シュールギャグ小説一覧

タグ シュールギャグ×
13
1
大衆娯楽 連載中 ショートショート
 好評のうちに幕を閉じた750話の140字小説。  書籍化が待たれるもののいまだそれはなされず。  というわけで、書籍化目指して頑張ります。  『140字小説〜ロスタイム〜』  開幕‼︎  前作はこちら 『140字小説 』 https://www.alphapolis.co.jp/novel/596642125/144312624
24hポイント 200pt
小説 5,048 位 / 80,158件 大衆娯楽 75 位 / 2,484件
文字数 12,925 最終更新日 2020.08.10 登録日 2020.05.14
2
SF 連載中 ショートショート
脳みそひっくり返すぜ
24hポイント 21pt
小説 15,000 位 / 80,158件 SF 158 位 / 2,547件
文字数 151,949 最終更新日 2020.01.21 登録日 2019.11.10
3
ライト文芸 連載中 長編 R15
 まず、このお話の主人公・木嶋真奈は大学二年生です。教育学部国語科所属で、サークルは高校の同期に誘われて手芸サークルに入り、一年が経ちました。  次に、このお話のヒロイン・蒔田悠斗について少し紹介します。彼の父は医師であり、彼自身はその恩恵で附属校からエスカレーターで大学に入学したボンボンです。そんな彼のところに、一通の脅迫状が届きます。 『お前を誘拐する。五百万父親に用意させろ。さもなくば父親に留年しそうなことをバラす』  悠斗はこんなふざけた内容に最初は苛立ちますが、それから数日間、身の回りで不可解なことが起こり、怖くなりました。  そこで、手芸サークルに相談し、『無事に事件が解決されたら焼肉を奢る』という条件で、真奈にボディガードをしてもらうことになりました。  最後に、こんな意味の分からない話を読んでくださる方がいれば、ぜひよろしくお願いします。
24hポイント 0pt
小説 80,158 位 / 80,158件 ライト文芸 3,661 位 / 3,661件
文字数 21,113 最終更新日 2020.05.02 登録日 2020.04.04
4
SF 完結 ショートショート
お正月、、何か違和感が、、
24hポイント 0pt
小説 80,158 位 / 80,158件 SF 2,547 位 / 2,547件
文字数 927 最終更新日 2020.02.01 登録日 2020.02.01
5
SF 完結 ショートショート
 たかしくん。骨を折ります。  ポキッ  
24hポイント 0pt
小説 80,158 位 / 80,158件 SF 2,547 位 / 2,547件
文字数 319 最終更新日 2020.02.01 登録日 2020.02.01
6
SF 完結 ショートショート
うんきょ
24hポイント 0pt
小説 80,158 位 / 80,158件 SF 2,547 位 / 2,547件
文字数 1,271 最終更新日 2020.02.01 登録日 2020.02.01
7
SF 完結 ショートショート
年の瀬、隆くんの反抗
24hポイント 0pt
小説 80,158 位 / 80,158件 SF 2,547 位 / 2,547件
文字数 783 最終更新日 2020.02.01 登録日 2020.02.01
8
SF 完結 ショートショート
どうやら人が死ぬようだ
24hポイント 0pt
小説 80,158 位 / 80,158件 SF 2,547 位 / 2,547件
文字数 316 最終更新日 2019.12.28 登録日 2019.12.28
9
SF 完結 ショートショート
「鳥の唐揚げひとつ」  店主に注文した。 「すみません。今在庫を切らしているため、風見鶏の唐揚げになってしまいます。」  店主は言った。  はて、風見鶏の唐揚げとは?よくわからないな。 「風見鶏の唐揚げとはなんですか」  私は店主に聞いた。 「風見鶏を唐揚げにしたものです。」  なるほど。風見鶏を唐揚げにしたものか。 「そんなものを売ってもよいのですか。」  私は尋ねた。 「いいんです。」  店主は答えた。へえ、いいんだ。  折角なので、注文してみた。 「風見鶏の唐揚げひとつ」 「へいよっ!!」  風見鶏の唐揚げがでてきた。風見鶏自体はどうやらプラスチックでできているようだった。  はてさて、食べていいものなのか。辺りを見回すと、みんな風見鶏の唐揚げを食べていた。  モグモグ、サクサク、カザミカザミ。  しかし、みんなが食べているからといって食べていいということにはならない。