪政を、民から訴えられた。家臣らからも勧められ、父を姉婿のいる茅野へと追放する。  父親が国内の里の郷士から人質を取っていたと知り、そこまでしなければ離反をされかねないほど、酷い事をしていたのかと胸を痛める。  人質は全て帰すと決めた晴信に、共に育った牟鍋克頼が、村杉の里の人質、栄は残せと進言する。村杉の里は、隣国の紀和と通じ、謀反を起こそうとしている気配があるからと。  国政に苦しむ民を助けるために逃がしているなら良いではないかと、晴信は思う、克頼が頑なに「帰してはならない」と言うので、晴信は栄と会う事にする。
24hポイント 0pt
小説 121,960 位 / 121,960件 歴史・時代 1,410 位 / 1,410件
文字数 59,053 最終更新日 2018.04.11 登録日 2018.03.01
5