私は悩みに悩んだ結果、食べないことにした。  翌朝テレビをつけると、例の店主が謝罪している。どうやら風見鶏の唐揚げを食べた人々、コケコッコーしか、言えなくなった。私は、風見鶏の唐揚げを食べなかった自分を褒めた。偉いぞ、よしよし、よしよし。  私は風見鶏の唐揚げを食べなかったことを自慢したくなった。そこで、向かいの佐藤さん宅のチャイムを押した。奥さんがでてきた。 「私は昨日、風見鶏の唐揚げを注文したにも関わらず、食べませんでした。」 「まあ、すごい。」  奥さんは私のことが好きになった。佐藤さんの夫は最初は怒ったが、私が風見鶏の唐揚げを注文したにも関わらず食べなかった人間だということを知り納得した。それどころか、夫さんも私のことを好きになった。あれやこれやしているうちに、風見鶏の唐揚げを注文したにも関わらず食べなかった判断力が評価され、内閣総理大臣になった。  風見鶏の唐揚げに感謝しなければいけない。風見鶏の唐揚げがなければつまらない日々が続いていただろう。ということで、権力を乱用し例の店主を釈放、感謝状を送った。しかし、このことについて国民の理解が得られなかった。理解を得るために会見を開き、 「権力を乱用した。」  と説明した。  内閣支持率は一気に低下。内閣は解散に追い込まれ、私は内閣総理大臣から一般人になった。それどころか、取り調べを受けることとなった。逮捕されたくないので、警察官をみな殺しにしようと思い、風見鶏の唐揚げをたくさん作った。 「はい、どうぞ。」 「いいえ、いりません。」  誰も食べなかった。ちくしょう、悔しい、悔しい、悔しい、悔しい、悔しい、悔しい。  悔しかったので、悔しがった。警察は、私があまりにも悔しがっていたので、許してくれた。  私はうちに帰った。何事もない日常が、一番の幸福なのかもしれないな。ゆったりビールを飲みながら、思った。
24hポイント 0pt
小説 80,158 位 / 80,158件 SF 2,547 位 / 2,547件
文字数 1,131 最終更新日 2019.11.10 登録日 2019.11.10
ハラペコーダ=マチキレーヌは、✝ザ・プリンス・オブ・プリンス✝である王太子の婚約者でありながら、男に媚びを売りまくったビッチとして断罪され、婚約破棄されてしまう。 しかしそれはメシテロス=ルンデスの卑劣な罠――前世からの壮大で珍妙な復讐劇の、ほんの幕開けに過ぎなかったのだ。 ※小説家になろう、カクヨム掲載中。
24hポイント 0pt
小説 80,158 位 / 80,158件 ファンタジー 23,062 位 / 23,062件
文字数 7,282 最終更新日 2018.12.02 登録日 2018.12.02
11
恋愛 連載中 長編
この高校3年間、思えば俺は何もすることなく青春の日々を浪費していた。 別にそれでもいい。 ただ、真っ当な職につけて心臓が何不自由なく動いていれば…… でも、やり直したいとは思う。 引っ越してった未月と会いたいとも思う。 もう、遅いよな…… あの時、感傷的になりきれなかった自分が憎い。 神様…俺から何を奪ってもいいから もう一度やり直させてください。
24hポイント 0pt
小説 80,158 位 / 80,158件 恋愛 21,338 位 / 21,338件
文字数 25,115 最終更新日 2019.09.02 登録日 2018.10.21
宇宙世紀00ZZ年。 日本は猫がふて寝をできるくらいは、平和だった。 だが私立南岩高校化学倶楽部では、非情で無残で無慈悲な事件が起きていた。 地理教師 土地神源蔵がとっておいたプリンが、かくもむごたらしい形で放置されていたのだ! プリンに無体な事をしたのは、誰だ! これは、プリンを巡って起きたある事件を追った物語である。 ―――注意事項――― 至って真面目でシュールで無駄な表現が満載です。 超絶フィクションなので怒らないでください。 ジャンル:コメディなので本格推理などを期待されると作者が泣きます( ;∀;)
24hポイント 0pt
小説 80,158 位 / 80,158件 ライト文芸 3,661 位 / 3,661件
文字数 27,984 最終更新日 2018.03.23 登録日 2018.03.19
13
大衆娯楽 完結 ショートショート
謎のヤギが現れる、ただそれだけです。 ※カクヨム、小説家になろうでも投稿しています。
24hポイント 0pt
小説 80,158 位 / 80,158件 大衆娯楽 2,484 位 / 2,484件
文字数 1,214 最終更新日 2016.01.21 登録日 2016.01.21
13